タグ:イ・ソジン ( 4 ) タグの人気記事

f0147413_22483447.jpg出演:イ・ソジン、チョ・ジェヒョン、オ・ヨンス、ソン・ジヒョ

2011年、MBC、全36話。
大ヒットドラマ「朱蒙」の演出家と作家が再タッグ! 「善徳女王」の次の時代をドラマ化。朝鮮半島3国時代の中で、最も美しく華麗な芸術と文化を残し、日本との交流が深かった「百済」の全盛期と滅亡を描く。歴史ドラマファンが待ち望んだ作品。 ケベク率いる5千人の部隊が、新羅の5万人の大軍と戦う名シーンに注目!
「イ・サン」のイ・ソジンが主演し、「ニューハート」のチョ・ジェヒョン、「赤と黒」のオ・ヨンス、「宮」のソン・ジヒョが脇をかためた。「朱蒙」「イ・サン」「善徳女王」「チャクペ」らのチームが共同演出し、脚本は「チェオクの剣」「朱蒙」のチョン・ヒョンスが担当。百済最後の将軍ケベク生涯を描く、スペクタクル史劇。


感想

BSフジのCMカット有り、日本語吹き替えで観ました。序盤はお約束の子役で、まあ好きな子役たちだったし、面白く見ていましたが、大人になってからが何となく乗れなくなりまして、このドラマってオ・ヨンスさん演じるサテク妃が生きている時代の前半と、彼女に替わって台頭してくるソン・ジヒョさん演じるウンゴが力を持つ後半に分かれているような気がするんですね。それで私は後半になってからの展開のほうが、圧倒的に面白かったです。
サテク妃もウンゴも悪女として登場し、結果的にサテク妃のほうがよほど純粋な女性のように見えてきて、ウンゴはヒロイン役になるのだとばかり思っていたけど、こんな悪女のヒロインって、なかなかいないですね。
でも、そこが面白かったんですよ。すごい悪い女。心に恨みを持って、自分の欲と目的のためなら国を売るような女性になっていくウンゴ、そしてケベクにとっては主君であると同時に敵(かたき)でもあるウィジャ王も嫌な男で、その二人のワルぶりが際立てば際立つほど、ケベクの正統派な魅力が際立つという寸法なんでしょうね。その対比が後半はとても面白かったです。
そして上記のドラマ説明にあるように、最終回に出てくる、キム・ユシン率いる新羅の大軍に立ち向かうケベク率いる百済軍の戦闘シーンは圧巻ですね。これ、日本だったら映画レベル、しかも相当製作費をかけた映画レベルの戦闘シーンだと思います。こういうシーンは、本当に韓ドラ史劇ならではの魅力だと思いました。
ストーリーも結果的に後半から終盤が面白かったので、面白く見れた印象になっています。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2229574.jpg出演:イ・ソジン、ハン・ジミン、パク・ウネ

2007年、MBC、全77話。
『ホジュン』『チャングムの誓い』のイ・ビョンフン監督作品。
民が潤うための改革や文化面の充実を図った名君として名高い、朝鮮王朝22代王・正祖。
500年の朝鮮王朝史の中でもっとも波瀾万丈な人生を生きたと言われる正祖大王の生涯を描いた歴史エンターテインメント。
主演は、『チェオクの剣』のイ・ソジン、『京城スキャンダル』のハン・ジミン。
2007年9月~2008年まで放送され、常に高視聴率を維持、本年を代表する韓国ドラマとなった大型時代劇。



感想

イ・ビョンフン監督の(当時)新しいドラマということで、かなり楽しみに見始めました。
NHKだし吹き替えは分かっていたので、その部分もある程度覚悟しているというか(笑)慣れというのもあるし、それがそんなに障害になるとは思っていませんし・・・ところが、見ていくにつれ、どうも何だか乗れない。サンが世孫の時代、長く感じました・・・;;特に王様が認知症となってからのエピソードが、そこまで長く引っ張る必要が?と思うくらい長く感じて、本当に見るのをやめようかしら、と思ったくらいでしたが・・・NHKの吹き替えというのは、昔から見ている枠だし、吹き替えだと逆に流して見れるという点で、何となく見続けることが出来るんですよ、私。(苦笑)それで最後まで完走できたかな、という感じですが、どうも私には合わなかったドラマでした。
原因は色々考えたんですが、よく分かりません・・・。イ・ソジンさんにハマれなかったということは、もちろん大きな原因のひとつだと思います。もともとイ・ソジンさんのことは好きでも嫌いでもないほうでしたが、どちらかというと外見は少し苦手ではありました。でも最初に彼を観た「チェオクの剣(茶母)」ではかなり好きな役だったので、時代劇の彼にはそんなに悪い印象はなかったんですよね~。このドラマって、タイトルにサンの名前がくるだけに、彼が中心のドラマなんですよね。
色々な問題が起きても、最後には彼が治める、というエピソードが多くて、だから中心人物である人へハマれないと、ドラマへのハマり度への影響も、分散してない分大きいのかもしれませんねぇ。
それと、ドラマ初期のころ、大好きになった「大王世宗」とか「善徳女王」とか見ちゃって、さまざまな登場人物の広がりとキャラクターの描き方に優れている「大王世宗」と比べると、イサンは登場人物が少なくて小さい世界で問題が起きてる感じが物足りなく感じたり、スピーディでドラマティックな展開の「善徳女王」に比べると、そのへんも物足りなく感じたりして、見た時期も悪かったのかもしれませんが・・・。まあでも他の方のブログとかでは面白かったという評価が多いと思うので、単に私の感じかたの問題というか、好みの問題というか・・・そんなところだと思います。(汗)


満足度(☆6つが満点) ☆☆
[PR]
f0147413_23494388.jpg先日が57話だったんで、あと20話なんですよね~。
見始めてもうかなりたつんですが、ずっと惰性で観ていた部分もあり(こういう時、日本語吹き替えはいいですね。惰性で観る気分になれるという。字幕で放送を見ていたら、どうなっていたか…)毎回気合い無く見続けていたんですけど、ここ数回、ようやく面白さを感じてきました~。

そう、このホン・グギョンがダークになったあたりからですね。(^_^;)
ホン・グギョンを気に行っていたわけではないのですが、展開として面白くなってきました~。

少し前に、いかにも悪役風に登場したノロン派のチャン・テウ。かつての悪役、貞純大妃と対立した過去があったり、ホン・グギョンからは邪魔者扱いされているけど、実は意外に正祖(サン)から信頼もあったりして、ホン・グギョンがダークになっていくと、だんだんチャン・テウが正義の人のように見えてきたり、大妃はどっちの味方をするのか、とか、かつての悪が、ホン・グギョンのダーク化によって、どう出てくるのかが予想がつかず、そこがなかなか面白い所以なのだと思います。

相変わらずソンヨンとサンの恋愛部分とかにはからきし興味が薄いのですが、ストーリーが面白くなってきたのが助かるわ~~。今も別に好きなキャラとかはいないんですけどね。

f0147413_015339.jpgもうひとり、悪として頑張っているのがグギョンの妹ウォンビン。典型的な意地悪女性のキャラですが、グギョンのアキレス腱のような役割になっているところが面白い。ただたんにソンヨンを苛めていた時は、よくある史劇の女性のドロドロ系キャラという感じで、あまり興味も湧かなかったんだけど、ここへきて彼女のしでかしたことが、どんどん凄いことになっていって、グギョンが窮地に追い込まれていく・・・のかどうなのか・・・まだ大丈夫なのか、どうなのか・・・やらかしてくれる面白いキャラですvv

今後気になるのは、私的には貞純大妃の動きです。静かに静かに息をひそめていたけど、ここへきて、動きがありそうな感じが不気味。チャン・テウも気になります。来週も楽しみですvv
[PR]
f0147413_2243967.jpg出演:イ・ソジン、キム・ジョンウン、チョン・チャン、キム・ギュリ

04年「パリの恋人」05年「プラハの恋人」そして06年、恋人シリーズのシン・ウチョル監督とキム・ウンスク作家が、シリーズ3作目、そしておそらく最後に送りだしたドラマ「恋人」。
ドラマの原作小説「振り返って去れ(原題)」は、98年「約束」というタイトルで映画化されたことがあり、そのときの主役を演じたのは、なんと恋人シリーズで主人公を務めたことのあるパク・シニャンとチョン・ドヨン。映画でパク・シニャンが演じたヤクザ役を「チェオクの剣」「火の鳥」のイ・ソジンが、またチョン・ドヨンが演じた女医役には「パリの恋人」のキム・ジョンウンがこのシリーズで再びキャスティングされて話題を呼んだ。
また、イ・ソジンとキム・ジョンウンは、ドラマの共演が切っ掛けで実際にも恋人同士になり、ドラマの放送終了後、公式にカップル宣言をした。
視聴率は、当初11%とシリーズでは振るわなかったが、最終回で25%ををマークし、有終の美を飾った。全20話。


感想

恋人シリーズは好きで、明るかった「パリの恋人」、切なかった「プラハの恋人」ともに面白かったので、当然これにも期待をしつつ見始めました。
キム・ジョンウンはパリで好感を持っていたけど、イ・ソジンは、チェオクでのファンボ・ユン役は素敵だったけど、火の鳥が今ひとつな印象だったし、もともとそんなに好きな顔ではなかったんですが、観始めると、ヤクザ役の彼は言葉少ないけれど、しぶくてカッコいい。それだけでなく、短気だったり、融通が利かないところが可愛く描かれていて、なかなか好印象でした。

しかし・・・最終的に全20話だけど、最初の4話は、私敵にはテンポが悪く、削ってもいいんじゃない?そしたら16話でスッキリするのでは?というダレを感じました。
ようやく5話くらいから動き出す主人公2人。
ところが、観ていくにつれ、脇役のセヨン役チョン・チャンや、ユジン役のキム・ギュリのほうが、よほど自分に正直だし心の広さを見せるし、周りも見えてるしで、とにかく2人が自己中に見えて仕方なかった;;
これは実は「プラハの恋人」でも感じたことだったりするの。あの時は特にチョン・ドヨンの態度が思わせぶりだし、自分を好きな脇役に対して、辛いときだけ頼るみたいなところが目に付いて、そこがあのドラマの苦手なところだったのに、まさかこっちでもそれが継承されているとは・・・これはキム・ウンスク作家の男女関係を描く時の好みなのかな、って思ってしまいました。おかげで、パリ恋で好印象だったキム・ジョンウンに対しても、あまり良い印象が持てなくなってしまった;;
イ・ソジンも、しかり。最初はカッコよかったのに、アンタがもっとハッキリすれば、こんなことにはならなかったのにっ!って、怒りすら覚えました。(笑)
ただ、そうなったのは、彼が孤児として育ったせいで(孤児院を脱走したという過去からして、孤児院でも代わりに愛情を注いでくれる人はいなかった設定らしい)愛し方、愛され方を知らないから、そして愛してることを表現できないから、という背景があるのですよね。それは、分かってます。分かっていても、やっぱりユジンに対してしたことは、酷いよ…;;

そんなこんなで、最後にはヤクザ間の闘争もあるので、大事な脇役の死などもあり、後味も悪い結果となってしまいました。(ハッピーエンドだけどさ)ということを踏まえての満足度です。


満足度(☆6つが満点) ☆☆
[PR]