タグ:イ・スヒョク ( 3 ) タグの人気記事

f0147413_23313950.jpg出演:ファン・ジョンウム、リュ・ジュンヨル、イ・スヒョク

2016年、MBC、全16話。
ファン・ジョンウム&リュ・ジュンヨル初共演! 占いを信じるヒロインとクールな理系男子が繰り広げる最新ラブコメディ。原作は、韓国で人気のWEB漫画。巧みな構成とスピーディーな展開でファンを魅了し、圧倒的な支持を受けて、今回のドラマ化に至った。さらに、2017年には、韓国で舞台化や映画化も控えており、今後も勢いは止まらない。
「キルミー・ヒールミー」「彼女はキレイだった」と、立て続けにラブコメをヒットに導き、今や“新ラブコメの女王”とも言われるファン・ジョンウム。本作でも占いを信じて突拍子もない行動に出るヒロインを愛嬌たっぷりに演じる。相手役のリュ・ジュンヨルは「恋のスケッチ~応答せよ1988~」の歴史的大ヒットで人気が爆発!物事を0か1でしか考えないクールな天才を見事に作り上げ、ドラマ2作目にして主役を射止めた急成長株。 そして、その顔立ちからクールなキレ者を演じることが多いイ・スヒョクは、ボニの年下の幼なじみをキュートに演じ、女性のハートを鷲掴みに。
<感想>

このドラマを観終わったのはだいぶ前なのに、感想をアップしたつもりがしてなかったですね。どうりで今BSで放送されているのに、うちのドラマの検索の上位に入ってきてなくておかしいな~と思ったのです。もうだいぶすすんでしまっただろうな~、BSでの放送は。すご~く面白かったです。大好きでした。
このドラマを見た時には、まだリュ・ジュンヨルくんのことは知らなくて、応答せよ1988を見ていなかったので、面白い顔(失礼な…)の人がファン・ジョンウムさんの相手役だな~と興味が出たのを覚えています。そして見始めたら、もちろん新ラブコメの女王と言われるだけあって、ファン・ジョンウムさんの魅力も満載なんですが、このリュ・ジュンヨルくんがすごくいい!!味があります。ハンサムとは言えないのに、すごく味があってすぐに好きになりました。この時点で「応答せよ1988」でブレイクした俳優さんだと知ったので、いつかこれも見ようと思うくらいに彼を気に入りました。
とにかくファン・ジョンウムさんの演じる彼女が可愛いというか滑稽でもあるのだけど、そこに朴訥としたクールボケな魅力のリュ・ジュンヨルくんの相乗効果があって、胸キュンだしストーリーも面白かったです。全16話というミニシリーズにぴったりのテンポの良い展開も魅力。最後までダレることなく面白く見れました。
ラブコメ好きな方にはぜひ見ていただきたいです。とってもお勧めです。きっとリュ・ジュンヨルくんを好きになりますよ~(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆



[PR]
f0147413_20373133.jpg
出演:スエ、キム・ヨングァン、イ・スヒョク

2016年、KBS、全16話。
主演は「仮面」などで高い評価を受ける演技派女優スエ。韓国では「涙の女王」として知られる彼女が一転、どこか憎めないキュートなアラサーCAを好演。ヒロインの目の前に突如あらわれた年下の義父役にはキム・ヨングァン。そして、「夜を歩く士<ソンビ>」のイ・スヒョクも三角関係に参戦していく。
原作は人気のウェブ漫画。この冬、胸を熱くする珠玉のラブコメディ。

<感想>

正直、キム・ヨングァンくんはピノキオでよい印象とはいえ、スエは苦手女優だしイ・スヒョクさんも得意ではないほう。観ようかどうしようか悩んだんですが、録画を貸してくださる方が「とってもいいのよ~」と太鼓判だったので見てみることにしました。(その方は私がスエが苦手なことは知らないですけどね/笑)
ところが彼女の母役のシン・ジョンイムさんも好きだし、けっこう笑える出だしでなかなか面白い。それにはっちゃけキャラのスエは、けっこういい感じ。苦手意識が薄れるくらいのコメディエンヌぶりを発揮。キム・ヨングァンくんもやはり素敵です。ん~~、これは見てよかったなぁ~~。
全体的に面白かったのです。けれども、キム・ヨングァンくんが本当の気持ちを話した後あたりから、じゃっかんドラマ展開がもうひとつな感じがしたました。彼の過去、お母さんの過去も、そしてイ・スヒョクさんのお家騒動の過去も絡まっていて、そこは本当は面白要素なんですが、ちょっとまだるっこしいというか、もう少しスッキリと展開してほしいというか。あ~~うまくこのモヤモヤを説明できないボキャブラリーの乏しさが呪わしい。(笑)どこが悪かったのかうまく説明できない。(笑)
まあでも、過去をひきずってキム・ヨングァンくんが根暗モードであった時も、スエは明るさを失わず、彼に真実を追求して追い詰めるような無理強いもしないで、彼が自分から話してくれるのを待つ姿勢が、彼を信じている感じがよく出ていて救われました。こんなにスエの役柄を褒めるのは私にとっては画期的なことです。(笑)ドラマを通して、最初から最後まで彼女にマイナスの感情を持たなかった貴重なドラマでした。スエ嫌いな私がこうなのだから、きっと普通の方なら面白く見れると思います。テンション高すぎることもなく、いじわる女に負けるヒロインでもなく、とてもいいテンションで見やすいラブコメでした。イ・スヒョクさんもキワモノ役のイメージが強かったけれど(失礼)「運勢ロマンス」に続いて普通に二枚目の優しい良い人役なので、キム・ヨングァンくんとともに好きな方はお勧めです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
f0147413_22415321.jpg出演:イ・ジュンギ、チャンミン(東方神起)、イ・ユビ、イ・スヒョク、キム・ソウン

2015年、MBC、全20話。
『2015MBC演技大賞』10大スター賞(イ・ジュンギ)、新人賞(イ・スヒョク、イ・ユビ)授賞。
満月の夜、天罰が下ってしかるべき悪人の前に一人の士が現れた。王でさえ打つ手のない悪を懲らしめるため暗躍する彼を民は“夜士”と呼ぶ。それがヴァンパイア、キム・ソンヨルだ。人を殺そうとするヴァンパイア、クィと彼を止めようとする守護鬼ソンヨルの対決が始まる。朝鮮時代を背景に繰り広げられるファンタジーロマンス時代劇。イ・ジュンギ&チャンミン(東方神起)豪華競演。イ・ジュンギが眩しいほどの美しさを持つヴァンパイア役を、チャンミン(東方神起)が一見遊び人だが実は神秘的なカリスマを持つ世孫役に。愛する女性の血を欲するソンヨル、男装して本を売るヤンソン、世孫であることを隠しヤンソンを想うユン、ソンヨルのかつての婚約者に瓜二つなへリョン。4人の甘く切なく、悲しいラブストーリーが今始まる。

<感想>

このドラマがKNTVの予告に入ってるのを観た時に、うわ~キワモノ系だから、これだけは見なくてもいいわ~って思ってたんですが、やはりそうはいかず手元に届きました。(笑)きっとチャンミンが出てるからだな…。
ようは吸血鬼の話なんですよ。吸血鬼と人間の女性のラブラインもけっこう描かれていて、天敵とのライバル関係とか、私の苦手だったイ・スヒョクがライバルで、イ・ジュンギとともに興味薄くて困ったな~と思って見始めたのですが・・・うん、意外に面白かったのよ、これが。(笑)愛する女性の血を吸って殺してしまう苦しみとか、ライバルのイ・スヒョク演じるクィもかなりエグイ感じだけど最後には寂しそうだったり切なそうだったりと、あの美貌とよくマッチングしておりました。苦手だった美貌も、今回克服出来た感じだぞ~。わ~い。
でも年末の賞を獲っただけあって、これがけっこう熱演でしてね。もちろんイ・ジュンギもそうだし、ヒロインに大抜擢のイ・ユビちゃんも可愛かった~!「ピノキオ」でも可愛かったけど、今回も可愛かった~!
設定からしてファンタジーホラーだし、エグイシーンもたくさんあるし、あり得ないわけだけど、以外にセリフとかいい感じだったし、キャラクターがみんな立っていて、賞を獲るのもわりと納得なちゃんとしたドラマでした。
私がイ・ジュンギさんを良いと思ったのは、「犬とオオカミの時間」以来かもしれない・・・(笑)キワモノのドラマであることは否めないけれど、キワモノと避けることなかれ。見てみると、案外引きこまれます。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]