タグ:イ・ジョンソク ( 19 ) タグの人気記事

f0147413_23421767.jpg
とうとう始まりました、ピノキオ。本当はラストまで待ってから一気に観たかったのだけど、貸してくださる方が録画してすぐ回してきたので(笑)誘惑に負けてしまい、どうやら少しずつ見るはめになりそうです~。

観る前からハードルが高かったのに、最初からめっちゃ面白いです。掴みは最高~!ジョンソクくんは、本当にドラマに恵まれていますね。どれも最初から惹かれて観てしまうようなドラマばかり。彼の表情も魅力的です♪

以下、久しぶりにネタばれ含めて書こうかと。読みたい方だけ「more」をクリック、どうぞ~。








More
[PR]
以前観ようかな~と思いつつ、まだそのころこのドラマのことをよく知らずに、そしてイ・ジョンソクくんも「君の声が聴こえる」の前だったから、「シークレット・ガーデン」では見たけれど、その時は可愛いと思ったけど、その後ドラマを追っかけるほどではなかったので、とりあえず観ようかどうしようか迷っていたんですよね~。

でも多分その頃、BSで観ているドラマが多くて忙しいとか、舞台が学校で学園物という事に興味を持てなくて、それで観なかったんだと思うんですよね。

今でも学生が主演のドラマは、あまりに自分と年代がかけ離れ過ぎていて(笑)好んで見たいとは思わない種類なのですが、といいつつ、見てみると意外にハマるというパターンがけっこうあります。「花より男子」しかり「ドリームハイ」しかり…。なんだ結局好きなんじゃん、みたいなことになってる。(笑)

ということで「揺れながら咲く花」。今回は観ます。有名な「学校」シリーズ5にタイトルが付いたようですね。でもイ・ジョンソクくん、キム・ウビンくんが出ていると知らなければ、今も観ようとは思わなかったでしょう。

BS11にて、3月16日から月~金で、一日2時間放送だそうで、すごいスピードで進むんだね。(笑)全23話だから2週間ちょいで終わるわ~。先生はチャン・ナラさんとチェ・ダニエルさん。なかなかいいですね。

■「揺れながら咲く花」
http://www.bs11.jp/drama/2640/

f0147413_00105878.jpg

[PR]


やべ~~~やべ~~~~、やられてる~~~~ジョンソクくん~~~(笑)
調べたら、3月に先行放送があって、4月から本放送が衛星劇場であるのね。

早く観たいぴょん。

借りていた「ドクター異邦人」も、16話まで手元に合った分はもう返したので、ちょっと寂しい。(笑)
なのでyoutube巡りなんかをしていたりすると、「ピノキオ」だらけ。向こうでも人気なのね。

[PR]

なんと一気に16話まで観てしまいました。
そして前回、放送が終わったと書いたけど、まだだったんですね~~;;
てっきり16枚来たので、全16話だと思い込んで、これで一気に最後まで観れるわ、なんて思っていたのに、まさか20話だったとは…。明日、果たして続きが観れるのかしら。ていうか、ラストはきっと一週間は先…;;

それくらい、面白く観ていますよ~。つーか、イ・ジョンソクくん、カッコいい~~~(笑)
ブレイクした「君の声が聴こえる」ではここまで思わなかったのだけれど、この役たまりませんねぇ~~
やはり相手役が年が近いのと、カン・ソラさんは多分年上なのかもしれないけど、上から目線でいちいちカッコいい。特に何がいいって、彼のウィンク。(笑)思わずYoutubeから探してきてしまいましたよ。(笑)

それと「俺のこと好きなの?」的な・・・・キュートッ!!(爆)上から目線がたまりません。
どちらかというと、彼が一途に思っているチン・セヨンさん演じるジェヒに対しては、ただのデレデレで笑顔が可愛いくらいなんですが(笑)カン・ソラさんに対しての乱暴な物言いとかお茶らけた態度とか、なのに時折見せる優しさとか、思わず自分がカン・ソラさんになってしまうシーン満載。(笑)

もちろんストーリーも、ドキドキハラハラ。これってどういう事?っていう場面も多いんだけど、わざとネタ隠ししているので、あとで分かるんですよ。私はカン・ソラさんのほうが好きだし、カン・ソラさんとイ・ジョンソクくんのシーンに惹かれるので、彼らがくっつけばいいのになぁ~と思うのですが、まあストーリーの中で、そこもいいところではあるのだけれど、一環してジョンソクくんはチン・セヨンさん一筋なので、きっとラストもチン・セヨンさんとうまくいくんだろうなぁ~。残念だが仕方がない。(笑)

でも16話で終わりだと思って、ジョンソクくんと別れるのが寂しかったのですが(笑)続きがすぐ観れないのは苦しいけれど、もう少し楽しめるのは嬉しいかもしれません。は~~思わず動画探ししちゃいそう。(笑)


[PR]
f0147413_22570883.jpg
KNTVで放送が終わったらしく、さっそく録画したDVDを貸していただけました。
「君の声が聞こえる」のイ・ジョンソクくん、「星から来たあなた」でも良い役をしていたパク・ヘジンくん、「おバカちゃん注意報」でお気に入りのカン・ソラさん、そして「蒼のピアニスト」ヒロインのチン・セヨンさん。

チン・セヨンさん以外、惹かれるキャストだわ~。(笑)
いやね、うん、チン・セヨンさん、「蒼のピアニスト」を見た時に、あまりに演技が下手な感じがして、彼女の演技を見ているのが途中で辛かったんです・・・。基本、言葉が分からないのでうまい下手って分かりづらいんだけど、こんなにわざとらしい下手な演技を感じたことってあんまりないので、逆に印象的だったのよねぇ…。ちょっと毒がキツイですか?私?(笑)彼女が今回もヒロインなのかなぁ~。カン・ソラさんのほうが断然好きなので、カン・ソラさんとうまくいって欲しいのですが、今のところイ・ジョンソクくんはチン・セヨンさんしか目に入っておりません。(笑)

最初の2話は、かなり展開がへヴィでして、イ・ジョンソクくんの迫真の演技がまたしても炸裂という感じなだけに、ちょいときつい場面が多いのですが、3話からわりと見やすくなってきて、ユーモアのある表情をするイ・ジョンソクくんがめっちゃ可愛くて、何となく「君の声~」の役よりも、こちらのほうが若干好きかもしれない。

とても続きが気になる展開だし、これは加速して観てしまいそうなドラマの予感です。早めに感想上がるかも。



[PR]
一気に観終わりましたよ。疲れた。(笑)

しかし、面白くて止まれないんですよー。
16~最終話まで、個別感想を書こうかどうしようかちょっと考えたけど、今日、総合の感想をアップして、そこには内容に触れないように(一応サスペンスだからね~)書いたので、ちょっとだけラストまで観て思ったことなんかを書いてみます。

相関図をアップして、ネタばれ入れるので、まだ観てなくて、これから観ようかなと思ってる方は、こちらは見ないほうがいいと思いますよ。サスペンスでネタばれ知るのって、やっぱりつまらないですもの。

というわけで、以下「more」をクリックしてください。

More
[PR]
f0147413_22455195.jpg出演:イ・ボヨン、イ・ジョンソク、ユン・サンヒョン

2013年、SBS、全18話。
2013年6月5日から8月1日まで全18話で放送されたSBS水木ドラマ「君の声が聞こえる」は、2013年を通して視聴率と話題性の面で圧倒的な成果を出した作品だ。しかし、「君の声が聞こえる」は正式に編成され放送されるまでどのドラマより紆余曲折が多かった。同枠の前番組「私の恋愛のすべて」が一桁の視聴率で苦戦を強いられていたうえに、初回の放送があいにく同時間帯1位をキープしていたMBC「男が愛する時」の最終回と重なったのだ。泣き面に蜂で、コ・ヒョンジョンのドラマ復帰作「女王の教室」がライバル作品として編成され、「君の声が聞こえる」の先行きがさらに予測できない状況となった。案の定、「君の声が聞こえる」第1話の視聴率は7.7%(ニールセン・コリア全国基準、以下同一)に過ぎなかった。苦労して放送をスタートさせたにもかかわらず、無惨な成績をつきつけられたのだ。しかし興味深いのは、初回の放送以降、ネットを中心にこのドラマに対する口コミが広がり始めたという事実だった。「久しぶりに良いモノが出てきた」という世間の評価の中で、第2話の視聴率はなんと5%も上昇した12.7%を記録した。同時間帯1位の快挙だった。第11話の視聴率は20%を超え、人物間の葛藤がピークに達した第16話では、最高視聴率24.1%を記録した。第1話の視聴率に比べ、なんと3倍近く視聴率が上昇したのだ。最終的にこのドラマは、全国平均視聴率18.8%、首都圏平均視聴率20.7%という偉業を達成し、華やかに幕を下ろした。
二人の弁護士と、出会った人の心の中が読める特殊な能力を持つ青年が主人公で、法廷サスペンス、ファンタジー、そしてラブロマンスと、さまざまな要素がつまった韓国の大ヒットドラマ。


<感想>

放送が決定するまでも紆余曲折だったらしいドラマが、1話を終えてからネットで口コミで広がって、2話以降一気に視聴率があがり、そのまま最終回まで独走だったとか。まったく知らずに見ましたが、本当に面白かったです。途中の感想はカテゴリ「君の声が聞こえる」で語っていますが、あまり内容には触れていないので、私の途中の盛り上がりを参考にしたいという方がいるようであれば(笑)そちらをご覧ください。
「シークレット・ガーデン」でも目はつけた青年でしたが、ここまでスタイルのいい子だとは、その時には気づきませんでしたよ。今回の役はカッコいいというよりは、可愛い感じがしました。いや、もちろん彼の役を見てカッコいいと思った人もたくさんいるでしょうけれど、やはりイ・ボヨンさん相手でしたので、可愛いという風に見えましたね。でも何も知らなかったので、ユン・サンヒョンさんも出ていたし、しかもすごくいい人の役だったし、当然最初はどうであれ、途中からユン・サンヒョンさんとの恋愛模様になるんだろうな、と思っていたので、終盤まで彼が引っ張っていたから驚きました。思いきりますね~、脚本家さん。(笑)最終的にどうなったかは、もし知らずにこれからドラマを観るという方のために、書かないでおきます。(もう余所で読んでるかもしれないけど…笑)
このドラマは、説明のほうにも書いてあるけど、法廷サスペンスと、心の声が聞こえるというファンタジックな設定と、そしてラブラインの3本柱で出来ていて、それが非常に上手に組み合わさっていたと思います。比重がどれかに偏り過ぎていると、視聴者もその部分だけが好きな人に限定されたかもしれません。それがうまく比重がとれていたから、多くの人の関心を生んだ結果の高視聴率だったんじゃないかな。
主演はイ・ボヨンさんだと思ってずっと見ていたんですが、最後の方でイ・ジョンソクくんの視点でナレーションが入ったりしていたので、あ、主役はこの子なんだ、と思いました。それもなかなか冒険でしたね。イ・ボヨンさん、ユン・サンヒョンさんを相手に、でも彼はものすごく熱演だったと思うし、高評価に値する演技だったと思いました。また見た目がね~、本当素晴らしい。(笑)きっとかなりブレイクしたんだろうな~。「ドリームハイ」のキム・スヒョンくんくらいブレイクしていたら面白いですが、まだそこまではいってないのかな?日本での大ブレイクは、やはりNHKで扱うドラマに出ることかもしれませんね。(笑)横道に逸れましたが、とにかく、とにかーく、面白いドラマでした。今年の私のランキングに入るでしょう。お勧めのドラマです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
いきなり、すごい進んじゃいました。(笑)明日には見終えることでしょう。ふふふ。
それだけ止められないってことなんですよ~。あ~面白い。

5~15話は長いですが、あっという間でした。
なんか何があったか、次へ次へと進んで見たせいか、ちょいと曖昧な感じもしないでもないんですが(笑)謎解きドラマではなく、犯人と被害者との攻防なので、実にクリアであんまり頭を使わないですむんですよね。

f0147413_22495995.jpg曖昧な中、やはりこの場面は押さえておかないとじゃないかしら。(笑)いや、こういうのって、世の年上女性にとっての胸キュンポイントでしょ?(笑)年下美青年が後ろからギュッてして顔をうずめる・・・・(笑)年下でも美青年でなければ勘弁してくれの場面でしょうけど(その逆もまた、あり)スハ役のイ・ジョンソクくん、可愛いですからねぇ~。(^_^;);;

ちょうど彼を見ると、「宮」で出てきたチュ・ジフンくんを思い出します。
私は「宮」でジフンくんに胸キュンしてガーッてハマッたわけですが、今のところジョンソクくんには、そこまでハマっているとは言えません。とても可愛くて、この役めっちゃいいわ、って思うけど、あの時ほどのトキメキはないのですよ。でも、とっても可愛い!それは間違いない。イ・ボヨンさんが面白すぎる役なので(もちろん心の傷はあるのですが)彼女と年下男子というのはとっても意外な感じですけど、最後まで二人がハッピーでありますように、と、残すところ3話の段階で願っている次第。急転直下、ユン・サンヒョンさんと・・・なんて最後もないとは言えない感じがするので、最後まで気になりそう。なんたってユン・サンヒョンさんですから、彼はヒロインの相手役をしてきた方ですから、振られる役って、まあそのジョンソクくんと共演した「シークレット・ガーデン」の時とか、思いつくのは少ないほうですよね。それだけに油断なららないな、と。いい人の役だし。

最後の方になってきて、残虐な犯人と思っていた人が、いや残虐であることは間違いないのだけど、そうなることになった切っ掛けとか理由とかが明かされていくようです。そうですよね、だって、一番最初の回が、この犯人がジョンソクくん演じるスハのお父さんを殺すシーンで、その理由はずっと語られていなかったんですから。最初のころは気にしていたんだけど、次から次へと色々起きるので、途中で忘れていました。(笑)なので、それが明かされるらしいと分かって、ああそうだった!という気持ちです。スッキリさせてくれそうですね。最後まですっごく楽しみです。
[PR]
f0147413_23445157.jpgこれはWOWOWで放送されていたそうで、それを録画してくれた方からお借りしました。実は先に1話だけ見た会社の人が、面白そうだよ~と教えてくれたので、貸してくれたのは別の方なんですが、すごく楽しみにしていました。

そしたら、いきなり1話から鷲掴み。(笑)めっちゃ面白いです~。
キャストからいって、当然イ・ボヨンさんの相手はユン・サンヒョンさんかと思ったんですが、どうやら年下男子が頑張るらしいので、それをちょいと無理があると感じるか、胸きゅん!と感じるか(笑)そのへんも楽しみです。

とはいえ、話の真ん中はラブラインではなく、子供時代に起きた事件で、それから10年後、その事件に関することでまた事件が起きたり色々あるみたいです。主演のイ・ボヨンさんと、それとユン・サンヒョンさんが弁護士なので、子供時代の事件が裁かれるのは法廷になるのかもしれません。いや、ただの予想ですが。(笑)

ちょっとコミカルな面もありつつ、事件についてはドキドキさせられたり、とにかく面白い。
イ・ボヨンさんを守る!と言うイ・ジョンソクくん、可愛いですね。「シークレット・ガーデン」で、最後の方に出てきた歌手だったか、ゲイっぽい子(笑)として出てきてましたが、あの時も可愛い役でした。
しかし今回はベテラン、イ・ボヨンさんの相手役(多分)として堂々と存在感を放っています。

続きもとっても楽しみです。
[PR]