タグ:イ・ジュンギ ( 8 ) タグの人気記事

f0147413_22415321.jpg出演:イ・ジュンギ、チャンミン(東方神起)、イ・ユビ、イ・スヒョク、キム・ソウン

2015年、MBC、全20話。
『2015MBC演技大賞』10大スター賞(イ・ジュンギ)、新人賞(イ・スヒョク、イ・ユビ)授賞。
満月の夜、天罰が下ってしかるべき悪人の前に一人の士が現れた。王でさえ打つ手のない悪を懲らしめるため暗躍する彼を民は“夜士”と呼ぶ。それがヴァンパイア、キム・ソンヨルだ。人を殺そうとするヴァンパイア、クィと彼を止めようとする守護鬼ソンヨルの対決が始まる。朝鮮時代を背景に繰り広げられるファンタジーロマンス時代劇。イ・ジュンギ&チャンミン(東方神起)豪華競演。イ・ジュンギが眩しいほどの美しさを持つヴァンパイア役を、チャンミン(東方神起)が一見遊び人だが実は神秘的なカリスマを持つ世孫役に。愛する女性の血を欲するソンヨル、男装して本を売るヤンソン、世孫であることを隠しヤンソンを想うユン、ソンヨルのかつての婚約者に瓜二つなへリョン。4人の甘く切なく、悲しいラブストーリーが今始まる。

<感想>

このドラマがKNTVの予告に入ってるのを観た時に、うわ~キワモノ系だから、これだけは見なくてもいいわ~って思ってたんですが、やはりそうはいかず手元に届きました。(笑)きっとチャンミンが出てるからだな…。
ようは吸血鬼の話なんですよ。吸血鬼と人間の女性のラブラインもけっこう描かれていて、天敵とのライバル関係とか、私の苦手だったイ・スヒョクがライバルで、イ・ジュンギとともに興味薄くて困ったな~と思って見始めたのですが・・・うん、意外に面白かったのよ、これが。(笑)愛する女性の血を吸って殺してしまう苦しみとか、ライバルのイ・スヒョク演じるクィもかなりエグイ感じだけど最後には寂しそうだったり切なそうだったりと、あの美貌とよくマッチングしておりました。苦手だった美貌も、今回克服出来た感じだぞ~。わ~い。
でも年末の賞を獲っただけあって、これがけっこう熱演でしてね。もちろんイ・ジュンギもそうだし、ヒロインに大抜擢のイ・ユビちゃんも可愛かった~!「ピノキオ」でも可愛かったけど、今回も可愛かった~!
設定からしてファンタジーホラーだし、エグイシーンもたくさんあるし、あり得ないわけだけど、以外にセリフとかいい感じだったし、キャラクターがみんな立っていて、賞を獲るのもわりと納得なちゃんとしたドラマでした。
私がイ・ジュンギさんを良いと思ったのは、「犬とオオカミの時間」以来かもしれない・・・(笑)キワモノのドラマであることは否めないけれど、キワモノと避けることなかれ。見てみると、案外引きこまれます。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
「朝鮮ガンマン」です。

途中で、勝手に終わったと思いこんで低い星評価の感想まで書いたくらい、思い入れなしでした。(笑)
なんだかなぁ~~~、ナム・サンミさんはけっこう好きな女優さんなんですけどね。
どのへんが面白いのか、逆に聞きたい感じなくらい、本当に久々乗れないドラマでした。

[PR]
f0147413_22212238.jpgBSでは少し前から放送されているんですが、たまたまCSを録画したのを貸してくださる方がいて、CS版をDVDで見始めました~。

正直、またファンタジーものか~~~~、という思いもあり(笑)そして九尾狐(クミホ)以来の、またしてもシン・ミナのお化け。クミホにあまりハマれなかった私としては、イ・ジュンギにもあまり興味が薄いほうなので、貸してくれるという申し出さえも、どうしようか迷ったくらいでした。(笑)

まあでも、せっかく貸してくれるというし、返却も急がなくていいというのなら、と、BSのほうはスルーして、自分のタイミングで見てみようかな、と思いまして、ちょうど「大王世宗」が終わったとこだったので、とりあえず見てみました。

そしたら、うん、意外に観れそうな出だしになっていました。イ・ジュンギも悪くないし。ていうか、史劇はカッコよく魅せるからなぁ~。シン・ミナちゃんも可愛いです。続きも面白く観れそう。

この後も、引き続き面白くて、見ている途中に記事を書きたくなったらカテゴリを作ろうかな。
さして盛り上がることもなく観終わったら、このまま感想の記事だけになると思います。(笑)
[PR]
f0147413_23183579.jpgイ・ジュンギの最新作ということしか知らず、見始めました~。最近挫折が続いているので(笑)ジュンギもそれほど執着がある俳優さんではないだけに、自分的に少し心配だったんですが、見始めたら、とりあえず第1回は合格でした。(何故上から目線?笑)

多分ヒロインであり、ジュンギの相手役となるユン・ソイさんって、私が好きだった「愛してると云って」と、私が挫折した「グッバイ・ソロ」に出ていた女優さんですよね。(笑)両極端ではありますが、「愛してると云って」で印象が良かったので、全体的に良い印象のままです。

そしてライバル役であろうオム・ギジュンssiは、私が途中で止まってしまっている「僕らが生きる世界」で、お気に入りのキャラだった人なんですよね~(笑)

つまり、ジュンギ以外の出演者も、けっこう好きなメンバーがそろったから気にいったのかも?
あと、子供たち2人も可愛い~~。生意気口調のお姉ちゃんが特に可愛いし016.gif

ということで、このドラマは無事続けられそうで、私的にも安心しました。(笑)
[PR]
f0147413_2315134.jpg出演:イ・ジュンギ、ハン・ヒョジュ、パク・シフ、イ・ヨンア

2008年、SBS、全20話。
悲劇的な運命を乗り越え、英雄へと成長していくイルジメの姿をユーモラスに描き、平均視聴率21%超と、同時間帯のドラマの中でも群を抜いた視聴率を記録した。
快活で明るいヨンと、悲しい運命を背負ったイルジメの、二面性を持つ主人公を演じたのは、映画「王の男」、ドラマ「犬とオオカミの時間」のイ・ジュンギ。彼の圧倒的な演技力と存在感は、間違いなく「一枝梅」の大きな魅力となっている。
2008年に放送された「快刀ホン・ギルドン」「必殺 最強チル」、そしてこの「一枝梅」は、庶民の味方としてあくどい役人に挑戦状を突きつける“義賊”の活躍を描いたフュージョン時代劇であり、そのどれもが韓国社会に笑いと感動を与えて、大きな反響を呼んだ。(「もっと知りたい!韓国TVドラマ」より、一部抜粋)

感想

「最強チル」はまだ未見ですが、「~ホン・ギルドン」大好きだったので、このドラマもかなり評判良かったし、楽しみに見ました。ところが、最初のころ、お約束の子供時代から話が始まるのですが、人間関係がすごく複雑で、とにかく分かりづらい。血縁のシガラミ、子供が入れ替わって育つなど、誰の子が誰で、本当はどうなんだ?とか、そういうことがなかなか頭の中で整理できなかったせいで、8話くらいまで実は乗れなかったのです。おまけに、イ・ジュンギは、犬とオオカミのときと同じくらい、ボロボロに怪我するわ、死にかけるわで、その苦しみ方とかも、最初は演技過剰のように、私の目には映りました。映画でしばらくやってきて、そういう関係なのかな?とか、理由を考えてしまったくらい。(笑)ジュンギの名声はかなりのもののようだし、彼の名前で客が呼べるくらいだと思うので、これでもかと目立つ演出にも、私が乗り切れなかった一因があったようにも思えます。
ところが。・・・8話を超えて、人間関係がようやく頭の中で整理できてから、一気に後半面白くなってゆき、それは加速度をましてゆきました。絡み合って、もつれ合っていた人間関係の糸が、徐々に解けてゆくにつれ、登場人物たちにも隠されていた謎が明らかになってゆき、その過程はとてもスリリングで面白い。
そしてなにより、このドラマの最高の持ち味は、親子愛を描いていること。ホン・ギルドンが男女の恋愛を軸にしているのに対して、イルイメは親子の情愛を深く描いていて、そのへんも後半の感動場面に大きく貢献していました。
心ときめくキャラクターは出来ませんが(ジュンギのファンじゃないので…)脇役にキラリと光るおじさん達がたくさんいて、それがかなり魅力的です。(笑)私は、ジュンギの育ての親と、元殺し屋から転身した坊主がお気に入りでした。(笑)
ラスト、よ~~~く見てください。脚本家の意図を受けて、監督さんのマニアックな演出が、見えない結末を導き出しています。ヒントは小道具です。(笑)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_22431337.jpg


ちょっと前までSBSで放送していた、イ・ジュンギ主演のフュージョン時代劇「一枝梅(イルジメ)」を見ている最中です。

8話まで進みましたが、実のところ、8話まできて、ようやく人間関係が頭の中で整理されつつあるという状態で、これまで時代劇のお約束の一つである、子供時代から話は始まるんですが、その子供時代に運命の糸がこんがらがり捲くりまして(笑)ただでさえ顔を覚えきれてないのに、大人になって・・・えっと、この人は本当は誰の子・・・?今はこの人と一緒にいるけど、血はこっちと繋がっていて・・・とか、マジで分かりづらい!!(><);;

なので正直、画面も夜のシーンが多いせいか、なんとなく暗めだし、今ひとつ乗れないなぁ、と思いながら見ていたんですが、ここへきて、ようやく頭の中が少し整理されて、面白く感じられるようになってきました!良かった~~(^_^;);;

見る前は、チングたちに、私はきっとジュンギじゃないほうの人にハマるよ、と言われていまして(笑)ナゼかというと、過去「オーバー・ザ・レインボー」でREX、「快刀ホン・ギルドン」で若君などなど、心の傷を持った二番手にヤラれてきたからなんですけども(「犬とオオカミの時間」に到ってはマオだったし/笑)今のところ、どちらにもヤラれてはいませ~ん。(笑)

ただ、本当にようやく面白さを感じてきたばかりなので、ひょっとしてこれから、チングの思惑通り、シフに堕ちたりするかもしれないけども、さて、どうなるでしょう~。(笑)

このドラマ、よくホン・ギルドンと比べられるようですが、こっちのほうがヒットしたんじゃないかな?でもイ・ジュンギ自体、特に韓国ではビッグネームだからというのも大きい気がする…。

8話までで言えば、キャラクターのそれぞれの描かれ方が、私はホンギルのほうが好きだな。
イルジメは、エグい。強烈。悪いやつは凄く悪く、可愛そうなのは徹底的に可愛そうに、情け容赦なく描かれてるので、これに比べるとホンギルは、ホンギルの感想でも書いたけど、マンガのようなキャラクターとストーリー展開だから、ある意味、御伽噺っぽくもあるという・・・

だからそのへんは好き好きで、私は御伽噺と分かっていてホンギルの世界観、作りモノ的な緩さ、甘さが好きだったんだけども、だからそういうのが嘘っぽいと感じる人もいるだろうし、慟哭と表現してもいいような、どん底の悲しみとかは、イルジメのほうが断然うまく表現されていると思うんで、イルジメのほうが好きという人がたくさんいても、不思議ではぜんぜんないですね~
そして、そういう慟哭の悲しみってのは、ジュンギだから演出できたのかな、という気もします。(特別、ジュンギのファンではないですが・・・笑)

なんにせよ、まだドラマは半分。後半、楽しみに見たいと思います。

ちなみに・・・殺し屋から華麗なる転身をした生臭坊主・・・好きです・・・(笑)
この人。(笑) →f0147413_2328453.jpg
[PR]
f0147413_23222378.jpg出演:イ・ジュンギ、ナム・サンミ、チョン・ギョンホ、チェ・ジェソン

2007年、MBC,全16話。
製作費7億円、海外ロケ、映画「ブラザーフッド」('04)、「美しき野獣」('05)の脚本家ハン・ジフンによる波瀾万丈のストーリーなど、ドラマの枠を超えたスケールが話題を呼んだ「犬とオオカミの時間」。なかでもタイでは、有名な寺院やレストラン、歓楽街はもちろんのこと実際の犯罪多発地帯でもロケを敢行。イ・ジュンギはタイでも大人気のため行く先々で騒動が起きたとか。また、迫力満点のアクション・シーンも見どころのひとつ。
2007MBC演技大賞で、見事にイ・ジュンギが男性優秀賞をそしてナム・サンミが女性優秀賞をW受賞。さらにコミュニティポータルサイト「DCインサイド」が選ぶ「2007年を最も輝かせた最高のドラマ」アンケートでは、ペ・ヨンジュン主演の「太王四神記」に続く2位にランクインするなど、今なお韓国で「犬とオオカミの時間」は高い評価を受け続け、話題となっている。



感想
WOWOWで放送された韓国ドラマは、今のところ、私にとってハズレはないんです。
だから、これも見るのが楽しみでした。そんでもって、期待にたがわず、めっちゃ面白かった。
かなり後を引いているくらい、面白~~い!!というのが感想です。男性にもウケるタイプのドラマだね、これは。もともとアクションは好きだけど、単なるアクションではなく、キャラクターが良く描けているから面白かったんじゃないかな~。
中でもワタシのお気に入りは、・・・・なぜか組織のボス、マオ。(笑)悪者です~~~;;
でも最初に登場したときから、けっこうワタシの目を引いていまして、だけど、そのときから「ただの悪者には見えない」という、なんか勘が働いたんですよねぇ・・・そして、そうでした・・・いや、悪者は悪者なのだけど、ちょっと訳ありでしたね。ラストは、よかったな~~vv
イ・ジュンギは「王の男」を映画館に見に行ったとき、かなり好きでしたし、チョン・ギョンホは「ごめ愛」で馴染みがあって、役柄的には今回のほうが好きなんですけども、そのどちらにも転ばず、マオ~!って言ってるのは、私の周りには誰もいません。(笑)一人旅だわ~~(爆)
とにかく、このドラマが後を引いているのは、マオのせいでもあります。かなり。(笑)
ただ、ロケーションも凄かったし、普通にこのドラマ、面白いです。アクションと復讐劇が苦手でなければ、ぜひお勧めしたい1本です。(ちなみに、恋愛要素は、ちょっと薄いです)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
f0147413_0511818.jpg出演:イ・ダヘ、イ・ドンウク、イ・ジュンギ、パク・シヨン

「快傑春香」のスタッフが作ったラブコメディ。笑えて切なくて心温まるドラマです。
何かで一発当てることしか知らない父親を持ったユリンは、幼い頃から借金取りなどに追われて、アジア中を転々とする生活を送りつつ、その父の影響を受けてウソを上手についてお金を儲けるのが得意な女の子。
そんな彼女と、財閥の跡継ぎで冷徹で理性的なビジネスマンのゴンチャンが出会い、彼は事情があって彼女のウソが必要になり、偽の従姉妹として一緒に暮らすことに・・・
ラブコメの王道、偶然一緒に暮らすことになるが、反発しあいながらも、いつか2人は惹かれ合ってゆき…そのウソから始まった出会いが、今度は障害となる焦れったい恋の物語。イ・ダヘの明るいキャラクターが、とても可愛い。
また、「快傑春香」と同じスタッフが作っているサプライズ場面あり。(笑)
「春香」が面白かった人には、これもお勧め♪



感想

春香の次に、これを見ました。見始めてすぐ、こっちのほうが好きかも?って思いました。主人公のユリン(イ・ダヘ)に癖がなく、見てても受け入れやすいんです。
個人的にはゴンチャンは、役柄として少し平凡。春香のモンリョンのほうが魅力的かな、という感じ。とにかく、イ・ダヘ演ずるユリンが面白くて可愛い。ヒットしたドラマだということなので、要因は彼女かな、という感じもしました。
でも実は、途中からいつもふざけていたユリンが、ゴンチャンとの恋に胸を痛め、傷ついたり悲しんだりがあっての、2人の思いが通じるわけなのですが、イ・ダヘがそれまで、あまりにあっけらかんと明るいキャラのため、ゴンチャンへの恋する気持ちが、私には今ひとつ感情的に伝わって来にくかったのが正直な感想です。
彼女から、恋する女の子の色香が、あまり感じられなかったと思ったのは私だけ?
だからキスシーンも、なんだか見ちゃいけないものを見てしまった感が…(笑)
その点、チュニャンは彼を思う気持ちは痛いほど伝わってきて、チュニャンのキャラは好きじゃなかったのに、マイガールを見て、チュニャンを見直した私なのでした;

ただ、ドラマとして、切なくて笑えて良いラブコメでした。
また、このスタッフのお得意、脇キャラが良い味を今回も出していました〜
「春香」を見た人には、すごい嬉しいサプライズがありますよ♪


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]