タグ:イ・シヨン ( 4 ) タグの人気記事

f0147413_22050008.jpg出演:キム・ガンウ イ・シヨン オム・ギジュン ハン・ウンジョン チョン・ボソク イ・デヨン

2014年、KBS、全20話。
放送当時、韓国の“今ハマっている番組調査”で第1位に輝いた傑作サスペンス。
韓国経済を動かす秘密サークル「ゴールデンクロス」の陰謀と、それに立ち向かう検事の復讐を描く。キム・ガンウが巨大権力に立ち向かう検事を熱演。



<感想>

ドラマについての検索をしていたら、何とこのドラマ、どうやら最初はパク・シフさんが出る予定だったみたいですね。何があって違うことになったのか分からないけど、出演者でかなり印象は違ったのではないかしら。
正直、このドラマを最初に見た時に、ずいぶん地味な主演とヒロインだな~と思いました。キム・ガンウさんのファンの方には申し訳ない。悪気はないのです。結果、熱演でとても面白かったことを、先に書いておきます。
それでも、これも悪気はないのですが、ヒロインとして(最終的にヒロインではないとも言えるのだけど)イ・シヨンさんというのは、とても地味な印象を受けます。少しドラマの格が下がるというか、わき役はチョン・ボソクさんやオム・ギジュンさんなどが出てきて、とても華やかなのにね。もしかしてヒロインも最初は違うキャスティングだったのかしら。パク・シフさんが主演だと、ヒロインにイ・シヨンさんというのは、少し物足りないから。パク・シフさんが主演じゃなくなって、ヒロインも見なおされたのかな~なんて、勝手な憶測ですけどもね。
ただネットでも視聴率があがっていったように、地味目なキャストではあるものの、ストーリーは復讐ものとして、なかなか見応えのある面白いドラマでした。ただ最終的に…ネタばれになるかもですが、キム・ガンウさんが愛するのがイ・シヨンさんではなくなってしまうのが、何とも急展開なイメージでした。もちろん最初から本気ではなかったと言えばそうなのかもしれませんが、他の女性との絡みが殆どなかったので、終盤唐突に、という感じがしたのは私だけではなかったのでは・・・。何か途中で脚本変更みたいなものでもあったんでしょうかねぇ。それでももちろん最初から敵の娘みたいなものですから、うまくはいかない関係なのは分かりますけど、そこで本気で悩むのが韓ドラではないですか。(笑)一途は韓ドラのセオリー。それが違う展開で若干肩すかし気分でした。
でも全体的には、悪の組織を味方にした極悪人に復讐を仕掛ける主人公の話としては面白かったです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆


[PR]
f0147413_22452712.jpg出演:イ・ソンジョ イ・シヨン シウォン

2011年、KBS、全16話。
演出:ユ・チョルヨン「太陽をのみ込め」、脚本:チョ・ギュウォン「IRIS〔アイリス〕」。
甘いマスクと抜群のスタイルを持ち、SUPER JUNIORのメンバーとして、アジア各国から絶大な人気を誇っているK-POPスターのチェ・シウォン。役者としても、ラブコメディ「オー!マイレディ」に主演、アクション大作「ATHENA―アテナ―」では、若き情報局員を熱演し、高い評価を得ている。その彼の最新主演作が、いよいよ日本に登場する!
ユンホ(東方神起)が、特攻隊(SSAT)の隊員として友情出演しているのも見どころの一つ。アクションシーンにはスタント無しで挑み、体当たりの熱演でスタッフ達を驚かせたと言う。ソヌと共に命がけのミッションに挑む、その男の友情も胸を熱くする。チェ・シウォンとユンホが並び立つアクションシーンは、文句無しのカッコよさで、テコンドー(チェ・シウォン)、合気道(ユンホ)の特技を活かした2人の華麗なるアクションに注目だ。
またこのドラマには、豪華K-POPアーティストが集結。今最も旬なSUPER JUNIORのキュヒョンをはじめ、BEASTのヤン・ヨソプ、4Minuteのホ・ガユンが楽曲参加。彼らの卓越した歌唱力で、ドラマシーンを盛り上げている他、ZE:Aのムン・ジュンヨンは、日本の特殊犯罪チームのチャ・ヒョンスン役としてカメオ出演している。

感想

途中書いた記事はカテゴリ「ポセイドン」にあります。
最初、なんていうか、制作メンバーとか知らなかったので、若い海洋警察の男女が悪いやつらと戦いながらラブラインを成立していくような、単純な話だと思ってたんですよ。だってシウォンくんにユノとか出るし。でも、今となっては脚本は「アテナ」の人だし、演出も「太陽を飲み込め」の人だし、スケール大きいのも納得。「アテナ」ほど制作にお金をかけていないのは一目瞭然だけど(笑)途中からストーリーがどんどん複雑になっていって、何重にも謎が仕掛けられていたりとか、敵もちょっと「アテナ」ちっく。似てるといえば似てるかもしれないので、二番煎じという考えもないことはないけど、最初あなどっていたぶん、途中から「あれ?意外に面白いぞ」というイメチェンが私の中にあって、ギャップが出来たぶん、余分に面白く感じたのかも。
ドラマの宣伝の仕方とか観ると、ひらすらシウォンくん押しのドラマという感じで、逆に実際のドラマより軽く思えてしまうような気がするんですよね。もっと普通にストーリー重視で宣伝してもいいと思うんだけどな~。
まあちょっとヒロインが地味かな、というのが私の中であるんだけども・・・。(^_^;)でも、あまりラブラインが強調されていないので(少しはある)ヒロインはまあ、誰でもいいか、みたいな・・・ああ・・・私、失礼ですよね;;
イ・シヨンさん、可愛いですけどね。わき役を演じているドラマばかり観てきた女優さんなので、ヒロインとして少し薄いな、っていう感じがいなめませんでした。
ちなみに、ラストも「アテナ」ちっくに、続きがあってもおかしくない終わり方。まあ巨大組織が敵だと、終わり方って、どうしてもトカゲのしっぽ切り的な感じになりますよね。だから、そのへんは理解可能。でも続きは…なさそうな感じが・・・・。どうなんでしょう???まあ私、シウォンくんよりイ・ソンジェさんのほうがお気に入りなので、あの終わり方だと、続きがあっても、シウォンくんは出てもイ・ソンジェさんは出ない感じかな~。だから続きはなくてもいいです。黒蛇会の潜入スパイが9課に入ってきたことと、チェ会長って、ダレ?っていうのは気になるけど。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
というか、実は五輪が忙しくてずっと溜めていたので、終わってから一気に7~8話ぶんくらいを観たんです。
そしたら15話まであって、撮り溜めてあったぶんをようやく観たな~と思ったら、15話の最後に次回最終回って表示されてビックリ~!!(笑)どうせなら最終回まで溜めて観れば良かった。(笑)

いや、そうじゃなくて。(笑)
え、こんなにまだ色んな疑問があるのに全16話なの~?ってことなんですけど、まあ収まるんでしょうね。
そして前回の記事で、やる気なさそうな感想を書いたんだけど(笑)ここまで来て、変化しました。

しかし、最初はチンタラ観ていたせいもあるかもしれないけど、海洋警察の若者たち男女のラブラインを絡めた、悪い組織との軽いやり合いのドラマだと思っていたら、観ていくうちにどんどん新たな展開が広がっていって、どんどん新しい事実が判明して、敵は強大だわ、次から次へと裏切り者はいるわ、このドラマ、こんなに複雑で、案外骨太のドラマだったのか、と、残り1話まで観終わって実感しています。(笑)侮っていたわ~~(笑)

いや~、だって、こんな大きな展開のドラマにしてはヒロインは地味だし(失礼?)まさか「ポセイドン」というタイトルに、こんな意味があったとは。単に、海洋警察が舞台だから、格好つけたタイトルにしただけかと思っていた。

意外にね~~、面白いですよ~~。一気に観たせいもあるかもしれないけど、二重、三重に覆われた敵の正体は、最後の最後まで分からず。お金は「アテナ」のほうがずっとかかっているけど、ストーリーレベルとしては、近いものがあるような気がする・・・。途中で出なくなった東方神起のユノが、最後になって(本人が出てくるかどうかは、ちょっと謎なんだけど)すっかり忘れた存在だったのに、存在意義が出てきたというか、重要な人物だったのか、とわかったり。シウォンくんのお父さん、普通の人だと油断してたけど、そうじゃないとわかったりとか。

私はBSのすごいCMカット有りの吹き替え版で観ているけど、カット無しで一気に観たら、きっとすごく見応えのあるサスペンスアクションドラマだと感じるんじゃないかな~。いや、今もけっこうそう思ってるし。
あなどっていたのに、けっこう当たりで、嬉しい誤算です。
[PR]
f0147413_2248443.jpgBS日テレで放送中の「ポセイドン」を7話まで観ています。

・・・・だからさ~、このテのドラマは毎日観ないと、筋書きが分かりづらくてダメなんだってのに、週2回放送を観ているので、微妙に半端な理解状態で見続けています。(笑)私も懲りないな。(笑)

半端だから、きっと面白さも半端なんですよ~。でも、面白くないわけじゃないから、見続けてるんですよね。

登場人物、けっこう豪華です。SJのシウォンくんや東方神起のユノ(ユノはときどき登場?)などが登場するんですよね。まあメインはシウォンくん、という感じです。でもこのアイドル出演の中、私はWメイン?と思えるイ・ソンジェさんが好きで、毎回楽しみでもあるんですよね~。このドラマの画像を検索したんだけど、まずシウォンくんとユノばっかりで、イ・ソンジェさんが殆ど引っ掛かってこないんですよ。(笑)だから、このドラマを観て、イ・ソンジェさんがイイ~~vvとか言ってる人は少ないのかしらと思ってしまいました。(笑)

イ・ソンジェさんといえば、面白かった「大韓民国弁護士」なのですが、あの時はどちらかというと面白い役で、でもちょっと可愛くて愛すべきキャラだったんですが、今回はシリアスで素敵ですっ♪いや、前回も素敵でしたが♪でも、実は正直に言うと、最初このドラマで彼を観た時、どこかで観たことあるし、めっちゃ私好みなんだけど、どこで観たか思い出せない・・・・と思ったのでした。(笑)調べてみて、あ~~~!「大韓民国弁護士」のミングクだ~~!ってわかって、惹かれたことにナットク。やっぱり私好みのはずです、はい。(笑)

私的には、このドラマでの彼は、子持ちの奥さんを亡くした男で、でも色恋には関わらない(今のところそうなんだけど、彼に思いを寄せている女性はいて、でもその女性って、朱蒙のヨミウルなのよね~。だから、どうもピンと来なくて、なので色恋は、いっそないほうがいい…笑)役どころなんですが、私としては、こういう使い方はもったいなくて、ぜひ恋愛がらみのあるドラマを、またやって欲しいなぁ~~と願っておりますvvその時には、ぜひ不倫とかそういうのじゃなくて、大人の純愛をお願いしたい、はい。・・・って、ここでお願いされてもね。(笑)

そんなわけで、観ているけど、きっとラストまで観ても、細部は分からず終いで観終わりそうな予感です。(笑)

あ、そうそう、このドラマには、なにげにファンも多い、ハン・ジョンスさんもわき役だけど出ていま~す。
[PR]