タグ:イ・サンユン ( 9 ) タグの人気記事

f0147413_22333649.jpg出演:チェ・ジウ、イ・サンユン、チェ・ウォニョン

2015年、tvN(ケーブル)、全16話。
チェ・ジウがケーブルドラマに初出演。初のケーブルドラマを選んだ理由として、魅力的なキャラクター、演出家への信頼、と答えた。チェ・ジウ特有の明るく活気に満ちた演技と、実際の二十歳に劣らない美貌、キャンパスルックにも注目。30~40代女性の現実と夢、憧れをリアル、かつコミカルに描いている。
「怪しい家政婦」「秘密の扉」などを手掛けたキム・ヒョンシクが監督を、「華麗なる遺産」「いとしのソヨン」などを手掛けたソ・ヒョンギョンが脚本を務めた作品で、40歳にして大学の新入生となったハ・ノラ【役:チェ・ジウ】とその周りの個性豊かな人物たちとの出会いや出来事を通して展開されていくキャンパスライフを描いたストーリーです。

<感想>

例に寄って全く知らずに我が家に回ってきて見たドラマでした。(笑)最近またチェ・ジウをわりと見かけるようになりましたね。今回の役はなんと大学生の息子の母の役。それなのに、やっぱり初々しさというか、純粋さというか、そういう役作りがうまい人ですね、チェ・ジウは。キャラクターも、自分が高校生の時に知り合った年上男性と突然結婚して子供を産んだものの、そのままドイツで言葉もままならない中で暮らした女性という設定で、旦那と子供だけが世の中のすべてだったのが、ある日旦那から離婚を突き付けられて、改めて自分の生きる道を探していくストーリーなので、世間ずれしてなかったり、それゆえの世間知らずで純粋なキャラという設定が、本来は若干無理があるところを、チェ・ジウがうまく視聴者を引きこめるキャラ作りをしていたんじゃないかと思いました。イ・サンユンさんも、彼の特徴である、優しい男ではない、怒りキャラとでもいうのか(笑)お得意の男性でしたよ。でも背の高い二人が、金持ちでも貧乏でもない、普通の男女の役で、洋服とかも普通のものなので、二人が一緒にいると、どこぞの年齢層の高めの夫婦モデルが出てるファッション誌みたいな感じに見えました。
物語も、おそらく共感を得たと思われるのですが、韓ドラにしては普通の中年の男女の恋愛と、ヒロインの成長物語なので、普通は間延びしそうなところを、案外サクサクと見れて面白かったです。トーンも明るめなので、肩ひじ張らずに、気軽に観れる楽しめの、でも女性の共感度の高いドラマでした。特に手法として、20年ぶりに出会った友達(イ・サンユン)が、なぜ自分に対して冷たい態度なのかが少しずつ過去が見えてきて、それはチェ・ジウ演じるハ・ノラが自分自身を忘れていた20年間を取り戻していく歩みと一緒に分かって行く流れになっているのが、とても良かったと思います。中年女性に限らず(笑)全ての女性にお勧めのドラマです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
f0147413_23171046.jpg出演:ムングニョン、イ・サンユン、キム・ボム、パク・コニョン、チョン・グァンリョル

2013年、MBC、全32話。
16 世紀後半、女性として初めて<沙器匠>の座に上りつめた朝鮮一の陶工、ユ・ジョンの波瀾万丈な半生を描く。モデルとなったのは実在した陶工“有田焼の母”とも称されるペクパソン。九州で数百人もの陶工を指導し、敬愛されたペクパソンは故郷朝鮮でどんな日々を送っていたのか?本作ではペクパソンにユ・ジョンという名を付け、彼女が沙器匠となるまでのサクセスストーリー、身分を超えたロマンスをドラマティックに描き出す。
<感想>

すご~~く設定が楽しみで、しかも出演者がムン・グニョンちゃん、脇にチョン・グァンリョルさん、キム・ボムくんときて、観る前からワクワクしていました。チョン・グァンリョルさん、悪役ですが、彼が脇に来るドラマは本当にどれも面白いし、彼がいい味を出してくれるからです~。それに観賞用と言ったら失礼だけど、キム・ボムくんも観れるし。個人的にイ・サンユンさんには惹かれないものですから、ロマンスへの期待は薄かったです;;
掴みはバッチリ(古い表現ですが…笑)なんです。お約束のように両親の代から始まり、陶芸の焼きがまの中で落雷とともに生まれるジョンイ。作りすぎでしょ…(笑)でもそこがドラマチックでいいんですよ~。
両親の時代に色々あって、それを引き継いで子供時代へ。そして大人になって、と物語も32話くらいだと、そのくらいの流れも丁寧に描けますよね。長すぎず短すぎずいいと思いました。ただ、終盤にかけて、何となく尻つぼみな感じがしたんですよね。まあラストは史実があるので、それに逆らうわけにはいかないから仕方ないですが。
なんでジョンイの相手を光海君にしたんでしょうね。あ、ジョンイがその時代の人だったからなのか、そうか。光海君といえば、朝鮮王朝時代に色々あった方なので、更にドラマチックなものを盛り込もうと言う事だったのでしょうけどね。確かにキム・ボムくんの役とめでたしめでたしでは、物語を作る上で光海君とジョンイの関係性が難しくなるかもしれませんね。まあとにかく面白かったです。でも終盤ちょっと盛り下がりました。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
f0147413_23171046.jpg

朝鮮王朝時代、女性で初めて宮廷陶工「沙器匠(サギジャン)」になった女性のサクセスストーリーと、その時代の王子・光海君(クァンヘグン)との純愛ラブストーリーがミックスされたようなお話なんだとか。

とにかくMBC史劇らしい、豪華でテンポの良い展開と、親世代のしがらみ、出生の秘密、などが最初からてんこ盛りで、定番なんだけど、安定の面白さなんですよね~。子役時代も5話の途中までと、けっこう長い。でも子役たちは相変わらず上手い。(笑)ただし大人になっても似てる配役なので、あまり混乱はないです。(笑)

配役も豪華。主演、ムン・グニョン。少年になりすますキュートな女性を演じさせたら右に出る人はいないかも、と思える配役。そう、「風の絵師」でもやった男性になりすます役です。男には見えないんだけど、女性っぽい容姿ではないから受け入れやすいですね。そしてキュート。でもかなり問題を引き起こす役柄で、もうちょっと大人しくしてられないんかい、と突っ込みをいれながら見てます。次から次へと問題を起こすもんで・・・(笑)

そしてその尻拭いを天下の光海君がやってる理不尽。(笑)でも光海君がもともとは子役時代問題を引き起こす側だったので、彼が宮廷にジョンイのお父さんを呼ばなければ死ぬこともなかったし、とにかくそこはお互い様といったとこでしょうか。(笑)

わき役もカッコいい~~見守る男、キム・ボム。花男の時には戦の細い綺麗な子って感じだったけど、今はかなり鍛えているのか、首ががっしりと長くて顔が小さくて綺麗で細マッチョ。好きなんですよ~、イ・サンユンさんより好き・・・(笑)

パク・コニョンさんも、映画「ダンサーの純情」(その時もムン・グニョンちゃんと共演でしたね)の時は胸キュンだったのですが、「風の国」を経て、だんだんさすがにオッサン化してきたな~というのが最近の印象。なのであまり惹かれることもなく、まあこのドラマもまた、配役よりもドラマの展開で楽しむ感じになりそうです。

でもとにかく定番の面白さがある感じ満載なので、なんとなくもしNHKが「奇皇后」やってなかったら、これ買ってたかな~なんて思います。チャングムを思い起こす感じもあるので。さてどこの局が放送するのかしら。


[PR]
f0147413_23291493.jpg出演: イ・サンユン、ク・ヘソン、キム・ジソク、スンリ(BIGBANG)、カン・ハヌル

2014年、SBS、全20話。
つらい家庭環境のために初恋の相手と離ればなれになってしまった男女が12年後に再会したことで巻き起こる切ない恋模様を描く。事故で両目の視力を失ってしまい、心を閉ざしてしまうヒロイン、スワン役を演じるのは「お願いキャプテン」以来2年ぶりのドラマ出演となったク・ヘソン。またそんな彼女と再会し、ふたたび恋に落ちる外科医役に「いとしのソヨン」で大ブレイク中のイ・サンユン。二人の切なくも心温まるピュアなラブロマンス。
韓国トップアイドルグループ“BIGBANG”のV.I (ヴイアイ)が救急隊員を志望して韓国に来たテキサス育ちの青年テディ・ソ役で韓国ドラマ初出演を果たした。V.Iは昨年、日本のドラマ「金田一少年の事件簿~香港九龍財宝殺人事件」に出演したことはあるが、韓国ドラマの出演は今回が初めてとなり、本作の好演により、同じグループで現在俳優として活躍中のT.O.Pに続き役者として韓国のお茶の間から高く評価されることとなった。

<感想>

いつものお借りしたDVDで、まったく知りませんでしたが、最近悪役、ライバル役ばかり見ていたイ・サンユンさんだったので、ヒロインのク・ヘソンさんがお久しぶりなのと同じく、イ・サンユンさんのヒロインの相手役も久しぶりでした。二番手男性役に私の好きなキム・ジソクさんが出ていたのも興味をそそりました。
さて、見始めて、まさしくこれは韓ドラ。(笑)親の因果、記憶喪失の代わりに目が見えない子、不幸が色々襲ってきて、二人のすれ違いから再開へ、という流れ。ドラマチックで面白かったです。イ・サンユンさん、タイプじゃないけど、スタイル良くてカッコいいですね。ク・ヘソンさんは色白で可愛かったです。
しかし、終盤に行くにつれ、隠されていた事実が発覚していって、ヒロインとお相手はうまくいかなくなってゆきますが、それも韓ドラのうちという感じで、途中までは良かったんですが、だんだんク・ヘソンさんの、あの大きな瞳が、明るい時には生き生きして見えるのに、暗くなっていくにつれ、鬱陶しさの権化のように感じてきます。
最後には、そこまで頑なにならなくても、と思うくらい、お相手を拒否。簡単には結ばれない運命の二人だから仕方ないとはいえ、まあ彼女の頑固さなら、自分(と親)を許せなくて受け入れられないのも分かる、と、納得しながらも、本当にあの性格が鬱陶しかったです。(笑)早く終わってくれ、と思ったほど。(笑)
ただ、それは私の勝手な感想で、実際は細部まで丁寧に描かれている感じがして、ドラマはきちんと作られてあったんじゃないかなと思いました。可哀想な運命の二人のお話が好きな方にはお勧めだと思います。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆


[PR]
f0147413_22261920.jpg出演:チョン・ジョンミョン、イ・サンユン、ハン・ジヘ

2011年、MBC、全32話。
同じ日の同じ時間に誕生し、“両班”と“物乞い”として運命が入れ替わった2人の男の物語。
『シンデレラのお姉さん』で人気急上昇のチョン・ジョンミョンと、MBC演技大賞を取ったイ・サンユンによる、主人公の繊細な内面の表現に注目。ハン・ジヘとソ・ヒョンジンは自分を主張して生きる新しい女性像を演じる。ハン・ジヘが扮するトンニョは知恵と勇気を発揮して、大きな旅館の女主になる。ソ・ヒョンジンが扮するタリは女の革靴屋であり、女義賊として活躍。
歴史上の有名人や偉人のサクセス・スト―リーではなく、社会の下層でたくましく生きた民衆の歴史をメイン・テーマに置く。“第2の『チュノ~推奴~』”になるのではとの前評判が高かった『相棒』は、朝鮮時代末期の庶民を中心に描いた歴史ドラマ。


感想

ほぼ知らない、いや、まったく知らないドラマが始まるということでしたので、面白くなかったらすぐリタイアするつもりでBSで見始めました。そしたら1話のラストが、まったく予想外のことが起きて続きがすごく気になったので、続けて見ることにしたんです。続きも面白かったです。ただ史劇のお約束で、最初は子供時代だったんですが、少し長く感じて、子供時代で一度テンション下がりました。(笑)それから大人になって、チョン・ジョンミョンさんとイ・サンユンさんになって、また俄然面白くなってきました。ていうか、チョン・ジョンミョンさんがカッコよくて~~。「シンデレラのお姉さん」でもカッコ良かったけど、やっぱり史劇は何割増しかで更にカッコよく見えますね。史劇マジックです。(笑)しかし、そこから中盤にかけては良かったんだけど、それ以降、何となくダレを感じました。このドラマ、全32話だけど、20話、もしくは24話で十分だったのでは・・・・。終盤、かなり平坦さを感じて、正直少し飽きていましたもん。なくてもいいような展開がたくさんあるように感じて、あきらかにテンポが悪くなったような・・・。ただラストは、おそらく義賊ものの定番なので・・・・予想通りだったけど、その予想に至るまでの方法が予想外(笑)だったので、ラスト、面白かったです。
イ・サンユンさん、これまで嫌な役ばかり見てきた方なので、今回も途中から嫌な人に変貌するのではないかと冷や冷やしたんですが(笑)最後までとてもいい人で嬉しかった・・・。ホッとしました。(笑)
ヒロインなのか、どうなのか、ハン・ジヘさん・・・・「エデンの東」に続いて、なんだか可愛げのない、とてもヒロインとは思えない(でも主演二人から愛されるのでヒロインですよね…)女性で、私はまったく好きではありませんでした。こういう役が続くと、彼女自身への印象も悪く感じてしまって・・・・どういう基準で役選びをしているんでしょうかねぇ・・・・。演技派目指して、イイ人をあえて避けているのかしら・・・;;ここだけネタばれしますけど、終盤、ジョンミョンさん演じるチョンドンが、彼女のことを好きじゃなくなる(諦めるとかじゃなく、そして他の女性に心変わりとかでもなく)シーンに、胸がス~ッとしちゃったよ。(笑)私の中で本当にイメージダウン…(笑)
というわけで、全体的に言うと、ストーリーを考えると長すぎだと思えたドラマでした。もっとコンパクトにスピーディに展開していれば、もう少しドラマ評価があがったかもなぁ~。まあでも全体を通しては面白かったです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
f0147413_2332659.jpg前回の雑談その11では、停滞気味・・・と書いた「相棒(チャクペ)」ですが、登場人物も大人になり、また俄然面白くなってきました~vv

ていうか・・・・やはり韓ドラ史劇マ~ジック!!
チョン・ジョンミョンさん、現代モノよか3割増しでカッコいいーーー(←失礼?笑)
ドラマは大好きだった「シンデレラのお姉さん」ですが、そしてその時もカッコ良かったですが、この相棒でのチョン・ジョンミョンさんのほうが、私は見た感じが好きです~~。やはり史劇の格好は素敵に見えるからなのか?
まあ、そもそもヒゲ姿が好きなんですよね。だからなおさら、史劇姿のほうがカッコよく見えるのかも。
それにアクションもあるし、乗馬姿とかも日本より好きです。日本の時代ものは、刀を脇差にさして、両手で手綱を引きますよね。でも韓国史劇の乗馬は、片手に刀を持って、片手で手綱を引いて乗るんです。その姿勢とかが、めっさカッコいい。あとアクションも、やはり定番・回し蹴り、カッコいいですvv日本はあまり蹴りはないしね~。

関係ないけど、その点、前クールの「ラッキーセブン」のアクションはカッコ良かった!!
アクションがすごく本格的だし、韓ドラ並みの蹴りアクションが満載!瑛太と松潤のアクションは凄かったな~
ということで、たまたま検索したら、このドラマ、瑛太途中降板か?なんて噂でネット上が騒がしかったんですね。
私は普段あんまりドラマ関連の視聴者の声みたいなのを調べたりしないので(自分が面白ければそれでいい、という、とても自己中な視聴態度なので、他の意見に関心が薄いの……笑)そんなことも今知ったわけですが、もともと途中から舞台が入っていた瑛太にフジが無理やりオファーを出し、途中瑛太が出ない回があるのは予定通りだったらしいですけど、あまりに存在感が大きかったので、ネット上で途中降板?とか、松潤より演技で注目を浴びているのでジャニーズから圧力がかかった、とか、くだ~らないことで盛り上がっていたようです。ごめん、つい毒舌・・・(笑)だって、つい自分が関心がないから、こういうネタ、くだらないと思ってしまって。ははは・・・(^_^;)
そして結局最終回では16%くらい取って月9の面目を守ったので、ラッキーセブンも映画化か?とか書いてありました。それは、最近のパターンだね。私はラッキーセブン、面白かったので、映画、賛成ですが。

おっと、ラッキーセブンの話じゃなかった。(笑)チャクペだよ。(笑)

じゃなくて、あと「名家」もね、面白いですね。でも商人の出世物語になっていくと思ったのに、意外に若干違う方向に流れていて、そういうわけでもない物語なんだな~と思いました。でも引き続き面白いです~。

ただ、同じ時期に「相棒」「名家」「ケベク」が始まったので、相変わらず人物相関関係がついつい混ざってしまって、あれ?この女の子って・・・・いやいや、それはこっちの話だった、みたいなことが何度もあります。(笑)
結局最後まで観ても、設定がまぜごぜで訳分からず終わってしまったりして・・・3本とも。(笑)
[PR]
f0147413_23195067.jpg出演:ソン・チャンウィ イ・サンユン キム・ユミ チョン・へビン ソン・ヨンギュ キム・スンウク

2008年、SBS、全16話。
人気ミュージカルスターから転身を図ったソン・チャンウィ主演で描いたサスペンスドラマ!恋人が殺され弟がその濡れ衣を着せられた為に検事になった男と、弁護士になった真犯人との友情と対決を描いた本格法廷ドラマ!恋人の死、弟の逮捕、母親の自殺、そして親友の裏切り・・・。想像を絶する展開とリズムで、ジュナ(ソン・チャンウィ)はさまざまな苦難に立ち向かう。真実と正義は最後に彼に微笑むのか?検事になるため、日々勉強を重ねるジュナ(ソン・チャンウィ)は恋人のウンジ(イム・ヒョソン)を何者かに殺されてしまう。数年後、ウンジ殺害の真犯人ウビン(イ・サンユン)と出会い、親友となるが…。


感想

BS11で第1話を先行放送するということで、全く知らないドラマだったんですが、試しに録画して見てみたら、なかなかサスペンスで面白そう~。そしてネットで観た方の感想などをサラッと探してみても、けっこう好評だったので見ることにしたんです。ですがBS11は週に一回の放送。私、サスペンスを週に一回って、過去に「復活」をそれでやって乗りきれなかった思い出があるので、今回はスッパリとTV視聴はやめて、すぐにDVDをゲットし、それを見ることにしました。
結果的にそれが正解だったかどうかは分からないですが、見てみると「復活」ほど人間関係は複雑ではないので、ひょっとしてこれは週イチでも最後まで行けたかもしれません。でもまあ、次が気になる展開なので、DVDでBS組よりお先に視聴終了させていただきました。(笑)
見る前から、きっと誰にも深い思い入れはしないだろうと思っていましたが、それは予想通り。ソン・チャンウィssiは素敵ですが、魅力的な役柄か、というと、気の毒な主人公の域を出ない感じかな。いや、もともとお好きな人にはイイと思いますよ。でも魅力的というなら「イ・サン」のチョン・ヤギョンのほうが私には魅力的に見えるので。(笑)でも面白いドラマでしたよ~vv
悪役のイ・サンユンssi、彼のそういう役は「No Limit~地面にヘディング~」で先に見ているので、このウビン役は、あれに比べれば腹グロ度はマシに思えたくらいで、そのせいかこのドラマのラストも納得のラストに思えたのですが・・・これ以上書くとネタばれだから止めますけど…(笑)
ひょっとしてラストに納得いかないという人もいるかも・・・?脚本は「グリーンローズ」に携わった人のようなので、見ごたえあるサスペンスに仕上がっているのも納得です。
「グリーンローズ」「復活」など、本格サスペンスドラマがお好きな人にはお勧めです。

過去「神の天秤」を視聴中に感想を書いた記事はこちらのカテゴリーをご覧ください。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
面白いですね~~~
正当派の復讐系ドラマですね。復讐系も、多分種類があって、女の復讐とか生まれ育ちが絡む復讐とか、そういうのだとドロドロで苦手なんだけど、このドラマはどちらかというと「復活系社会派復讐ドラマ」という感じで、本格サスペンスな感じだから面白く見れる気がします。

と言っている私は、「復活」の評価は低いのですが(笑)それは多分、私の見方が悪かったからだと思うんです。やっぱりこういう本格派のドラマは、まずは週イチだと私の頭がついていかない(登場人物を把握しきれず、更に展開も忘れてしまう)のに週イチで観たことと、やっぱりジフンくんが出ている「魔王」と並行して見てしまったというのも、かなり感想に影響を与えたと思います。
そりゃ~やっぱり、当時は特に彼を大好きだった時期だから、「魔王」と比べてしまうんですよね。
で、さらに主演の二人の恋愛にまったく感情移入出来なかったのも大きかったし。
まさにタイミング&見方が悪かった典型のドラマになってしまいました。

その「復活」と比べるのもなんですが、私的には「復活」の☆評価は低くても、ドラマのクオリティは高かったと思っています。むしろ高すぎて私がついていけなかっただけのことなんですよね。

その「復活」と、この「神の天秤」はかなり近いものを感じました。
伏線が上手に貼られていて、それが少しずつ明らかになっていくドキドキ感。上手い脚本ですね。

世の中の、既に見た方がどのくらいの評価をされているのか、私はまだ分からないし、私もまだ途中までなので、ひょっとして後半ダレが来たりとか、感じかたが変わる可能性もありますが、今のところ、引けを取らない面白さだと思います。

ただし・・・誰にも堕ちませんけど。(笑)

イ・サンユンさん、かなりこの9話あたりから露骨に悪な感じですが、実は「No Limit~地面にヘディング~」の彼の役のほうが、もっと悪役なので、免疫が出来ていて、そんなに拒否反応はありません。(笑)「神の天秤」の彼の役は、それでも最初は戸惑ったり苦しんだり、根っから悪人ではない姿が序盤描かれているので、ある意味理解できる悪役なのですが、「No~」の彼は、最初から悪どい人として登場して、本当に悪い男ですので(笑)同情の余地がありません。(笑)

ちなみに、ソン・チャンウィさんの弟役、なんだかとても可哀想で、でも可愛くて(顔とかでなく…笑)どこか惹かれる役です。
[PR]
昨日から週イチでBS JAPANで放送が始まった「No Limit ~地面にヘディング~」を見始めました。
もちろんユノが出るからですが、相手役がアラちゃんなのも可愛くていいわ~♪
あと、どうやらユノのライバル役で「憎くても可愛くても」「神の天秤」のイ・サンユンssiが出ていました~。「憎くても~」では良いオッパの役、「神の天秤」では、まだ見てないけど、どうやら悪役らしいので、今回のライバル役(弁護士役なんですよね~)はどうなのか楽しみです。

見てみて思ったのは、基本的に私はユノの顔がもともとタイプです。(笑)
トンさんたちの中でも、純粋に顔だけで選べと言われたら、私はユノの顔が一番好きですから。
この役も、髪形が私好みなのでイイ感じです~。ちょっと画像検索しただけで、いい写りの画像がウジャウジャ出てきましたし~(ウジャウジャって…笑)

しかし、いきなり人工呼吸とはいえキスシーンが出てきたのは、ちょっと動揺。(笑)
しかもその人工呼吸という設定だけに、けっこうディープ。(笑)今後が楽しみです。(笑)

f0147413_0194177.jpg
[PR]