タグ:イ・サンウ ( 6 ) タグの人気記事

f0147413_23592400.jpg出演:ナム・サンミ、キム・ジフン、イ・サンウ

2013年、SBS、全36話。
結婚という人生の岐路に立ち、価値観の異なる2人の男の間で揺れる女。相手の家柄、職業、学歴、お金に対する考え方や人生観……様々な条件のなかで結婚に必要なものは何かを問いかけていく、大人のラブストーリー、「結婚の女神」。主人公を中心に、様々な人生観をもつ女性たちの幸せ探しのストーリーとしても、多くの反響を得た話題作だ。
魂が通じ合う相手との結婚を望みながら、現実の問題に葛藤するヒロインには、『光と影』や『犬とオオカミの時間』で知られる清純派美人女優、ナム・サンミ。彼女の婚約者で財閥子息の検事という最高の条件を備えた男には、『となりの美男〈イケメン〉』『星を取って』のキム・ジフン。さらに、ヒロインの心を大きく揺らす素朴な建築家には、『神々の晩餐~シアワセのレシピ~』『馬医』のイ・サンウ。タイプの違う「条件」の男たちのどちらを“最終的に”ヒロインは選ぶのか、最後までわからない展開にハマリこむこと必至だ。

<感想>
出演者のメンツはなかなかいい感じで、しかも男性陣二人は、どちらもヒロインの相手役を経験したことがあるので、三角関係が予想されても、最終的にどちらと幸せになるのか(ハッピーエンドは想像がついていたので)分かりづらく、その点で俳優としての格みたいなものが差がなかったのは良かったかもしれません。
ただ・・・・ナム・サンミさん、私は比較的好きなほうなのですが、この役はとにかく共感出来ない。途中で、自分が選んだ道なのに、その大きなため息の連続はやめて!鬱陶しいし、わがまますぎる!(しかも劇中では我がままという風には描かれていない。でもどう見ても世間ずれした甘ったれにしか見えない)とイライラ。(笑)
イ・サンウさんも、何だか主体性のないウジウジした男って感じだし(酷いな私)唯一キム・ジフンさんだけが、ひたすらヒロインを愛して守ろうと頑張って尽くすいい人なんですよ。でもヒロインがあまりに酷いので、どっちの男性も、なんでこの女をそんなに思い続けて人生狂わせなきゃいけないんだ、と怒りが湧いてきます。(笑)どっちの男性とハッピーエンドになるかは書かないでおきますが、まったく共感出来ないドラマでした。36話もダラダラと鬱陶しい。でも、このドラマは実はこの3人の話だけではなく、彼らを取り巻く他の登場人物の結婚生活の様々な出来事についても並行して描いているので、3分の1くらいはホームドラマっぽいです。
それにしても滅入ったのが、ことごとくあっちでもこっちでも皆が声を荒げ怒鳴り散らすこと。辟易しました。男性女性、老若男女問わず怒鳴るので、うるさ~~い!って画面に文句言いそうになりましたよ。(笑)
文句ばっかりの感想でしたが、何ていうか、最初のほうでのシーンでヒロインの選択が違うほうであったなら、こんな鬱陶しい事にはならなかったと思うと、本当にお騒がせなヒロインだったよ、ってラストで思っちゃったものですから。ラストが違っていたら、ここまで文句を連ねなかったかもしれません。でも実は最終回の流れは、観る前から私の中に湧いてきて、最終回だけなら私でも脚本書けるわ、と豪語。予定調和過ぎて更に腹立たしかった。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆


[PR]
f0147413_22512070.jpg主演:チョ・スンウ、イ・ヨウォン、イ・サンウ、キム・ソウン

2012年、MBC、全50話。
韓国歴史ドラマの巨匠、イ・ビョンフン監督にとって、『ホジュン』『宮廷女官 チャングムの誓い』に続く3作目の医療ドラマ。馬の医者、獣医学の世界に挑み、新たな“メディカル史劇”を生み出した。監督が特にこだわったのが治療シーンのリアリティー。「恵民署(ヘーミンソ)」や「内医院(ネイウォン)」などを舞台に、医師たちの葛藤や喜びを巧みに描く。主人公ペク・クァンヒョンのモデルは、朝鮮王朝時代に王の主治医を務めた実在の人物。馬医出身ながら、独学で学んだ鍼(はり)治療の技術で人の病気も次々と治療。当時としては画期的な外科手術を試み“神医”とも呼ばれた。本作では、クァンヒョンの“すべての尊い命に向き合う心”を丹念に描きだす。
クァンヒョンを演じるのはミュージカル界のトップスター、チョ・スンウ。最もチケットの取れない俳優と言われるカリスマ俳優で、テレビドラマは本作が初出演。舞台、映画で培った演技力で、医道に邁進(まいしん)するひたむきで純粋な主人公を力強く演じる。


<感想>

最後のほうは、まだ終わらないんかい、という感じで見ていましたが、まあでも個人的好みとして、イ・ビョンフン監督のドラマは、王族が主演じゃないほうが面白いと思っているので、そういう意味では良いほうだったかも。チャングム、ホジュン、商道の括りに入れて良いかもです。これら4つの中では一番下ですけど。(笑)
いやともかく、最初のころは特に、動物の医者ということで、動物が病気になったり怪我したりするので、その治療シーンが苦手で苦手で、わざわざ録画して、そういうシーンを早送りしして観ないとならないのが大変でした。(笑)
イ・ヨウォンさんはヒットメーカーとして有名ですが、今回はどちらかというとチョ・スンウさんの相手役という感じで、バリバリ主演とかではなかったので、善徳女王の時のようなインパクトがあまりない役でした。
チョ・スンウさんは映画で観るとけっこう好きな俳優さんだったんですが、う~ん、この役の格好があまり似合わない感じがして、どうもいまいち感が拭えず。もちろん、これも個人的好みのお話ですけどね。
それと、最初はイ・サンウさんが目当てで観ていたんですが(「神々の晩餐」のヘミル役がとてもツボだったので)このドラマの彼は、とても正義感も強くて優しくて良い人なのですが(諸悪の根源の息子とは思えない)なんていうか、それだけ、という感じで、魅力もいまひとつ、というのが私の感想でした。残念。
話自体は馬医出身の医官が王様の主治医にまで上り詰める出世物語ではあるのですが、そういう爽快感がまずない。陰謀や復讐がメインになっていたからでしょうか。なんだかウジウジした話だったな~(笑)
やはりいまだにイ・ビョンフン作品のベスト3は、上記のチャングム、ホジュン、商道の砦は崩れませんでした。

満足度(☆6つが満点) ☆☆(実質2.5)
[PR]
f0147413_22404167.jpg


イ・ビョンフン監督の、久々、職業成り上がり物語(そんな種別があるのか)ということですが、馬の医者から王の主治医へ昇り詰めるということで、最初は馬が病気になったり怪我したりと、馬が可哀想なシーンがたくさん出てきそうで、かなりの確率で観るのをやめようと思っていました。(笑)だって苦手なんだも~ん。

f0147413_22423070.jpgところが、直前スペシャルでイ・サンウさんが登場するという事を知り、しかもライバル役?みたいな感じで、けっこうたくさん出てきそうな役と知ってしまい、あぁぁ~~~;;み、み、観たい・・・;;となりました。

その後、コメントですでに観終わった方から、眼の保養になります、イ・サンウさんが素敵です、と聞かされ、これは馬のシーンは眼をつぶって観るしかないなぁ~と覚悟しました。

始まってみると、史劇のお約束、最初はチョ・スンウさんの出番はないんですね。その親の時代から始まるんですね。でも親の時代も馬医から始まるので、やはり出てきました・・・;;番組の冒頭で、動物のシーンは獣医の指導のもとに安全にやってる、みたいな、つまり馬を虐待して撮影したんじゃないよ、って字幕で出てきたんですよね。まあ、私のような人はけっこういるでしょう、きっとね~。そのせいなのか、ほんの短い時間しか馬の治療のシーンは出てこなくて少し助かりました。

ただ、これからチョ・スンウさんがメインになるシーンが始まると、また馬医から始まるから、また心配です;;できるだけカットして欲しい・・・NHKさん・・・;;

そして、出来るだけイ・サンウさんのシーンを増やしてほしい。(笑)それは、無理。はい。元映像より増やせません。(笑)

f0147413_22524787.jpgそれにしても、この女性、おそらくチョ・スンウさん演じるペク・クァンヒョンの生みの母親だと思うんですが、色んな史劇で出てくるけど、毎回お産で死んだり(笑)呪いで死んだり、ろくな役柄じゃないですが、よほど幸薄そうな感じなのかな。(笑)

あと、仁祖の側室で出てきたソ・ヒョンジンさん、この前まで観た「神々の晩餐」で意地悪娘を演じていた人じゃないですか。(笑)この側室も、ちょっと見た感じだと、悪だくみしていそう~(笑)なにげにイメージって続くね。

肝心のストーリーですが、やはりつかみは面白いですね、イ・ビョンフン監督。引き込まれますよ。陰謀うずめく感じで。メインの悪役(笑)イ・ミョンファンを演じるソン・チャンミンさんも、けっこうあちこちで悪い男を演じてますよね~。ちょっと前に観た「栄光のジェイン」でも、そうとうなワルを演じていたしなあ~。もう顔を観ると悪い男のイメージが出来上がりそう。(笑)
[PR]
f0147413_23391133.jpgf0147413_23394081.jpg


「神々の晩餐」で、私はお初におめにかかった(わき役で見たことがある気はするけど、ちゃんとメインとして観たのがお初でした)イ・サンウさん~emoticon-0115-inlove.gif久々、ときめいた~(笑)

悲しい過去があって、ちょっとひねくれた登場だったんだけど、ソン・ユリさんに見せる優しさが素敵でっemoticon-0152-heart.gifemoticon-0111-blush.gif

ていうか、もう、ずばり、顔が好きなんですけどね。(笑)

困ったのは、「太陽を抱く月」の後番組「馬医」にも出ると分かったこと・・・。
実は、イ・ビョンフン監督で、キャストもいいんだけど、馬の医者ってことで、馬が怪我したり病気になったりするシーンが満載なんだろうなと思うと、観る自信がなくて、今回はパスしようかな、と考えていたことなんですよ~。

まさかイ・サンウさんが出るとは・・・。しかも主演のライバル役なんですね・・・。報われないんだろうな~(笑)
迷う・・・・。観るべきか、どうするべきか・・・。
[PR]
f0147413_23115089.jpg出演:ソン・ユリ、イ・サンウ、チュ・サンウク、ソ・ヒョンジン

2012年、MBC、全32話。
伝統韓国料理の国内最高峰レストラン、「アリラン」を舞台に、料理人たちの夢と対決、それを支える愛を描いていくサクセス・ロマンス『神々の晩餐-シアワセのレシピ-』。“現代版チャングム”ともいえるヒロイン、ジュニョンに扮するのは、『雪の女王』『快刀ホン・ギルドン』などで知られるソン・ユリ。どんな逆境にも屈しない明るさと強さをもったヒロインを好演し、物語を光明で照らし出している。そんなヒロインを愛し、支える2人の男性主人公には、『パラダイス牧場』や『ジャイアント』で日本でも人気のチュ・サンウクと、『千日の約束』や『愛を信じます』で存在感のある演技を見せてきたイ・サンウ。チュ・サンウク演じる紳士なジェハと、イ・サンウ演じる謎の男ドユンが、タイプの異なる魅力でヒロインにアプローチを繰り広げ、多くの女性たちをときめかせること必至だ。
本作を監督したのは、日本でも大ヒットした『最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜』やイ・ジュンギ主演のヒューマンドラマ『ヒーロー』を共同監督したイ・ドンユン。ロマンティック・コメディからヒューマン、家族ものまで、幅広いジャンルを手がけてきた経験を生かし、料理という素材と韓ドラ定番のエピソードをうまく掛け合わせている。脚本は、朝ドラの大ヒット作『白い嘘』で知られる人気作家、チョ・ウンジョン。ライバルとのバトルや親子の葛藤をはじめ、お得意のスリリングなストーリー展開で見る者を引き込んでいる。


<感想>

内容がまったく分からない、けっこう前にこのドラマのことを知って、たしかこれから韓国で放送される、というくらいのタイミングだったと思うんですが、韓国伝統料理を扱ったヒロインの成長物語っぽい感じで面白そう、しかもヒロインがソン・ユリ!って思って、早く日本で観れないかな~と楽しみにしていたドラマだったんです。
で、それ以降忘れていたので、実際はどういうドラマか、男性陣は誰なのか、とか、そういうことをすっかり調べないまま、放送が開始されてしまい(笑)まっさら状態で見始めることになったのですが、とりあえず他の方がどういう感想を持っているかと思って、韓ドラのブロガーさんをチェックしてみたんですね。そしたら、ちょっと今ひとつみたいな感想が目についたんですよ~。ソン・ユリが後半男性二人をもてあそぶ的な?(笑)どっちつかずで、キャラが変貌するし、なんかいまいち、という感じで。韓国でも後半の反応はいま一つ良くなかったみたいでした。そんな情報をゲットして、ちょっとテンションさげて見始めたら、思っていたのと全然違うドラマだったということが、まず判明。私は「食客」みたいな、女版食客のように女性の調理師が韓国伝統料理の店で成功していくような話なのかなと思っていたら、なんと、出生の秘密から始まって、親の因縁が子供たちを対立させて、意地悪キャラが出てくるという、なんとも「ザ・韓ドラ」なドラマでビックリしました~。(笑)とにかくまさに韓ドラな展開で、まあでも、これはこれで韓ドラらしく、観ながら悪態ついて、イライラしながらも、次が気になる~というお約束のドラマ展開を受け入れてしまうと、それなりに楽しめるドラマでした、私は。(笑)
でも、実は思わぬハマりキャラがいたから、という理由も、大きな理由でしょう、多分。(笑)ヒロインの相手役二人のうちの一人、イ・サンウさん。私はちゃんとドラマで重要な役の彼を観るのは、これが初めてで、観たことあるな~という程度の認識しかなかったので、すごい新鮮にハマってしまいました。(笑)カッコいい~~♪涼やかな顔と男らしいスタイル。ちょっと痛みを抱えているキャラだったことも、私のツボだったんですよね~。イ・サンウさんのせいで、このドラマの星評価をあげてしまうことになりそうです・・・(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
最初にイメージしていた感じのドラマとは、ものすごく違うということが、第1話ですでに分かりました。(笑)

どんなイメージだったかというと、「食客」みたいな、料理対決とか、主人公の成長&成功とかがメインのドラマ。
しかし実際は、これぞザ・韓ドラという、親の因縁あり、記憶喪失あり、恨みあり、嫉妬あり、三角、いや四角?関係ありの、けっこう意地悪満載のドラマで、これはイライラさせられそうですねぇ~~~;;

でも、毎日放送なので、まあサクサク観れるので良かったです。こんなドロドロを週に一回、チンタラ見せられたら、長くて長くて、うっぷんも引き延ばされて、たまったもんじゃないと思います。(笑)

役者さんは、わき役さんたちが、ものすごくお馴染みの方たちで、そこもやはりザ・韓ドラ。(笑)

こういうドラマは、最初は面白いんだけど、だんだん嫌になってゆきそうな気がするなぁ・・・
とりあえず、今はまだ面白く観ていますよ。まだ序盤ですもの~。
[PR]