f0147413_23315699.jpg


今年はずっとサボり魔でした。

いつしかパソコンのOSが古くなり、パソコンで書く事が難しくなってから、何とかスマホで書いたりもしていますが、やはり私のようにダラダラ書くタイプの人間にはスマホで更新は難しい一年でした。

今もランキングくらいやらなきゃと思い、再びパソコンからアクセスしましたが、途中で止まって反応してくれません。シクシク……。やはりVistaでは無理なのか?

そんなこんなで、でもしかし観てるドラマは相変わらずたくさんで、半期もサボったので一気に10個選んだけど悩みましたわ~

スマホで素敵にランキングを書くのは難しそうなので、とりあえず絞った10作品をあげてみました。

年明けにでもランキングを更新できたらいいなぁ。まあ私のブログ読んで下さってる方なら1位は想像できるかもしれません。

アレか、アレでしょ、やっぱり。(笑)

では、見終わった順に。

〇 恋愛の発見
〇 夜を歩く士
〇 2度目の二十歳
〇 女を泣かせて
〇 六龍が飛ぶ
〇 タンタラ
〇 むやみに切なく
〇 運勢ロマンス
〇 恋はチーズイントラップ
〇 シグナル

いつものことですが、後半の方がハマったドラマは多かったかもしれないです。

そんなこんなで、今年の更新はこれで終わりだと思います。

たくさん見たのにちっとも更新出来なくて心残りはありますが、パソコン環境を一新しない限りしばらくこんな感じかと思われます。

こんなブログですが、また来年も見捨てず読みに来てくださる方がいらしたら幸いです。皆さま、良いお年を~ヾ(´︶`♡)ノ

[PR]
f0147413_22390202.jpg


うう、、、またなんで第1話が録画されてないのよ~。面白いのに限って撮れてない。
でもただで借りてる身としては不満は言えないわよね~、ってくらい、いい感じ!

キム・レウォン、私は凄くお久しぶりで、最初の頃は好きでよく見てたけど、何となく途中から出演作が好みとズレが出てきて、最近あまり見なくなっていたのですが、何か私にとっては満を持しての登場と思えるくらい、共演者といい、ドラマの作りといい、彼のキャラクターといい、久しぶりに彼を好きに思えるドラマという予感がします。だってカッコイイんだもん、役柄が。(笑)

パク・シネちゃんも、いつのまにか結構落ち着いた年齢になってしまって、最初の高校生役が厳しいと思えるくらいの大人の女性になりましたが(笑)それが年齢年上のキム・レウォンとのバランスを良くしてる気がします。意外に2人は似合う!

前からパク・シネちゃんとパク・ミニョンちゃんて、年齢こそ違うけど、何となくいつも同じような相手と共演して、似たタイプのドラマに代わる代わるでるという印象を私は持っていたんだけど(どっちも視聴率取るしね)毎回少しの差で私の中では、可愛いのはミニョンちゃんだけど、ドラマで勝つのはシネちゃんだな、って。
この印象はずっと変わってないですね。シネちゃんは少しキャラが押し付けがましい役をしたりもするんだけど(笑)結局やはり上手いんじゃないかと。
これは個人的な感想なので、シネちゃんを嫌いな人も何か相当いそうな気がするから(笑)賛否両論あるでしょうが、私は毎回そう感じてしまいますね。

今回も、あまり可愛げのない役だけど(笑)ドラマは凄く面白そうです。脇役も達者な人ばかり。豪華絢爛。凄く楽しみ!

ちなみにタイトルの副題が可愛げですけど、全然似合ってません!(笑)確かに恋愛モードも強い話だけど、そんな可愛げのあるだけの話ではないので、副題に騙されちゃダメですよ~。ふふふ。
[PR]
f0147413_22541294.jpg


またまた凄いドラマに出会ってしまった!
なんだこれは?という、ちょいと日本ではお目にかかれない感じの発想と展開力。
調べてみたら、演出は「未生」、脚本は「サイン」や「ファントム」のキム・ウニ作家。納得です。まさにキム・ウニワールド。

過去と現代が繋がってるというと、一件ファンタジックだけど、起きる出来事はどこまでも容赦ない残酷な事件。ただし過去と現代が繋がると、お約束の展開、過去が変われば未来、つまり現代も変わるのはファンタジー通り。それが幸せな変化ではないのだけども。

まだ6話までだけど、これはどう決着が付くのか、何のために過去と現代が繋がったのか、何故主人公と繋がったのかが分かるのは、まだ先なのかな。楽しみ。
[PR]
f0147413_23391508.jpg


なんでやー!
この第1話と2話、放送予定が変更になって撮れてないんだって~!!わーん!

と、悲しくなるくらい、いきなり面白い!

私がコン・ヒョジンさんが好きなこともあるかもしれないけど、ヒロインの好きな男性が乳ガンになるなんて、どんな突拍子もない設定なの~(≧◡≦)

相手役とライバル役のお2人は、私は見たことはあるけど、あまり知らない俳優さん。でもこれを見て確信めいたものを感じました。

美人とは言い難い(失礼)コン・ヒョジンさんが、毎回主演ヒロインを依頼される理由、それは恐らくいつも相手役男性がカッコよく見えてくる現象が起きるからなんじゃないかと。

それはつまり、並んだ時のバランスとかそういう意味じゃなくて、彼女の女優としての演技力ですよ。

まず視聴者にドラマに入り込ませる力があって、ヒロインの気持ちと同化させたら、彼女の相手に恋する気持ちが、まるで自分のも思いのように感じてくる!摩訶不思議!

これこそが女優コン・ヒョジンの演技力であり、魅力であり、主演ヒロインでい続けることが出来る要因じゃないかな。

だから彼女が相手を一途に思うと、視聴者も、たとえ好みでなくても、その人が素敵に思えてくるんだと思います。

これって凄いことですよね。

そして脚本は「パスタ」の人。名前忘れた。(笑)うんうん、あれも面白かった。

それにしても、いくら男性の乳ガン患者が少ないとはいえ、女性と同じ部屋に入院って、まあ実際はないですよね。(笑)
でもこの設定のおかげで、プチ同居ものドラマみたいな要素が病室で発生してるわけです。(笑)

乳ガン扱ってるけど、今のところとても明るいラブコメです。今後は分からないですが。そのうち胸きゅんなんだろうな~

相手役のチョ・ジョンソクさんは、最初彼女に対してクールなんだけど、ツンデレ要素満載ですわ。(笑)今後の変貌が楽しみ。

[PR]
f0147413_23384419.jpg


出演:キム・ウビン、スジ、イム・ジュファン

2016年、KBS、全20話。
「ごめん、愛してる」のイ・ギョンヒ脚本。
わがままなトップスターとプロデューサーの初恋を巡る切ないラブストーリー。「相続者たち」などのキム・ウビンと「ドリームハイ」のスジという次世代トップスターが競演。
過酷な運命に見舞われるスターと、父の事故死から運命の歯車を狂わせていくヒロインとの、まさにタイトルである切ない恋愛を軸に、過去の間違いを取り戻すべく、隠されていた事件の真実を暴いていくスリリングな展開が交差してすすめられていくストーリー、そしてイ・ギョンヒ作家の真骨頂である主人公達を見舞う不幸の連続は、彼女のドラマ好きには必見。

<感想>

なんじゃ、このタイトル?っていうのが最初の感想だったんですが(笑)好きなスジちゃんがヒロインだったので、それだけで楽しみでした。
ところがあとであのサンドゥのイ・ギョンヒ作品だと知って、期待度はかなり上がりましたよ。そして、なかなか面白かったです。今回、まだ新しいドラマのせいか、ネットにもあまりドラマについての詳しい情報が載っていなくて、ドラマ紹介を珍しく自分で書いたのですが(笑)ドラマの構成はさすがによく出来ていて、入りやすかったのもそれがあるかなと思います。
ただの切ないラブストーリーにせず、過去の事件を掘り起こしていく過程とか、次が気になるように作られていて、涙に明け暮れるだけの話ではなかったのが、私が面白いと感じた理由だと思います。
ただその分、過去の私がハマったイ・ギョンヒ作品から受ける、あの胸きゅんで破滅的で濃密な時間の重さのようなものが、このドラマからはあまり感じられなかった気がします。そこはでも好き好きで、重すぎず面白く見れた作品だったことは確かなので、良い悪いではない部分かなと思います。あくまで私の感想で、面白かったけど、少し彼女のドラマとしたは物足りなかったかなという感じ。ただし、設定が設定なので、最終回はボロボロ泣きました。(笑)あれは泣かないと嘘でしょ、って。スジちゃんとのシーンではなく、お母さんとのシーンでね、泣きましたわ。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆

[PR]