f0147413_0265278.jpg出演:チョン・ジフン(Rain)、シン・ミナ、キム・サラン、イ・ギウ

韓国で大ブレイクした「ごめん、愛してる」の脚本家イ・ギョンヒが書いたドラマ。
ただ、そのわりにRainのドラマリストに載っていなかったりと視聴率は今ひとつだったらしい。全体的に悲劇的で破滅的ですらあると思える展開が、最近の韓国の視聴者にはウケが悪かったのでは?という説もあるが(ラブコメがヒットする時代なので)視聴率はそれほどとれなかったけど、Rainの演技は高評価をもらったドラマだそうです。
なので、明るいドラマが好きという人には、まったくお勧め出来ませんが、同じ脚本の「ごめん、愛してる」「サンドゥ、学校へ行こう」にハマッた人にはお勧めしたい。

あらすじは・・・
幼い頃に孤児院で育ち、ケンカ三昧の問題児ボック(ピ)は火事を起こし、兄のミングが弟を庇って少年院へ送られる。
そして10年後、ボックは兄と再会するのだが、兄は突然屋上から飛び降りて自殺してしまう。原因は兄の元恋人で人気女優のウンソク(シン・ミナ)であるとわかり、自分の兄を裏切ってトップスターになった女に復讐をするために彼女に意図的に近付くが反対に愛に陥ってしまう。


感想

上記に書いたように、暗く、破滅的な展開は予想出来ていたのですが、私はこの脚本家の「ごめ愛」「サンドゥ」が、どちらも大好きだったので、Rainも好きだし、結構楽しみに見ました。それに共演がシン・ミナちゃん。彼女は私の好きなシン君こと、チュ・ジフンの新作「魔王」で彼と共演しているので、そんな親しみもあったし。(笑)

で、実際どうだったかっていうと、最初は登場人物を把握出来ないのに、時間軸が現代になったり過去になったりして、ものすごく分かりづらかったです。
が、しかし。
3話あたりから全体像をつかめてくると、もう面白くなってきちゃいまして。
最後まで暗くて重いドラマだったけど、見応えのある、心に残るドラマでした。
やはり、私はこの脚本家のドラマが、かなり好きらしいですね。(笑)
暗くても苦手なドラマもあるんですけどね。何かツボを刺激するらしいです。
Rainはボクサーの役なので、身体を絞っていて、もともとフルハウスでも彼のスタイルにはホレボレしていたけど、ますます素敵になっていたRain。

そして、意外に良かったのが脇役のダジョン役のキム・サラン。見事!!
彼女がどこまでも、いっそドック本人よりも彼のことを理解しているところが、とても良かった。サバサバしたキャラクターも魅力でした。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_23141440.jpg

出演:キム・ソナ、ヒョンビン、チョン・リョウォン、ダニエル・へニー

2005年夏、韓国MBCで放送され、最高視聴率50.5%を記録。
ヒロインのサムスンは、30歳を目前で恋人に振られ、仕事もなくした太めのパティシエ。そんな彼女がある日、傲慢だけどカッコいい年下の御曹司ジノンと出会い、身分も年齢も性格の違いも超越した不思議な恋の歯車が回り出す…。
そんなロマンチック・ストーリーと、ドジで愛らしいヒロイン像、赤裸々なセリフが、韓国の同世代の女性たちを中心に社会現象“サムスン・シンドローム”を巻き起こした。サムスンと一緒に笑って泣けば、心からハッピーになれる!


感想

今まで海外ドラマといえばアメリカものしか見なかった、例えばSEX AND THE CITYが好きな比較的若い視聴者(といっても冬ソナファンに比べれば、の話だけれど)が、同じWOWOWで放送されたから見てみようかと思って見たらハマッた、という話を、けっこうあちこちで聞いた。実際、私の周りでも2人ほどいるんです、そういう人が。
確かに、それまでのヒットした韓ドラのイメージを覆していたと思うし、とっても面白かった!ただ、私は2回見たんだけど、1回目より2回目のほうが面白かったな〜〜
好みの問題だと思うけど、男のほうが年下設定って、あんまりそそらないんですよ。
でも、そんな好みを横に置いてしまうくらい、やっぱりサムシク(ヒョンビン)は魅力的なキャラだった!特にやっぱり済州島での、サムシクがサムスンに過去を語るくだりは、胸キュンでした。(笑)“ツンデレ”好きにはたまらない。冷たかったサムシクが、どんどんサムスンに惹かれていく姿が、とても可愛いラブコメです♪


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
f0147413_23493922.jpg

出演:チョン・ジフン(Rain)、ソン・ヘギョ、キム・ソンス、ハン・ウンジョン

「秋の童話」「オールイン〜運命の愛」に出演し若手女優の中でも最高の人気を誇るソン・ヘギョ、世界から注目を浴びるアジアのトップスター、チョン・ジフン(Rain)(「サンドゥ、学校へ行こう!」でドラマデビュー)等に加え、韓国を代表するベテラン俳優陣が脇を固めている、笑いあり涙ありのラブコメディー。

高視聴率ドラマが多かった04年夏ドラマの中でも、ずば抜けた人気で大ヒットとなり、コミカルな演技で人気者となった主演カップルはこの年のKBS演技大賞ベストカップル賞に選ばれたほど。明るく楽しい気分になれ、何度でも見たくなってしまう心温まるドラマ。


感想

韓国で放送前からRainとソン・ヘギョが共演するドラマ、ということで、早く日本で放送してくれないかしら、と、思えば2004年から待っていたといっても過言ではありませんでした。(笑)しかし待てど暮らせど、日本の放送局は放送してくれなかった;
で、今年、ようやく見ることが出来ました。2回ほど通しで見たんですが、Rainがめちゃんこ、カッコ可愛いっ!(><)あの、上目遣いの表情は、狙ってると言われても仕方ないくらい魅力的。(笑)そして、彼のスタイルの良さを余すところなく表現するがごとく、毎日違う洋服を着ている俳優イ・ヨンジェ。(Rainの役名)
有名俳優の役なので、かなり高飛車で我が儘なのだけど、全てがあの表情で許されると思うのは、…まぁ…ファンだけでしょうけども。(笑)

また、それまで「ホテリアー」こそ活発な役だけど、「オールイン」「秋の童話」と、おとなしくて正統派の美人のイメージがあったソン・ヘギョが、ガサツで細かいことは気にしない天然ボケの飾らない女の子を演じていて、まるで別人!!ビックリ!!

ストーリーは、ひょんなことから知り合った2人が、利害の一致から契約結婚をすることになり、フルハウスという名前の家で同居生活を始める、という、“ツンデレ”系ドラマの定番設定なので、目新しさは正直いって、ないっ!(笑)
お互いに契約結婚を前提にしてるから、自然と好きになっていっても、なかなかそ自分の気持ちを認めることが出来ずに、そのせいで誤解が誤解をうんで・・・という。
でも、とにかくキャストの魅力で、このありがちな設定が魅力的に変身してるのです。
心温まる、ほのぼのツンデレラブコメディ。お勧めです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2324494.jpg

出演:ハン・イェスル、オ・ジホ、キム・ソンミン、パク・ハンビョル

MBCが06年に送り出したラブコメディ。脚本は「快傑春香」「マイガール」と連続ヒットを放ったホン姉妹作家の第3弾で、ハリウッド映画「潮風のいたずら」のリメイク。

アメリカに住む富豪令嬢アンナは人間不信で我が儘な性格。夫ビリーは仕事を口実に韓国に逃げていたが、アンナが突然帰国。また我が儘に振り回されると、ビリーは戦々恐々だ。一方、小さな内装・設備業を営むチョルスは、金にはがめついが、兄の孤児3人を育てる優しい独身男。この2人が出会い、誤解が誤解を生んでお互い最悪の印象を持つが、ひょんなことでアンナが記憶喪失になってしまい、アンナののせいで酷い目にあったチョルスは、復讐のためにウソをついてアンナを引取り、ナ(自分)・サンシル(喪失)と名付けて、3人の甥の面倒をみさせることに・・・。
“ツンデレ”好きにはお勧めで、最後にはホロリと感動させてくれます。


感想
最初の数話は、アンナとチョルスのぶっ飛びキャラクターにちょっと引き気味だった私ですが、そこを越えると、ナ・サンシルと名付けられたアンナが、とても魅力的に見えてきます。我が儘令嬢だった、その傲慢な態度は何故か記憶喪失になっても変わらないのに、実は頼る人間がチョルスしかいないという事を心細く思っている、ということをチョルスに告げたあたりから、勝手に引き取ったとはいえサンシルの面倒を嫌々みていたチョルスがサンシルを見る目が変化していくのが伝わってきて、見ているこちらもサンシルが可愛く見えてしまうから不思議。

また、脇役も一癖も二癖もある人ばかりで、いい味が出ています。
その中でも、知的障害のカンジャは、明るくて、サンシルを慕う和みキャラ。
ラストも、サンシルとチョルスの背中を押す重要なシーンにかかわりますvv
そのシーンに、私は号泣。(笑)笑って、泣けるラブコメディ。素敵なドラマですよ♪

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
f0147413_055713.jpg

出演:チュ・ジフン、ユン・ウネ、ジョンフン、ソン・ジヒョ

「もしもまだ、韓国に王室が続いていたら…?」という設定で大ヒットし、ミリオンセラーになった韓国のコミックが原作のドラマ。
作品の世界観と完成度の高い衣装と、60億ウォンを超えるセットデザインが「色彩溢れる」見事なドラマに結実した。

最高視聴率28.8%を記録してラストを迎えた同作品は、アジア10カ国で放送され、DVDが発売された今なお、日本のローカル局できそって放送権を争奪するほど人気に。

感想

最初は高校生(設定)が主役?(凹)と思って見始めたドラマでしたが、見ていくにつれ、どんどんハマッてゆき、いつの間にか大好きなドラマになっていました。
寝ても覚めてもシン君(皇太子・チュ・ジフン)が頭の中を闊歩。(笑)
こういう人を「宮廃人」と呼ぶそうな・・・
最初の4話くらいは、韓国の皇室の結婚行事を再現しているのが見どころですが、ドラマの内容としては5話以降からがグッと面白さが増してきます。
4話まででハマれなくても、そこで挫折するなかれ。(笑)ラストまで見てみてね♪
いかにも少女マンガな展開は、少女マンガ世代の奥様たちにも人気のようです。(笑)
宮廷での陰謀あり、四角関係あり、祖父同士の決めごとで結婚するはめになった皇太子シンと一般市民だった皇太子妃チェギョンが、最初は反目したりぎこちなく接しながらも、だんだんお互いに惹かれていく過程が、不器用に表現されていくのが若さゆえの眩しさで、とても可愛くて胸キュンドラマなのです♪


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆
[PR]