<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

f0147413_23292606.jpg出演: チェ・ジニョク、チン・セヨン、イ・ジフン、チョ・ミンス、パク・サンウォン

2011年、SBS、全131話。
血のつながりのない母と娘の固い絆と波乱万丈の人生、2人の男性をめぐる娘コンニムの愛の行方を描き、韓国で高視聴率を記録したヒューマンドラマ。出生の秘密、ひき逃げ事故の陰謀、継母と娘の葛藤と愛、愛する2人の前に立ちはだかる障害など、韓流ドラマ王道の要素がちりばめられ、目の離せないストーリーが展開!主演は「相続者たち」、「ロマンスが必要」などで注目されたイケメン俳優チェ・ジニョク。そして、「ハロー!お嬢さん」、「ニューハート」といった人気作に出演し、甘いマスクと確かな演技力で日本でも人気の高いイ・ジフン。ヒロインは「蒼のピアニスト」でチュ・ジフンの恋人役を演じたチン・セヨン。
<感想>

最近は携帯を見ると、新しいドラマか古いドラマか分かりますね。(笑)先にBSで放送があったけど、私はチン・セヨンさんが苦手なので観なかったのに、これが手元に来てしまって131話も見続けるはめに。(笑)
この手のドラマは当時高視聴率だったといっても、もう放送枠に固定視聴者みたいなのがいたりするんじゃないですかね。もう~まさにザ・韓ドラで、目新しさも一切ない、あれやこれやの韓ドラあるある!のてんこ盛りです。
だからもし見ていなくて、視聴率が良いから観ようかな~と思っている方、ん~~、いや例えば出演者、チェ・ジニョクさんやイ・ジフンさんが好き、とかなら良いでしょう。あと、お決まりの韓ドラパターンをガッツリ観たいと言う人も良いでしょう。でも全131話もあるんですよ…それを乗り切る覚悟を持ったほうがいいと思います。(笑)私はお借りしてなかったら、途中で挫折していたことでしょう。(笑)なぜなら、チン・セヨンさんが、やっぱりチン・セヨンさんだったからです!!彼女の頑固で意固地で、でも自分が正しいから絶対意見を曲げないみたいな、男は二の次、自分の大切にすべきものの順番が私とは違っているので、まったく共感出来ませんでした。
終盤とかも、いくら一番苦しい時期を一緒に苦労して乗り切ってきた血のつながらない母が大事だからって、自分のおなかの中に愛する男性との子を宿していることを二の次に考えるところとか、本当に理解不能でした。その義理の母のキャラクターも、チン・セヨンさん演じるコンニムと血がつながっていない親子なのに、そっくりと言ってしまえるほど頑固。(笑)自分のことよりコンニムや愛する人。それは分かるけど、いい加減その人たちが心配してるんだから意見曲げなさいよ、と突っ込みいれるのも嫌になるほどコンニムにそっくり。(笑)ダブル頑固者親子が主演な上、悪女役のやってきたことがあまりに非常識すぎて呆れ、終始イライラしどおしでした。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆


[PR]
f0147413_23121326.jpg出演:ユン・ゲサン、イ・ボムス、ソ・イェジ、パク・イェジン、パク・ウォンサン

2015年、JTBC(ケーブル?)全16話。
カン・ヒョンギュの同名ウェブ漫画を原作に、弱肉強食の地下経済界で生き残りを賭けて闘う男たちの姿を描いた本格アクション・ノワール。主演は『太陽がいっぱい』でも男臭い魅力を存分に放ったユン・ゲサン。どん底から這い上がろうと危険な世界に身を投じていく主人公のテホに扮し、荒々しさと切なさを秘めた男の生き様を熱演している。対するフンサム役には『ジャイアント』などの骨太作でおなじみのイ・ボムス。裏社会を牛耳る悪役を圧倒的な存在感で演じている。また、映画を中心に活躍するパク・ウォンサンが組織ナンバー2のジョング役で渋みを効かせる一方、ソ・イェジとパク・イェジンが切ないロマンスを繰り広げ、作品に華を添える。演出は傑作『追跡者』のチョ・ナムグクが手がけた。ドラマのスケールを凌駕する迫力の映像で見せる、完成度の高い本格アクション・ノワール。

<感想>

面白かった~~。これは他のドラマを見ていたら、一緒に録画されていた予告を見て、前もって知ってたんですが、予告だと何だか殺伐としていて、実際暴力シーンとかも多いけど(ケーブルだからですかね?)ちょっと男臭すぎる感じがして、ユン・ゲサンくん好きなんだけど、見なくてもいいかな~なんて思ってたら、また手元に届きまして見ることに。(笑)でも、見始めたら思っていたほど男臭いばかりではなく、小雪似のソ・イェジさんが清楚な感じで良い味出してたし、ユン・ゲサンくんが彼女に惹かれるのも分かるな~っていう、物語の清涼剤的な役割でしたね。悪役はイ・ボムス。最初、悪役かどうか分からなかったけど、こいつは味方のような敵で性質が悪い。けれど、イ・ボムス、パク・ウォンサン、パク・イェジンのある意味三角関係も、ユン・ゲサンくんとソ・イェジさんのメインラブラインと違った味があって、私はむしろこちらに、より強い純愛路線を感じてしまいました。暴力で色んな事を解決しちゃうドラマなので、目を覆いたくなったりもするし、そういうのダメって人もいるでしょうから、まんべんなくお勧めは出来ないのだけど、男臭い世界の中の純愛が好きな人はけっこうお勧めです。話とかも、こういう世界ってひょっとして本当にあるの~?って思ってしまうくらいリアルで面白かったです。原作がマンガなんですね。確かにマンガといえばマンガかもしれないけど、子供っぽさとか非現実的な感じはなくて、そういう意味で、マンガであっても原作があったことで、物語の筋が一本通っていたのかな~って思います。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]