<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

f0147413_22591131.jpg出演:チ・チャンウク、パク・ミニョン、ユ・ジテ

2015年、KBS、全26話。
韓国の国民的ドラマ「砂時計」を始め、数々の名作ドラマを手掛けた“キム・ジョンハクプロダクション”×脚本家ソン・ジナが再びタッグを組んだ、「砂時計」時代を引き継ぐ子供世代の物語。
「奇皇后」「ペク・ドンス」「笑ってトンヘ」のチ・チャンウク、「Dr.JIN」「シティーハンターin Seoul」「トキメキ☆成均館スキャンダル」のパク・ミニョン、チェ・ジウと共演した「スターの恋人」以来6年ぶりのドラマ出演のユ・ジテら、演技派たちの名演、光る。
政治や社会正義などに興味を持たないまま生きてきた二人の若者が出会い、そして、愛するようになった。すると、過去に秘められていた真実がその姿を現し始めた。彼らの親世代が残した世の中と対決しながら、自分と世の中を癒していくアクションロマンス。
※「キム・ジョンハクプロダクション」 ・・・韓国ドラマ制作会社の先頭走者に立っているスターPD、キム・ジョンハクが設立したドラマ制作会社。 (代表作:「君の声が聞こえる」「馬医」「ベートベン・ウィルス」「イ・サン」 「太王四神記」「フルハウス」など)

<感想>

副題は、いらないんじゃ・・・。と思って、タイトルに副題は入れませんでした。なんで入れるかな・・・。
この副題とドラマの内容がまったくマッチしてないですよ。悲しい過去を持つ二人が出会い、知らずに愛し合うようになりながらも、過酷な運命に流されそうになりながら、互いに離れられないことに気づくアクションラブストーリー、って感じの紹介文を、私なら付けるかな。(笑)親世代のしがらみが二人を苦しめるのは韓ドラのお約束事項でもあるけれど、悪に立ち向かう二人とユ・ジテの戦う姿は勇敢でカッコいい。チ・チャンウクは、どちらかというと「ペク・ドンス」のようなテイストで、シリアスで切ないキャラクター。ヒロインがパク・ミニョンちゃんなので「シティ・ハンター」を思い起こすような作りです。ドラマの雰囲気も少し似てる気がします。
「シティ・ハンター」も面白かったので、こちらも面白かった私です。ただ、なんの違いなのか分からないけど、やはりチ・チャンウクくんよりイ・ミンホくんのほうが好み。これは仕方ないな。(笑)
でも13~14話あたりとか、泣けましたよ…。可哀想すぎて、チャンウクくん演じるジョンフが。そして私は「スターの恋人」でも好きでしたが、このドラマのユ・ジテさんも、やはり好きです。まつ毛長い~(ハート)
内容は「シティ・ハンター」同様、ちょっと現実離れしてるかな、っていう感じはするけど、イケメンと美女が出てくる話は、少しくらい現実離れしていてもロマンを感じられれば面白く観れるものよね~(笑)
チ・チャンウクくんが好きな方なら、間違いないんじゃないでしょうか。カッコいいもん、このドラマの彼。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
f0147413_22481108.jpg出演チュウォン、キム・テヒ、チョ・ヒョンジェ

2015年、SBS、全18話。
『2015SBS演技大賞』演技大賞(チュウォン)、最優秀演技賞(キム・テヒ)、中国ネチズン人気賞(チュウォン)、ベストカップル賞(チュウォン&キム・テヒ)、10大スター賞(チュウォン、キム・テヒ) 受賞。
チュウォン&キム・テヒ主演。壮大なスケールで描く、スリリングで切ない、究極のラブストーリー。長い眠りから覚めた財閥令嬢を守るのは2つの顔を持つ天才外科医だった。
同時間帯トップの視聴率でネチズンたちの話題をさらった。
<感想>

うん、面白かったです。でも続けて見ると良いのでしょうけど、毎週2話ずつ見るサイクルは、私には今ひとつ。
話題だったけど、見終わってみると、多分私の心の中に残るドラマではない、という感じです。チョ・ヒョンジェさんの悪役でも話題でしたが、本当に悪役で(笑)しかもどうせやるならもっと深みのある悪訳であって欲しかったけど、案外普通の誰でも演じれるような悪役という感じがしたのも少し物足りなさを感じました。
物語は設定が斬新といえば斬新で、そこで毎回引っ張って行ければ良かったのだけど、途中から彼女が反転してから、う~ん、なんだろう、まあ彼女が復讐しながらも苦しむ姿にヨンパリ・チュウォンが守って支えてあげたいという愛情表現にグッとくる・・・のが狙いなのでしょうけど、結局二人のキャラクターに惹かれることがなかったので、そこも物足りなさを感じてしまったのかもしれません。
結局、脚本がうまくなかったのではないかと思ったりするのですが、韓国では視聴率が良かったらしいので、まあ好き好きなのかもしれません。面白くなかったわけではないけれど、まあ面白かったかな、という感じでした。
なんだか感想らしい感想も思い浮かばず、やっぱり今一歩だったんだろうなぁ~という感じはいなめません。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆



[PR]