<   2015年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

f0147413_23133077.jpg出演:オ・ジホ、チョン・ユミ、キム・ドンウク、イ・シア

2014年、JTBC、全20話。
朝鮮時代の閨房(女性の居住空間)の女性たちと下女たちの隠密で不埒な生活から風流な閑良(ハンリャン:朝鮮王朝時代、一定の職なしに遊んで暮らした下級の貴族)たちと逞しい下男たちの魅力あふれるライバル対決まで描いた、モダンロマンス時代劇。両班から奴婢の身分に転落してしまうヒロイン、イニョプ(チョン・ユミ)、王の庶子であることを知らず奴婢として生きるムミョン(オ・ジホ)、 イニョプの婚約者だった名家の御曹司ウンギ(キム・ドンウク)、イニョプの親友でありながら、密かに嫉妬の炎を燃やすユノク(イ・シア)。この4人の恋愛模様を中心に、 厳しい身分制度を乗り越え力強く生きるヒロインの姿を描く。
<感想>

このドラマの感想を書くにあたって、上記の資料を探したのですが、元のタイトルが「下女たち」だったせいなのか、なんとも“不埒”とか“逞しい”とか、ずいぶん大人な(笑)感じのドラマっぽいドラマ紹介が載っていてビックリ。でも、主演のチョン・ユミさんの雰囲気のせいなのか、はたまたこの紹介がズレているだけなのか、実際観たドラマは、日本語タイトルどおり「イニョプの道」というほうがしっくりくるような、そんな怪しげなエロい感じは全然しなかったです。王様にお仕えするくらいの高い父を持った両班の中の両班の娘イニョプが一転奴婢として下女の生活をすることになるのだけど、下女同士や下男との関係もそんなに露骨なものでもなかったし、旦那様に遊ばれる下女もいる中で、イニョプはけっこうまともに扱って貰ってるほうで(意地悪はされまくるけど)それは下男仲間のオ・ジホや、許嫁だったキム・ドンウクが(最初は)守ってくれるからだったりするんですけどね。
チョン・ユミさんが両班から下女へと堕ちていく、という設定なのですが、彼女自身は扱いは変わるけど、キャラクターが変貌するほど、身を滅ぼすような堕ち方をするわけではないし、ラストなんて気が抜けるようなラストのように思えて、ますます「下女たち」なんてタイトルにしなくて正解だったと思える、普通のドラマでした。
けなげに頑張るイニョプが、数々の困難を乗り越えていく、そして、彼女を思うがあまり身を滅ぼしてしまう男がいて、彼女を見守る男がいて、そのへんのドラマとそう変わりがあるとは思いませんでした。
面白かったけれど、ラストの回の平穏ぶりを思うと、なんだかなぁ~という気持ちになるというか、それでも演じたのが清楚な感じのチョン・ユミさんだったから、こういうラストが似合うんだろうな、とも思いました。もしヒロインのキャストが違っていたら、どちらかというと堕ちて堕ちて、救いのない物語のほうが面白かったんじゃないかな、なんて個人的好みですけど思いました。というわけで、感想は、普通のドラマ。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆


[PR]
f0147413_22372062.jpg出演: イ・ジャンウ、ハン・ソナ(Secret)、イ・ミスク、チョン・ボソク、キム・ミンソ

2014年、MBC、52話。
一般家庭の息子、パク・チャドルと資産家の娘、ペク・ジャンミの大学生カップルが主人公の韓国のラブコメディ。大学生にして子どもができてしまった2人だが、親は結婚に大反対。家を出て同居を始めるものの、恋の行方は前途多難だ。そして2人の周囲でも芽生える恋は無事成就する? 両家庭の情景から、家族観、結婚事情といった韓国社会の一端が見えてくる。本作は、チャドルを演じるイ・ジャンウと、ジャンミを演じるハン・ソナの共演が話題を呼び、本国では高視聴率を記録した。イ・ジャンウは、「笑ってトンヘ」でブレイクし、「栄光のジェイン」で一躍トップスターに。「キレイな男」では、チャン・グンソクのライバル役を演じ、韓国きっての若手実力派俳優とされている。一方ハン・ソナはアイドルグループ「SECRET」所属。2011年には日本デビューも果たしている。本作で2014年のMBC演技大賞新人賞を受賞し、女優としての地歩を築いた。

<感想>

主演のイ・ジャンウさん。「キレイな男」は観ていないのですが、トンヘやオ・ジャリョンなどですっかり安定のほんわかキャラという感じで、こういうホームドラマラブコメディみたいな位置がすっかり定位置という私の印象です。(「栄光のジェイン」では特殊な役柄で演技力の幅を見せていましたね)ハン・ソナさんは、同時進行で観ている「ヒーラー」にも出ていますが、「ヒーラー」では完全にわき役、しかも出番の少ないわき役なので、美人さんですが、立ち位置としては人気俳優が主演で出るミニドラマではまだこれからという感じで、こういう長いホームドラマ系で顔を覚えてもらう感じなのかなぁ。でも「ヒーラー」の役、けっこう素敵ですけどね。(笑)
さてドラマの感想ですが、本当に安定の、っていう言葉で全てが表現できる感じの、このテの全50話くらいのドラマの面白さ、お決まり設定などが踏襲されているドラマでした。なので、目新しい事は何一つないですけど、こういうドラマでほのぼのしたりイライラしたりするのが好きな方(イライラのほうが多いですが)にはとってもお勧めです。私も嫌いではないので、分かりやすいストーリーですし、イライラしながらも楽しみました。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆


[PR]
f0147413_22471908.jpg出演:チョ・インソン、コン・ヒョジン、D.O、ソン・ドンイル、イ・グァンス、ヤン・イクチュン

2014年、SBS、全16話。
韓国を代表するイケメン俳優チョ・インソンが演じるのは、完璧なルックスを持つ人気小説家ジェヨル。女たらしで飄々とした性格だが、深い心の傷を抱えた繊細で多面的なキャラクターを演じきり、現代人の癒しと共感を誘った“ヒーリング・アイコン”として2014スタイルアイコンアワードの大賞を受賞した。対するヒロイン・ヘスには、「パスタ~恋が出来るまで~」「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」など、主演ドラマ5作が視聴率連続1位を記録した“不敗の女神”コン・ヒョジン。本作では知的でクールな精神科医に扮し、“コンブリ(コン・ヒョジン+ラブリー)”のイメージを一新。心の病の専門家でありながら、自身も“恋愛恐怖症”を克服しようとするヘスを演じている。本作は、「その冬、風が吹く」のヒットメーカーとして知られる演出家キム・ギュテと脚本家ノ・ヒギョンが、シリアスなテーマを軽快かつロマンティック、それでいて切なく心に沁みるラブコメディとして織り上げ、同時間帯視聴率1位を記録! 2014 SBS演技大賞6冠、2014 APAN STAR AWARDSでは大賞を含む3冠ほか、数々の賞を獲得している。


<感想>

WOWOWの録画を貸していただいて観たのですが、観る前は全然知らなくて、ただいつも貸してくださる方が「いいのよ~、すごくいいのよ~」って。(笑)チョ・インソンはもともとそれほど好きというわけでもなく、「その冬、風が吹く」にもそれほど惹かれなかったのですが、大好きなコン・ヒョジンさんがヒロインということと、脚本があのノ・ヒギョン作家ということで、少し興味を持って見始めました。
最初からかなり好きでした。変な人ばかり出てくるけど、実はみんな心優しくて、奇妙なのは心の病を抱えてるからなんだと分かります。ヒロインのヘスは精神科医なのだけど、彼女自身も治す身でありながら患者でもあるという構造になっていました。ただ彼女の病は、私的にはそんなに問題は大きくないだろうな、とすぐに察しがつきました。問題はチョ・インソンのほうだろうと、最初の方ですでに何らかの予感を抱かせるというか、そんな雰囲気があります。そして途中でその病の重さを知った時の衝撃。わりと早めの回から、あれ・・・?と違和感を感じ、まさか・・・?という疑問を抱き、観ていくにつれ、その違和感と疑問はどんどん増していって、最終的に、多分誰もが想像通りだとは思うけど、衝撃は大きい。
そんな難しい役をチョ・インソンは何かを恐れながら(何かも結局分かるんだけど)閉じこもって苦しんで、ヘスをはじめとした周りの人たちの助けを受けながら立ち直っていくんです。愛があれば大丈夫、そんな意味合いのタイトルなんじゃないかな~と思います。その愛とは、ヘスとの愛だけではなく、ていうか、むしろ家族との愛、友情、そういうものが大切に描かれているドラマでした。私の詳しいネタばれ感想はカテゴリ「大丈夫、愛だ」で語り倒しております。少し暑苦しいかも。(笑)
バリ出来でブレイクしたチョ・インソンさん、サンドゥ、学校へ行こうで注目を浴びたコン・ヒョジンさんならではの、繊細な心のやり取りを描いたドラマで、まさに絶妙のキャスティング、脚本だったと思います。
インソンさんのお兄さん役のヤン・イクチュンさん、凄いです。こういう役柄、好きなんです。愛おしい。(笑)
そしてヘスと共同生活しているドンミンとスグァンも大好きです。彼らもめっちゃ愛おしい。ラブ!!(笑)

一緒に見ていたうちの母は、古い人間だからなのか、精神を病んでいる人たちのドラマという設定が、なんか変な人たちばっかりが出てくるドラマ、と感じたらしく、それほど面白いとは思えなかったらしいので、ひょっとして好き嫌いが分かれるドラマかもしれませんが、私は久々やられました。こんなにやられてもチョ・インソンさんに心奪われることはなかったけれど(いやカッコいいんですが・笑)周りの人たちが素晴らしすぎて、これはもう出し惜しみする意味ないな、ということで、満点ドラマに入れたいと思います!

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆


[PR]
f0147413_22250572.jpg


また光海君の話なのね〜
スタッフはMBCのイサンとか色々やってる方たちで、このスタッフはエンタメ性の高いドラマを作りますよね〜。

てなことで見始めたら、予告とか少し見てたら、ちょっと暗めなのかなと思ったけど、やはり見やすい明るさはあって、そこは正統派で堅いドラマを作るKBSとは違うとこだよな〜なんて思います。

時代はジョンイと同じだけど、もう光海君が世子で、倭国の戦いも終わった後で、王様も死にそうです。(笑)信城君はもう死んだ後ってことだね。

結構緊張感あって面白いです。
明日、2話を見ます。

[PR]
f0147413_23411775.jpg

感想の間が空いたのは、別に最終回に向かってドラマがしぼんだわけでは、まったくありません!!
観るのが忙しくて、眼が疲れたりとか、そうしてるうちに時間がたっちゃって細部とか忘れちゃったりしたんで、どうしようかな~とか考えていたのですよ。借りてるから、観てすぐ返却するんで、観返せないのよね。

もう一度観たいドラマかもしれない。

最後の方なんか、けっこう切ない展開なのだけど、ラストまで観て、その切なさを乗り越えて最後にはこんな楽しそうな画像をここに貼り付けたくなるような、そういう気持ちにさせてくれました。スタッフさん、ありがとう。

では、最後もきっちりネタばれ全開で。(笑)見たい方のみ「more」をクリック。
あ、そうそう、25日からだったか、WOWOW一気再放送やるようですよ~。







More
[PR]