<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

f0147413_23022797.jpg
安定のイ・ボヨン主演のサスペンス系かな。
でも韓国のはサスペンスでも、ちゃんと家族とかの繋がりをベースに描いてくれるので軽くないというか、怖いだけでもないというか。それにイ・ボヨンさん、すっかり視聴率女になってますね。実際出るドラマ面白いし。

チョ・スンウさんは、ご存じ「馬医」の方。
でも私はもともとは映画「ラブストーリー」と「ワニとジュナ」で好きになって、どっちかというと「馬医」でイメージダウンした方でした。(ごめんなさい・笑)「馬医」は、まあ…NHKBSで観たので吹き替えっていうのも大きく影響したとは思いますけど、何とも魅力のない主人公だったもんで、今回もチョ・スンウさんかぁ~~とちょっとテンション低めから入りました。(笑)
でも、「ラブストーリー」や「ワニとジュナ」のころよりもちろん年はとっておじさんになりましたけど(またまた失礼)今回の役どころは結構いい感じです。好きになれそうな役で良かった。(笑)

出だしは、衛星劇場のホームページにあるとおり、ちょっとファンタジックなサスペンスです。

テレビ番組の構成作家をしていたスヒョンは自身が手がけたテレビ番組の生放送中に娘スッピョルを誘拐され、殺されてしまう。49日を過ぎても悲しみから立ち直れないスヒョンは入水自殺を図る。その時、そのすぐ近くでは、元刑事のドンチャンがヤクザのボスの女に手を出したとして池に投げ込まれていた。また同時刻、10年前の連続殺人の罪で死刑囚として服役していたドンチャンの兄、ドンホの刑が執行されていた。水中に放り込まれたドンチャンは何とか脱出し、スヒョンを救う。二人は気がつくと、娘セッピョルが死ぬ2週間前にタイムスリップしていた。生きている娘に会ったスヒョンは、今度こそ娘を救おうとドンチャンの助けを借り、死力を振り絞り事件が起こるまでの2週間の戦いを始める。

という事で時をタイムスリップするんだけど、それ以外はいたって現実的なサスペンスで、メインはイ・ボヨンさんの一家なんだけど、どうやら5話まで観たら、チョ・スンウさんの家族もどこか別のところで話が繋がっているような雰囲気なんですよね。それがどう繋がっているのかは、まだ分からないという。気になる~~

すごくドキドキするシーンもたくさんあって、サスペンスとしても面白い。よく出来てる感じがする~。

[PR]
f0147413_23384583.jpg

面白いですぅ~~~
苦手顔のチョ・インソンにポ~ッ!emoticon-0111-blush.gifemoticon-0152-heart.gifとなってしまう。カッコいい~~~
そしてコン・ヒョジンさんは相変わらず、どこがいいのかって、よくわかんないんですけど、自分と同化しやすいのかなぁ~、演技が。だからハマれるというか。キャラの性格とか、自分と全然違うんですけどね。(笑)

今日はどうしてもネタばれ書きたくて「more」設定使います~~
読みたい方だけmoreをクリック!






More
[PR]
f0147413_23140917.jpg

WOWOWで始まったドラマです。いつものように録画をお借りしつつ、毎週観ていく流れになりそうです。
「その冬、風が吹く」以来のチョ・インソン。以前はあまり得意な容姿ではなかったのですが、今も私の苦手な唇が紅い男性でもありますが(笑)けっこう役に左右される私は、このドラマの一見明るい感じの彼が、すごく新鮮で、このキャラは大丈夫かもしれない感じです。あ、「この冬~」のチョ・インソンもダメではなかったですしね。そしてコン・ヒョジンさん、一時はなんだか老けたような…と感じたのですが、また可愛らしい感じに戻ってきて、チョ・インソンの前にバリ出来繋がり(?)のソ・ジソプとも「主君の太陽」で競演してますね~。世代が多分同じくらいだから、違和感なく観れるカップルなんでしょうね。

このドラマ、スタッフが「その冬~」のスタッフなのですね。ノ・ヒギョン作家は、人気高いですが、私は過去、そんなにハマッたドラマがないというか、むしろ観ず嫌いな感じもある、わりとシリアスで重いテーマのドラマを描くイメージですが、これは「その冬~」に続いて、比較的ラブラインがメインになりそうですよね。

演出も「その冬~」とは違い(まあ、あれは原作があるので…)明るめな雰囲気を出してますね。見やすいです。
そしてチョ・インソンといえば痛々しい傷だらけの男のイメージですが(笑)これは一見明るい、過去にないくらい普通のカッコいい男性の役なんですよね。新鮮なくらい違うイメージ。(笑)でも実はやっぱりね、心に傷を持った男性なのね。まだ私は4話なので、その傷の部分を詳しくは知らないのですけど、お兄さんがネックみたい。
お兄さん、なかなか迫力あって個性的で、好き嫌いとかじゃなく、面白い役柄ですね。こういうキャラクターが描けるってのが、やっぱりさすがノ・ヒギョン脚本というところなのかもしれません。

コン・ヒョジンもけっこう傷持ちの役なんですが、チョ・インソンがとても大きな心の…何ていうか包み込める器のある役どころなので、彼女の傷は二人が近付く切っ掛けにすぎず、実際はまだ出てこないチョ・インソンの傷がどうなっていくのか、彼女がそれを癒していくのか、そういう作りになるのかなぁ~という感じです。

ホームページ観ると、SBSの「星から来たあなた」に並ぶヒットドラマだそうなので、続きも楽しみです。
主人公の年齢も少し上目なので、安定感があるというか、私なんかは大人のラブストーリーで嬉しいです。



[PR]
というわけで、感想が滞っているドラマもいくつかありますが(笑)一応観終わったドラマの一覧です。

下記一覧の文字の色が変わっているのは、全体の感想の記事とリンクしています。その他に途中で視聴しながらあ~だこ~だと細かい感想が書いているのは、右側カテゴリ欄の同タイトルとリンクしてあります。

■キルミー、ヒールミー
■秘密の扉
■王の顔
■高慢と偏見
■マイ・シークレットホテル
■太陽がいっぱい

以上、18タイトルでした。

TVで観たのが「ミス・コリア」「おバカちゃん注意報~ありったけの愛~」の2作のみ。
他はすべてDVD(というかCS放送の録画)視聴です。そのうち上半期ベスト5をあげたいなぁ~。(希望)

[PR]