<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0147413_22443863.jpg出演:イ・スンギ、スジ、チェ・ジニョク、イ・ヨニ、ソンジュン

2013年、MBC、全24話。
「僕の彼女は九尾狐<クミホ>」イ・スンギדmiss A”スジ(「ドリームハイ」)、夢の初共演! 韓国視聴率No.1を独走した新感覚ラブ・ファンタジー!
脚本はエンターテイメントたっぷりの人間ドラマ、『栄光のジェイン』『製パン王キム・タック』などを書いたキム・ウンギョン。演出も『紳士の品格』『シークレット・ガーデン』『シティーホール』『オンエアー』『プラハの恋人』『パリの恋人』などを手掛けたシン・ウチョルらが担当。
国民の好青年と呼ばれるイ・スンギ、無鉄砲で猪突猛進型の人間と神獣の子チェ・ガンチ役で、初めて史劇に挑戦する。またチェ・ジニョクは智異山の神獣ク・ウォルリョンを演じる。ウォルリョンは九つの尾を持つ狐に化けて、森を破壊する者たちを脅して追い払う、と語り伝えられたところから九尾狐と呼ばれるようになった。
ドラマは第1回放送で13.1%の視聴率(TNmS首都圏基準)を記録し、初回から同時間帯1位を獲得した。


<感想>

これは随分前にスカパー解放デーで第1話だけ観ていて、その時から面白そう~~と思っていたのですが、それから月日がだいぶたち、すっかり忘れていたころに見始めて、一気に観ることも出来ず、日にちが跳び跳びになりながら見ていた状況がちょっと不利な感じだったんです。でもやっぱりこれは観ていて面白かったです。
私はイ・スンギくんはそこまで好きというわけではなく、出演作だからといってあれこれ観たいと思ったりはしないのだけど、このガンチという役柄はバラエティなどもやっている彼の明るいキャラクターにピッタリ!彼がニッコリと笑うと、その笑顔につられてこっちも笑ってしまいそうになる魅力的な役柄だったと思いました。
スジちゃんも、私は「ドリームハイ」以来で、なにせ私は「ドリームハイ」が大好きで星評価も最高をつけたくらいなので、次回作としても期待は高まりました。結果、スジちゃんもめっちゃ可愛い~~。そしてやはり少し大人っぽくなりましたね。まあ女性は化粧や髪形などで印象は簡単に変わるのですが、それにしてもあの透き通るような美しい肌そのままに、大人っぽい雰囲気が出てきたな、という感じ。でも役柄は実は普段は男装をして殺陣なんかも強い女性なので、普段は元気なスジちゃんという感じで、これまた彼女にピッタリの役だと思いました。けども、ガンチを一途に思う女性らしい姿も垣間見せるので、とにかく可愛い!ますます好きになりました~!
そしてウォルリョン役のチェ・ジニョクさん。最初はこの役で人気がドーンと来たと聞いたことがあったのですが、クミホの役で??と謎だったんですけど(笑)観ていくうちに、哀しみに満ちた役柄だと分かり、特に終盤の彼はチェ・ジニョクさんの本領発揮かもしれません。「相続者たち」の兄も良かったですけどね♪
ラストも、なかなか凝っていて、まあその前のクライマックスがああだったので(意味深…笑)きっとラストはそうなるんだろうな、という予想はたちましたが。なにせイ・スンギくんのドラマだもん。アンハッピーは似合わないよね!(言っちゃった…笑)願わくば24話はちょい長めかな…20話くらいで良いのでは~。枠だろうけど。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
f0147413_1935321.jpg

5月4日から、BSのDlifeで「君の声が聞こえる」の放送が始まります。

以前違うチャンネルて放送されましたが、もし見逃して後悔している方がいたら、ぜひ今回ごらんになってくたさいね!すごく面白かったです~!
[PR]
f0147413_23421767.jpg
とうとう始まりました、ピノキオ。本当はラストまで待ってから一気に観たかったのだけど、貸してくださる方が録画してすぐ回してきたので(笑)誘惑に負けてしまい、どうやら少しずつ見るはめになりそうです~。

観る前からハードルが高かったのに、最初からめっちゃ面白いです。掴みは最高~!ジョンソクくんは、本当にドラマに恵まれていますね。どれも最初から惹かれて観てしまうようなドラマばかり。彼の表情も魅力的です♪

以下、久しぶりにネタばれ含めて書こうかと。読みたい方だけ「more」をクリック、どうぞ~。








More
[PR]
f0147413_23542733.jpeg
BSスカパーで去年の8月下旬からフジテレビの3チャンネルと契約しています。
目的はサッカーなんですが、それ以外に唯一契約していて良かったと思えたのが、ずっと観たいと思っていた、ヨンファとソヒョンの「私たち結婚しました」を観れることなのでした。
以前は毎週ネットでチェックしたりしていたけど、やっぱり見づらくて途中挫折。しばらく放置でもう2年くらいたちましたか?忘れたけど、かなり久しぶりにヨンソカップルを見た気がします。

でも久しぶりに観ても、やはり可愛い・・・。とても可愛い。毎週観ながらにやにやしています。
だけど気持ちは何だかずっと見ていると、二人のお母さんのような気持ちですよ。(笑)いや、ちょっと違うか。お母さんなら、チューしろ~~とか思わないよね。(笑)あのスタジオのメンバーと同じ気持ちというほうがピッタリきますね。(笑)

最初はめっちゃよそよそしかった二人が、少しずつ少しずつ距離を縮めて、まだ敬語だけど(笑)ようやく自然に腕を組んでくれるまでになりました。微笑ましい。ソヒョンちゃんが難解なお相手で、でもヨンファが最初は兄のように、次第に弟のように(笑)というのは変ですが、子供っぽい面を見せるようになって、子供同士のカップルみたいになってます。でも可愛いからいいのです。(笑)

この記事を書くにあたって画像検索したら、ラストかなぁ~結婚式の写真を撮っていて、ホホチューしてるのを見つけました。それと違う画像でもほほチューしてました。よかった、そこまでたどり着けて。てか、結婚式の写真、あれはひょっとして唇チューなのかな?微妙な感じで写っていたのでハッキリ分からなかったのですが。

「私たち結婚しました」って唇チューありなんですか?(笑)
私は過去、ファニとリダのしか観たことないけど、どっちもなかったはず。今はありなんですかね~。ていうか、もうこの番組ないのかな?そのへんは調べてないんで分からないけども。面白い企画番組ですよね。

しかしヨンファとソヒョンなんていう人気グループ同士のカップルを、よくぞ実現させましたよねぇ~。韓国ではソヒョンの格のほうが上なのかな。(笑)でもどちらも熱狂的なファンがいそうなのに凄いですよね。

いつどこで終わるのかも分からないんだけど、だいぶ仲良くなってきたから、もうすぐ終わりに近づくのかな。
この番組は、思い入れのあるカップルが出来ると、いつもラストが近付くのが寂しいです。




[PR]
f0147413_23171046.jpg出演:ムングニョン、イ・サンユン、キム・ボム、パク・コニョン、チョン・グァンリョル

2013年、MBC、全32話。
16 世紀後半、女性として初めて<沙器匠>の座に上りつめた朝鮮一の陶工、ユ・ジョンの波瀾万丈な半生を描く。モデルとなったのは実在した陶工“有田焼の母”とも称されるペクパソン。九州で数百人もの陶工を指導し、敬愛されたペクパソンは故郷朝鮮でどんな日々を送っていたのか?本作ではペクパソンにユ・ジョンという名を付け、彼女が沙器匠となるまでのサクセスストーリー、身分を超えたロマンスをドラマティックに描き出す。
<感想>

すご~~く設定が楽しみで、しかも出演者がムン・グニョンちゃん、脇にチョン・グァンリョルさん、キム・ボムくんときて、観る前からワクワクしていました。チョン・グァンリョルさん、悪役ですが、彼が脇に来るドラマは本当にどれも面白いし、彼がいい味を出してくれるからです~。それに観賞用と言ったら失礼だけど、キム・ボムくんも観れるし。個人的にイ・サンユンさんには惹かれないものですから、ロマンスへの期待は薄かったです;;
掴みはバッチリ(古い表現ですが…笑)なんです。お約束のように両親の代から始まり、陶芸の焼きがまの中で落雷とともに生まれるジョンイ。作りすぎでしょ…(笑)でもそこがドラマチックでいいんですよ~。
両親の時代に色々あって、それを引き継いで子供時代へ。そして大人になって、と物語も32話くらいだと、そのくらいの流れも丁寧に描けますよね。長すぎず短すぎずいいと思いました。ただ、終盤にかけて、何となく尻つぼみな感じがしたんですよね。まあラストは史実があるので、それに逆らうわけにはいかないから仕方ないですが。
なんでジョンイの相手を光海君にしたんでしょうね。あ、ジョンイがその時代の人だったからなのか、そうか。光海君といえば、朝鮮王朝時代に色々あった方なので、更にドラマチックなものを盛り込もうと言う事だったのでしょうけどね。確かにキム・ボムくんの役とめでたしめでたしでは、物語を作る上で光海君とジョンイの関係性が難しくなるかもしれませんね。まあとにかく面白かったです。でも終盤ちょっと盛り下がりました。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
f0147413_23370498.jpg

面白いけど難しいと噂の「秘密の扉」を見始めました。
「王の顔」も同時進行で観ていて、どちらも韓国史上有名な人物を取り上げているのですが、今のところ私は「秘密の扉」のほうが面白いです~。ミステリー仕立てみたいになっているからかな~。

英祖とサド世子といえばイ・サンのお父さんとお爺さん。米櫃事件は有名ですよね。
それに至る英祖とサド世子の関係のこじれていく流れと殺人事件のミステリーを絡めた仕立てになっています。

ハン・ソッキュの「根の深い木」も面白かったですが、その時と同じく、セリフとかが説明じみてないのと、同時に映像で察しなければならない作りもあって、集中して観ないと謎解きのヒントとか色々と見逃します。(笑)

なのでイ・ビョンフン監督とかの分かりやすい作りとは対極かな~って感じがしますね。人間関係も前振りで説明とかがあまりなく、初めて見る二人でも心を開いて話していると感じさせるだけで、二人は親友だと即判断しなければならなかったり(笑)同じ洋服を着て見つけちゃいけないものを一緒に見つけただけで、仲の良い同僚と判断しなくちゃならない。(笑)とにかく人間関係をよく把握出来ないままいきなり事件だったりなので、分かりづらいことこの上なくて、私は第1話を見た後、もう一度観返しました。それでようやく少しなるほどって感じで。

でもね、面白いですわ~~。やっぱり面白い。

イ・ジェフンくんは、世子の格好とかしてると、何となくキム・スヒョンくんに似てますね。顔立ちとか。
子役をしてきたキム・ユジョンちゃんは、初めて等身大っていうか、そのままの役柄を観ました。可愛いですね。
ハン・ソッキュさん、色濃い感じの英祖、人を圧倒するものを感じます。さすが、という感じです。


[PR]
「九家の書」はだいぶ前から観ていたけど、後回しになっていて、最近ようやく続けて観れるようになりました。
イ・スンギくん、色んなお仕事していて、明るいイメージでいいですね。スタイルもいいし。
そして何よりスジちゃんが可愛い~~。「ドリームハイ」ではまだ少女な感じでしたが、少し女性らしくなったように思います。色白で可愛い~。LOVEです。(笑)

あと、つい最近「王の顔」を2話まで観ました。
こちらは多分まだ放送中なのかな。少しずつ回ってくるパターンなので、次のが回ってくる時に前の内容を覚えていられるのかどうか怖いですが(笑)時代が先日観た「ジョンイ」と同じ光海君の時代なので、なんとか大丈夫かもしれません。ちょっと暗い感じがただようお話のようですが、今をきらめくソ・イングクくん主演なので、引き続き楽しみに観てみたいと思います。

そしてひょっとしてもう一本、もう放送終わったのか、終盤なのか分からないけど「秘密の扉」がそのうち貸して貰えるかもしれません。「根の深い木」っぽい話じゃないかと期待してるドラマです~。

関係ないけど、なんか画像がアップロードできません。(^_^;)
なので画像なしです。なんかの不具合かな。早く治るといいなぁ。

[PR]