<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

観終わったドラマ。

「大王の夢」
「棚ぼたのあなた」
「オ・ジャリョンが行く」
「夢見るサムセン」
「サラリーマン楚漢志」
「パンダさんとハリネズミ」


[PR]
f0147413_23453389.jpg 出演:チャン・ドンゴン、キム・ハヌル、キム・スロ、キム・ミンジュン、イ・ジョンヒョク

2012年、SBS、全20話。
最高視聴率45.2%を記録した『イヴのすべて』を最後に活躍の場を映画に移し、『ブラザーフッド』『マイウェイ 12,000キロの真実』など映画界のトップスターとして重厚な演技を見せてきたチャン・ドンゴンが12年ぶりのドラマ復帰作でラブコメディに初挑戦!気難しくて取っ付きにくいが、男の色気にあふれ、おちゃめな面まで持ち合わせた建築士のドジン役で新境地を開拓した。ヒロインを担ったのは、ラブコメの女王キム・ハヌル。恋に不器用だが、清潔感のある高校教師イス役をはつらつと演じ、好評を博した。ドジンの親友を演じた俳優たちも実力派ぞろいだ。コミカルなイメージが強い「ドラゴン桜〈韓国版〉」のキム・スロ、チャン・ドンゴンとは『ゴースト~永遠の愛~』(99)以来の共演となる『ATHENA-アテナ-』のキム・ミンジョン、『チュノ~推奴~』の悪役で強烈な印象を残したイ・ジョンヒョクら実力派俳優たちが脇を固め、抜群のチームワークとテンポよい掛け合いでドラマを盛り上げた。

スタッフは韓国ドラマ界を代表するヒットメーカー、キム・ウンスクとシン・ウチョル―『パリの恋人』で、57.4%の最高視聴率を叩き出し、『シークレット・ガーデン』でアジアを熱狂させた黄金コンビによる“アラフォー世代のラブコメディ”は、またしても韓国にシンドロームを巻き起こすヒット作となった。

<感想>

BS民放放送で週に一回2話ずつ放送、という変則で観たのですが、最初はちょっととっつきづらかった。自分がずっと定番のようなホームドラマをメインに観てきたせいもあって、スタイリッシュな恋愛ドラマが久しぶりだったせいもあるような気はするんですが。(笑)頭がオーソドックスになっていたからかも。(笑)そして何と言っても主演はおじさんたちでしょ。キム・ハヌルかなと思ったけど、チャン・ドンゴンと、彼の友人たち4人組が主演という感じがします。そのおじさんたちが、やはり一見しておじさんなので(笑)魅力を理解するのに時間がかかりましたね。ただ、途中からそれぞれの彼らの人生が見えてきて、それぞれに事件が起きるごとに彼らのキャラクターが際立って見えてきて、途中からはとても面白く観れました。四人ともにカップルなんですが、もちろんメインカップルはチャン・ドンゴンとキム・ハヌルなんだけど、終盤なんかは他のカップルの行方とかに感動したりして、そっちのほうが面白かったりもしました。あ、それと、わき役でCNBLUE最後の俳優挑戦となったジョンヒョンがドラマデビューでしたね。彼らは全員イケメンなので、ドラマ出ても映えるわねぇ~。
そして、何よりこのドラマスタッフは、私が好きな「恋人シリーズ」や「シティ・ホール」「オンエアー」のスタッフなんですよね。特に作家のキム・ウンスクさんは、大人の純愛を描かせたら、私好み№1作家。(笑)不思議と彼女の描くメインの男性は、誰もかれもが私好みの俳優さんではないのに、ドラマを観終わる頃には素敵に見えてくるという魔法を使う。(笑)
チャン・ドンゴンさんも、薄い顔が好みの私としては、男前なのは分かるけど、世間で言われるほどには興味はなかったのですが(映画ばっかりだったのもあります)久々にドラマで観てみると、しかもお茶目なおじさん役は親しみがあって、でもやっぱり大人でカッコいい。作家さん、さすがです。キム・ハヌルさん、ちょっと最初はうるさいくらいキャンキャンした役だと思ったのですが、それもこの作家さんのよくやるテで、それが途中から魅力的に変化していくんですけど、今回も可愛い女性でした。彼らの作るドラマは、いつもどおり、大人の恋愛を、青春時代のように爽やかに可愛らしく描いて、不自然さを感じさせない面白さがありました。感動もあって、ちょっと泣けたし、面白いドラマでした。ただ、私が好きだったシティ・ホールやオンエアーのように、後を引くほどのものは正直なかったです。四組のカップルを描いたぶん、ちょっと主演カップルへの思い入れが薄まったかな~と。そのへんが理由かもしれません。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]