<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0147413_23391133.jpgf0147413_23394081.jpg


「神々の晩餐」で、私はお初におめにかかった(わき役で見たことがある気はするけど、ちゃんとメインとして観たのがお初でした)イ・サンウさん~久々、ときめいた~(笑)

悲しい過去があって、ちょっとひねくれた登場だったんだけど、ソン・ユリさんに見せる優しさが素敵でっ

ていうか、もう、ずばり、顔が好きなんですけどね。(笑)

困ったのは、「太陽を抱く月」の後番組「馬医」にも出ると分かったこと・・・。
実は、イ・ビョンフン監督で、キャストもいいんだけど、馬の医者ってことで、馬が怪我したり病気になったりするシーンが満載なんだろうなと思うと、観る自信がなくて、今回はパスしようかな、と考えていたことなんですよ~。

まさかイ・サンウさんが出るとは・・・。しかも主演のライバル役なんですね・・・。報われないんだろうな~(笑)
迷う・・・・。観るべきか、どうするべきか・・・。
[PR]
f0147413_23115089.jpg出演:ソン・ユリ、イ・サンウ、チュ・サンウク、ソ・ヒョンジン

2012年、MBC、全32話。
伝統韓国料理の国内最高峰レストラン、「アリラン」を舞台に、料理人たちの夢と対決、それを支える愛を描いていくサクセス・ロマンス『神々の晩餐-シアワセのレシピ-』。“現代版チャングム”ともいえるヒロイン、ジュニョンに扮するのは、『雪の女王』『快刀ホン・ギルドン』などで知られるソン・ユリ。どんな逆境にも屈しない明るさと強さをもったヒロインを好演し、物語を光明で照らし出している。そんなヒロインを愛し、支える2人の男性主人公には、『パラダイス牧場』や『ジャイアント』で日本でも人気のチュ・サンウクと、『千日の約束』や『愛を信じます』で存在感のある演技を見せてきたイ・サンウ。チュ・サンウク演じる紳士なジェハと、イ・サンウ演じる謎の男ドユンが、タイプの異なる魅力でヒロインにアプローチを繰り広げ、多くの女性たちをときめかせること必至だ。
本作を監督したのは、日本でも大ヒットした『最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜』やイ・ジュンギ主演のヒューマンドラマ『ヒーロー』を共同監督したイ・ドンユン。ロマンティック・コメディからヒューマン、家族ものまで、幅広いジャンルを手がけてきた経験を生かし、料理という素材と韓ドラ定番のエピソードをうまく掛け合わせている。脚本は、朝ドラの大ヒット作『白い嘘』で知られる人気作家、チョ・ウンジョン。ライバルとのバトルや親子の葛藤をはじめ、お得意のスリリングなストーリー展開で見る者を引き込んでいる。


<感想>

内容がまったく分からない、けっこう前にこのドラマのことを知って、たしかこれから韓国で放送される、というくらいのタイミングだったと思うんですが、韓国伝統料理を扱ったヒロインの成長物語っぽい感じで面白そう、しかもヒロインがソン・ユリ!って思って、早く日本で観れないかな~と楽しみにしていたドラマだったんです。
で、それ以降忘れていたので、実際はどういうドラマか、男性陣は誰なのか、とか、そういうことをすっかり調べないまま、放送が開始されてしまい(笑)まっさら状態で見始めることになったのですが、とりあえず他の方がどういう感想を持っているかと思って、韓ドラのブロガーさんをチェックしてみたんですね。そしたら、ちょっと今ひとつみたいな感想が目についたんですよ~。ソン・ユリが後半男性二人をもてあそぶ的な?(笑)どっちつかずで、キャラが変貌するし、なんかいまいち、という感じで。韓国でも後半の反応はいま一つ良くなかったみたいでした。そんな情報をゲットして、ちょっとテンションさげて見始めたら、思っていたのと全然違うドラマだったということが、まず判明。私は「食客」みたいな、女版食客のように女性の調理師が韓国伝統料理の店で成功していくような話なのかなと思っていたら、なんと、出生の秘密から始まって、親の因縁が子供たちを対立させて、意地悪キャラが出てくるという、なんとも「ザ・韓ドラ」なドラマでビックリしました~。(笑)とにかくまさに韓ドラな展開で、まあでも、これはこれで韓ドラらしく、観ながら悪態ついて、イライラしながらも、次が気になる~というお約束のドラマ展開を受け入れてしまうと、それなりに楽しめるドラマでした、私は。(笑)
でも、実は思わぬハマりキャラがいたから、という理由も、大きな理由でしょう、多分。(笑)ヒロインの相手役二人のうちの一人、イ・サンウさん。私はちゃんとドラマで重要な役の彼を観るのは、これが初めてで、観たことあるな~という程度の認識しかなかったので、すごい新鮮にハマってしまいました。(笑)カッコいい~~♪涼やかな顔と男らしいスタイル。ちょっと痛みを抱えているキャラだったことも、私のツボだったんですよね~。イ・サンウさんのせいで、このドラマの星評価をあげてしまうことになりそうです・・・(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
赤道の男
神々の晩餐

感想アップが、だんだんたまって行く~(^_^;)

まだ感想アップしてないドラマ。

赤道の男
神々の晩餐
僕のこと好きでしょ
イケメン・ラーメン店
太陽を抱く月
根の深い木
幽霊~ファントム~


なんか、色々と、人様の感想と違うことになってるのが増えている気がする…(笑)
[PR]
観終わったドラマ。

太陽を抱く月
根の深い木

まだ感想アップしてないドラマ

僕のこと好きでしょ
イケメン・ラーメン店
太陽を抱く月
根の深い木
幽霊~ファントム~
[PR]
いや~~~面白かった~~~~vv
久々、私の中でヒットでした。
というのも、ここんとこ、ヒット、なかったんです、単純に。(^_^;);;

もし、このドラマを6月中に観終わっていたら、上半期1位はこれでしたね~
観終わる予定だったのになあ~。残念。

・・・・って、だからまだ6月ですからーーっ!!(爆)
どうやら、ひとり7月だったようです・・・;;
以上、付け足し。


さて、最後なので、少しネタばれ的なことを書きます。
ていうか、もろネタばれなので、まだラストまで観ていない方は読まないほうがいいですよ~
まあ、犯人が分かっているドラマなので、ある程度「刑事コロンボ」的(古い…笑)で、最後はギブアップなんだろうなと、誰もが想像つくでしょうけどもね。どう決着がつくのか、とか、そういう楽しみがあるからね。

久しぶりに「more」機能を使いますが、携帯などからは機能しないので、普通に読めちゃいます。
お気をつけを~。では。

More
[PR]
例年やってる上半期ベスト5を、まだアップしてないことだったり、それをやる前に、すでに観終わっている「イケメン・ラーメン店」と「オレのこと好きでしょ」の感想をアップしてないこととかです。(笑)

TV観るのが忙しいです。
BSでためているドラマも多々あるし、毎日放送してるドラマも2本。
めずらしく日本のドラマもいくつか見てるし。

来週から、待っていた「棚ぼたのあなた」も始まるし。

うっかり「アラン使道伝」(CS録画したやつ)を借りてしまったし。(BSで始まりましたね)いつでもいいよ、と言われているが、そんなに長々と借りているのもな。近々観ないとだな~。

でもその前に11話まで観ていた「幽霊」を、とにかく最後まで観なくては!
ずっと放置だったんだけど、久しぶりに今日12~13話を観たら、やっぱり面白いわ~~;;
早く最後まで行きたい。

「赤道の男」も、惹かれる男性はいないけど、面白い・・・。
イ・ジュニョクの役は、いいですね。彼は子役時代良い子だったし、あんな風に生きている自分を嫌悪しているような心理描写を感じて、悪事が暴かれて欲しいと、どこかで願ってるような、そんな感情も感じるというか。もちろん暴かれると自分は破滅なんだけど。彼は非常に深くて面白いなあ~。

「神々の晩餐」、相変わらずなんだけど、ザ・韓ドラ、それなりに面白く観ています。
母もけっこう先が気になるらしく、まず毎日これから見始めます。(笑)
私はイ・サンウさんがお気に入りです。見た目もタイプだけど、セリフとか、カッコいい~~(笑)


・・・・・・って、まだ6月ですからーーっ!(爆)  以上、付け足しでした・・・。
[PR]
今、週一回放送とかので、いくつか録画を溜めているドラマがあるので、毎日放送される「赤道の男」は、溜めるとHDDを圧迫するということで、見始めました。これで毎日観るのが「太王世宗」(ノーカット版なので、また観ているのです)「神々の晩餐」、そして「赤道の男」の3本になりますね。3本はちょっとキツイです・・・;;

「赤道の男」、最初だけ現代が舞台で、わりとすぐに子供時代にさかのぼりました。
子役というか、もう青年になった元子役(笑)が、お馴染みの「太王世宗」の世宗の子役で、この子(イ・ヒョヌくん)本当に可愛かったので大好きだったんですが、青年になっても可愛いわ~。背も高くなったけど、童顔は変わらないですね。

もう一人の青年役は「太陽を抱く月」の、ヨヌの兄の青年時代を演じた人(イム・シワンくん)。やたら美系美系と言われていた彼です。二人とも良いので、子役時代は楽しめています。(笑)

もうすぐ大人になってしまうんだろうな~。オム・テウンさんなので、私的には毎回そうなんだけど、ドラマは面白いけど、彼自身に魅力をあまり感じたことがないので、たいがいドラマが面白かった、で終わってしまうんですよね。やっぱり登場人物(男性)にすごい魅力を感じたりとかじゃないと、ドラマに対して一歩冷静になるというか、少なくとも満点評価になったことは、あまりないんじゃないかな~、私の場合。(笑)

というわけで、同じパターンを予想して、「赤道の男」のカテゴリは作ってませ~ん。
でもドラマは面白そうですよ。復讐劇で、キム・ヨンチョルさん(世宗の父王)が、すご~い悪いやつ。(笑)親たちの因縁に、子供たちが振り回されるあたりは、よくあるのでしょうけど、うまく作られていそうです。

多分、世宗の子役を演じたあの子がオム・テウンさんの青年時代なんでしょう。可愛いなぁ~vvvvvv
今はまだラブシーンはなさそうだけど、もうあと1~2年もしたら、ペク・ソンヒョンくんやユ・スンホくんみたいにキスシーンとか、さらっとやっちゃうのかなぁ~。(笑)照れちゃうわん。(笑)はっ!!今調べたら、彼は1993年生まれで、もう二十歳なのね~。ビックリ~!そら~すぐキスシーンもやっちゃうわ~。(笑)
[PR]