<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

結局、すごく楽しみにしていたので、スヒョンくんの生声とかも聴きたかったけれど、「太陽を抱く月」はNHKBSプレミアムの吹き替え版で観ています。

ここのところBSプレミアムのこの史劇枠は、私にとって何年も今イチ感のぬぐえない枠となってきました。史劇で主演が大好きな俳優さんではないパターンが続いたからか、はたまた吹き替えが致命的なのかとも思っていたんですが、どうやら前者かもしれません・・・。

というのも、この「太陽を抱く月」のスヒョンくんは、吹き替えでもすごくイイ!!
やはり、彼はなんて強烈なほど印象的な顔をしていて、表情とかがめちゃめちゃ映えるんでしょうかねぇ~~。だからか、演技もすごくうまく感じられる。いや、実際うまいのでしょうけれど、吹き替えでは分からない部分も多いから。でも少なくとも地声で観てきた今までの出演作はすべて、すごく良かったし、印象的だったので、きっと演技もうまいんだろうな~~。ヨンさまの秘蔵っ子と言われてますが、本当に先が楽しみな俳優さんです~~。

というわけで、主演がお気に入りだと、やはりドラマも面白く感じるし、とても続きが楽しみ~~vv
ドリーム・ハイのサムドンもすご~く良かったけれど、王様のスヒョンくんも本当に素敵~~vv

f0147413_2320365.jpg

[PR]
f0147413_22422523.jpgKNTV版の録画したものを見始めました。(私は観れないけど、録画したものを入手)今、WOWOWで放送中なんですよね。やはりWOWOWは注目度が高いドラマをゲットしますね~。放送数は多くないけど、そういう印象があります。

「トキメキ☆成均館スキャンダル」でユチョンにヤラれ、「ミス・リプリー」を1話で挫折した私ですが(笑)これはすごく楽しみにしていました。観た人の感想もいいものが多い感じでしたしね~。

さて、見始めてすぐ、やっぱりユチョンは演技うまい~~~~。本当に歌手?(笑)って思ってしまうほど、演技が自然なんですよね~。演じてる感がほとんどしないというか。そこにイ・ガクという世子がいる、という感覚で一気に引き込まれてしまいました。

ハン・ジミンさんは、私は好きな役柄のときと、そうじゃない時にかなり分かれてしまう女優さんで、でもこの役はすごく好きなほうの感じがします。生き生きしていて、朝鮮時代での彼女の演技にもうまさを感じましたし。現代はコミカルで、ユチョンも、お付きの三人も、みんなが面白くて笑える~~;;

そんな中でも、第1話はシリアスでミステリアスな作りになっているので、ラブラインとともに、謎解きも楽しめるんでしょうしね。これは面白そうです。あとなにげに「宮」みたいなBGMで、親しみも感じたりして。

お付きの三人の中で、ソン・マンボ役の人は「太陽を抱く月」の陽明君役(青年)の人ですよね~。実はこのドラマを2話まで観た直後に、NHKBSの放送を観たので、回想シーンでまた出会ってしまいました♪この方好きです~。青年の時のほうが良かった・・・;;あ・・・・チョン・イルさんが悪いわけじゃないんですが・・・;;
それと「根の深い木」のチョン・ギジュン役の青年時代を演じた人とか、「ドクター・チャンプ」とかで私のお気に入りのチョン・ソグォンさんというトリオ(というと漫才みたいですけど…笑)というのも今後が楽しみです~♪
[PR]
f0147413_2335766.jpg出演:ユ・スンホ、パク・ウンビン、イ・ヒョンジン

2012年、TV朝鮮、全20話。
演出:キム・ウソン「可愛いあなた」、脚本:ユン・ジリョン「花より男子~Boys Over Flowers」。
山下智久&長澤まさみ主演で’07年に日本で制作された大人気ドラマ「プロポーズ大作戦」が韓国でリメイク!幼馴染の結婚式で彼女を愛したことに気付いた主人公が、タイムスリップする機会を得て、初恋を死守することに奮闘するラブコメディ。
 主演は演技派若手俳優の注目株“国民の弟”ユ・スンホ! 自身初の本格的な恋愛ドラマに挑戦したユ・スンホが本作で成熟した大人の魅力を存分にアピール!初々しい学生時代から大人の男性の姿まで、いくつもの年齢を見事に演じ分け、視聴者を惹きつける魅力的な主人公像を作り上げている。 ユ・スンホ演じるベコが想いを寄せる幼馴染イスルを演じるのは、次世代の“清純派女優”として期待されているパク・ウンビン。ユ・スンホと同じく子役出身で「太王四神記」「善徳女王」などで2人は何度も共演しており、本作でも息の合った演技を見せてくれている。


感想

まったく知らずに始まったドラマでしたが、後で調べてみると、日本のドラマのリメイク。あ~、そういえば山Pと長澤まさみがやっていたドラマがあったな~と。でも私、観てなかったから内容が分からないんですよね。だから、このドラマも面白いかどうか分からず、とりあえず録画したものの、観ようかどうしようか考えて、他の方のドラマの感想をチェックしたんです。そしたら案外面白かったという声がいくつかあって、それなら見てみようかなと思って見始めました。最初は「太王四神記」も「善徳女王」もガチで見ている私にとって、この二人の恋愛ドラマ、しかもキスシーンあり、というのが、かなり気恥かしかったです。(笑)親のような気持ちでした、きっと。(笑)でも、ライバルとなるジノン役のイ・ヒョンジンさんがほどよく大人として絡んでくれたおかげで、なんとか恋愛ドラマとして見ることが出来たような気がします。イ・ヒョンジンさん、最初はちょっと嫌な男として登場するけど、途中からカッコいいライバルとなっていくので、彼贔屓の私としては嬉しかったです。
しかも、終盤はけっこうシリアスで、見応えのある展開となっていたので、ドラマとしてもなかなか面白く見れるんじゃないかなと思いました。ただ、20話もひっぱる展開ではないよなぁ~。途中、同じことの繰り返しのように思えて、けっこうダレました。全16話でもじゅうぶんだったんじゃないかな~。
ユ・スンホくん、青年になりましたね~。でも、それ以上にパク・ウンビンさん、女性らしくなってビックリです。スンホくんは、まだどこか爽やかな初々しさみたいな(笑)、まだラブシーンとかやらなくてもいいかも、とか思った私ですが(笑)ウンビンさんは、もうじゅうぶん大人の女性の役が似合うと思いました。やっぱり女性のほうが大人の雰囲気を早く出せるものなのかも・・・?でもちょっと頼りないユ・スンホくんの役、可愛かったです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
f0147413_22403547.jpg出演:チソン、チェ・ガンヒ、キム・ジェジュン、ワン・ジヘ

2011年、SBS、全18話。
韓国で最高視聴率57.6%を記録した「パリの恋人」や、韓流セレクトでも高視聴率だった「天使の誘惑」のヒットメーカー ・ソン・ジョンヒョン監督が、人気脚本家クォン・ギヨウンとタッグを組んだ本作品。SBS演技大賞では「ドラマスペシャル部門 最優秀賞」、「ベストカップル賞」など10冠。2011年最大のヒットドラマに。
わがままで仕事の出来ない不良御曹司役を演じるのは「ロイヤルファミリー」「鉄の王 キム・スロ」など立て続けにヒットドラマに出演したチソン。チソンの生き生きとしたダメ男っぷりが韓国でも大ブレイク。さらに恋敵には待望の韓国連ドラ初出演のジェジュン。有能なクールガイ役のジェジュンと、超不良の財閥2世役のチソンが、新米秘書のヒロインを身体をはって奪いあう、コミカルでキュートな演出に胸キュン間違いなし。


感想

全18話ってことだし、最高視聴率57%を超えたなんてうたい文句が出てくるということは、16話が2話延長されたのかな。でも最終回・・・・というか、最後の2話なんて、本当にどうでもいいようなストーリーだったと思ったのですが、どうなんでしょう。(笑)ていうか、途中まではわりと面白く見ていたけど、途中から飽きてしまったの~。コメディ色が強いドラマで、真剣になりすぎないところが明るくて好感が持てたのだけど、反面、どうでもいいような、単にラブラブなシーンとかが多すぎて、途中で、もういいだろ~と思うようになってしまった。
カップルも、やはり私、主演カップルにハマれなかったみたい。最後まで、どちらかというとジェジュンとワン・ジヘさんのほうが可愛くていとおしいカップルに思えていました。(苦笑)あの二人は可愛かった~~ん♪そういえばあの二人のラブリーなシーンは、そんなに嫌でもなかった。(笑)
チソンのコミカルな演技は、すごくうまかったです。彼は演技力あるな~。この前まで「ロイヤル・ファミリー」や「太陽を飲み込め」でシリアス演技の彼を見ていたばかりだったので、対極の演技を見れた感じでした。チソンに対しての悪い感情はないし、次も彼のドラマならチェックしてみようかな、とか思うので、やはり主演カップルにハマれなかったのは、ひとえにヒロインが可愛いと思えなかったからだと思います・・・;;そうなると、ラブコメは厳しいですね。主演カップルを好きになれないラブコメほど、見る意欲をそがれるものもない、ということでしょうか・・・。ひらすらジェジュン&ワン・ジヘさんで楽しませていただいたドラマでした。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆(2.5くらいかな)
[PR]
今日は亡くなった父の49日(法要は土曜に済ませました)であり、もちろん、東日本大震災から二年の日でした。

気持ちだけですが、おごそかに過ごしました。日常の大切さ、ありがたさを感じつつ。
[PR]