<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第1話だけ見て、あとは録画したまま、あとで観ようと思った「バーディバディ」なのですが、最近、観たいと思っていたドラマが立て続けに始まってきたりとか、前回殆ど見ていなかった日本のドラマを少し観たりとか、サッカーやフィギュアスケートの時期が始まったりとか、いろいろと重なって、もうあっという間にHDDの容量が満杯になってきてしまったんです~。

それゆえ、第1話を見たとき、まあ続けて見てもいいかな、と思ったドラマだったんだけど、どうしても続きが観たいと思う感じではなく、それに、どうもちょっとゴルフの成功物語みたいな感じが、スポーツで韓国に負けたくないと普段から思っているのに、日本のゴルフ大会は韓国人が優勝してばっかりみたいな現状も納得してない部分が、私的にこのドラマに引っ掛かりを若干感じてしまっていて、個人的事情により削除しちゃいました。(笑)

スポーツがサイドネタとして使われるのはいいけど、その成功物語みたいなのは、やっぱり抵抗あるらしい、私。


そして、現在第1話を録画中の「美男バンド」を、TVで少し見ていたんです。
いや~、確かにイケメンがた~~くさん出ていますね。
でも、これ、なんか違う。いや、違うというのは、若者をメインに作ってあっても、私が大好きになった「ドリームハイ」みたいなのとは全然違う。むしろ・・・最初だけ見て挫折した「ジャングル・フィッシュ」的な映像、演出をビンビン感じてしまって、これも多分、録画やめそうです・・・。
出ている人たちのファンとかなら面白いんでしょうけど(ジャングル・フィッシュもそうでしょうね)この映画的な新しい映像処理っぽい感覚と、きわめて今風なキャラクターが、私はどうも馴染めません。お年寄りだからでしょうか。(笑)
[PR]
けっこう久しぶりのペク・ドンスの記事になっちゃいました。
サッカーが忙しかったのもあるけど、ちゃんと月~水、2話ずつ見ていたんですけどね~
ひょっとして、ちょっとだけ停滞感を感じて見ていたのかもしれない。

というのも、話がなかなか進まないというか・・・・。
やはりカットが多くて、ときどき「?」な展開とかがあったりするんですよ。いつの間に?とか。

そして、キャラが考えていることが分からない、みたいな部分もあったりとか。
ウンが、どうしてあそこまで運命に振り回されるのか、だいぶ前だけど、本当のことを知ってショックを受けた後、この道を自ら選ぶわけで、でも葛藤するんだけど、その流れがカットのせいなのか、ちょっと雑というか、アッサリだったせいか、ウンの気持ちも分からず・・・。

私の大好きな天の生きる目的というか、世界というかも、ちょっと分かりづらいところもあったり。
殺人集団で生きてきたわりに、朝鮮一の剣士を選んで集団を抜けたりとか。自分で剣士と刺客の違いはなんだかわかるか?なんてウンに聞いていたことと、その集団を離れることと、意味があるんだろうけど、ハッキリ分からない。いつの間にか抜けて、腕試し的なことをして世の中を回っている・・・。最後にグァンテクを倒すことを決めているわりに、戦った相手を必ず殺すわけでもなく・・・。そこが剣士と刺客の違い?集団を抜けて剣士を目指したのかな?ハッキリわからない・・・;;

主役はドンスだから、まあドンスやグァンテクなんかは、とても分かりやすく描かれているので、ひょっとして普通に主演目線で見ていると、気にならないのかなあ~。(笑)

そんなこんなで、ちょっと停滞気味ではあったのが、17~18話でグァ~~~ン!と盛り上がった私!!(笑)

以下、いちおうネタばれなので more をクリックということで。よろしく。(笑)
あ、いつものことですが、このmore機能は携帯からだと無効みたいなので、お気をつけください。

More
[PR]
見始めたドラマが2つあります。

BS日テレで毎日放送中の「きらきら光る」と、BS11で同じく毎日放送中の「バーディ・バディ」です。

「バーディ~」は第1話だけ見て、あとは撮りためてあります。
「ペク・ドンス」が進みが早くて、なかなか余裕がなくなってきたので、あとで観ようと思って。

「きらきら光る」は毎日見ています。
最近はリサーチしなくなったので、前もってどういうドラマか、というのを知らずに観ることが殆どなのですが、このドラマはだいぶ前から「面白い」という声をチラホラ(途中からいまいち、という声も聞きますが…笑)聞いていたので、少しだけ設定もチェックしました。子供同士の入れ違いモノなんですね~。でも、こういうドラマって、総じてドロドロになりがちだけど、主人公のキム・ヒョンジュさんが明るいキャラなのが、ちょっとホッとします。(笑)
これはウロ覚えなんだけど、入れ替わったのが分かって、それぞれが互いの本当の家に戻ってからも、金持ちから貧乏になるヒョンジュさんのほうは貧乏に順応するんだとか。あのキャラなら、確かにありうる、という感じのキャラ設定ですね。

でも逆に、貧乏から金持ちになるイ・ユリさんは、観た感じ、馴染めなさそうだなあ~(笑)彼女については、前もっては調べてないのでわからないけど、貧乏が嫌で念願の金持ちになっても、あのジトジトした感じで、本当の両親とも馴染めなさそうだし、金持ちの生活にも馴染めなさそうだし、自分の育ての親(ヒョンジュさんの本当の親)とヒョンジュさんが仲良くなりそうで、そんなヒョンジュさんに嫉妬しそうだし(笑)男性関係でも劣等感とか抜けなさそうで逆恨みしそうな感じがバリバリするんですけど~?考えすぎでしょうか。(笑)

まあ、長い話のようなので(54話?)またイライラしながら見るのかもしれませんねぇ~。(笑)
相手役のキム・ソックンさん、あまりピンと来ないんですが、微妙に見覚えがあるのは、多分、史劇で見たことがあるんだろうなあ。「千秋太后」(途中挫折したけど)か何かで見た顔のような気が。違ったかなぁ~。
[PR]
f0147413_23481624.jpg

5話のラストで子役が卒業し、6話から大人の役者にバトンタッチしました。
その5話は、すごく面白かったですよぉ~。

ドラマの映像とか作りの雰囲気は「推奴」に似てると思ったけど、話の流れはなんか「必殺!最強チル」にちょっと似てるなぁ~と思いました。でも悪いけど、チルよりも数段出演者が魅力的なドラマだわ、これ。ストーリーはチルも面白かったんですけどね。

メイン子役からチ・チャンウクくんとユ・スンホくんに替わり、やはりユ・スンホくんがカッコいい・・・・037.gif

あ~~しかし、5話のチェ・ミンス様カッコいいことといったらっ053.gif053.gif010.gif
「太王四神記」の火天会の親玉の時は、うまくて怖い人、って感じだったんだけど、今回はちょっと人間チックで、チョン・グァンリョルさんとのライバル関係が女性も絡んでいて、ああ~ん、男っぽくて素敵。(笑)

しかし、こんな豪華な出演陣なのに、チェ・ミンスさま~016.gifとか言ってる人って、多分少ないですよね、当然のことながら。(笑)我ながら、やはりオッサンスキーな一面があるんだな・・・(笑)
「犬とオオカミの時間」でも、一番好きなキャラはマオでしたからねぇ・・・。(笑)
[PR]
今日からBSジャパン(恐怖の大CMカットのある局なのが残念なり・・・)で、1日2話の月~水で週に6話放送があるという変則型で放送が始まりました。

最初に観た感じは、「推奴」に似てる演出だな~と。映像とかも。なんかスタッフ、かぶってますかね?
私が最初にこのドラマを知った時は、まだ「笑って、トンヘ」を観ていない時で、チ・チャンウクくんを知らなかった(「ソル薬局~」に出ていたけど、彼は四兄弟の中で一番地味だったし、メインのストーリーも弱かったので、当時あまり気にかけていなかった俳優さんでした)ので、ひたすらユ・スンホくんの史劇だっ!っていうイメージでして、最初なんか彼がペク・ドンスを演じるのかと思っていました。(笑)違うとわかったとき、彼をサブに追いやる、このチ・チャンウクという俳優さんは、いったいナニモノ?って思いましたよ。(笑)「笑って、トンヘ」で、ようやくスンホくんを脇に置いて主演を演じる俳優さんだったんだな、と少し納得。(笑)

でも正直、観た感じからも、今からペク・ドンスよりスンホくん演じるヨ・ウンのほうを好きになりそうな予感が…。
まあ観てみないとわからないですけどもね~。

2話までは、まだ子役の時代で、彼らは出てきません。

その代り・・・・なんて豪華な脇キャスト!!

またまた登場、チョン・グァンリョルさん!!今回も、めっちゃインパクトあってカッコいい役っぽい~!!

そして、ライバル(友人?)にチェ・ミンスさん~~!!風貌は「太王四神記」の火天会の親玉のとき、そのものだけど、今回ライバルのわりに、ちょっといい人っぽくて、でもクールでカッコいい~~!!

なんか最初に興味を抱いていたチ・チャンウク&ユ・スンホコンビより、先にこっちのグァンリョル&ミンスコンビにヤラれている私です。特にミンスさん、あ~~もう~~素敵だ~~~053.gif053.gif010.gif

内容は、英祖、サド世子、イ・サン(正祖)の時代のお馴染みの事件をベースに、メインは宮殿内ではないので、別の視点で描かれているのが面白そう。特に、クーデターに巻き込まれて米びつで死んだサド世子の有名な部分が、このドラマでは違った死に方(笑)をするらしい。確かに、2話までの流れも、過去のサド世子がかかわってきた事件とは違う事件が起きていました。でも、こっちのほうが陰謀渦巻いてる感じでいいなぁ。米びつで死ぬって、なんかショボい感じがしてたんですよね。(笑)違う描き方、今後も楽しみです。
[PR]