<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

このブログは私の韓ドラの感想を残すために作ったブログだったんだけど、途中からスポーツやらK-popやら色々まざるブログになり、でも最近はk-popについては書いてないし(熱心に応援するグループがいない時期だから)スポーツは別のブログに移したので書かなくなったし・・・。

でも実はスポーツネタで、以前、韓国の行為を批判したことはありました。
その時だけですけどね。別に普通に残してありますよ、その記事も。

ただ、あれは私の本音であり、今回のことについても擁護したい気持ちもないし、もともと我が家は超右側とも言えるような家庭だったので、自然とそういう風に育ったし、だからスポーツはけっこう危険なんですよ。(苦笑)
よくぶつかるし、発端になったりするし。でもスポーツ好きだし、日本を代表して戦う選手たちを応援するのが好きなので、ますますカチンカチンくることも、実は日常茶飯事。

ただ、このブログには書かないだけなんです。

BSから韓ドラがなくなっても、実はかまわない。(すごく暇になるだろうけど、そしたらこっそり、今までのドラマDVDを観るよ…笑)観てると複雑な気持ちにもなりますよ。こんなん観ていていいんかな、とか。

K-popも、今応援してる人たちは別にいないし、音楽番組からいなくなっても、まったく平気。

でもSJのCD、日本で売れたらしいですね。(苦笑)
まあシウォン以外のメンバーのファンもいるでしょうし、すぐに嫌いになれない人がいるのもわかるけど。
メンバーにあんな発言した人がいても、日本ではCDは売れるから大丈夫、なんて思われるのは、どうなんだ。

日本人は辛抱強いし、平和ボケだし、温厚だし、ことなかれの人も多い。私もそのひとり。
だから今までもわりとね、世の中的にも流されてきた話題だったんだと思う。
だけど、天皇陛下への暴言。あれは、一線を越えたんじゃないだろうか。
あれが、多分、今回、提訴へ踏み切るという政府を動かした切っ掛けじゃないかしら。
少なくとも、私は特に許せなかった。竹島がどっちのもんだ、とか、それ以前に、あれは許せない。

あまりこのブログが荒れたりするのは嫌だという卑怯な考えもあり、コメントは受け付けるけど、レスはしません。万が一酷いコメントがあれば、私の権限で承認しません。なぜって、これは私のブログだから。公式な掲示板でも何でもなく、私の家みたいなものだから。好きにさせていただきます。

まあ、こんな末端のブログ、素通りされるでしょうけども。(笑)そう願います。
[PR]
f0147413_2251497.jpg出演:クォン・サンウ、コ・ヒョンジョン、チャ・インピョ、イ・スギョン

2010年、SBS、全30話。
韓国初の強くて優しい女性大統領を「善徳女王」のコ・ヒョンジョン、そのヒロインを支える熱血検事役を韓国トップスターのクォン・サンウが演じる。最高視聴率30.3%!初回放送から、同時間帯放送ドラマではダントツの視聴率1位を死守し、初回から最終話まですべての放送で20%越え、平均視聴率26.5%の高視聴率を記録した。
クォン・サンウの4大魅力、ロマンス、アクション、コメディ、そして涙の演技が認められ、本作で自身初の最優秀演技賞を受賞!一目ぼれした女性を10年間愛し続け、ついには彼女を大統領に当選させる、愉快だけど問題児、意志の強いまっすぐな検事という「純愛に生きる男」を熱演したクォン・サンウの新たな代表作となる。
また「善徳女王」でそのカリスマ性を発揮したコ・ヒョンジョン。2009年MBC演技大賞に続き、本作で2010年SBS演技大賞を受賞し、二年連続大賞獲得という快挙を達成!過去、二年連続演技大賞受賞女優はチェ・シラ(1994年、1995年共にMBC)、コ・ドゥシム(1989年KBS、1990年MBC)の2人だけ。二年連続の受賞は実に15年ぶりとなった。


感想

BSフジのCMカットあり、日本語吹き替え版で観ました。ゆえに、ときどき話が跳んでるような感じがしたり、展開が若干繋がり的に「?」な時もありましたが、出演者にこだわりのある人はいなかったので、吹き替えでもそんなに違和感なく観れました。吹き替え版は、善し悪しですねぇ~。
すごく視聴率が良かったことと、「善徳女王」のコ・ヒョンジョンさんの次回作ということで、ミシル信者になった私は(笑)そういう意味の期待はありました。ところが最初こそ大統領シーンから始まるものの、すぐに普通のおばさんのころに時間が戻り、そこから大統領へ昇り詰めるという話だったんですね。その、普通のおばさんの部分が、けっこう辛かったです。(笑)感情に振り回され、正義感を強要するというか・・・あまり好きなタイプの女性ではなかったんです。で、序盤はわりと早回しとかで観ていたことが多かったかな~。政治家を目指し、議員に当選する(その前に市長ですが)あたりになって、ようやく大人の女性としての落ち着きが出てきて、観ていても見苦しくなくなってきたのが助かりました。話もチャ・インピョさん演じるカン・テサンとのやり取りが面白くなってきました。ただ、たまたま残り13~4話くらいをHDDに溜めてしまっていて、観る機会を逃したまま最近ようやく観たわけですが、観なかった期間、いっそ残りを削除しようか考えたこともあったけど、たまに1~2話みたりすると、意外に面白くて、やっぱり削除出来ない、頑張って最後まで観よう、と思うドラマであったと思います。主演のコ・ヒョンジョンさんはもちろんですが、このドラマを面白くしたのは、ライバルともいえる役を演じたチャ・インピョさんの演技が相当頑張っていたことが大きいと思いました。戦う相手として、どんどん存在感を増していって、それが引き込まれる理由だったような気がします。
そしてクォン・サンウさん、本当に「涙」を売りに韓流スターとして出たころと、見違えるくらい良くなった気がします。年齢を増して、演技も落ち着いてきて、男性としても俳優としても、私は今のほうが断然良いです。ファンではないけれど、好意的に観ている俳優さんになりました。
最終回は付け足しのような回になってしまったのが残念ですが(でもノーカットでは違うのかな?)政治ドラマとして、こんな政治家居そうだな~と思えるところが面白かったです。ラブラインは若干弱め。でも爽やかで、このくらいでも良かったような感じがしますね。面白かったです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_22344532.jpg出演:チャン・ナラ、チェ・ダニエル、リュジン、キム・ミンソ

2011年、KBS、全20話。
年齢詐称で再就職!? 見た目の若さを武器に花開く、アラサー・ラブコメディ!
アジアの人気女優チャン・ナラが、持ち前の“最強童顔”を生かして年齢のハンデを抱えたヒロインをキュートに好演。ファッション業界を舞台に描く、前代未聞のアラサー・サクセス・ラブコメディ! 「明日に向かってハイキック!」チェ・ダニエルをはじめ、 豪華共演陣が集結。 回を重ねるごとに視聴率がグングン急上昇!JYJユチョン主演「ミス・リプリー」などの強豪ドラマを追い抜き、第12話から最終話まで首位を独走!


感想

チャン・ナラさんは、「明朗少女成功記」や「ウェディング」で、わりと好感を持っている女優さんだったので、久しぶりのドラマ出演だそうだし、ラブコメなので肩の力を抜けるな~と思って見始めました。(特に「ウェディング」は好きだったし)ちなみにチェ・ダニエルさんは、私はお初です。全く知らない俳優さんでしたが、「明日に向かってハイキック」で、この童顔美女とは正反対のクールな役でブレイクしたそうですね。なんか、私はこのドラマの明るい役から入ったせいか、クールなチェ・ダニエルさんが想像がつきません。(笑)
さて、感想なんですが、まあ~・・・気軽に、主人公のチャン・ナラさんの成功していく姿を見て楽しむドラマなんですけど、そういう姿は好感が持てるのですが、話自体は特別どうということもないような…今までにもあったような展開のドラマで、観ても観なくても良かったかな、という感じです。別に観て損とかじゃないけど、観なくて損ということはない、という・・・。チェ・ダニエルさんやリュジンさんを好きな方はいいかもしれません。でもリュジンさんも、いつものように、いつものような役回りですが。(^_^;);;
TVだから観ましたが、DVDレンタルとかで高いお金を払うのは、どうかな~。あ、しつこいけど、出演者のファンの方はいいですよ。どんなドラマもチェックしておきたいというのが、好きな人の心理というものですしね♪

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆(本当は2.5くらい?)
[PR]
f0147413_22452712.jpg出演:イ・ソンジョ イ・シヨン シウォン

2011年、KBS、全16話。
演出:ユ・チョルヨン「太陽をのみ込め」、脚本:チョ・ギュウォン「IRIS〔アイリス〕」。
甘いマスクと抜群のスタイルを持ち、SUPER JUNIORのメンバーとして、アジア各国から絶大な人気を誇っているK-POPスターのチェ・シウォン。役者としても、ラブコメディ「オー!マイレディ」に主演、アクション大作「ATHENA―アテナ―」では、若き情報局員を熱演し、高い評価を得ている。その彼の最新主演作が、いよいよ日本に登場する!
ユンホ(東方神起)が、特攻隊(SSAT)の隊員として友情出演しているのも見どころの一つ。アクションシーンにはスタント無しで挑み、体当たりの熱演でスタッフ達を驚かせたと言う。ソヌと共に命がけのミッションに挑む、その男の友情も胸を熱くする。チェ・シウォンとユンホが並び立つアクションシーンは、文句無しのカッコよさで、テコンドー(チェ・シウォン)、合気道(ユンホ)の特技を活かした2人の華麗なるアクションに注目だ。
またこのドラマには、豪華K-POPアーティストが集結。今最も旬なSUPER JUNIORのキュヒョンをはじめ、BEASTのヤン・ヨソプ、4Minuteのホ・ガユンが楽曲参加。彼らの卓越した歌唱力で、ドラマシーンを盛り上げている他、ZE:Aのムン・ジュンヨンは、日本の特殊犯罪チームのチャ・ヒョンスン役としてカメオ出演している。

感想

途中書いた記事はカテゴリ「ポセイドン」にあります。
最初、なんていうか、制作メンバーとか知らなかったので、若い海洋警察の男女が悪いやつらと戦いながらラブラインを成立していくような、単純な話だと思ってたんですよ。だってシウォンくんにユノとか出るし。でも、今となっては脚本は「アテナ」の人だし、演出も「太陽を飲み込め」の人だし、スケール大きいのも納得。「アテナ」ほど制作にお金をかけていないのは一目瞭然だけど(笑)途中からストーリーがどんどん複雑になっていって、何重にも謎が仕掛けられていたりとか、敵もちょっと「アテナ」ちっく。似てるといえば似てるかもしれないので、二番煎じという考えもないことはないけど、最初あなどっていたぶん、途中から「あれ?意外に面白いぞ」というイメチェンが私の中にあって、ギャップが出来たぶん、余分に面白く感じたのかも。
ドラマの宣伝の仕方とか観ると、ひらすらシウォンくん押しのドラマという感じで、逆に実際のドラマより軽く思えてしまうような気がするんですよね。もっと普通にストーリー重視で宣伝してもいいと思うんだけどな~。
まあちょっとヒロインが地味かな、というのが私の中であるんだけども・・・。(^_^;)でも、あまりラブラインが強調されていないので(少しはある)ヒロインはまあ、誰でもいいか、みたいな・・・ああ・・・私、失礼ですよね;;
イ・シヨンさん、可愛いですけどね。わき役を演じているドラマばかり観てきた女優さんなので、ヒロインとして少し薄いな、っていう感じがいなめませんでした。
ちなみに、ラストも「アテナ」ちっくに、続きがあってもおかしくない終わり方。まあ巨大組織が敵だと、終わり方って、どうしてもトカゲのしっぽ切り的な感じになりますよね。だから、そのへんは理解可能。でも続きは…なさそうな感じが・・・・。どうなんでしょう???まあ私、シウォンくんよりイ・ソンジェさんのほうがお気に入りなので、あの終わり方だと、続きがあっても、シウォンくんは出てもイ・ソンジェさんは出ない感じかな~。だから続きはなくてもいいです。黒蛇会の潜入スパイが9課に入ってきたことと、チェ会長って、ダレ?っていうのは気になるけど。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
というか、実は五輪が忙しくてずっと溜めていたので、終わってから一気に7~8話ぶんくらいを観たんです。
そしたら15話まであって、撮り溜めてあったぶんをようやく観たな~と思ったら、15話の最後に次回最終回って表示されてビックリ~!!(笑)どうせなら最終回まで溜めて観れば良かった。(笑)

いや、そうじゃなくて。(笑)
え、こんなにまだ色んな疑問があるのに全16話なの~?ってことなんですけど、まあ収まるんでしょうね。
そして前回の記事で、やる気なさそうな感想を書いたんだけど(笑)ここまで来て、変化しました。

しかし、最初はチンタラ観ていたせいもあるかもしれないけど、海洋警察の若者たち男女のラブラインを絡めた、悪い組織との軽いやり合いのドラマだと思っていたら、観ていくうちにどんどん新たな展開が広がっていって、どんどん新しい事実が判明して、敵は強大だわ、次から次へと裏切り者はいるわ、このドラマ、こんなに複雑で、案外骨太のドラマだったのか、と、残り1話まで観終わって実感しています。(笑)侮っていたわ~~(笑)

いや~、だって、こんな大きな展開のドラマにしてはヒロインは地味だし(失礼?)まさか「ポセイドン」というタイトルに、こんな意味があったとは。単に、海洋警察が舞台だから、格好つけたタイトルにしただけかと思っていた。

意外にね~~、面白いですよ~~。一気に観たせいもあるかもしれないけど、二重、三重に覆われた敵の正体は、最後の最後まで分からず。お金は「アテナ」のほうがずっとかかっているけど、ストーリーレベルとしては、近いものがあるような気がする・・・。途中で出なくなった東方神起のユノが、最後になって(本人が出てくるかどうかは、ちょっと謎なんだけど)すっかり忘れた存在だったのに、存在意義が出てきたというか、重要な人物だったのか、とわかったり。シウォンくんのお父さん、普通の人だと油断してたけど、そうじゃないとわかったりとか。

私はBSのすごいCMカット有りの吹き替え版で観ているけど、カット無しで一気に観たら、きっとすごく見応えのあるサスペンスアクションドラマだと感じるんじゃないかな~。いや、今もけっこうそう思ってるし。
あなどっていたのに、けっこう当たりで、嬉しい誤算です。
[PR]
今日、たまたまTVを観ていて、BS JAPANで今「ドリームハイ」を放送中なんですね。
それでチャンネルを合わせたら8話だったんです。

最初観たとき、吹き替えで、これがすごい違和感っ!
はじめから吹き替えで観ていたらそうでもなかったかもしれないけど、なにせ字幕で観て面白かったので、ひゃ~~って思ったんだけど、画面の下に字幕が出ていて、あ、これは同時放送なんだとわかって、即座に韓国語放送に切り替えました。

そしたら、またあっという間に引き込まれてしまい・・・・・
ついつい9話をDVDで観たい衝動にかられましたよ。時間がなかったので観なかったけど。(笑)

でもちょっと途中の8話を観ただけで、また観たくなるとは、やはりかなり好きですね、このドラマ。
さすがに自分が上半期1位にしただけあります。(笑)

グクとサムドン、どっちも好きーーーー(笑)
グクの限りなく優しいところも、サムドンの限りなく一途なところも、やはり甲乙つけがたい・・・。
ただ、最終的にヒロインが選ぶほうに、やっぱり私は軍配をあげちゃいました。ヒロインが好きだったから。
サムドンの、あの熱烈一途愛って、本当に胸キュンです。(笑)
あの一途さを、もしも二番手役の男が演じたら、うざいと感じるんだろうなぁ~と思いました。(^_^;)
ああいう愛し方って、二番手に多くないですか?(笑)でも、あれがむくわれちゃうと、あんな風に一途に愛されるのってイイかも、な~んて思っちゃうんですよ。(笑)普段はわりと草食系好みの私ですが、たまにこんな肉食系にも惹かれるんだな、と自分を新発見。(笑)ま、キム・スヒョンくんの見た目もイイからだとは思うけど。(笑)

あ~~~~~、早く「太陽を抱いた月」を観たくなってきた~~~~vv
[PR]
f0147413_2246429.jpg


関東などの「韓流α」の枠では一足早く始まった(らしい)「ラブレイン」。
新潟ではその枠はないので(そのうちやるかもしれないけど)今日から始まったBSフジの放送を観ました。

何と言っても、主演チャン・グンソク、ユナ(少女時代)、スタッフが冬ソナなどのスタッフということで、まずもって最初から日本をはじめとしたアジアマーケットを意識して制作されているよな~と思えるこのドラマ。それゆえに、最初から斜め目線で見られてしまったり、逆にものすごく素直に、すごい期待を抱いて見始めたりと、多分両方のパターンの人がかなりいるのではないでしょうか。(笑)でも私は意外に中間かな。(笑)もともと韓流スターと言われる、日本で人気の人たちに対しても、別に悪い感情もないし、冬ソナは最初にハマッた韓ドラだけど、四季シリーズすべてを好きなわけではないので、過大な期待というのもないし、グンちゃんはそこそこ好きでユナは苦手なので(笑)そのへんも微妙だし。ということで、ほどよく普通~~のスタンスで見始めました。(笑)

で、私の感想ですが・・・・(以下、moreをクリック)

More
[PR]
f0147413_23384769.jpg



毎日暑い日が続きますが、皆様おげんきでしょうか。(笑)

毎年のことですが、私は自分の部屋でパソコンをいじっているのですが、自分の部屋にはエアコンがなく、しかも現在、毎日五輪開催中。(笑)けっこう寝る少し前まで、エアコンがある居間で五輪を観て、部屋に戻ってブログチェックして、ピグライフのお庭のお手入れをして、すぐ寝る日々が続いてしまっています。(笑)

あ、韓ドラも観ているけど、溜まっているものもありますねぇ~。とりあえず毎日放送がある「笑って、トンヘ」だけは、その日のうちに観るようにはしていますが、あとは溜め気味。合間をみて、週に二回や一回放送の「童顔少女」や「ケベク」や「王女の男」などを観たりは、していますよ。でもDVDは手をつけられません。だから「太陽を飲み込め」も止まっています~。

来週月曜から「ラブレイン」がBSフジで始まるらしいですね。どうしようかなあ~。吹き替えですよね、きっと。
とかいいつつ、録画してしまいそう。面白かったら、途中でDVDに切り替えるかもしれませんが・・・。

というわけで、記事を書くことも、なかなかやれない日々。五輪終了まで続くかもしれません・・・。
いや、私を記事書きに駆り立てるドラマでも観る機会があれば別ですが。(笑)
まだ、今月新しく始まるドラマとか、チェックしてないんですよね~。どんなのがあるのかなぁ・・・。

では、皆様も暑いので、どうぞご自愛くださいませ。
[PR]