<   2012年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

細かい部分までは調べてないので、まだ他にも始まったりするのがあるとは思いますが、とりあえず分かるものだけ、4月からBSで始まるドラマについて書いておこうと思います。

4月2日~ BSフジ 月~金 8:30~ 「チャクペ(相棒)」

      BS11 毎週月曜 22:00~ 「パラダイス牧場」

4月3日~ BSフジ 毎週火曜 22:00~ 「階伯(ケベク)」

4月5日~ NHKBSプレミアム 毎週木曜 23:15~ 「シークレット・ガーデン」

4月16日~BSJAPAN 毎週月曜、火曜 23:00~ 「ミス・リプリー」

4月18日~BS朝日 月~金 12:00~ 「プレジデント」


こんなところかな。あ、そうそうBS11で、そのうち「名家」も始まるのね。

「パラダイス牧場」「シークレット・ガーデン」「プレジデント」は視聴済みなので、それ以外の「チャクペ」「ケベク」「ミス・リプリー」を、とりあえずは観る予定です。一番楽しみなのは「ケベク」かな~vv
[PR]
面白いですね~~~

心配していたラブラインですが、今の段階だとわりかしイイ感じなんですけどね。
きっとそのあとの進展があまりないんですね。残念。

このところ、というか「パリ恋」以来、パク・シニャンさんはほのめかす程度のラブライン路線止まりですね。
意識的にそういう脚本を選んでいるのか、もしくは彼の希望???(笑)もったいな~い。
「風の絵師」も「銭の戦争」も、ドラマが面白かっただけに、これプラス、恋愛部分があればもっと夢中になったかもしれないのに、と思ったりするので、きっと今回もそんな感じなのかな~~

キム・アジュンさんとパク・シニャンさんの、キャラクター同士の絡みは、とてもイイ感じなのにな~~

まあでも、ラブラインが弱くても、このドラマは間違いなく面白そうです。(*^_^*)
さすがパク・シニャンさんのドラマ、という感じかなvv
そして、さすが、並々ならぬ存在感のチョン・グァンリョルさんというところですねvv

予想通り、どうやら最初の事件は、解決したように見えて、そのまま先も引っ張るようです。
超新星の彼も、回想シーンで登場してきました。今後も出そうですね。
[PR]
f0147413_23471398.jpg出演:チャ・スンウォン、コン・ヒョジン、ユン・ゲサン、ユ・インナ

2011年、MBC、全16話。
「シティーホール」チャ・スンウォン×「パスタ~恋が出来るまで~」コン・ヒョジン 主演!「美男<イケメン>ですね」の脚本家ホン姉妹が贈る、最新芸能スター・ドゥグンドゥグン☆ラブコメディ!『最高の愛』は芸能界を背景にした、トップスターと元人気アイドルとのラブ・コメディだ。『ニューハート』『善徳女王』と連続ヒットを放ったパク・ホンギュンPDと、トレンディドラマの大御所であるホン姉妹作家が手を組んだ話題作。最高の恋とは「トップスターの一途な片思い」を意味し、またヒロインが経験した恋のうちで最高の恋という意味をも兼ねている。新しいキャラクターに挑んだチャ・スンウォン、コン・ヒョジン、ユン・ゲサン、ユ・インナらの熱演で一気に話題を呼び、関心が一層高まった。AGBニールセンリサーチの発表によると、韓国で6月23日に放送された最終回の視聴率は全国基準で21.0%を記録し、水木ドラマの1位と有終の美を飾った。


感想

うう・・・・書きづらい・・・・。きっとこのドラマを好きな方はたくさんいそうだから・・・。あぁ・・・・でも、アタシだって、このキャストだもの、楽しみにしていたのよーーー。だからこそ、このキャストで、どうして私をときめかせ、胸キュンさせてくれなかったのか、恨み節のひとつも言いたくなっちゃいますって・・・。だって、私、コン・ヒョジンさん、大好きですよ。ユン・ゲサンくんもすごく好きな俳優さんですよ。チャ・スンウォンさん、シティ・ホールで知りましたが、現在放送中の「アテナ」で好きになりかけているんですよ。こんなメンバーのドラマだもの、心を持っていかれるくらいハマりたかった、と私が思っても罪ではないでしょう~?(苦笑)だけど面白かったという視聴者の方もきっとたくさんいるのでしょうね。ただ単に、私と合わなかったのかも…。
いまだに何が原因なのかよく分かりません。ただ、いつも大好きなコン・ヒョジンさんが素敵に可愛く見えなかったし(おばさんっぽかった…ショック…)チャ・スンウォンさんは、あまりにも子供っぽすぎるし(設定が設定なので仕方がないのは分かっていますが、その役に彼を持ってきたのが、私には成功ではなかったのでしょう。大人のスンウォンさんが好きなのかも…)めちゃめちゃ普通の二番手役だったユン・ゲサンくんが、こんな役ならば彼じゃなくても良かったのではと思えたり。つまりは、キャラクター設定が私向きではなかったのが原因なのかもしれません。ドラマの要素は悪くない感じだし、スンウォンさんの役も、彼のコメディエンヌとしての才能が生きていて、彼だから笑えるのかもしれないし、私も何度も笑ったけども・・・・。ヒョジンさん演じるエジョンと、スンウォンさん演じるトッコ・ジンの恋愛に、ググ~ッと惹き込まれることがなかったんですよね・・・。(寂)
私にとって、ドラマに惹き込まれるかどうかって、キャラクターにハマれるかどうかにかかっている、と言っても過言ではないです。まれにキャラに惹かれなくても、ドラマ自体が面白くて観終われるということもありますが、逆にいえば、キャラに惹き込まれると、平凡なストーリーでも面白く感じられることさえあります。このドラマは、キャラが悪いというよりも、このキャラにこの俳優さんを配役したということが、私には合わなかったのかな~~と思うしかありませんね・・・。しょんぼり・・・・。
トッコ・ジンのマネージャーが、あの「逆転の女王」でパク・シフくんの秘書を演じた方で、このドラマの役もすごく可愛かった(でも「逆転~」を意識しているかのような、多少の過剰さも感じたのが微量に残念…笑)のと、ユ・インナさん演じたカン・セリが、酷い女のようでいて、どこか可愛くて憎み切れずに、ほどよいマイルドさが出ていたところが凄く良かったという、わき役での満足感が得られたので、星評価は厳し過ぎずになれてよかった、と自分で少し安堵・・・。(笑)でも、そんなこんなであっても、好きな人には好きかもしれない可愛いラブコメですので、ぜひお試しあれ。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
f0147413_23295031.jpgサラッと「最高の愛」を観終わりまして、次は「グロリア」にしようか「シティハンター」にしようか「太陽を飲み込め」にしようか、そしてこの「サイン」にしようかで悩みましたが、「グロリア」はやはり少し長いので思いきれず、「シティハンター」は面白そうなので、暗い系のドラマに疲れた時の癒しとして取っておきたくなり(笑)「太陽を飲み込め」は現在チソンの「ロイヤルファミリー」を観ているのでカブるかもしれないと思って、この「サイン」にしました。

この「サイン」、観た方の反応はすごぶる良くて、韓国でもそれなりに数字を残し(ラブラインが弱いらしいですが、まあシニャンさんだからな~、銭戦もそうだったしな~)そして、なによりパク・シニャンVSチョン・グァンリョルという対抗の図式は考えただけでゾクゾクするじゃないですか!カリスマ対決って感じで~♪楽しみなドラマでした。

1話を観終わって、あれ~?あの子観たことある・・・あ、そうそう、「近肖古王」に出ていた超新星の子じゃん!と思ったら死んでしまった!(爆)え~~、それ、有り?(笑)でも、既に俳優デビューしてる子だから、きっと回想シーンとかで、今後出てきそうな感じもしますね。そもそもあの子が死んだ事が、このドラマの事件の切っ掛けみたいなものだからね。これから死の謎をひも解いていく過程において、彼にどんなことが起きたのか、そういう説明とかで出番がありそうな予感がしますね。やはり、久しぶりに観ても、可愛い子です、彼。

パク・シニャンVSチョン・グァンリョルの対決は、初回からすごい迫力ですねぇ~~。面白~いvv
うちの母でさえ、この二人がライバルっぽい役だと分かると、面白そうだと興味を抱いておりました。(笑)
韓国版CSIということですが、本当、そんな感じですね。でもCSIはほぼ一話完結で作られているけど、このサインはこの事件を広げていくのかな?それとも、この事件をベースにして、他の事件を一話完結で並行していって、最後にこの事件を解決とかのパターンなのかな。まあ、どちらにしろ楽しみな感じです。

でも、私の心がときめいたりすることは・・・なさそうかな?ラブラインが弱いということだし。(笑)
普通にドラマを楽しむということになりそうでしょうかねぇ~。(*^_^*)
[PR]
■15話のシーンを抜粋してます。大きなネタばれじゃないけど、ちょいネタばれになるかも・・・(^_^;)


f0147413_23334374.jpgたまたま15~6話だけ観返したいな~と思って、15話を観ていたら、これを観た時もいい言葉だな~と思ったんだけど、改めて観てもいい言葉だな~と思って。ちょっと回顧の気分に。(笑)

自分の行くべき道を決められないヘミが「どっちも100%の気持ちじゃない。どうしたらいい?」と言うと、グクが答えをくれるの。

「100%だったら、選択じゃなくて正解だ。50対50、選びづらいから選択なんだ。悩んで当然だ。でも選んだあとは、その50を100にするんだ。正しい道だったことを証明しないと」

特別な言葉を使っているわけでもないし、新しい考え方でもないんだけど、この言葉がすごく素敵に思えたのは、このシーンにピッタリだと思ったからかな。あと、グクのセリフだったことだったりとか?(爆)

ちなみにこの後ヘミは「行くなとは言わないの?」って聞くと、グクは「聞かないくせに」って答えるの。このやり取りも可愛かったな~。グクって本当にヘミのことを良く分かっていて、彼女のしたいように包んでくれる男だよね♪

f0147413_2347421.jpgそして可愛かったのは、やっぱりサムドンのシーンだなぁ~。ヘミが居なくなってしまうと思って、ヘミを追いかけたら、残っていたヘミに声を掛けられて、ヘミが話しかけるんだけど聞こえなくて「聞えない」って言うと、ヘミがこうしてサムドンの頬をつかんで「行・か・な・い」って分かるように話すところ。サムドン、泣きながら「行かないのか?」って気づいてヘミをギュ~~~ッ!!って抱きしめちゃう!!熱烈っ!!(笑)サムドンは、やっぱりこの子犬みたいにヘミに懐くところと、めっちゃ情熱的なところが魅力♪そして一途。ヘミは母性本能くすぐられちゃうんだろうな~(笑)

すっかり自分がヘミのような気分になって、グクに包まれたり、サムドンに情熱的に愛されちゃう錯覚を覚えてしまいます。(笑)妄想もいいけど、勘違いも、思い込みも、ほどほどにね、自分!(笑)
[PR]
スジ、テギョン、スヒョン、ウヨンの4人のインタビューに日本語字幕がついているのがあったので。
あまりに可愛すぎるぅ~~037.gif

スヒョンくんは、どういうわけか社長ネタを話す機会が多いのかしら。聞かれるみたいで、私、これでスヒョンくんが社長について語ったのを観たのは2回目ですよ。しかも若干笑いをとって。(笑)可愛いわ~~ん016.gif

テギョンてば、こういうシンプルな格好してると、一段と男前~~~053.gif010.gif
ほんとにほんとにほんと~にカッコいい~~~(笑)


[PR]
劇中で使われた曲「ガチョウの夢」は、ドラマ「ベートーベン・ウィルス」で初めて聴いて、すごくいい曲だな~と思って好きだったのですが、今回の「ドリームハイ」でも何度か歌われて嬉しかったです~。

その「ガチョウの夢」を、ドリームハイ主要メンバーが全員で歌うという動画を見つけました016.gif
劇中でめっちゃ歌うまい~と思ったIUちゃんもさすがに上手に歌っているけど、この曲に限っては、やはり劇中で歌う役だったスジちゃんがもっとも綺麗に歌っている感じがした、・・・・と思うのは、私がスジちゃん贔屓だからでしょうか。(笑)いやいや、劇中ならIUちゃんもすごく歌がうまくて好きでしたよ、うんうんvv



こちらはタイトル曲「ドリームハイ」。つくづく全員歌手なのに、ひとりスヒョンくん、頑張ってるな~と感心しきり。



スヒョンくんのソロ「Dreaming」。



最後に、先生と2PMの二人のダンスパフォーマンス。


[PR]
f0147413_2314866.jpg出演:ペ・ヨンジュン/ペ・スジ/キム・スヒョン/オク・テギョン/ハム・ウンジョン/チャン・ウヨン/アイユ/オム・ギジュン/イ・ユンジ

2011年、KBS、全16話。
あのペ・ヨンジュンが企画・出演!2PMなどK-POP若手アイドルたちとの夢のコラボレーション。スターを目指す若者たちのリアルを描いた超話題作!未来のスターを夢見る若者たちが入学した、芸術専門校であるキリン芸能高校で、挫折や葛藤を抱えながらも世界的なスターを夢見て努力し、愛と友情を築いてゆく感動ストーリー。本物のK-POPアイドルが演じる音楽とダンスを取り入れた華やかなシーンなど見所が満載!2PMのオク・テギョンとチャン・ウヨン、そして女性アーティストからmiss Aのぺ・スジ、IU、T-araのハム・ウンジョンをはじめ、期待の新星キム・スヒョンも注目!キラ星のK-POPアイドルらが世界的スターに駆け上がっていく過程は、ドラマを越えたリアリティを生み出すドリームストーリー!!


感想

面白かったです~~。観終わった今もタイトル曲が頭をめぐり、テギョン&スヒョンのダブルイケメン’Sが私の心を揺さぶり続けています~(爆)特にテギョンは前からいいと思っていたけど、気になる俳優程度だったキム・スヒョンくんの私の中の躍進ぶりは凄いですよ。(笑)どう見てもハンサムとかではないと思うし、私好みのストライクな容姿でもないのだけど、何とも言えず印象深くて、観ると忘れられない顔つきのような気がする…。キャラを好きになれたせいか、もう~めっちゃ楽しく観れました。これはお約束ですね。キャラを好きだと、ドラマ自体が格段に楽しく感じられるものですから。ヒロインのスジちゃんも可愛くて大好きだったし。
詳しいドラマについての私の叫び(笑)は、カテゴリ「ドリームハイ」で書いています。最終回のみ、ネタばれ全開で記事を書いていますが、他の記事はほぼネタばれはないです。
このドラマは青春群像ドラマであり、夢を持った若者が挫折を味わいながら、恋もしながら、夢に向かって頑張って青春するお話です。先生たちも個性的で面白くて、あ、そうそう、初回はプロデューサーであるペ・ヨンジュンさん、彼の事務所のキム・ヒョンジュン(SS501リダ)などがゲストで登場しています。歌手を目指す生徒がいる学校が舞台なので、使われる楽曲も素敵ですし、それを歌って踊るメンバーもスヒョンくん以外は本職の歌手のかたばかりなのでクオリティも高いです。韓国でも爆発的な人気だったこのドラマは、どうやらパート2が別メンバーで制作されたようですね。学生ものはちょっと苦手、あまりに自分と年齢が離れ過ぎていてハマれなさそう、などと、観る前は思っていたんだけど、ドラマの作りが丁寧ですごくすんなり入り込めるように作ってあるように感じました。そのへんが気になって二の足を踏んでいる方も、勇気を持って(笑)トライしてみていいんじゃないかと思います。若いっていいなぁ~って思える、眩しくて甘酸っぱい楽しいドラマでした。
・・・・しかし、自分でも満点星評価をつけるとは、意外だった・・・・意外すぎる・・・・(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2354694.jpgクォン・オジュン、キム・ユミ、ホン・ウニ、イ・テソン

2009年、MBC、全67話(30分全133話を55分全67話に再編集)。
2010年韓国視聴率20%超の人気ホームラブコメディー。脚 本はパク・ヒョンジュ(『ある日突然』『黄金の新婦』『愛しの金枝玉葉』)。演 出はキム・デジン(『私の人生の黄金期』『チェオクの剣』、カン・デソン(『紅の魂』『チェオクの剣』『私の名前はキムサムスン』)。
世界1位54%!! 毎年12万組 1日平均398組。これがまさに生涯の伴侶が一瞬にしてかたき敵になってしまう、韓国の離婚率だ。このドラマには各世代を代表する多様な夫婦が登場する。熱烈な恋愛結婚をしたのに、お金が全てになってしまった結婚10年目の倦怠期夫婦、できちゃった婚で電撃結婚した、全くそりが合わない夫婦、30年以上、夫に下女のようにこき使われ、堪忍袋の緒が切れて離婚を要求する黄昏夫婦、みんなの羨望の的である、相性ぴったりの老夫婦。様々な愛情と葛藤、そして葛藤の克服の末にたどり着く和解により、「縁は出会うものではなく、作るものである」ことを伝えたいドラマです。


感想

・・・・という、ご大層な企画のドラマだったということが、ただいま調べて分かったのですが・・・・もう本当に二度と観なくてもいいです。(笑)というか、早く終わって~~~と願って観ていたけど、なかなか長くて終わらない。辛かった。そこまでして観なくてもいいのにと自分でも思うのだけど、この手のドラマはとにかく最後まで観てスッキリしないと、途中のイライラのおさめどころがなくなるというか(笑)ここまできて、このまま終われるものか、という妙な意地(?)が出てくるんですね。まあ、それこそが制作側の思うつぼなのでしょうけども。(笑)
しかし調べてみて分かりました。脚本、「黄金の新婦」「愛しの金枝玉葉」の方ですよ。「黄金の新婦」でも私が毒づいた父親役の方が、このエンジョイライフでも癌でした。(苦笑)しかもパワーアップした癌。(笑)「愛しの~」でも超イライラさせられましたけど、この脚本の方、そういうのが大得意なんですね。(笑)どれもタイトルが楽しげなのに、中身はまったくもって反比例。典型的なイライラ系ホームドラマです。こういうの、お好きな方もいるかもしれないので、そういう方にしかお勧めしたくないです。(笑)タイトルの「エンジョイライフ」、どのへんがエンジョイライフだったのか、これからがエンジョイライフなのか、疑問のドラマでした。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆
[PR]
f0147413_0475996.jpgただいまWOWOWで放送中でもある「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」をDVDで見始めました~。

人気のホン姉妹脚本ドラマですが、私にはそれよりも、大好きなコン・ヒョジンさんのドラマで、これまた好きなユン・ゲサンくん共演のラブコメということで楽しみなドラマでしたvvそれに実はまったくイメージが違う役の「アテナ」を視聴中の現在、笑いのないシリアスなチャ・スンウォンさんがカッコよく見えているもので(これは自分でも意外だった…)タイミング的にもGOODな感じとなりました♪

f0147413_0585829.jpgチャ・スンウォンさん、期待通り笑える~~;;可愛いっす~;;でも時々ちょっとやりすぎ感があるのはホン姉妹脚本のせいでしょうか・・・?(^_^;)オッサンなのに、あまりに純に描きすぎじゃないですか?今のところ?(笑)これから過去が分かってきて、その純粋すぎる感じの理由でも分かってくるんでしょうか???私はさすがにもう少し大人で笑えるスンウォンさんがいいけどな・・・(^_^;)まあまだ序盤なので、結論付けは先にしておきます。

f0147413_12453.jpgユン・ゲサンくんの出番は、4話までだとまだほんのわき役登場といった感じなので、これから本領発揮なのではないかな~。彼を起用して、こんなありきたりな二番手役ではもったいない、と思うのは私が彼を好きだからでしょうか。(笑)でも多分ここまでのスンウォンさん演じるトッコ・ジンのキャラを考えると、彼がコン・ヒョジンさんと親しくなればなるほど、ジンの物悲しさがクローズアップされるんだろうな~なんて想像中。コン・ヒョジンさんは、相変わらず本当に可愛らしい女性を演じたら天下一品。決して美人じゃないのに、そして可愛いタイプの容姿でもないのに、演技をするとむちゃむちゃ可愛い女性に見えてしまうから不思議。彼女の演じる、そんな可愛い女性がいつも私のツボなんです。

f0147413_0564364.jpgところで、こんなところで彼に出会えるとはーー041.gif「逆転の女王」でパク・シフくんとナイスコンビを組んだイム・ジギュくん。その時の役そのままの印象で、今回もチャ・スンウォンさん演じるトッコ・ジンのマネージャー役で登場!彼を見つけた時の嬉しさといったら!!(笑)しかもキャラが、また引き続き可愛い~~vvまた会えて嬉しい♪

まだまだ序盤の4話。でもここまでの感じだと、みんな可愛いんだけど可愛すぎるので、このキャストで「オンエアー」「シティホール」のスタッフが作ったドラマを観たかった・・・と、ちょっと思ってしまったよ。大人のラブコメを作らせたら、彼らのドラマが一番!って思っているだけに、今回のキャストが良すぎるから尚更…。こんな私の気持ちを、どうかこれから変化させてね、ホン姉妹!(笑)
[PR]