<   2010年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

なんと、毎日の私の韓ドラライフの友、HDD&DVDレコーダーが、突如、音声を発しなくなりました。(笑)

あれぇ~~?昨日までは普通に「トリプル」を再生したのに?(^_^;)

今日「イ・サン」を見る前に何かDVDを見ようと思って「僕の妻はスーパーウーマン」を再生しようとしたんですよ。でも音が出ないの。(笑)
最初は・・・音が入ってない、初期不良かなと思ったんだけど、違うDVDを入れても出ないし(画像はちゃんと再生されるのですよ)HDDに録画したものを再生しても同じで、画像は再生されるけど音が出ないんで、これはもう機械が変なんだな、と・・・。

2004年にわが家に来てから、片時も休まずに動き続けたと言っても良いHDD&DVDレコーダーなので、故障自体は、仕方ないかも・・・という気持ちもありますが(笑)明日からしばらくTVの録画ができないのがな~~~。

ま、でも幸い、今昼間に録画予約をしてるのは「女人天下」しかないんですよ~。
他は、既にDVDで見たドラマか、見なくても良い、と切ったドラマばかりなので、まあ夜に放送されるドラマは、放送時に生で見るしかないですね~。

というわけで、必然的に「女人天下」は挫折となりました~(^_^;)
すぐに治ってきたら、また録画するかもしれないけど、一度見なくなったら、もういいや、となりそうな予感はします。(笑)

ちなみに、DVD視聴は、使ってなかった再生専用のプレーヤーがあるので、それを一時的につなげて見れるんです。取説が英語の、5000円くらいで買ったやつ・・・(笑)

さて、機械は果たして治るのか。
それとも、電気屋さんの策略に乗って、新しいレコーダーを購入させられるのか。(笑)
どうなるかは、まだ分かりません・・・(^_^;)
[PR]
f0147413_2312264.jpgBSで「トリプル」が始まりました~。これ、早かったですね~放送が~。
なんか感覚的には、ついこの前この3人にキャスティングされたニュースを聞いた気分です。そんなわけないだろうけど。(笑)
豪華メンバーのわりに、噂をあまり聞かなかったけど、もちろんもう韓国では放送は終わってるんですよね・・・?(^_^;)

フィギュアスケートをモチーフにしてる、ということと、それぞれ主役はれる男性陣が豪華出演ということくらいしか情報がない私ですが、第一回を見て、なかなかイイ感じでした~vv

なんていうか・・・
明るいっ041.gif


とりあえず第一回は明るい展開だったんです~。そこが気に入りました。(笑)
こう~、スリングショットやカインとアベルや、ずっと見てるドラマも「人魚姫」とか、とにかく復讐系が続いたせいでしょうか、ちょっと疲れたのかも。(笑)

イ・ジョンジェssiはまあそれなりに大人なキャラですが、イ・ソンギュンssiとケサンくんが、めっちゃ明るい、軽い(笑)演技で可愛いんです~016.gif私の肩の力が抜けていくわ~(笑)

それに、なにげに第一回からソンギュンssiのディープな(笑)ポッポが見れたりして、彼を好きな私としてはドキドキ・・・012.gif053.gif

ケサンくんも、またボディシェイプされてて、引きしまってますます顔小さくて、またスタイルいいのが目立ちます~~vvやはり私はシェイプされてるケサンくんが好きです~~016.gif

ドラマが今後、どういう展開になっていくのかまったく分からないので、週に一回ペースですが、楽しく見たいドラマです019.gif

f0147413_2315068.jpgf0147413_232775.jpg
[PR]
f0147413_171548.jpg


28話まで見たんですが、ホント~に面白すぎる!(もうそれは分かった?しつこい?笑)

で、ちょいと動画の旅をしてたら…(以下ネタバレ…笑)

More
[PR]
ただいま日々「善徳女王」で突っ走っております。(笑)
見るのは今日で26話までですが、何となく記事は1~3話くらいずつUPしています。
それが、今日までのぶんのDVDを、週末にかけて会社の同僚に貸すので、手元に戻るまで記事をお休みすることになるんですが、なにせ一人で突っ走ってるため、おそらく何の問題もないでしょう。(笑)

そもそもなんですが、このブログはもともとヒト様に読んで貰うことを、あまり目的としていないものでした。(そうなんです~)だから、以前は観てる途中の感想とかもなく、見終わったドラマについて1本記事を書いて終わっていたのです。それが「アカサタナ順のカテゴリー」です。
何のために書いていたかというと、自分のためというか、これだけ見たんだな、という自己満足に浸りたかった(バカでしょ?笑)のと、もし韓ドラに興味を持ち始めたばかりの人とお知り合いになったとき、どれが面白いかしら?とか、どれがお勧め?とか聞かれたり、こんなドラマを見ようと思ってるんだけど、面白いかな?とか、どんな話?とか聞かれたりしたとき、このブログを読んで~と言えば簡単かな、という、いかにも面倒くさがりの私らしい理由だったりしました。(^_^;)


そして、今は遊びに来てくださる方もいらっしゃるようになったので、韓ドラの途中で思ったこととか、そういう感想はここで書いてみようかなと思って書くようになったんですが、なにせ出だしが自己満足だったので、今もヒト様が読んでいようがいまいがお構いなしに記事を書く、が私のブログスタイルになっちゃってるみたいです。勝手なヤツです、私。(笑)


というわけで、今は「善徳女王」に夢中!!序盤はアルチョンに堕ちたから書き始めた記事でしたが、もうどんどん加速度が増していって、今では記事で叫ばずにいられないほど面白い!(笑)
アルチョンもピダムも目がハートになっちゃうくらいカッコよくて好きですが、そもそもストーリーが面白いっ!!私的に、今もっとも面白いドラマです。今現在だけなら、今年№1ドラマ(まだ1月だっちゅ~に/爆)の気分ですが、なにせ一年間にたくさんドラマ見るから、やっぱりそれは断言出来ませんね。(笑)しかも去年の年間ランキングを書いてみて、やっぱり後半に見たもののほうが、どうしても印象が強くなってしまうので、今いくら「善徳女王」に夢中でも、後半どんなドラマに出会うか分からないので、それだけは断言出来ないでしょうね~。(笑)


そんな独り言をつぶやきつつ、アルチョンとピダムの画像を貼りつけてこの記事を終わります。(笑)

f0147413_23455111.jpgf0147413_23463933.jpgf0147413_23471221.jpgf0147413_23474641.jpgf0147413_23481417.jpgf0147413_23483761.jpg
f0147413_23492586.jpgf0147413_23495196.jpgf0147413_23502427.jpgf0147413_23504451.jpg
[PR]
とうとう全員が真実を知ることになり、もうこのへん怒涛の展開!!
細かく書いていると、とてもじゃないけど大変なうえ、やっぱりアタシって物事を要約して書くという才能がない、ということが分かりましたので(笑)3話分をいっぺんに語ろうと思います~(^_^;)

そして、とうとうあの方の再登場と、あの方の新登場~~016.gif
バレバレですね。(笑)でも、まさか一緒とは思っていなくて、嬉しかったわ~~003.gif

では、ネタばれの世界へどうぞ・・・

More
[PR]
さあ、急げ急げ。ネタばれ街道、まっしぐら~

More
[PR]
書いているうちに、内容をズラズラ書いてしまって、えらい長くなっちゃったので、1話分しか書けなかった・・・どうしてこう、私ってば、短く纏めるのが下手なんだ・・・才能なし・・・(笑)

とにかく、何も言わずに、ネタばれへレッツラゴー034.gif

More
[PR]
060.gifアアアァ~~~~ 060.gifアアアアァ~~~~(ミシルのテーマ/笑)

ヤバいです、本当にヤバいです!!
実はもう20話の途中まで進んでしまいました・・・


超×3 面白い~~\(~o~)/

アルチョンの出番は、まだまだこれから増えていくであろう状況でありながら、止まりません。
彼にハマるのとは関係なく、むちゃむちゃ面白いです、ストーリーが♪

オム・テウンのオッサン顔も、なんだかカッコよく見えてきたから、もう韓ドラマジックにすっかりかかってしまっているのは間違いないですね。ユシン、とてもイイやつです~~041.gif

話は先まで見ているけど、こっちにはゆっくり書いていこうかなと思って、小分けにしてみました。もちろん more の先は、ネタばれオンパレードです。(^_^;)

More
[PR]
いよいよDVD視聴に切り替えましたよ~(笑)
といっても、TVでは13話まで放送したので、まだ1話しか進んでいませんが。(笑)
だって、今日まで「カインとアベル」を見ていたんですもの、進めなくても仕方がない~。

ということで、13話はこのまま書くけど、14話はmoreをクリックで。
以降、TVより先に進むので、今後の記事はmoreクリック機能を使うことにしま~す。

そんなこと言っても、どうせ私の書く記事なんて、ストーリーの推察、解説なんかより、アルチョン素敵~~~とか、そのうち出るピダムかっこいい~~とか、そんな程度のことになるような予感はしますが。(爆)

-----------------------------------

さて、13話。まず思ったのが、キム・ソヒョンのことなのです~~。
戦地から功績を立てて戻ってきたキム・ソヒョンたち。その功績に対し、ソヒョンとマンミョン夫人は身分を元に戻して貰えるんです。そこで思った。そういえば「ヨンゲソムン」で、マンミョン夫人の母は前王様の王妃、つまりユシンって王族の孫なのね~、なんて思っていたことを思い出したのですが、二人は身分差があって駆け落ち結婚で、地方に落ちぶれていたと言ってはなんだけど、まあ都ソラボルにいなかったんだったね~
だから最初に出てきたユシンは、功績を立ててソラボルの花郎になりたがっていたんだね~。何にも分かっていなかった自分が情けなくて笑える。(^_^;)

f0147413_1254411.jpg問題はここから。ミシルは運を持つ男を気にいる模様。死地から生きて帰ったソヒョンにも、ちょっと色目を使いそうになり、身分が回復したマンミョン夫人にたしなめられるわけですが(笑)ソヒョンに向かって「あなたにも欲があることを知っています。身分の違いをへて夫人と結婚したのも、ただ恋のためだったわけではないのでしょう?」と、案に今権力を持っている自分の側につかないか?と誘うのですよね。私、これにビックリしました!
だってソヒョンのことはあまり分かっていなくて、でもあんな実直なユシンの父だし、珍しく風の国やチャンヒビンとは違った良い人の役を演じているんだな~と思っていただけに、ミシルの言葉に動揺をするソヒョンを見て、欲があったんか~い!と突っ込みましたよ~~。そして、だからこの役者さんがソヒョンを演じているのか!と妙に納得。(笑)やはりこの人は、純粋な善人を演じる人ではないのね・・・(笑)まあ、とはいえ、別にミシルの誘いに乗ったわけではないのだけども。(笑)マンミョン夫人が、ちゃんと「当時の私は公主の身でしたから、出世欲があったと知っても、それは当たり前のこと。何とも思ってはいません」と言ってフォローしてたから、ソヒョンが裏切るようなことはないとは思うのですが、今までまったく善人路線の人として見ていたので、ちょっとだけ見方が変わりました。(笑)

それと、この回に登場する謎の言葉「斬多含の梅花(サダハムのメファ)」。何とはなしに見ていたのだけど、これはミシルの現在の掌握力を作り上げた根底の重要キーワードらしいということが分かります。それが何か、ということを探ろうとユシンとトンマンはコンビで行動。これが可愛い♪ユシンは、なんか既にトンマンに弱いキャラになっちゃっていて、二人が話すと仲よしコンビっぽくて、とても微笑ましいっす~。

しかし物語は急展開。商団が西からやってくる時、斬多含の梅花を持ってくるというのが分かり、その商団を見張ることになったトンマンが、商団の中にある人物を見つけて驚愕。そのある人物とは、まさに不死身のターミネーター、元花郎のチルスク!!出たぁ~~!ということろで、続く・・・こんなとこで続くだなんて、罪深いわ~~(^_^;)

さて、以下は14話のネタばれですので、読みたい人だけmoreをクリックしてくださいね♪

More
[PR]
f0147413_23585219.jpg出演:ソ・ジソプ、シン・ヒョンジュン、ハン・ジミン、チェ・ジョンアン

2009年、SBS、全20話。
製作準備期間2年超。企画当初、嫉妬した兄が弟を殺してしまうという旧約聖書のカインとアベルの物語をモチーフに、刑事の兄と殺し屋の弟の葛藤を描く予定だったが、紆余曲折を経て、大バク病院を舞台に医師兄弟の愛憎を描いた物語に形を変え、満を持して視聴者にお披露目された。
メインキャストから脇役まで実力派ぞろいの本作で、やはり一番の注目を浴びたのは主演のソ・ジソプ。5年ぶりのドラマ出演の重圧をはねのけ、最愛の兄に命を狙われると言う難役を演じきった。特に天真爛漫な面と、真意の読めない怪しさが同居し、凄味を増した目の演技は必見!最近はコミカルな役が続いていたシン・ヒョンジュンも、今作ではカリスマ性あふれる会う役に変身、迫真の演技を見せている。また、製作費75億ウォンをかけた大作だけあって、前半の中国ロケシーンはまるで映画のような出来栄え。代役なしというアクションシーンも注目。

感想

一言で言うと、面白かったです~。毎回毎回、次が気になるところで続くになるので、録画したのを見てる身としては区切りをつけるのに一苦労。テーマが兄弟の増愛を描いているため、序盤と終盤かなり重い展開が続くのですが、全体的に面白かったです。サスペンスな要素が強い中、なにげに記憶喪失と不治の病という、古くからの韓ドラ王道要素も入っていたりして(笑)新旧の面白ろ要素を取り入れつつ、大がかりな中国ロケで豪華さも出した、スケールのあるドラマでした。
若干ネタばれしちゃうと、記憶喪失になるのはジソプssiなのですが、彼が記憶喪失になる前、なってる最中、そして戻ってからと、全部微妙に違うキャラを演じ分けているのが凄いです。私は記憶が戻ってからのジソプssiのキャラが一番好きでした~。
ジソプssiのファンの方なら、それこそ一気に見上げてしまうくらいの勢いを持って見れるのではないかな、と想像します。私は、好き嫌いでいえば好きですが、ファンというほどではないので、そしてこのドラマで堕ちることもなかったので、完全なる視聴者という第三の目で見ていましたが、それでも彼の表情、視線、素敵だと思いました。(*^_^*)
ドラマ評価としては、キャラ堕ちがいなかったことでマイナス1、そしてあまりに辛すぎて重い展開に疲れたことにマイナス1で、満点マイナス2となりましたが、ジソプssiまたは、ヒョンジュンssiにハマった人なら満点付けてしまうかもしれませんよ~。お試しあれ~。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]