<   2009年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

昨日から、世宗と世子の絆に連チャンで感動・・・

昨日、若干、終了に向けての先細りみたいなものを感じるようなことを書いたけど、またまた復活。

なんか、多分私はそれまで世子がどうしても世宗に打ち解けない部分が、ずっとストーリーをけん引していたようなところがあるのを感じていて、それが世宗から世子への世代交代のようなものを表現しているのかな、と思って寂しさを感じていたんだけど、昨日、今日と続けて見て、世子の心が世宗とシンクロしたのを確信して、世宗の思いは世子によって続けられるんだ、と思えたから、自分が復活出来たのかな~なんて思いました。(*^_^*)

さて、その78話ですが・・・

More
[PR]
なんというか、本当に脚本がうまい・・・と思うんですねぇ・・・このドラマ。
流れをうまくつないでいるというか・・・

世子の事件とチェ・マルリの行動が、世宗と世子の心理として、私の中では見事に繋がった感があり、めっちゃ感心して見てしまった回でした。

というのは・・・

More
[PR]
・大王世宗
・愛をたずねて三千里
・ヨンゲソムン
・美賊イルジメ伝
・彼らが生きる世界
・人魚姫
・善徳女王
・エデンの東
・イ・サン



と、BS民放だけでこれだけあるんですが(「ヨンゲソムン」のみ、溜まっていて、なかなか追いつかないですが…)実はマメに感想を書いているのは「大王世宗」くらいだということにお気づきでしょうか。って、別に気付かなくても全然オッケーなんですが。(笑)

何故かというと・・・

More
[PR]
BS日テレ正午から毎日放送の「愛をたずねて三千里」。「総合病院2」の後番組でした。
裏のBS朝日で今は「黄金の新婦」を放送中なんですが、今月くらいでそれが終わって、そのあとに「冬鳥」が始まるらしく、どちらを見るか、という話が少し前に出たんですが、私は全然考えてなかったんですよ~。どっちもそんなに知識のないドラマだったし。

しかし、やはり先にこっちの放送が始まったので、何となくこっちを見始めてしまったという、それだけの理由で見てるんですよね。(笑)でも、珍しく私が知ってる俳優さんがあまり出ていないドラマなんですが、ヒューマンラブコメみたいな感じなので気楽に見れそう~。

ちなみにイ・フンssi、私には初お目見えなんですが・・・066.gif物凄いモムチャンで驚きました。(笑)きっとそこが売りなのでしょう、何度も上半身の裸シーンが登場しています。ちょっと水戸黄門の由美かおるチック・・・(笑)

f0147413_050337.jpg

[PR]
物語も終盤になってくると、苦楽を共にしていた者たちとの別れのシーンが増えてくるのは大祚榮のときと同じですね・・・シクシク・・・007.gif

69話から71話まで、連続で一人、また一人と、登場人物がいなくなってゆきました007.gif
それは誰かというと・・・

More
[PR]
f0147413_23491372.jpg出演:キム・ジョンウン、チャ・テヒョン、イ・ジェリョン、リュ・ジン

2008年、MBC、全17話。
さまざまな人々が訪れ、幾多の喜びと悲しみそして生と死とが交錯する大病院を舞台に、理想と現実のはざまで奮闘するレジデント(研修医)たちの成長の日々を描く。医療ミスをはじめとする様々な問題をテーマに真の医療とは何か? 医師のあるべき姿とは? 患者のために何ができるのか? を問いかける本格メディカル・ヒューマンドラマ。
1994年に韓国で放送され、メディカルドラマの先駆けとして大ヒットした『総合病院(原題)』(脚本:チェ・ワンギュ)。本作は14年ぶりの制作となるその続篇であるため、韓国における原題『総合病院2』として2008年にMBCで放送され注目と話題を呼んだ。14年前、レジデント役を演じたキム・ドフンが、本作では立派な医師となり後輩を迎える設定は、韓国の視聴者の興味をかきたてた。日本国内では、前作は未放送であるが、ドラマの中にたびたび挿入される回想シーンでオリジナルを楽しむことができる。
今回も脚本はチェ・ワンギュが担当。主演は『パリの恋人』で知られる“ラブコメの女王”キム・ジョンウンと映画『猟奇的な彼女』でブレイクしたチャ・テヒョン。かつて医療ドラマ『ひまわり』で共演したふたりが再び名コンビぶりを発揮し、ときにコミカル!?ときにシリアス!!な演技で、視聴者をドラマの世界にぐいぐいと引き込む!

感想

途中こちらで記事も一回あげていて、面白くてあっという間に終わってしまった印象でした。やはり医療モノにハズレなし、というジンクスは生きているのか、もしくは脚本がチェ・ワンギュですから、だから面白いのか。まあお勧め度はかなり高いです。医療モノにありがちのスプラッタなシーンも比較的少なめ(ないわけでは、ない)のほうだと思うので…。(笑)
ところで途中に記事を上げた時に、私勘違いをしていたんですね・・・・人物相関図を先に見て、てっきりキム・ジョンウンはイ・ジェリョン(サンウク@商道)と相思相愛になると思いこんだんです。両方から矢印が行って返っていたから・・・ゆえに、彼女を好きなリュ・ジンssiはまたしても片思いなんだ~!って思ってしまって。しかし、違ったんですね!(^_^;)私の完全な勘違いでした!めでたく今回はリュ・ジンssiが幸せそうですぅ~~(爆)
ドラマジャンルは完全にヒューマンドラマです。ラブはほんのスパイス程度かな。主演のチャ・テヒョンssiにも彼女らしき人はいるんだけど、彼女と特に凄いラブラブなシーンは殆どなくて、外科レジデント1年生の彼が、同期のレジデントや他のスタッフと一緒に成長していく様子が描かれているドラマでした。
私が最近見た医療ドラマは「白い巨塔」「外科医ポン・ダルヒ」「ニューハート」あたりですが、ポン・ダルヒとニューハートに近い印象で、サクサク進む、面白いドラマだと思います。LOVE要素が薄いので、そのへんも期待したい人には少し物足りないかもしれないけど、そこが気にならない人には良いのではないかと思います。あと、リュ・ジンssiが好きな人にもお勧めかも。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
最新号の表紙はリュ・シウォンssi。そして巻頭特集は「スタイル」です。
まだちゃんと読んでいないのですが、「スタイル」は出演者を見ただけでも、なんだかNHKが放送しそうだな~と注目はしていたんです。(だって「美しき日々」のリュ・シウォンssi、「グッキ」のキム・ヘスssi、「太王四神記」のイ・ジアssiなどなどが出ますからね)
それが、私がドラマを見る上で参考にしている雑誌「もっと知りたい!韓国TVドラマ」の巻頭特集に持ってこられているのですから、やっぱり放送されたら見るしかないだろう、という感じで。
まだ見た人の感想などはチェックしてないんですが、そこそこ面白そうな感じかな~?

いわゆる韓流スターのリュ・シウォンssi。たくさんいる韓流スターの中でも、個人的な興味は薄いので、どういう人かとかは分からないですが、ドラマではけっこう好意的なイメージがあります。
といっても「美しき日々」「秘密」「真実」「プロポーズ」「ウェディング」と、一番最近のドラマを見たのが「ウェディング」というわけですが、その「ウェディング」は結構好きなドラマだったせいもあるかもしれません。003.gif

それに韓流スターの中でも、日本に拠点を置いて継続的に活動をした人の一人ですし、そのせいで日本語も流ちょうということで、それだけでもやっぱり頑張ってるな~って思いますもん。
外国語を覚えるのって、本当に苦手な私としては尊敬できる部分ですし。(^_^;)

でも、もちろん今は、韓流スターで好きなのはヨンハくんですけどね。(笑)

ていうか、もともと元祖韓流スターと言われる人たちに殆ど興味なかったんですが、最近ようやく彼らの魅力が少し分かってきたんですよ。逆にブレイクから時間がたって、自分の中の妙な偏見が薄れてきたからなのかな~と思ったりする最近です。


この雑誌の最新号はまだ購入したばかりだし、同時期に「時代劇王10」も買ったもので、殆ど目を通してないんですが、この号の二番目の特集が「華麗なる遺産」なんです。これは既に視聴率が良かったことで有名なので、最初から見る予定にしていたドラマだから、これの特集も嬉しかったです。001.gif

f0147413_0493058.jpg

[PR]
f0147413_23545840.jpgお知らせメールが携帯に届きまして、この週末、準新作が半額レンタルになるということでした。
実は先日TSUTAYAに行ってヨンハくんの「オンエアー特典」DVDを借りたとき、本編も借りたかったんです~。でも全部で10枚はあるし、旧作じゃないと安く借りられないし、と悩んだ末パスしたんですよね。でも半額なら・・・というわけで、借りてきてしまいました~011.gif
だって、私が見たのって、本当に字幕がイマイチだったんですもの・・・007.gif
でも、それでも借りちゃうまでやるってのは、私が堕ちてるからなんでしょうけどね。(笑)

「ザ・スリングショット」や他にも観るのが待機しているというのに、ねぇ~?(笑)
でも実は「スターの恋人」も手元に戻ってきたので、また見たいんですよねぇ・・・(^_^;)


ところで、せっかく借りたけど、今日は昼間はお歳暮を申し込みに伊勢丹へ行き、夜はフィギュアスケートを見て、「JINー仁ー」を見て「イ・サン」を見たら、もうこんな時間になっちゃったし、明日は会社の忘年会兼歓送迎会があるので見れないーーーー008.gif057.gif
[PR]
f0147413_23592198.jpg毎日放送してるので、きっとあっという間に終わるんだろうな~と思うんですが、病院モノにハズレなし、というだけあって、やはりこれも、ありがちなエピソードもあるんだけど、惹きこまれちゃうんですよね~。

注目はリュ・ジンssiが・・・・また、多分片思い・・・(笑)
でも意地悪とかじゃなくて、けっこう誠実で良い人の役なんですよ~。だから、それなのにやはりダメなのか~、みたいな。(笑)
いや、まだ分からないんだけど、人物相関図を見たら、リュ・ジンssiが思いを寄せるキム・ジョンウンssiは違う人に矢印が行っていたので・・・(笑)チャ・テヒョンssiではないんですけどね。

今ね~、押せ押せでキム・ジョンウンssiとポッポまでこぎつけたんですよ。
で、彼女も彼を嫌いではないし、誠実で良い人だと思ってるはずなんです。でも、よくあるじゃないですか。そう思う人と、好きになっちゃう人って、違うタイプなんですよね~(笑)

別に恋愛ドラマではもちろんなくて、毎回色々騒動があって、その中でチラホラと恋愛も絡んできているという感じです。日々の楽しみです。といっても、ハマる人は特にいないんですけどね~。
だから胸キュンとかは全然ないので、逆に気軽にストーリーを楽しんでるって感じかな041.gif
[PR]
TV放送ではもっと先まで行ってるんだけど、溜まっちゃったのを、ようやく今日、10話くらいは見進めることが出来たかな~。

以前、早送りで見ても大丈夫そう…とコメントを頂いたことがあるこの「淵蓋蘇文」。(笑)
久しぶりに見ると、確かに早送りオッケーな感じです。何故かと言うと、長い話のせいでしょう、ひとつのシーン、たとえば戦うシーンとか、色々なんですけど、とにかく同じところに時間をかけ過ぎです。(笑)1時間(CM入りだから正味45分くらい)だけど、そんなに内容は多く盛り込まれていない感じです。まあ、高句麗、新羅、隋の3つの国のシーンを、それぞれエピソードを展開させているから、仕方ないのかもしれないですけどね~。

しかし、全く面白くなかったら、こんなに溜めていたら、私、とっくに観るの止めてます。(笑)
そこは、まあ、それなりに面白く見たりも出来るんですよ。(どういう感想だ、それは)

特に、私がつまらんと思っていた隋のシーンは、何だかもう突っ込むための面白ろシーンのような感じがしてきて、けっこう笑わせて貰ってます。決してふざけたシーンじゃないんだけど。(笑)
キム・ガプスssiの隋の王子も、いつも凄い顔でラストなんで、これわざとだろ?って思ったり、皇帝があまりに情けない顔ばかりしてるのも笑えるし、世子を追われた長男なんて、ボロボロの姿で木の枝の上で毎回叫んでいるんです・・・父上~母上~!って・・・なぜ木の上っ!?
笑わせようと思っているに違いありません・・・(笑)

それに比べ、高句麗ではちゃんと策略がめぐらされていたり、普通に史劇ちっくで、新羅でもそう。
この2つが舞台だと、普通に見れるんですけどね。(笑)


ところで、キム・ユシンを演じてる人は「イ・サン」のテスのせいか、どうしてもドジで一途でちょっと情けないイメージで見てしまうんですが(笑)さすがにこちらはキム・ユシン役、だんだんカッコよくなってきました。(笑)ヨン・ゲソムンの人は、写真ではイマイチかな~って私は思っていたんだけど、やはり史劇マジックなんでしょうね、カッコいいです。はい。(^_^;)
[PR]