<   2009年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

f0147413_043681.jpg今日たまたまTSUTAYAへ行ったら、こんなDVDがあって借りちゃった。(笑)

や~、かわいいっす、ヨンハちゃん016.gif
メイキングのためのレポートしてくれたり、ハマッてNG出しまくった時も、図書室でのキスシーンで照れちゃってるところもっ037.gif053.gif

私が見たDVDは字幕がイマイチだったので、やっぱり借り直してもう一回見ようかな、なんて思っちゃいましたよ。今日は借りなかったけど、またそのうちに・・・(^_^;)
あ、でも手元にある「ザ・スリングショット」(これも来月からBSで放送しますね)も見たいな♪

f0147413_0415426.jpg

[PR]
BSではまた恐怖の「チャンヒビン」再放送やってるそうですが(笑)ヒビンに出てくる、スクチョン王(朱蒙の扶余の王様)の側室チョリン@大祚榮の子供が、歴史的には「イ・サン」の爺さん王・英祖なんですってね~(笑)

なんで側室の子が即位したかって~と、ヒビンの子は子供の頃に不可抗力で母ヒビンに局部を強く握られ(笑)生殖機能がダメになったとかいう一節が・・・(^_^;)
でもヒビンの子はちゃんと即位してるみたいで、彼に直系がいなくて、英祖になったのかな、多分。

なかなか面白い関係です。
[PR]
f0147413_2328591.jpg出演:イ・ヨンア、ソン・チャンウィ、キム・ヒチョル、クォン・ヘヒョ

2007年、SBS、全64話。
父親を探しに韓国に嫁いだベトナムの少女が花嫁として奮闘する姿を描く。主演は『一枝梅』のイ・ヨンアと、『パッチギ!Love&Peace』のソン・チャンウィ。
このドラマの強みは、素材の新鮮さと枠組みがしっかりしたストーリー、出演俳優の調和の取れた演技だといえる。それに加えて制作陣の意気込みも並々ならない。演出家として30年を超えるキャリアを持つウン監督が、心の傷、家族、そして人生を表した心に響くドラマである。周囲の期待に応えて、『黄金の新婦』(パク・ヒョンジュ脚本、ウン・グニル、ペク・スチャン演出)はたちまち視聴者をとりこにし、放送開始4回にして全国視聴率20%を突破する勢い。名の売れた看板スターもおらず、野心作と銘打っているわけでもないのに、一気にお茶の間のファンを虜にした。


感想

このドラマは、視聴率が良かったとか、そういうことより、まずストーリー展開とキャラ設定が面白そう、というところに惹かれて見たいと思っていたんです。そしたらBSで放送するというので、見始めたんですが、やはり基本恋愛といっても、これはやっぱりホームドラマ。見始めると、もう~次が気になって気になって(笑)とうとう途中からDVDに切り替えて見てしまいました。(^_^;)
途中このカテゴリで感想を挟んだりしていますが、ホームドラマというのは、悪役が半端じゃないですね。(笑)普通のミニシリーズなどで見る悪役は、もちろん酷いキャラも多いんだけど、所詮回数が短いぶん、酷い!と思って見ている期間が短いから、長い回数のホームドラマの悪役よりも結果的にはインパクトが弱くなるんじゃないかと。(笑)つまり、えんえん5~60回続くドラマで酷い奴、酷い奴、と思い続けて見ていると、本当に天下の極悪人のように感じてしまうわ、というのがこのドラマの感想だったりして。(笑)もちろん主役は良い人だし、最後は極悪人も改心するけれど、この前観た「憎くても可愛くても」に続いて、悪役が一番印象に残ったドラマになっちゃいました。(笑)
でも長く見ていると、どのキャラにも思い入れが出来るのは、これまたホームドラマの特徴ですね。
主人公たちを囲む家族を始め、その家の人達に絡む他の家族などなど、どの人達にもドラマが用意してあって、本当は序盤見ていた頃は主役カップルの恋の行方が気になって、他の人達のエピソードは早送りしたいと思っていたんだけど、主演カップルが途中で上手くいってからは、まんべんなくエピソードが気になって、早送りで見るようなことはなかったです。面白いドラマでした。設定も新鮮さがあるし、ホームドラマが好きな人には、とってもお勧めです。

ところでソン・チャンウィssi、歌うシーンが多くて、それがとっても上手なんです。ひょっとしてミュージカル俳優さんかな、と思ったら、やっぱりそうでしたね。最近ミュージカル俳優さんがドラマに進出することが多いですね。(*^_^*)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
相変わらず、何がどうした、という感じではないのですが・・・(笑)

やはりキャラが好きになってきたから、面白く感じてきたんだと思います~
ちなみに、今、私が「大王世宗」で堕ちている(笑)キム・ガプスssiも出ていて、こちらは何とも可愛らしい中年男性を演じていらっしゃいます012.gif

人物相関図は・・・

More
[PR]
ヨナちゃん(よく考えたら、ヨンハってヨナっていう発音になるんですよね?ブログとかであんまりヨナと書いてあるのを観たことないんで確信はないんだけど・・・)日本のドラマの主題歌披露と、ドラマに特別出演するってことで来日したのね~ん016.gif

この前、たまたま観ていた「笑っていいとも」のエンディングにいきなり登場したんでビックリしたのよ~。これのためだったのね~。

-------------------------------------------

11月18日、神奈川のラゾーナ川崎でパク・ヨンハのニューシングルリリースイベントが行われ、会場には1万人のファンが集まった。

パク・ヨンハは同日に、日本で8枚目となるシングル「最愛のひと」をリリース。フジテレビ系列の昼ドラマ「Xmasの奇蹟」の主題歌として放送され、パク・ヨンハ自身は2日間にわたって、ドラマにも自身の名前で出演した。

パク・ヨンハは「東京湾景」以来、2度目の日本のドラマ出演となったが、「特別出演だったのでせりふも短かったから、大丈夫でした。でも、もっと長くて感情表現が必要なせりふだったら、難しかったと思う」と、日本語のせりふに問題はなかったことを明らかにした。また、「今後は日本の映画やドラマにも出演してみたい」と抱負を語った。

今回のシングルは、ドラマをイメージして作られた曲。「切ない歌詞ですが、皆さんも一度は経験のある恋愛話が込められています。でも、僕は寂しくなんてないですよ」。

最後に、「これからも日本と韓国を行き来しますが、あんまり日本に居すぎると、皆さんが飽きちゃうでしょう? 今年で歌手デビュー5年を迎えました。日本での活動は、俳優としても、歌手としても成長できる日々だった。今後も皆さんとは自然体で仲の良い関係を築いていきたい。来年には映画『作戦-The Scam』も公開します!」と、ファンにメッセージ。

-------------------------------------------

f0147413_1125134.jpg

[PR]
いや~、今日の「大王世宗」57話。
そんなわけないと思っていたから、ファン・ヒの罷免は考えてなかったけど、そんな女絡みの過去があったなんて、ちょっと嫉妬。(爆)
f0147413_010952.jpgそんな中、超ビックリしたのが礼判ホ・ジョことプギウォン@大祚榮(笑)が、一転、マルセン側なのにファン・ヒ罷免に反対をしたことよ~037.gif顔は同じように意地悪だけど、今回の役は悪者ひとくくりには出来ないってことね~。王様からはファン・ヒが罷免されたら、代わりはお前に、と頼まれて、ファン・ヒ排除がチャンスだったのに、逆にそれを意気に感じたのかしらん。それが王様の計算だとしたら、凄いけど~。

f0147413_0152217.jpgそれにしても、このプギウォンとソル・ゲドゥ(笑)最近よく同じシーンで話をする機会が増えてきていて、とても大祚榮を思い出して面白いんですけど、これがまた、なんか二人の会話がちょっとギャグちっくで可愛いんですよ~ん053.gifなんか観ていて微笑ましいシーンというか、笑えるシーンというか。二人は真剣に話してるシーンなんだけど、絶対これ、笑いを意識して撮ってるかな、って感じで、二人のシーン可愛くて好きです。(笑)

f0147413_0234926.jpgあと、私のお気に入りのヨンシル・・・・。明でアガシと再会するのは知ってたけど、まさか明の皇帝の側室になっとるとは驚き~。そしてもっと取り乱すかと思いきや、お互い意外にクール・・・カットされてるところで何かあるのかしら。ヨンシルなんか、もっと情に流されて、王様から命じられたお仕事に支障をきたすかと思ったくらいなのに。でもな~、どうなのかな~。帰ってくるまで不安ざます。私的には、さっさとアガシのことは忘れてください、という感じなのですが。(笑)
[PR]
f0147413_23411559.jpg昨日、月曜日からBS日テレ正午枠で放送開始した「総合病院」は、毎日放送の全17話。17話ってことは、好評で1話伸びたのかな…。はい、実は全然前知識なしで見始めました。(^_^;)
もとはかなり昔、同じタイトルでドラマ「総合病院」として放送したものの続編、ということらしく、以前の主演イ・ジェリョンssi(サンオク@商道)も今回偉くなって登場ということみたいです。日本では最初のドラマは放送されてないけど、観る限りでは前のを観ていなくても全然問題ないみたいですね。(*^_^*)

f0147413_2356976.jpg今回の主演はチャ・テヒョンssiとキム・ジョンウンssi。二人とも新米外科医という設定です。
いや、それにしても出演者が豪華なんですね~
チャ・テヒョン&キム・ジョンウンご両人だけでも豪華ですが、脇にリュ・ジンssi、サンオク@商道、オイ@朱蒙、ヨングク@冬ソナ、ミニ・愛に狂う、ヘミョン太子@風の国、そして先日気になる人ということで記事をあげたコ・ヒョンスssi(ジュンス@テロワール)などなど~~053.gif

キム・ジョンウンとチャ・テヒョン。ちょっと組み合わせ的にテヒョンssiが童顔で可愛い感じなので、年齢的には本当は良いんでしょうけど、今ひとつ合わない感じ?と思ったら、どうやらこの2人ではなく、キム・ジョンウンssi演じるハユンは、イ・ジェリョンssi演じるベテラン外科医キム・ドフン先生を好きになるようですね~。そしてリュ・ジンssi演じるヒョヌは、またもやハユンに片思いになるのかしら・・・(笑)いや、分からないけど、そんな雰囲気が。(*^_^*)
てことは、チャ・テヒョンssi演じるジンサンは、特には恋愛エピソードには関係ないのかな?

病院ドラマで注意なのが手術シーンのスプラッタですが(笑)このドラマはけっこう抑え気味に作られているようで、今のところ、少しあった程度なので大丈夫そうです~~;;やはり明るいイメージのキム・ジョンウンとチャ・テヒョンが出るドラマなので、あまり生々しいシーンは似合いませんよね・・・037.gif(そんな理由かどうかは分からないけど/笑)

というわけで、なかなか面白そうです。でも毎日放送だから、あっという間に終わりそう~(笑)
[PR]
f0147413_084981.jpgイ・バンウォン、逝く。

私は観てないですが、「龍の涙」を並行して見ている方には、特別な思いもあるかしら。
とうとう上王様がお亡くなりになりました~~。この人には、今まで本当に色々困らされたし、呆れさせられたし、本意が分からず謎のキャラでもありましたが、意外に何度も泣かされたし、最後は力無く逝ってしまい、寂しさも感じます・・・007.gif

f0147413_018478.jpgそれに、とうとう再登場~!譲寧大君~!再登場してみて、意外に自分が彼を待っていたことを知ったりなんかする・・・(笑)TVでは、足元が映ってCM入りだったけど、足元の動きを観ただけで「ハッ!?まさか?」と期待に胸が高鳴りました。(笑)
それに再登場の場面の、胸のすくようなカッコ良さはたまりませんでしたね。(笑)私はてっきり兵判マルセンをギャフンと言わせる(死語?)のはファン・ヒだと思っていたので、この展開にヤホ~ッ!071.gifというくらい盛り上がってしまいましたよ~012.gif053.gif
そしてそして、彼の名場面はまだ続く・・・「許してください、父上・・・」の連呼。アブジと呼ぶ呼び方もツボでした・・・007.gif

f0147413_0253343.jpgそして戻ってきたファン・ヒは、いきなり大活躍~。まずは、どうやってマルセンを黙らせるかのお手並み拝見と思って見始めたのですが、早くも切り札(譲寧大君)登場の展開に、ファン・ヒかっちょいい~!とシビれてしまいました~。(笑)キム・ガプスssiは前から好きな俳優さんで、過去にも「海神」も良かったし、少ししか観ていない「いかさま師~タチャ~」でも悪役だけどすごく魅せられたりしていましたが(今も「ヨンゲソムン」にも出てますけど…この役はちょっとね…笑)この参賛ファン・ヒが、これまた本当に魅力的~053.gif最近見た彼の役では一番好きかも・・・016.gif


このドラマは、朝鮮王朝時代の王の中でもっとも有名で尊敬されている世宗王を描いているというせいなのか、まるで教科書か道徳の教えのようなエピソードやキャラ設定、そしてそれにまつわるセリフの素晴らしさが目立つドラマだと思います。この王様を描くには、これくらいじゃないと国民的に許されないのかな?(笑)そんな気さえします
とにかく深い!!人間ドラマです。

[PR]
f0147413_0211535.jpg出演:エリック(ムン・ジョンヒョク)、ク・ヘソン、ユ・アイン、イ・オン

2008年、KBS、全20話。
日本の「必殺!シリーズ」が韓国で新しく生まれ変わった。といっても、刺客団が依頼された仕事を成し遂げるという設定以外は、すべて韓国オリジナル。時代劇ではあるが、各話ごとに小売借金、新米イジメ、人身売買など、まるで現代社会を風刺するかのような素材を扱いながら、格差社会に苦しむ小市民の現状をリアルに描写している。
昼は下級役人、夜は刺客団のリーダーとして二重生活を送るチルを演じるのは、アイドルグループ”神話”のエリック。異国的な顔立ちのエリック初の時代劇であり、入隊前最後の作品。また、「コーヒープリンス1号店」でブレイクした俳優イ・オンの遺作でもある。


感想

フュージョン時代劇は殆ど面白いので、エリックにも「ケセラセラ」で堕ちたことがある私には、とても楽しみなドラマでした。ただ、ク・ヘソンだけは苦手だったけど・・・(笑)
いきなり正直に書くと、このドラマ、絶対ノーカットで見たかった・・・;;
というのを感じたのは、けっこう始まってすぐだったんです。でも会社で見ている人がいたので、毎週終わってから話をするのが日課となっているため(笑)ペースを崩すことが出来なかったんです。
なぜそう思ったかというと、物語が意外に複雑だったんです。設定というか、ベースにある大事なストーリーの核の部分が。それがカット、カットのせいで、けっこう分かりづらかったのです。
ただ、それでも面白かったので、やっぱりノーカットは更に面白いだろうと思いました…(^_^;)
ベースはよくある王座と跡取りを巡る陰謀なんですが、チルが子供の頃に起きた出来事が重要になっていたり、その時の事件によって別れた友人との再会がとても皮肉だったり・・・
「必殺シリーズ」をベースに作っている、という日本向けの宣伝で、毎回庶民の依頼を受けて仕置き人として悪を倒す部分がクローズアップされがちだけど、実はベースの超複雑な人間関係のほうが断然面白かったので、途中、仕置き部分が邪魔・・・と感じたものでした。(笑)まあでも、仕置きされる悪人たちは、実はベースの悪と繋がりがあったりするんですけどね~。

そして回が進んでいくにつれ、このドラマ、主役はもちろんエリックなんだけど、エリックの恋物語はあまり描かれないし、絶対美味しい役を演じているのはユ・アインくんのほうだと思いました。
二番手スキーの私ですが、ユ・アインくんには堕ちなかったけど、彼は本当に美味しい役です。もしもともと私が好きな俳優さんがこのフクサンという役を演じていたら、フクサンのほうに堕ちていたかも・・・と思いました。(笑)でもユ・アインくん、ジフンくんと「アンティーク」で共演した時には何とも思わなかったけど、実際は背も高いし(ジフンくんと一緒だと、誰でも背の高さが目立たないですよね・・・笑)あの幼顔が何故かセクシーに見えたりもしました。(笑)

とにかくとにかく、CMカットのせいでだいぶ省略されていたせいで分かりづらかったストーリー。
このドラマ、とても面白いので、観るならぜひノーカットをお勧めしたいです・・・(^_^;)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2331380.jpg出演:ソン・イルグク、チョン・ジニョン、チェ・ジョンウン、パク・コニョン

2008年、KBS、全36話。
高句麗を建国した朱蒙(チュモン)の孫にあたる無恤(ムヒュル)と、彼の父・琉璃(ユリ)王親子の葛藤や愛憎をえがいたドラマ。「朱蒙」(MBC)のソン・イルグクが、その朱蒙の孫を演じることでも話題となった。
キャストは他に、ユリ役に映画「王の男」のチョン・ジニョン、ムヒュルが愛する女性ヨン役に「噂のチル姫」「12月の熱帯夜」のチェ・ジョンウォン、そしてそのヨンを巡ってムヒュルと対立するトジン役に映画「ダンサーの純情」他ミュージカルで活躍しているパク・コニョン。

「海神」(KBS)のカン・イルス監督とチョン・ジノク脚本家が再びタッグを組み、製作費200億ウォンをかけて製作。海外からの関心も高く、KBS史上最高額で日本に先行発売されたことも話題になった。


感想

自称・高句麗の民(笑)として「風の国」は楽しみにしていたドラマ。それにイルグクssiのライバル役として、大好きな映画「ダンサーの純情」のパク・コニョンssiが配役されていることを知り、その期待はかなり大きなものでした。スタッフも「海神」のスタッフだから、下手なものを作るわけがないし、と。(*^_^*)
そして、結果、このドラマには、色んな思いを感じました。
はじめは戦闘シーンから始まって、もう~サスガ「海神」スタッフ!という感じで、その映像迫力に大感激。(*^_^*)
それから少しして、高句麗に夢を抱いている私には辛い現実を突き付けられもしました。(笑)
何かというと、高句麗の弱体化です・・・(笑)これ、他の人にはどうってことないことなんでしょうけども(笑)私にはかなりショックな出来事でした。(笑)強い強い三足烏のあの国が、扶余に押されて、今にも支配下に入れられそうになっていたんですもの~~;;あの、朱蒙が建国したときの強さは、いったいどこへ?の気分だったことは隠せない事実でした。(^_^;)
それからまたしばらくして、いよいよお目当てパク・コニョンssi演じるトジンが活躍しはじめて、ようやく高句麗の状況にも慣れてきた(笑)のか、このドラマが「朱蒙」や「大祚榮」などの、建国のヒーロー達が大成する物語ではなく、この高句麗が出来てまだ年月が浅い混乱した時期を舞台に、登場するキャラクター達の生きざまと心の葛藤を描いた人間ドラマなんだ、と分かりました。それと同時に、ベースが韓国の少女漫画だと分かり、原作を読んでみたいと思うくらい、彼らの心の葛藤や複雑な人間関係が面白く感じました。
そして終盤、何が原因かいまだ謎ですが、私の中の盛り上がりに陰りが・・・。これは偶然なんですが、たまたま最終回近くで、会社の同僚と話していて、彼女も同じことを感じていたことを知り驚いたんですが、彼女も原因を分かっていないようでした。何でかな~・・・
好きだったトジンが壊れていったのが悪かったのかとも思ったけど、それは「太王四神記」でも味わったことで、「太王~」では私のホゲへの思いは影るどころかエスカレートしたくらいだったので、それが理由ではないだろうし。(笑)
最終的に、人間ドラマは吹き替えで見ると入りこめないのかな?と思いました。まああと、週に一回というペースだったので、それも乗りきれない原因だったのかも。「太王~」は最初に放送された字幕放送を見始めて、途中からDVDで一気に観たので・・・。
というわけで、CMでカットが多いということはまた別として、このドラマはDVDで字幕で一気に観てしまうのがお勧めかも、と思います。史劇だけど全36話なので見やすい長さですしね♪

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]