<   2009年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

どうも一昨日あたりから微熱がありまして、ボ~ッとしていたせいか、今日の韓ドラの予約をセットするのを忘れていて、今日の予約分が全部撮れてませんでしたemoticon-0101-sadsmile.gif
母にガッカリされてしまった。(笑)ホームドラマ2つが楽しみのようです。(笑)

他にも「大王世宗」も撮り忘れ~~;;
ま、長い旅だから、どれも1話くらい見なくても支障はないだろうと・・・
でも、今日から「大王世宗」はイ・ソジンssiが本格登場なんですよね~~

明日の分からは、ちゃんとセットしました!

しかし体調が悪いので(一応気になったので医者いって、インフル検査したら陰性で一安心)今日はもう寝ます~。ブザービートだけは見たかったので、今まで起きてました。(笑)

でも、どうでもいい話ですが、ブザービートを見るととても山Pがカッコよく見えるのだけど、本来はNEWSでは小山くんが私のタイプです。(笑)本当にどうでもいい話でした。(笑)
では、おやすみなさい。(笑)
[PR]
あまり記事を上げてないけど、何気に面白くてお気に入りなんです。
週に一回なので、そんなに毎回アレコレ書くこともないというか、動きはあるんだけど、毎回これからどうなるんだろう~~~!!みたいな高揚感はそんなにないので書いてないんですが。(笑)
こんなことを書くと、面白いのか?という感じだけど、面白いんです。(笑)

予定通り、キ・テヨンssiは、とても優しくていい人です~~emoticon-0115-inlove.gif
キム・ジュヒョクssiは、もちろんクールでニヒル(死語/笑)で、冷たいけどヘジンちゃんを助けてくれる人なので、この2人の関係はツンデレですemoticon-0136-giggle.gifやっほ~~emoticon-0152-heart.gif

なにげに・・・毎週楽しみに見ていますemoticon-0152-heart.gif

f0147413_232855.jpg

[PR]
f0147413_0225645.jpgいや、マジ、面白くなってきました~~emoticon-0102-bigsmile.gif

ところで、なにげにチルを検索していたら、ビックリを発見。このキム・ジソクssiの名前がチルの特別出演者としてあったんですね~。まだ出てこないけど、はたしてTV版でも出てくるのかしら。(笑)あ、誰だかわからない方、この人は「憎くても可愛くても」でカン・ベコを演じている人で~す。それまで「カップル・ブレイキング」とか、ちょっとカッコつけた二番手男を演じることが多くて、必ずふられる役ばかりだったようですが、「憎くても~」では、イメージ一新でダサ系の素朴な男性を演じていて、どうやら今回は幸せになれそうですが、チルはどんな役なのかしら~。依頼人かな・・・。

さて、今回の12話で面白かったのは・・・

More
[PR]
最終話は、恋愛とは別の部分で泣けたところがあったわ~emoticon-0106-crying.gif
いや、感動の涙なんだけどねぇ~。(*^_^*)
そんなこともあり、もうドラマ感想とか載せたんだけど、最終話などのフリートークを少々。

以下ねたばれ有り、キャプチャもちょこっと有り(拾いものだからほんの少しよ)ですので、それが嫌だという方はお気をつけて~。

More
[PR]
f0147413_04359100.jpg出演:パク・ヨンハ、ソン・ユナ、キム・ハヌル、イ・ボムス

2008年、SBS、全21話。
「パリの恋人」など“恋人シリーズ”の名コンビ、シン・ウチョル監督&キム・ウンスク作家が手掛けた08年上半期最大のヒット作。ドラマ制作の舞台を背景に、脚本家と演出家、俳優、マネージャーたちの葛藤、情熱、信頼、その中で生まれる恋の行方などを描いた。
キャスティングの良さでも定評のある恋人シリーズの制作陣だけあって、今回も5年ぶりのドラマカムバックのパク・ヨンハは男らしい魅力にあふれた新人演出家を好演し、女性視聴者の間で「カッコ良くなった」という声が多くあがった。ヒステリックだがかわいらしい脚本家を演じるソン・ユナ、傲慢なトップ女優の演技が圧巻のキム・ハヌル、七転び八起きのマネージャーにふんしたイ・ボムスと、演技派で知られる主役4人の演技が見事に調和している。また、チョン・ドヨン、キム・ミンジュン、イ・ソジン、シン・ドンウク、キム・ジョンウンなど、豪華スペシャルゲストのカメオ出演も大きな見どころ。(「もっと知りたい!韓国TVドラマ」より一部抜粋)

感想

最初に見始めたときは、恋人シリーズスタッフの新作だとは知らずに見たんです。そしてパク・ヨンハくんには何の興味もなく、でもBSで放送してるし、とりあえず見てみよう、程度で見始めたこのドラマ。(私はDVDで見ました)しかも主役4人のうち、イ・ボムスは私がポンダリで超苦手になった俳優。(笑)期待も薄いってもんでしょう?(笑)女優さんだって、今さら(大失礼な私;;)ソン・ユナ?キム・ハヌル?の気分でした・・・ああ、私ってば、どうしてこんなに上から目線?(汗)
でもこっからが本番の感想。(笑)カテゴリ「オンエアー」で語ってますけど、見事にハマってしまいました。それも、全く興味ないと思っていたヨンハくん演じるイ・ギョンミン監督という役にキャラ堕ちemoticon-0111-blush.gifemoticon-0152-heart.gif
それにこのドラマは、恋愛も満足いくくらい描かれているけれど、けっこう韓国のドラマ制作の裏側とかが分かって、別の楽しみ方が出来ますよ。なかなかエグイですけどね。(笑)ヨンハくん演じる監督は新人監督なのだけど、分別のある、視聴率至上主義ではない純粋で情熱のある演出家。それゆえに、色々現実との葛藤があったり、トラブルのてんこ盛りで、ま~~見てるほうもイライラするくらい上手くいかない。(笑)でも面白いですよ~。こういう部分だけでも楽しめると思う。
しかし私がハマッたのはヨンハくん演じる監督なので(笑)もちろん恋愛モードのときのエピソードがもっとも胸キュンであったわけですが。(笑)彼の感情表現の仕方とかがとても好きで。怒ったりしても、それを相手にすぐぶつけるんじゃなくて、グッと胸の奥に一度仕舞ってから、冷静にことを進める、その男らしさと、好きだと思ったら嫉妬もするし、まっすぐ愛情表現するし、とても可愛いところがミックスされた役で、けっこう私、メロメロでした。(笑)
よもや、冬ソナ以来のヨンハくんに、こんなハマる日が来るとは自分でビックリ。(笑)といっても、本人堕ちしたわけじゃないので、別に生の本人にはそんなにアレなんですが・・・(笑)
そうそう、このドラマ、女性2人の役が非常に強烈。(笑)男性陣が何度もこの2人のせいでため息を吐くんだけど、その気持ちもわかるよ、ってくらい2人はトラブルメーカー。でも根は可愛いところもある女性たちなので、彼女たちも好きになれると、このドラマ、とても楽しめると思います。
そう、最終回が近づく頃には大嫌いな敵対事務所の社長ですら、愛着がわいてきたくらいですから、もちろん私もこの2人の女性キャラは好きになりました。非常に面白いドラマだったので、ぜひお勧めしたいです。(*^_^*)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆
[PR]
カンドンニ~ン@パクちゃん、可愛い~(≧▼≦)

もうお互い好きなのは感じあってるけど、仕事中だからか、なかなかクチに出さないお二人♪

でも、作家@ソンユナが社長@ボムスと陽なたぼっこと称して一緒にいるとこを見付けてパクちゃん、嫉妬!それが可愛い~ん(*/ω\*)

問題がおきて、作家が大泣きしてるとこをパクちゃんが見て、泣くのを見るのは胸が痛むって…。ここも胸キュ~ン(≧▼≦)

今日は携帯からだから、このへんで。(笑)

どんなにカンドンニ~ン@ヨンハくんにハマッているか、書きたかっただけなのだ。(笑)

おやすみなさい。


日本文理、明日は決勝だ~o(^∇^o)(o^∇^)o
[PR]
もう~~次が気になって、今日はここまで、と区切るのが大変なのよぉ~~emoticon-0111-blush.gifemoticon-0152-heart.gif

一日ずっと見ているわけではないので、そんなにスイスイと進めなくて、どうしても夜になちゃうのですが、夜は夜で今、スポーツ真っ盛りで、世界陸上や女子バレーやらも見たりとか。(笑)
そうそう、明日は日中我が新潟県初のベスト4入りした日本文理高校の甲子園での試合もあるし。

でも、見始めると・・・やっぱ、イイ~ッ!!ヨンハちゃんemoticon-0115-inlove.gif(笑)
何気に左利きで、左でお箸持ってご飯食べるのね、なんてことが素敵に見えたりとか。(笑)

自分でも、なんで今さら、パク・ヨンハかよっemoticon-0133-wait.gif・・・の気分ですが。(笑)

やられている部分は・・・

More
[PR]
前回、「オンエアー」を見始めたことを書いたときの言葉を、一部訂正せねばなりません。

今日は8話まで進みました。
実はDVDの字幕の質が悪くて、酷い日本語なので、頭の中で変換しながら見てる上に、文字が消えるのが異様に早くてとっても疲れます・・・ふぅ・・・;;

さて、その訂正ですが・・・

More
[PR]
「風の絵師」を見終わって、まだ毎日見ていたホームドラマ2本が高校野球で放送がお休み期間のため、DVDを見る余裕があるのよね。さて、次は何を見ようかな、と考えまして・・・

とりあえず見たのは、TSUTAYAからレンタルしてきた「24 シーズン7」の続き、7~10話。
そう、続きが出ていたのは分かっていたんだけど、借りるタイミングをはかっていたというか。
ちょっと間が空いたので若干内容を忘れそうになってましたが(笑)見ているうちに思いだしたので大丈夫でした~。


さて、それも見終わり、今度こそ手持ちのDVDから選ぼうと思って、「インスンは綺麗だ」「オンエアー」「アイアムセム」「大王の道」の4作から選んで「オンエアー」に決定。

まだ2話までしか見てないけど、まあ面白そうです。きっと今回も好きになるキャラは多分…いないと思われますが(笑)楽しめそうな感じはします。
特にポン・ダルヒで苦手中の苦手だったイ・ボムスが自分的に心配だったけど、こっちのほうが全然見やすい役っぽい!人当たりが柔らかいだけで、こんなに印象って違うものよ。(笑)

ただし、このドラマ、皆出てくる人、出てくる人、怒鳴りすぎ・・・(笑)
みんなが最初からキャンキャン、ギャンギャン・・・;;落ち着かない・・・(^_^;)

実はパク・ヨンハの、正統派主役ドラマを見るのは初めて。彼は男らしい役です、とても。
登場人物が、パク・ヨンハ、ソン・ユナ、キム・ハヌル、イ・ボムスと年齢高いので、大人な恋愛ドラマが見れるのかな~と、そのへんはちょいと期待です。

f0147413_23311413.jpg

[PR]
f0147413_23481152.jpg出演:パク・シニャン、ムン・グニョン、ペ・スビン、ムン・チェウォン

2008年、SBS、全20話。
『風の絵師』は、下半期最大の期待作に挙げられるファクション(faction)推理時代劇である。キム・ホンドとシン・ユンボクの歴史的な実在人物たちの物語に、小説『風の絵師』でのシン・ユンボクは男装の麗人という設定が加味された。歴史的人物たちのビハインドストーリーをミステリーとして加味し、“ファクション推理時代劇”という独特なジャンルを誕生させた。
SBSで9月24日に初回放送を迎えた『風の絵師』は、パク・シニャンとムン・グニョンが主演し、それぞれ、朝鮮時代の画家キム・ホンドとシン・ユンボクを演じる。
また、歌手チョ・ソンモ(31)が、除隊後の復帰作としてこのドラマOSTへの参加で本格的な活動再開を告げた。チョ・ソンモは、2004年SBSドラマ『パリの恋人』の主題歌『君のそばへ』をヒットさせたことから、パク・シニャンとの縁を感じる。(KNTVHPより抜粋)


感想

当代きっての演技派2人の共演は、本当に素晴らしかったemoticon-0152-heart.gif最初からずっと、なんて演技をするんだ~~emoticon-0111-blush.gifと見とれてばかり。すごく情緒的で、それって演出なのかもしれないけど、その演出に見事にこたえる演技力がこの2人にはありますよね。グニョンちゃんは、年の離れた男性との共演が多いけど、清純な、または性別が曖昧な雰囲気のある彼女にはそれが合ってるんでしょうね。年齢が近いとリアルな感じが漂うけど、離れていると、その清純さが惹き立つというか。そして相手のことも引き立たせるというか。そこがグニョンちゃんの魅力かな、と思います。
またシニャンssiときたら、彼女を見つめる切ない視線だけで、どんな恋愛表現よりも彼女を愛おしく見せてしまうのが凄い。カメラワークも良かったですね。良い意味で何かエロティックなんです。シニャンssiだけじゃなく、彼女を好きな兄や妓生チョンヒャンの視線が、そのままカメラワークになっているというか。だから凄く艶めかしく(笑)湿度の高い感じの映像になったのかな、と。
そしてストーリーも、推理部分とかが緊迫感があって面白い。推理部分と恋愛部分が喧嘩してなくて、綺麗に融合してるんですよね~。ファン・ジニはそういう部分がバラバラに感じて私はダメだったんですが、この風の絵師は違和感なく、また品良く恋愛部分を取り入れていたと思いました。
そしてシニャンssiとグニョンちゃん、前から好きでしたが、またまた好きになりました~vv
星評価は個人的なものなので、お気になさらずに・・・(笑)面白かったしお勧めドラマです!
理由は・・・俗物の私が心を躍らせるキャラが出てこなかったので、自分の中でのウキウキ度がそんなに高くなかったというだけのことです。(笑)超・俗物的な理由です。私の評価なんて、所詮そんなものなんだなぁ~・・・(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]