<   2009年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

「空くらい地くらい」のパク・ヘジンssi・・・というか、くん・・・・可愛い~053.gif
ムヨンという役が、かなり可愛いからだと思うんですが。あと、ムヨンのルックスと。

f0147413_0225114.jpg


■続きはMoreをクリック・・・
[PR]
f0147413_2325122.jpg出演:チェ・スジョン、キム・ユミ、ユ・ホジョン、イム・ホ

2002年、KBS、全30話。
イ・ジェマは、ホ・ジュンが執筆した「東医宝鑑」をもとに四象医学を確立した19世紀の医学者であり哲学者。ホ・ジュンは膨大な東洋医学を中国漢方医学理論を借りて集大成したが、イ・ジェマは韓国固有の独創的な医学を確立したという点で、韓国医学の父と言われている。
2002年の韓国放映時は平均視聴率22.4%と高視聴率を記録。主演は「大祚榮」「太祖王建」「あの青い草原の上で」のチェ・スジョン。


感想

例によってBS民放で放送していたので、週に一回、見ていました。全30話なんだけど、噂では向こうではもっと長いのをカット編集したとかしないとか・・・ハッキリ分からないんだけど、見ていると、場面がとんでるように見えることもあったり、意味が分からないところがあったりしたので、カットして短くなってるというのは本当かもな~と思いました。
何はともあれ、このドラマ、こんなに突っ込めるとは・・・というくらい、突っ込みどころ満載です。ていうか、突っ込んでないと、つまんなくて見ていられない・・・あ、書いちゃった。(笑)このドラマ、面白いですか?(謎)私は本当につまらなかったです。よく30話も根性で見たな、と。チェ・スジョンssiでなければ、挫折していたことでありましょう。そうそう、出演者はなにげに豪華でしたけどね。「商道」のキム・ユミさんとか、ヨン・ナムセンこと、イム・ホssiとか、ポジャン王もいるし。(ポジャン王は途中で出なくなりますが)こんなに豪華キャストなのに、これほどつまらなくドラマを作るとはおそるべし・・・。って、毒、吐きすぎですね・・・;;
ドラマの作りは、イ・ジェマの医師への道がメインですが、それ以外の要素がすごく微妙で、本当に必要なエピソードなの?と思うことがたくさんありました。タイトルバックの妙な曲や踊りもすごい違和感バリバリだったんですが、これはひょっとして私が理解できない、意味のあるものなのかもしれないとは思ったのですが~。
あ~、なんか良いことが何も書けない。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆
[PR]
「風の絵師」なんかも始まるんですが、これはDVDを持ってるので割愛。(今後見る予定ですがまだ未見)

私の注目は「大韓民国の弁護士」「テロワール」ですね~003.gif

すでに「大韓民国~」は見ている人が多数で、評判も良いので、安心して見ようと思っているのですが、問題は「テロワール」です。ほとんど感想を読んだこともないし、むこうで大コケしたという噂もありつつ・・・
でも、キム・ジュヒョクssiとハン・ヘジンさんだし053.gifキム・ジュヒョクssiがタキシード着て出てると、それだけでも素敵・・・(笑)

f0147413_016687.jpg


そして、更に気になるのが、この人。

f0147413_0165193.jpg


どっかで見たことある・・・と思ったら、「白い巨塔」で、情けなくもキーポイントになった若い医者の役を演じた人ではないですか!眼鏡がなかったので、最初は気付きませんでしたよ~。情けない役だったけど、なにげにハンサム・・・と思っていたんですよ、実は。(笑)やはり気になるドラマです。(笑)

しかし、放送はBSフジ・・・吹き替えだ~~~

※「テロワール」の、この人は、「白い巨塔」で、こんな情けない顔してました~(moreをクリック)

More
[PR]
好きな俳優さんについて熱く語るブログは、韓ドラブログをやっていたら、ある程度当たり前のことなんですが、私にももちろん好きな俳優さんはいる(いた)けれど、今現在、誰々を好きなんです!って自信もって言える人がいないような気がして、ちょっと寂しいなぁ~と思う、今日この頃・・・。ドラマ自体を楽しんだり、キャラ堕ちをして、少しの間好きでいても、ずっと持続して好きな人がいないんですよねぇ~。


ちなみに、私が最初に俳優さん個人を素敵!と思ったのは・・・・

More
[PR]
本当に、ホームドラマというやつは、タチが悪い。(笑)何がって、イライラの素がたくさんあって見ていても嫌になっちゃうことも多数だけど、面白いからやめられない。(笑)

f0147413_2343682.jpgそんな中、癒しが彼、パク・ヘジンくん演じるムヨン。やはり可愛い~~vv最初に登場したときは、役柄を強調するためなんだろうけど、ちょっと態度の悪い子だったんだけど、今は安定してとっても良い子。心に傷を抱えていて、それに触れられるとハリネズミのようにハリを立てる感じになっちゃうところもあるけど、殆どの時間がとっても癒される可愛い男の子なのでお気に入りです~053.gif

ちょっと、「噂のチル姫」が気になってきました~(^_^;)
[PR]
f0147413_23575598.jpgf0147413_2358217.jpg2004年に韓国で放送されたドラマなんですね。やっぱり予想どおり、5年前。なんとなく5年くらい前かな~という感じがしてたんですよ。ラブコメ流行ってるころですよね~。今見ると、安定したキャストの定番ラブコメっていう感じがします。チェリムとアン・ジェウクですもの~。そして二番手役にリュジン、パク・ソニョンですよ~。いやいや、なんかキャスティングが完璧。(笑)ストーリー展開も実にテンポよくて、ものすごく好きとか、ものすごくハマるとか、そういうことじゃないけど、間違いない!って感じなんですよ。分かってもらえます?(笑)

f0147413_08230.jpgf0147413_082610.jpgそれと、脚本がカン・ウンギョンさん。カン・ウンギョンさんといえば「ホテリアー」はともかく「タルジャの春」と「強敵たち」でチェリムさんを起用したドラマを描いている方ですよね。もう彼女の魅力を完璧に分かっているという感じ。とにかく、あらゆる要素で安心出来るドラマっていうカンジ~?(^◇^)多分私は、ジェウクssiもリュジンssiも、ハマることはないと思いますが(笑)きっと好きになれる気がします~。キャストを好きにならなくても、面白く見れるから、韓国ドラマっていいですわ~。

ちなみに、3話は・・・

More
[PR]
何だか今日はネットにうまく繋がらない日みたいで、パソコンではブログまで行き着けないため、携帯から投稿。(笑)ゆえに、短めに…多分…(笑)

DVDで、今日からオー!必勝を観はじめました!
まだ1話しか見てませんが、感想は…

more
[PR]
f0147413_22271474.jpg出演:キム・ヘス、チョン・グァンリョル、パク・ソンヨン、ソン・イルグク、パク・イェジン

2002年、KBS、全100話。
権力と愛欲の渦巻く王宮を舞台に、朝鮮中期に家門の没落とともに宮女になった通訳官の娘チャン・ヒビンが、その聡明さと美貌で王の寵愛を受け、自身の野望を燃やしてゆく全100話の大河ドラマ。
主役のキム・ヘスをはじめチョン・グァンリョル(粛宗)、パク・ソニョン(仁顕王后)、キム・ヨンエ( 明聖王后)など、言わずと知れた面々が脇を固め、また政敵として後半からソン・イルグク、パク・イェジンらも登場する。
韓国の三大悪女とは、チャン・ノクス(?-1506年)、チョン・ナンジョン(?-1506年)、チャン・ヒビン(1659年-1701年)の3人で、揃って朝鮮王朝時代に生きた女たちである。彼女たちは、身分の低い生まれながら、その美貌を武器にのし上り、それぞれ9代(燕山君)、10代(中宗)、19代(粛宗)国王に愛されるなどして、国政を意のままに操った。 ドラマ「張禧嬪」は、両班(貴族のような身分)でないチャン・ヒビンが、偶然出会った粛宗王と愛し合い、遂には、中人(今で言う民間人)としてはじめて王妃にまで上り詰めた、究極の愛憎と野望に満ちた歴史絵巻である。

感想

長かった・・・・全100話・・・(笑)
150話130話以上あった「大祚榮」よりも、全然長く感じたわ~(^_^;)
前半、42話の時点で一度私はこんなことをチラリと書いているのですが、そう、確かにこのころはまだ面白く見ていた気がします。(笑)そして、むしろ後半、ヒビンを失脚させる勢力として、ソン・イルグクやパク・イェジンが登場するのを楽しみにしていたくらいでした。しかし結果として、何だろうな~、ヒビンは呆れるほど酷い女として描かれているのだけど、一応主人公なので、その彼女を追い詰める人間としてイルグクssiやらイェジンさんやらが描かれているので、ヒビンにも思い入れできず、かといって、政敵である反ヒビンの勢力も邪魔に感じることがあったりなんかして、どちらにも思い入れが出来ず、みたいな感じになった私でした。
ちなみに、韓国では悪女ヒビンがのし上がっていくまでが高視聴率で、彼女が没落していく後半は落ちていったんだとか。(笑)視聴者はヒビンの味方だったわけですね。(笑)
面白く見ていた時期もあったけれど、100話を見終えて、私は朝鮮王朝の跡目争いのようなもの自体は嫌いではないけど、大奥チックな女性の権力争いモノは、若干向いてないのかもしれない、と思いました。(笑)
クーデターとか、そういうのは結構好きなんですけどね。(笑)それか、朝鮮王朝時代ならば、チャングム、ホジュン、商道などの偉人成功物語みたいなほうがいいかな~。といいつつ、これからも朝鮮王朝モノは見ると思いますけどね。(笑)「イ・サン」とか「太王世宗」とか。(笑)


満足度(☆6つが満点) ☆☆

[PR]
ソ・ジソプ除隊後初の本格ドラマ復帰作で話題「カインとアベル」が、7月24日から、WOWOWで放送開始することが決まりました~vvやほ~~vv

いや、毎回書きますが(笑)わが家はWOWOWは入ってないので本来は見れないんですが、会社の同僚が入っているので、他のドラマのDVDを貸したりしているお礼みたいな形で、録画に協力してくれるんです♪

そして、何よりWOWOWの良いところは、ノーカットの上、途中もCMが入らないことです~vv
つまり、放送ではあるけど、DVDを見てるのと変わらない映像を見れるんですよねvv

それにしても、WOWOWが買う韓ドラは、どれも注目作が多いし、わりと普通の恋愛ドラマではないドラマを選びますよね。今はチェ・ジウの「スターの恋人」ですが、その前は話題の「食客」だったし、「犬とオオカミの時間」、以前は「私の名前はキム・サムスン」などもありました~。人気作、話題作が多いです、WOWOW。
なので、今回もカイアベがWOWOWで放送と聞いて、さすがWOWOW、と思いましたもん。(笑)

WOWOWは、毎回、週に一回、2時間ずつ放送されるので、普通の週に一回放送されるBS民放よりは進みが早いですが、なにせ録画を頼む立場なので、ひょっとして全話録画し終わってからの視聴になっちゃうかもしれませんが、楽しみで~す。(*^_^*)

f0147413_0122046.jpg

[PR]
BS日テレの昼12時枠で、クムスン→ラブトレジャーと続いて、つい最近から「不良家族」が始まりました。「不良主夫」も最近放送されていたかな。
この不良シリーズの中の一つ「不良家族」には、白い巨塔、ベートーベン・ウィルスキム・ミョンミンssiと、犬とオオカミの時間、食客ナム・サンミが出ていて、ちょっと見てみたかったんですが、なにせ今週いっぱい、同じ時間帯の他局デ「チャン・ヒビン」が放送されていたため、録画することができず、見ていませんでした。

それで、たまたま今日、平日休みの日で、ヒビンを録画しているのと違うTVで「不良家族」を見てみたんです。
そしたら・・・けっこう私、好きそうなことが、たった1回の視聴で分かりました。(笑)

何がいいって、ミョンミンssiの役がかなり良い。ツンデレですな、これは。(*^_^*)
ナム・サンミも、犬とオオカミより食客のほうに近い役で、明るくてくったくなくミョンミンssiに接する女の子で、一回見ただけで、彼女とミョンミンssiの恋の行方が気になってしまいました。(笑)

この枠で放送しているドラマは、13時半から、再放送枠があるんです。
現在はクムスンを再放送中なので、しばらくクムスンは続くでしょうけど、「不良家族」が再放送の際には、ぜひチェックしてみたいです016.gif

f0147413_16134670.jpg

[PR]