<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0147413_21523917.jpg出演:ハ・ジウォン、キム・ジェウォン、チャン・グンソク、キム・ヨンエ

2006年、KBS,全24話。16世紀の朝鮮王朝時代に、名をはせた実在の名妓、ファン・ジニ。当代を代表する詩人であり、音楽を愛した芸術家として知られる。差別や偏見の多かった時代に反旗を翻しながら、芸の道を追求し、本音で生きた一人の女性として、彼女の人生を新たな視点で描き出し、本国の放送時には平均視聴率20%を超える大ヒットをマーク。
主人公を演じたのは「バリでの出来事」「チェオクの剣」のハ・ジウォン。またファン・ジニの淡く切ない初恋の相手に「快刀ホン・ギルドン」「ベートーベン・ウィルス」のチャン・グンソク、そして大人になった彼女の身分違いの恋の相手に「ロマンス」「兄嫁は19歳」のキム・ジェウォンがそれぞれキャスティングされている。
特にハ・ジウォンはファン・ジニの熱情を体当たりで表現し、その意気込みと名演技は大絶賛され、KBS演技大賞ほか、様々な賞に輝いた。


感想

見る前からファンジニの韓国内での評判の高さは聞いていたし、放送したのがNHKということで期待も高く見始めました。吹き替えには慣れているので、そこを気にはしていなかったのですが、見始めてもどうも気持ちが乗ってこない・・・。私、ドラマの主人公が女性だった場合は、その女性のキャラクターに共感出来ないと、かなり辛いんです。(苦笑)男性が主人公のドラマは、わりと見方が寛容なんですけどね。(爆)その部分で、まずファン・ジニという女性(最初は少女でしたが、そのときから既に)に終始共感出来なかった部分がたぶん一番の要因だったのかなぁ~と。だからあくまでも私の感想っていうことで、実際韓国ではすごく視聴率も良かったし、日本の雑誌記事とかでも評価も高いし、たぶん面白かったという人もたくさんいるんだと思います。
でも私は乗れなかった・・・。それと、今は「ホンギルドン」で惚れてしまったグンソクくんですが(笑)このドラマでは本当に幼い若様。この若様も世間では大好評だったらしいですが、私にはただの子供。辛い局面を自分で打開できない幼さばかりを感じてしまい、まったく悲恋の魅力も感じることができなかった;;
しかし、それよりなにより、ドラマの展開です。物語はファンジニの二度の恋がどちらも成就出来ない恋愛部分、そして芸の上でのライバルの女性とは、恋の上でも微妙にライバル。そこに焦点がずっと当たっているのなら、それはそれで恋愛ドラマとして受け取れるのだけど、そうかと思うと一流のキーセンとしてのし上がるための芸妓を争う対決場面や、芸の師匠との秘技を受け継ぐとか継がないとか、そういう場面はまるで一人のキーセンの成功物語のようだし、それが何だか行ったり来たりしていて、恋愛でドップリ・・・という気分になったかと思うと、芸妓争いでまったく違う気分にさせられ、このチグハグ加減がどうも・・・どっちかに集中させてくれ~!って感じだったんですよねぇ・・・。結果、どっちにも気持ちを入れられず、中途半端な気分のまま終わってしまったのでした。ここが私にとっての敗因です。(苦笑)
話題のドラマだっただけに、なんだか楽しめなくてガッカリしたというのが感想でした;;


満足度(☆6つが満点) ☆☆
[PR]
f0147413_23534281.jpg出演:チソン、キム・ミンジョン、チョ・ジェヒョン、イ・ジフン

2007~2008年、MBC、全23話。
2007年の韓国ドラマ界は医療ドラマの当たり年となり、大学病院の胸部外科を舞台にした「ニューハート」も、「外科医ポン・ダルヒ」「白い巨塔」と並び、平均視聴率24.6%の大ヒットを記録した。
主人公を演じるのは、除隊後のドラマ初主演になった「オールイン」「ラストダンスを私と一緒に」などのチソン。それまでの落ち着いた優等生タイプの演技から脱皮し、茶目っ気たっぷりの新人外科医を演じ、好評を得た。相手役は「ファッション’70」「アイルランド」などで演技に定評のあるキム・ミンジョン。見た目は優秀で堂々としているが、実は心に痛みを抱えている、チソンと同期の新人女医に扮し、チソンとも行きのあった演技を見せた。また、「雪だるま」「ピアノ」で知られる演技派俳優チョ・ジェヒョンの迫力ある演技が、ドラマを更に盛り上げた。(「もっと知りたい!韓国TVドラマ」より、一部抜粋)


感想

チソンのドラマ。それくらいの認識しかない状態で見始めました。あ、もちろん医療ドラマというのは分かってましたが。(笑)チソンは、「オールイン」ではあまり好きなタイプではなかったのですが、「ラストダンス~」を見て、少し見直したんです。それでも、好きというほどではなかったのですけど、このドラマのチソンは、マイベストでした。彼のドラマの中では、ダントツに。
やはりケサンくんもそうでしたが、除隊後は思い切ったイメージ変換とか、そういう人が多いみたいですね。このチソンも、今までのイメージとはガラリと違う役で、新人の大学病院の医者だから、若さが前面に出ているし、調子が良くて、優しくて、親しみがあって、医療に対して真摯であり、情熱的であり・・・何より髪型が鳥の巣みたいで可愛い。(笑)役によく合ってました。
全体的にはチソンの成長物語でもあり、恋愛物語もあり、そして演技派チョ・ジェヒョンが第二の主役ばりに目立って、でもそれが結構いいバランスで表現されていた感じがしました。
ただ・・・医療ドラマの中でも、飛びぬけて手術シーンのスプラッタな場面が多くて(笑)時に、ちょっともう勘弁して、と思ったときもあったくらいで・・・(苦笑)血液、飛びまくりです。(笑)
血が極度に苦手な方には、厳しいかもしれません。いや、私も得意じゃなく、むしろ苦手なのですが、もう途中からはあまりに凄くて、かえって笑っちゃいました;;
ドラマの設定とかは「外科医ポン・ダルヒ」の男性版に近いものがありますが、不思議と雰囲気がカブるという感じは、そんなにしなかったです、私は。どちらもそれぞれ面白かった。
チソンの、あたらな魅力発見!なドラマですので、今までチソンはちょっと…という方も、オススメしてみたいドラマかも。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_0241936.jpg出演:シン・ウンギョン、リュ・スヨン、チェ・ジョンユン、ピョン・ジョンス、パク・サンミン

2007年、SBS、全16話。
不良シリーズ第3弾(『不良主夫』『不良家族』)。
主演のシン・ウンギョンは、映画「花嫁はギャングスター」など、映画界で活躍していて、8年ぶりのドラマ復帰ドラマが、この「不良カップル」となった。
結婚はしたくないが子供は欲しい、30歳のオールドミスが最高の遺伝子を求めるところから始まるこのドラマは、前半はラブコメディとして楽しく胸キュンな展開を見せつつ、後半は打って変わって、さまざまな問題を二人がかかえつつ、乗り越えていこうとする、切なく感動的な展開となる。
また、主演カップルの他、もうひとつ別のカップルの恋の行方も同時進行する。
これは最近増えてきた手法だが、二つのまったく違った形の愛を見せてくれるし、また、それがドラマの面白さとしての相乗効果となっている。


感想

最初は、主演2人のカップルではない、もう一組のカップルの愛の行方が、あまりに濃過ぎて、主演2人の純愛カップルと違いすぎることに戸惑いと、多少の嫌悪すら覚えました。
んが、しかし。
見ていくうちに、なんとなくそちらのカップルの行方も気になりだして、最初はこっちのカップルに話が移るとイヤだったのに、途中からはどちらも気になって、交互に流れる2つのカップルの行方が、不思議なバランスを保ってるような感じがしました。
主演のシン・ウンギョンは、私は初見ですが、その地味な顔立ちに、どのへんがスター女優なのか?と疑問に思ったほどでしたが(失礼;)やはり演技が上手いのか、見慣れてくると、すっかり彼女に感情移入。そして相手役のリュ・スヨンは、私の中では悪役でしかなかったので、こんなに良い人の役が似合うとは!と驚きのキャスティングでした。
何度も見返したい、というドラマではないですが、胸に迫る切ないシーンが心に残る1作です。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]