<   2008年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

f0147413_0173435.jpg出演:イ・ヨウォン、イ・ボムス、キム・ミンジュン、オ・ユナ

2007年、SBS、全18話。
アメリカの人気ドラマ「グレイズ・アナトミー」を思わせるキャラクター設定とエピソードに、韓国ドラマならではのラブストーリーと成長物語を融合させのが的中し、第6話では20%超えを記録、予定より2話延長の全18話で終了した。脚本は「頑張れ!クムスン」を手がけたイ・ジョンソン。
このドラマでもっともスポットライトを浴びたのは、ドラマ初出演のイ・ボムス。映画界で活躍し、コメディで開花した彼が、今までとは打って変わって気難しい天才医師を演じて大当たり。
イ・ボムスの相手役でドラマのタイトルロールを演じたのは「ファッション’70」のイ・ヨウォン。少し間の抜けた頑張り屋のポン・ダルヒを好演し、年末のSBS縁起対象で最優秀演技賞など4冠に輝いた。


感想

韓国では医者ドラマブームなのか、私もコレを皮切りに、結局3本は見た・・・・実はそれまで私は医者モノは苦手で、アメリカドラマの「ER」もほとんど見たことなかったので、好きな俳優キム・ミンジュンが出ていることと、これまた私のバイブル雑誌「もっと知りたい!韓国TVドラマ」でサブメイン特集で取り上げられていることで、重い腰を上げた、という感じでした。(笑)
イ・ヨウォンはファッション’70で先に見ていて、あ~~んまり好きな感じの女優さんじゃなかったんだけど(笑)このポンダリ役はね、良かったです。ただ、おばさんパーマみたいな髪型がダサダサで、どうして彼女をキム・ミンジュンみたいにカッコいい人が好きになっちゃうのよ~;という気持ちにはなったけど。(笑)
大ブレイクしたイ・ボムス演じるアン先生は・・・・ごめん、本当に苦手でした、この役が;;
顔も苦手なんだけど、役も苦手で、笑顔までが苦手で(笑)頼むから笑わないでください、と画面に向かって祈った失礼なワタシ・・・。
でも、そんなこんななことはありつつも、ドラマはテンポ良く見れて、手術シーンとかあるけど、そんなに目を覆うほどスプラッタなシーンは多くなかったので、その点でも助かりました。
(その後見た「ニューハート」が、ものすごいスプラッターだったので・・・笑)
お目当てのキム・ミンジュンの役は、相変わらずカッコいい役なのだけど、後半ちょっと精神的に不安定になったりして、まあそのへんが人間らしいんだけど、やはり彼にはずっとかっこよくいて欲しいので(笑)ちょびっとマイナスかな。(笑)
ドラマ全体としては、脇役も程よく活躍し、女医ポンダルヒの成長物語の部分がメインで、爽やかでなかなかお勧めのドラマです。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]