<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0147413_0163612.jpg出演:コ・ス、イ・ダヘ、イ・ジョンヒョク、キム・ソヒョン

2005年、SBS、全22話。
命的な愛を貫く偉大なる物語、サスペンス・ラブストーリー『グリーン・ローズ』。
殺人の汚名を着せられたある男の脱走劇と成功、そして復讐をテーマにし、男性が好むテーマを盛り込んだドラマですが、要所要所にロマンスも取り入れられているため多くの女性にも受け入れられました。
喜びや悲しみ、希望や絶望を同時に味わう男の姿、また大規模な中国ロケを行い、中国と韓国を行き交いながらリアルに表現される成功と野望、そして企業の暗闘など、スリリングな要素も多くのファンを生んだ要素だと言えるでしょう。
女性には死をも厭わない美しい愛とファンタジーを、男性には愛する女性を命がけで守る純愛を教えてくれるこのドラマは、幅広い世代の人々から人気を得て大きな話題となりました。


感想

BSフジの、年末一気放送があったとき、少しだけ見たんですが、さすがに本当に年末で、朝から晩までの放送をずっと見ていられるような時間はなく(笑)かといって、好きな俳優が出ているわけではなかったので、録画してまで・・・という思いから、今まで見る機会のないドラマでした。
少しだけ見た限りでは、それでも骨太な面白いドラマ、という印象だけを持っていたのだけれど、当時サスペンスにそれほど興味がなかったんですね。ところが、最近「復活」「魔王」とサスペンスを見たことで、グリーンローズも面白そうだと思って、今回改めて見ることに~。

で、最初のほうは、主人公のコ・スくんが、どこまでも不幸へと堕ちていく話が続いて、正直ちょっとメゲたというか、コ・スくん本人も、ハンサムとは思うけど、私のタイプじゃなかったし、しかも脱走劇では突っ込みどころ満載で、ついつい、え~~、こんなことしたら、普通警察呼ぶでしょ?とか、そう思うこととか多くて、ご都合主義だな~って思ってたんです。

ところが、後半、コ・スくんがいよいよ復讐を始めるあたりから、まずキャラが変わって、普通のサラリーマンだった彼が、中国の大企業の社長として戻ってきたとき、クールで身内には優しくて、強くて冷静で、とにかく、カッコよくないとは言えない!っていうくらい、カッコよくなって戻るんですよね。(笑)あの、抑えた演技がとてもカッコよかった。

全体的にテンポもよく、「復活」ほど難しくなく、サクサク見れるのもよし、です。
ラストのほう、多分好評で20話が伸びて22話になったのかな?という感じがするんだけど、そのせいか、ちょっとテンポが悪くなる感じも少々。引き伸ばしかしら?と思った。(笑)
やっぱ、ドラマは好評でも、引き伸ばしちゃ魅力が半減するかもね・・・

それにしても、このときのイ・ダヘ、演技下手だなぁ・・・;;
このあと、色々出るようになって、上手になっていったんだね、きっと・・・

足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_0313584.jpg出演:ペ・ヨンジュン、ムン・ソリ、イ・ジア、ユン・テヨン

2007年、MBC、全24話。
まずは完全事前製作ドラマ・・・となる予定で話題を集めたが、結局放送自体も半年も遅れ、撮影も普通のドラマのようにギリギリまでかかってしまったらしい。
だが、韓国ドラマ界の巨匠キム・ジョンハク監督とペ・ヨンジュンのコラボレーション、総制作費50億円を越える大プロジェクト、済州島に建設された巨大セット…と放送前から話題を呼んだ。結果、視聴率も30%を突破し、イ・ジアら若手俳優の人気も高まっている。
また、音楽は、日本を代表する作曲家 久石譲。スタジオ・ジブリ作品などを手がける久石が、「太王四神記」の全ての曲を作曲した。そして日本放送版のエンディングテーマ「千年恋歌」は、アジアを席巻する韓国のコーラスグループ「東方神起」が歌う。
神話のに語られるチュシン国の王の星のもと生まれたタムドク(ペ・ヨンジュン)が、数々の困難を乗り越え、天から与えられた四神の神器とその守り主をさがし当て、真の王へと成長する物語。優しさと強さを兼ね備えたタムドクを演じるペ・ヨンジュンの演技が見どころ。


感想

最初はBShiで始まったノーカット字幕版を週に一回、おとなしく見ていたのですが、だんだん我慢が出来なくなり、とうとう12話からDVDで一気に見てしまいました。(笑)
初めの部分は、まさしく作られた神話の世界で、まるでミニチュア・ロード・オブ・ザ・リング。
CGも効果的に使っていて、このドラマの大事な部分を派手~にご紹介。この、神話部分の流れは、実のところ見ながらかなり突っ込みどころ満載だな~~って思ってはいました。
ただ、スタッフの、このドラマへの意欲は感じられて、作りこんでいる苦労を想像すると、突っ込んじゃいけないんだろうな、と、思いなおしました。(笑)皆さんも、流したほうがいいです。(笑)
神話なんて、だいたい現実離れしてるもんだし、そういうもんだ、と思ったほうが楽しめる。
そして、それから3000年後の三国時代、歴史モノのお約束の子役時代から始まって、この子役代に、物語の基礎は頭に入れておきましょう。私は3話まで見たら、もう一度1話に戻って、最初から見直して4話に進みました。そしたら、かなり分かりやすかったですから。
このドラマ、最初のほうでは、話が複雑すぎるという理由もあって、子役時代、今ひとつ視聴率が伸びなかったと聞いています。(ヨン様出てきたらあがったらしいですが)

で、感想なんですが、面白かったです。ヨン様は最初皇太子なんだけど、王様になってからのほうが威厳があってよかったです。実際、演技も後半になるにつけ、評価が上昇していったと聞いています。まさしく熱演という感じがしたので、MBC大賞獲ったのも頷けました。
だけど、私が週一回でよいと思っていたのを、待ちきれなくなったのはヨン様のせいではなく、敵役のホゲ役ユン・テヨンが良かったからです。(笑)だからこの紹介画像もホゲさま。(笑)
タムドクと同じ、チュシンの星が輝く日に生まれた、王家の血をひくヨン家のホゲ。それが彼の悲劇の始まり・・・という風に、私はとらえました。(苦笑)
確かに彼は、回が進むにつれ、武将としての才能はあるけれど、王としての器ではないというのが明らかになってゆく人。けれど、運命の日に生まれたがために、母に伝説のチュシンの王の再来として幼い頃から教育され、周囲もそういう目で見守るなかで育ったせいで、自分でそれ以外の道を見出すことが出来なかったのよ~。
でも、彼はその道を進みながらも、自分の器に気づいている。だけどタムドクへの敵対心から、進むことをもう止めることが出来なくなっていくのね。
終盤になるにつけ、どんどんホゲが壊れてゆくのを見ていくのは、可愛そうで仕方がなかった。
彼は、違う日に生まれていたら、きっとタムドクの良き親友、そして良き家臣、右腕として共に最高の関係を築けていただろうに、と思わされる。子役時代、とても素直でタムドクのことも大好きな子だった、という設定だったから、なおさらです。
ま、ようするに、入れ込むキャラがいると、ドラマは面白く見れるという典型でした。(笑)

ところで、ネタバレはしませんが、ラスト、結末がちょっとボカしてあるような気がしてなりません。パート2の噂もあり、そのせいなのかしら?う~ん、あのラスト、気になる・・・(^_^;)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2324489.jpg出演:イ・ヨウォン、キム・ミンジョン、チュ・ジンモ、チョン・ジョンミョン、ヒョニョン

2005年、SBS、全28話。
60~70年代の上流階級の洗練された文化と特殊なファッション業界を背景に繰り広げる4人の若者の愛と野望を描いたドラマ『ファッション70s』。
前作『チェオクの剣』(MBC)で一躍世の注目を集めたイ・ジェギュPD、『パリの恋人』を撮ったイ・ヨンチョル監督と二人三脚で作られたこのドラマは、視聴率15.7%で放送を開始してから、26話でついに30%を突破するなど、根強い人気を維持した。
また、異なった個性でそれぞれの魅力を発揮した4人の俳優たちの好演で話題を集めたほか、中堅俳優らの熱演も『ファッション70s』を語る際に忘れてはならない要素である。
挿入歌であるFLY TO THE SKYの「胸が痛くても」は、彼らが特別な宣伝活動をしなかったにもかかわらず、ドラマと人気を共有するようにヒットした。



感想

朝鮮戦争が、主演4人の子供時代の舞台となり、それぞれの運命を分けるという出だしは、かなりひきつけられた。見終わった今でも、子供時代の描かれ方が一番印象に残ったほど、また子役たちの演技がすごく光っていた作品だと思う。
大人になった4人が生きていくのは、戦後の、世の中が変化してゆく経済成長の時代。
子供時代に絡まった4人の人間関係の糸が、物語が進むにつれて、徐々にほどけてゆくが、それにともなって明らかになっていく真実は、必ずしも彼らを幸せへと導かない。
それほど、戦争中という時代が作った複雑な人間関係は残酷でもあった。

主演4人の中でも、ドミはもっとも中心にいる人物で、戦後のファッション界を生き抜いてゆく、ある意味たくましい女性だが、実は彼女からたくましいという印象は、ほんのラストまではそんなに感じない。天真爛漫で、子供のままのように純粋なドミは、男性2人から無条件に愛される…ように見える。(笑)う~ん、つまり、私は彼女のどこがそんなに良くて、2人の男性から全部を引き換えにしても良いと思えるほど愛されるのか、そこに納得がゆかないために、大人になってからのストーリーに、子役時代ほどの魅力を感じることが出来なかったのが本音だ。

子役時代は、本当に面白く、よくこんな劇的な運命を作り上げたものだ、と、見ていてずっと感心していたのだけれど・・・考えてみると、子役時代のメインは、どちらかというとジュニ(のちのドミ)ではなくガンヒ(のちのジュニ)とビニであるのに対して、大人時代では最初こそガンヒ(ジュニ)ではあるが、後半はドミ(ジュニ)、そしてドンヨンで、子役時代とメインが逆になってしまう。
子役時代にガンヒとビニの過去が、なんとも悲劇的に(ジュニの過去も悲劇的ではるが…)描かれているため、その2人に気持ちを入れ込んで見ていたせいもあって、大人になってからも、結局主演2人の脇役となってしまうガンヒとビニのほうに、どうしても感情移入してしまったというのがあるかもしれない。おかげで、なんとも言えずスッキリしない終わり方、という風に感じてしまった。物語的には完全にハッピーエンドであるにもかかわらず、である・・・

つまり、大人になってから、素直にドミとドンヨンの恋の行方に共感できるかどうかで、物語の後半を楽しめるかどうかが違ってくるのかもしれない。

ちなみに、このドラマのもうひとつの私の見所は、Fly To The Skyのヒット曲「胸が痛くても」が、大人になってからはほぼ毎回BGMとして流れたということだ。(笑)しかも、必ずその場面は切ない恋愛場面。余談だが、FTTSはこのドラマが放送された年、丸一年活動らしい活動をしておらず、にもかかわらず、この曲はヒットした。(OSTに収録)活動していなかったのは、その後、所属事務所を移籍したからである。そして、この「胸が痛くても」に後押しをされたかのように、移籍後の初のアルバム、彼らの6集「Transition」は10万枚以上を記録した。この年の上半期で10万枚以上を売り上げたのは、FTTSのほかには1組だけだったという。

ドラマ評価は、子供時代をメインにつけてみました。(笑)

足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]