<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

f0147413_0414917.jpg出演:キム・レウォン、チョン・リョウォン

2006年、MBC。全16話。
韓国ドラマ『君はどの星から来たの』は、ちょっと変わったタイトルが注目を集め、2004年に大ヒットした「フルハウス」を手がけたピョ・ミンス監督の作品ということもあり、放送前から話題になっていた作品。
主人公のスンヒを演じるキム・レウォンは『屋根部屋のネコ』や『ラブストーリー・イン・ハーバード』で日本でもおなじみの俳優だが、甘いマスクの上に、以前から評判だった演技力により一層磨きがかかっている。
パートナー役には『私の名前はキム・サムスン』で好演したチョン・リョウォンが抜擢された。
脇を固める俳優陣も演技派を集め、加えて、緊張感のあるストーリー展開で、裏番組に「春のワルツ」など話題作の多かった同時間帯でトップとなる高視聴率をマークしたドラマ。


感想
キム・レウォンは「屋根部屋~」「マイラブ・パッチ」で好きになり、「雪だるま」「ラブストーリー・イン・ハーバード」「愛してると云って」など、けっこう色々と出演作を見ているのですが、実のところ今回キム・レウォン出演作ドラマを見るのは、けっこう久しぶりでした。
楽しみにしていた「ハーバード」が、私にはドラマとして今イチで、期待してなかった「愛してると云って」が意外に面白かったりと、少し当たり外れを感じていたところでもあって、それにあまりにカッコよくて(笑)でものめり込めないものがある不思議な存在が、私にとってのキム・レウォンなのでした。だから、今回も当たりか外れか・・・と思いつつみ始めたこのドラマ。
結果的に、けっこう面白かったです。正統派の韓国ドラマです。
最近の傾向なのか、泣かせる部分とコミカルな部分が同居していて、ただそのバランスが絶妙かというと、まあ、そのへんはそうでもなかったような気はするんですけども。(笑)
良かったのは、相手役のチョン・リョウォン。キム・サムスンでの、あの病弱な彼女は、細い身体にあまりにハマッていたので、そういうイメージが頭の中にあったものだから、このポクシルという、田舎臭い名前の、でも純粋で明るい女の子の役は、チョン・リョゥオンの縁起の幅を広げたといっても良いのかもしれません。めっちゃめちゃ可愛かったです、この彼女は。
キム・サムスンで彼女を嫌いになった方、ぜひ、ためしに見てみてください。印象変わります。
途中、2人は八方塞がり状態でどうしよう?というくらい切ないシーンもあるのですが、最終的に心温まるラストとなっています。これも正統派韓ドラがお好きな方にはお勧めです。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2356785.jpg出演:ソン・ユリ、コン・ユ、イ・ヨニ、ナムグン・ミン

MBC、2006年作品。全16話。
「乾パン先生とこんぺいとう」などで高校生役が多かったコン・ユが、等身大の男性らしい大人の役を演じる。またこのあと「雪の女王」に出演するなど、この作品で2年ぶりにドラマに復帰したソン・ユリ、「復活」「海神」で少女役だったが、このドラマで一途にコン・ユ演じるゴンを愛する女性を演じたイ・ヨニ、100万ドルの笑顔のナムグン・ミンと、共演者も魅力的な顔ぶれ。
物語は、日本のマンガ「エデンの花」(末次由美・著)の設定をモチーフに、行き別れた兄弟の愛を、切なく美しく描いている。オーストラリアの美しいロケも見所。


感想
「乾パン先生とこんぺいとう」で27才?とは思えない可愛い高校生役を演じたコン・ユが、等身大の大人の男性を演じるということで、見る前から楽しみにしていた一作です。
それと放送がWOWOWだったので、これまでWOWOWは「キムサムスン」「キツネちゃん」と、革新的で心に残る素敵なドラマを放送してきていたので、これにも期待しました。
結果、前2作ほどの斬新さ、新しさなどはなく、有る意味WOWOWらしくない、WOWOWじゃなくても良かったのかも?と思える、とてもノーマルな韓国ドラマらしい展開のドラマだった、という感じでした。
でも、それは別に面白くなかったわけではなく、正統派の韓ドラ路線は、やはりいつも引き込まれ、つい次へ次へと気になって見てしまうわけです。
期待のコン・ユ君は、期待どおり、大人の役を演じてくれていて、私の中の幼いイメージを払拭してくれました。また、鍛え抜かれた贅肉一つないような肢体を、惜しげもなく晒してくれて、大変ご馳走様でございました。(笑)彼は本当にスタイルがよい。顔小さい、肩幅ある、手足が長い。完璧です。ユ君の笑顔が好きな人は、このドラマでは殆ど見られないため、寂しい思いをするかもしれませんが、別の面が見れるので、それも楽しんでみるのが良いかもしれません。
あと、100万ドルの笑顔、ナムグン・ミン君が、どこまでもカッコよく、可愛かったです。
ソン・ユリは、常に演技力を疑問視されてきたそうですが、確かに、この役を見ていても、ついこの前見た「雪の女王」の役と、そんなに変わらない、同じような女の子に見えてしまって、そのあたりが、やっぱりそういわれてしまう所以なのかな、と・・・可愛いですけどね♪

とにかく正統派・韓国ドラマです。そういうのがお好きな方は、楽しめると思います。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]