<   2007年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

f0147413_0301963.jpg出演:キム・ミンジョン、ソ・イヒョン、 シン・ソンロク、オ・マンソク、ユン・ダフン

各ケーブルテレビが本格的にドラマ制作に乗り出し始めた06年。男性版「セックス・アンド・ザ・シティ」として2〜30代の男女視聴者に熱い支持を受けたドラマ。
地上波では放送規制のため表現しきれなかった現実感やユーモアを、全編通じてちりばめた完成度の高いドラマ。
刺激的なお色気たっぷりシーンに度肝を抜かれるが、実はドラマの根底は韓ドラの屋台骨“純愛”だったりする。登場人物達の恋愛模様に、切なくて胸がキュン!!
ドラマ中で使われる曲も、とってもいい曲が多くて、センスのいいこのドラマにピッタリ。韓国では、初めてハリウッドの見本市に出展されることでも話題に。


感想

前評判は、地上波で出来ない刺激的なシーン満載ということでしたが、見るまでは、まさかここまでやるとは思ってなくて、ビックリしました。
ここまで、って、どこまでよ?とお思いでしょうが(笑)胸が露わになり、sexシーンも映画ばりに登場。笑える男性キャストの半ケツ姿も・・・(笑)
とはいえ、主要登場人物の中で唯一の妻帯者、オ・マンソクのsexシーンはけっこう激しい?って思ったけど(笑)その他は、胸が露わになったり、色々するのは主要キャストではなく、脇役でAV女優役のヒトだったり、ゆきずりの恋の相手だったり。
主要キャスト達の恋愛は、どれもが、その刺激的なお色気とは反比例するかのように、今までの韓ドラ同様、とても純粋で一途。想いが通じなくて切ないところも同じです。
最初こそ、そのお色気たっぷりぶりに慣れなくて少し引いた所もあったけど、見ていくうちに、彼らのキャラクターが非常に立っているため、まるで彼ら本人がこういう人たちのような錯覚を覚えるほどハマッていましたし、演技も上手。
一番惹かれたのは、やはり地上波ドラマでは描かれたことが殆どない、ゲイ役のソクジン(シン・ソンロク)の恋愛模様。過去の恋人(♂)との恋に破れ、自分がゲイだと知らずに一途に想いを寄せてくれるジョンウン(ソ・イヒョン)が愛おしくなり、そのジョンウンのことを好きなのが、自分の親友で、どこまでも優しいイイヤツのチョルス(キム・ミンジョン)。彼女のことを心から大切に思いながら、異性としての彼女を愛せるかどうかに悩む姿は、このドラマが初めての(といっても、ミュージカルスターとして舞台で演技をしている)シン・ソンロクが魅せる演技で惹きつけられた!
彼はまだ25才という若さだけど、落ち着いて見えるし、あまりにハマッていて、ゲイぶりが見事。(笑)ホンモノみたいに見えるよ〜(笑)
あと、チョルス役のキム・ミンジョン、期待してなかったのに、すごく良かった!
ラストは、だいたい予想通りながらも、切なくて切なくて、後をひくドラマです♪


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
f0147413_11305066.jpg出演:チョ・ヒョンジェ、ハン・チェヨン、イ・チョニ、ホン・スヒョン

「バリでの出来事」をヒットさせたチェ・ムンソク監督が、次に手がけたドラマ。
バリとは雰囲気を一転させ、未婚のシングルマザーを題材にした明るく切ないラブストーリー。主役の自分本位で高慢な財閥2世には「ラブレター」で透明感のある純粋な青年を演じたチョ・ヒョンジェ、料理以外には取り柄がないが、人情もろい熱血漢のシングルマザーには「快傑春香」のハン・チェヨンが扮する。
当時韓国で放送されていたのは、05年大ヒットドラマ「私の名前はキム・サムスン」を初め、「頑張れ!クムスン」「ファッション70’S」など高視聴率ドラマ揃い。その中にあって、3〜5位と健闘した。


感想

「ソドンヨ」のチョ・ヒョンジェにヤラれた直後なので、きっとハマれないと思いながら見始めたこの「オンリーユー」。(笑)だって、ソドン公みたいな完璧なキャラを見た後に、普通のラブストーリーの男が素敵に見えるわけがない。(^^;;
でも、見てみると、どっちかっていうと、あまりに違いすぎて同じ人とは思えず、それがかえって良かったのか、普通〜〜に楽しめました。
チョ・ヒョンジェ君の役は、ちょっと情けなくなるくらい人の心が分からない、自分本位の男なのだけど、それでもハン・チェヨン扮する主人公のことを一途に愛するがゆえに、勝手な行動や強引さも許せてしまうから不思議。ハン・チェヨンと一緒に、見てるこちらの視聴者も振り回されてるのかもしれない。(笑)
ハン・チェヨンは、春香と似たようなキャラだけど、こちらのほうが少し大人。
キツい性格の役がすっかり板についてしまったようだけど、彼女の涙は想いが伝わってきてとても良いかも。
何度も見返したいドラマというほどじゃないけど、最後まで面白く見れました。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆(実際は3.5)
[PR]
f0147413_23424929.jpg出演:コ・ヒョンジョン、チョン・ジョンミョン

見所は大ヒットドラマ「私の名前はキム・サムスン」の脚本、および監督が手がけたドラマで、路線も同じ少し大人の女性と年下男とのラブコメっていうところ。
リアルな女性心理が共感を呼ぶわけですよ。(笑)そして年下男チョルスを演じるチョン・ジョンミョンが、めちゃくちゃ童顔で、役柄にピッタリ。可愛いです。
韓国でも高視聴率で、彼の一途な目が「捨てられた子犬みたい」と人気に。(笑)
キム・サムスンでもあった、心の中の声のモノローグが、忘れていた自分の心の奥を上手い具合に刺激して、思わず引き込まれます。
ただの切なく笑える、めでたしめでたしのラブコメとは違う異色作であり、秀作。


感想

主演のコ・ヒョンジョンは、それまで清純派だったらしいですが、私は全然知らない女優さんだったので、あまり関心がなかったし、チョン・ジョンミョンも、童顔過ぎて私の好みではない!とまで思って、楽しみ〜!って感じではなく見始めました。(笑)
ところが、まずコ・ヒョンジョン演じるビョンヒの役がすごく良くて、彼女が容姿端麗ではない、普通の女性をリアルに演じているところに惹きつけられました。
そして、ビョンヒの相手、9才年下役のチョン・ジョンミョン演じるチョルス。
好きな顔じゃなかったのに、全然タイプじゃなかったのに、いつの間にか惹かれていたのです〜。可愛いんだもの〜〜。ビョンヒへの態度と目(視線)が、たまらんですね。
いきなり、とある訳で一夜を過ごした2人(このへんはドラマらしい設定ですね)で、それまでは姉と弟のような関係だったのに、2人に、というか、チョルスに変化が出てくるのだけど、それが一夜を過ごしたための衝動だ、と最初は思っていたけれど、後になってから、実はそうではなかったと分かった時に、一気にチョルスに堕ちてしまった私なのでした。(笑)そう、彼の愛は視聴者が思うより、ずっと深かったのよ〜〜vv
それと、脇役のドラマも良かった。ビョンヒの妹の恋愛も、同時進行なのだけど、これがまた、姉の恋愛並みにいばら道。(笑)最初はあんまり興味ない2人だったのに、いつの間にかこの2人を応援している自分がいました。素敵な2人だったよ!

あり得ない度数ではサムスンもコレも似たような設定だけど、私はサムスンより共感を持ったドラマでした。面白さは、どちらも面白かったですけどね。
脚本キム・ドゥ、素敵なドラマを書く人だな〜〜と、改めて思いました。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆(実際は5.5)
[PR]
f0147413_0511818.jpg出演:イ・ダヘ、イ・ドンウク、イ・ジュンギ、パク・シヨン

「快傑春香」のスタッフが作ったラブコメディ。笑えて切なくて心温まるドラマです。
何かで一発当てることしか知らない父親を持ったユリンは、幼い頃から借金取りなどに追われて、アジア中を転々とする生活を送りつつ、その父の影響を受けてウソを上手についてお金を儲けるのが得意な女の子。
そんな彼女と、財閥の跡継ぎで冷徹で理性的なビジネスマンのゴンチャンが出会い、彼は事情があって彼女のウソが必要になり、偽の従姉妹として一緒に暮らすことに・・・
ラブコメの王道、偶然一緒に暮らすことになるが、反発しあいながらも、いつか2人は惹かれ合ってゆき…そのウソから始まった出会いが、今度は障害となる焦れったい恋の物語。イ・ダヘの明るいキャラクターが、とても可愛い。
また、「快傑春香」と同じスタッフが作っているサプライズ場面あり。(笑)
「春香」が面白かった人には、これもお勧め♪



感想

春香の次に、これを見ました。見始めてすぐ、こっちのほうが好きかも?って思いました。主人公のユリン(イ・ダヘ)に癖がなく、見てても受け入れやすいんです。
個人的にはゴンチャンは、役柄として少し平凡。春香のモンリョンのほうが魅力的かな、という感じ。とにかく、イ・ダヘ演ずるユリンが面白くて可愛い。ヒットしたドラマだということなので、要因は彼女かな、という感じもしました。
でも実は、途中からいつもふざけていたユリンが、ゴンチャンとの恋に胸を痛め、傷ついたり悲しんだりがあっての、2人の思いが通じるわけなのですが、イ・ダヘがそれまで、あまりにあっけらかんと明るいキャラのため、ゴンチャンへの恋する気持ちが、私には今ひとつ感情的に伝わって来にくかったのが正直な感想です。
彼女から、恋する女の子の色香が、あまり感じられなかったと思ったのは私だけ?
だからキスシーンも、なんだか見ちゃいけないものを見てしまった感が…(笑)
その点、チュニャンは彼を思う気持ちは痛いほど伝わってきて、チュニャンのキャラは好きじゃなかったのに、マイガールを見て、チュニャンを見直した私なのでした;

ただ、ドラマとして、切なくて笑えて良いラブコメでした。
また、このスタッフのお得意、脇キャラが良い味を今回も出していました〜
「春香」を見た人には、すごい嬉しいサプライズがありますよ♪


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
f0147413_0161639.jpg出演:ハン・チェヨン、ジェヒ、オム・テウン

韓国ではもっとも人気のある古典作品として定着している「春香伝」を、現代を舞台にラブコメディとしてドラマ化。
主人公2人、チュニャンとモンリョンが高校生として出会い、大学生、そして社会人となるまで、紆余曲折色々ありながらも、子供だったのが大人へと成長すると同時に、焦れったいほどすれ違っていた恋を実らせる物語。
いわゆる“逆ツンデレ”で、どちらかというと女性(チュニャン)強しっ!(笑)
そしてチュニャン、スタイルが凄いです。特に、胸が・・・(笑)
そして初め高校生だったモンリョンは、ただのガキという感じなのだけど、愛を貫き大人になっていくにつれ、カッコ良く男らしくなっていく変化も見物です♪

感想

周りで「面白い!」という声が多く、雑誌でも高評価を得ていたドラマだったので、いつか見たいと思っていました。ラブコメとして、面白いドラマでした。
しかし、期待が大きすぎたのか、ここのところラブコメを見過ぎたからなのか、心を揺さぶるほどの印象は残らなかったドラマです。そんな風に感じた自分が残念;
もともと、正しいことは正しいと言ってしまわなければ気が済まず、例えそれが周りを巻き込んで振り回すことになって、結果自分が傷ついても辛くないフリをし、意地を張って平気だと言い張るという主人公チュニャンの性格設定が、まず苦手な私。
主人公に感情移入出来なかったのが、一番大きな私の敗因ですね;
相手役モンリョンは、最初は呆れるほど優柔不断で子供なので、ここでもまた魅力的とはとても言い難いキャラなのだけど、彼は大人になって驚くほど変わってゆき、格好良くなってゆくので、途中からは大好きなキャラになりました♪

見終わってすぐ、期待よりは今ひとつだった、という感想を残した私ですが、実はそのあと同じスタッフによって作られた「マイガール」というドラマを観て、何故かチュニャンというキャラクターを見直した部分がありました。
なので、後になってから評価を少し上げたドラマでもあります。

全体的に、面白かった!という人のほうが周りには多いので、ラブコメ好きにはお勧め出来ると思います。脇キャラも個性的でグッドですよ♪(モンリョンパパ、好き♪)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆(実際は3.5)
[PR]
f0147413_0231586.jpg出演:チョン・ドヨン、キム・ジュヒョク、キム・ミンジュン

大ヒットした「パリの恋人」のスタッフが作る、“恋人”シリーズ第2弾。全18話。
正統派のメロドラマとしての構成と、個性的なキャラクター、切れ味のよい粋なセリフで、視聴者の注目を集め好評を得た。 大統領の娘チョン・ドヨンと、末端の刑事キム・ジュヒョクの身分(?)を超えたロマンスと、七転び八起きの末に愛を手にする“愛に堂々たる女”チョン・ドヨン、“ウィバー・セクシュアル”なる新造語を生み出し、多くの女性をときめかせたキム・ジュヒョク、最後までカッコいい男を演じきり視聴者に愛されたキム・ミンジュンらの三角関係は、緊張感を演出し視聴者をひきつける。



感想

「パリの恋人」のスタッフが作るラブストーリーということで、非常に楽しみにしていたドラマでした。で、パリ恋では男のほうが身分(?)が高く、今回はその逆バージョンということで、どんな風になるのかな〜と思ってました。
やっぱりパリ恋は、どちらかというとラブコメの括りに入れられることが多く、それはキム・ジョンウンの明るいキャラだけじゃなく、全体的にコメディタッチな部分が多めだったからだと思うんだけど、そのイメージで見たプラハは、なんとかなりシリアス。
といっても、韓ドラ特有のドロドロ感というのは、そんなに強くないのだけど、パリ恋のような軽やかさはない。その代わり、プラハは夢物語のようだったパリ恋と違って、大人の男女の愛情、血縁者への愛情が、かなり色濃く描かれていて、見応えのあるラブロマンスでした。途中、辛いな〜〜と思ったことも何回かあるけど、面白かった!!
スタッフも、やはり同じパターンでは芸がないと思ったのかもしれないですね。(笑)

ちなみに、私は珍しく主演のキム・ジュヒョクではなく、ライバル役であるヨンウを演じたキム・ミンジュンのほうにハマッてしまいました;
愛する人を守るため、また、愛する人を裁くため、自らの身を落とすことを厭わないヨンウの強さと、頭の良さにメロメロ。(笑)

ただ、パリ恋を“ラブコメ”として好きな人には、そのイメージで見ると辛いかも。
お姫様を守る騎士2人という図は同じだけど、大人の恋愛の駆け引きをお楽しみ下さい♪

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2339455.jpg出演:チソン、ユジン、リュ・スヨン、イ・ボヨン

2004年から2005年にかけて韓国SBSで放映された全20話のせつなくも美しいラブストーリー。
とにかく、設定がいかにも韓ドラの定番がズラリと並ぶドラマで、記憶喪失有り、貧乏と金持ちあり、海辺のデートあり、偶然の同居から恋愛に発展あり、などなど。
主演の2人(チソンとユジン)の邪魔をするキャラも、男女ともハッキリしている。
切なくもあり、純愛もありの、久々に韓ドラらしいドラマと言えるかも。
冬ソナや美しき日々、天国の階段など、韓ドラパターンがお好きな人にお勧め。

感想

出演者はチソンくらいしか知らなかったんですが(好きではないけど)、ドラマ評で面白かったという人が多かったみたいなので見てみました。
最初は田舎のペンション、後半がソウルと舞台が変わるんですが、その最初のペンションが舞台のころ、実は私はかなり退屈でした;;
好きな俳優が出ていないというのは、こんなに退屈なのかと思ったほどです。
いや、こんな極端なことを思うのは私だけかもしれないけど。一緒に見ていた母は、なかなか最初から面白く見ていたみたいだし。でも主演のユジンが演じる女性も、私はなんだかあまり好感が持てなくて、この先どうしよう〜〜って思ったのです。
だけど、後半、舞台がソウルに移ってから、設定が少し変わるということもあるけど、嫌だったユジンの役も、なんだかサバサバしてきて、そんなに嫌じゃなくなったし、チソンが後半のほうが全然カッコイイもので…。(笑)
最終的に、後半はけっこうハマッて見てしまいました。面白かったですよ。
ただ、邪魔役の男優リュ・スヨン。彼の顔は、どうしても受け付けない・・・;
目新しいドラマではないけど、定番がお好きな人は楽しめるはずです。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
※上から下へと、見るごとに、付け足してゆきます。

【星評価4のドラマ】

■ このろくでなしの愛
■ プラハの恋人
■ 恋愛時代
■ ある素的な日
■ 君はどの星から来たの
■ 美しき日々(字幕)
■ エアシティ
■ ハローお嬢さん
■ ファッション’70
■ グリーンローズ
■ 銭の戦争
■ 彼女はラブハンター
■ 9回裏2アウト
■ 弁護士たち
■ あんぱん
■ 外科医ポン・ダルヒ
■ ラスト・スキャンダル
■ 一枝梅(イルジメ)
■ ニューハート
■ ホジュン
■ 食客
■ がんばれ!クムスン
■ ラブ・トレジャー~夜になればわかること~
■ オー!必勝
■ 風の絵師
■ 空くらい地くらい
■ 必殺!最強チル
■ 黄金の新婦
■ 総合病院2
■ 新・ソウルトゥッペギ
■ アイリス
■ トリプル
■ 華麗なる遺産
■ お嬢さんをよろしく
■ アクシデント・カップル
■ 天下無敵イ・ピョンガン
■ 神の天秤
■ 19才の純情
■ 個人の趣向
■ 宝石ビビンバ
■ 僕の彼女は九尾狐
■ シークレット・ガーデン
■ 完璧な恋人に出会う方法
■ 星を取って
■ パラダイス牧場
■ シティハンター in Seoul
■ グロリア
■ アテナ
■ ポセイドン
■ レディ・プレジデント ~大物~
■ 階伯
■ きらきら光る
■ 屋根部屋の皇太子
■ 神々の晩餐
■ ビッグ ~愛は奇跡<ミラクル>~
■ アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり~
■ フルハウス TAKE2
■ 紳士の品格
■ ザ・ウィルス
■ その冬、風が吹く
■ 愛よ、愛
■ サメ ~愛の黙示録~
■ 君を守る恋~Who Are You~
■ 天命
■ 剣と花
■ ビッグマン
■ ドクター異邦人
■ 星から来たあなた
■ 相続者たち
■ 火の女神ジョンイ
■ 九家の書
■ おバカちゃん注意報~ありったけの愛~
■ 神の贈り物~14日
■ 温かい一言
■ 匂いを見る少女
■ ヒーラー
■ 夜を歩く士
■ 君を憶えてる
■ 二度目の二十歳
■ ラスト
太陽の末裔
未生
むやみに切なく
高品格の片思い
■ マスター・ククスの神

[PR]
f0147413_0265278.jpg出演:チョン・ジフン(Rain)、シン・ミナ、キム・サラン、イ・ギウ

韓国で大ブレイクした「ごめん、愛してる」の脚本家イ・ギョンヒが書いたドラマ。
ただ、そのわりにRainのドラマリストに載っていなかったりと視聴率は今ひとつだったらしい。全体的に悲劇的で破滅的ですらあると思える展開が、最近の韓国の視聴者にはウケが悪かったのでは?という説もあるが(ラブコメがヒットする時代なので)視聴率はそれほどとれなかったけど、Rainの演技は高評価をもらったドラマだそうです。
なので、明るいドラマが好きという人には、まったくお勧め出来ませんが、同じ脚本の「ごめん、愛してる」「サンドゥ、学校へ行こう」にハマッた人にはお勧めしたい。

あらすじは・・・
幼い頃に孤児院で育ち、ケンカ三昧の問題児ボック(ピ)は火事を起こし、兄のミングが弟を庇って少年院へ送られる。
そして10年後、ボックは兄と再会するのだが、兄は突然屋上から飛び降りて自殺してしまう。原因は兄の元恋人で人気女優のウンソク(シン・ミナ)であるとわかり、自分の兄を裏切ってトップスターになった女に復讐をするために彼女に意図的に近付くが反対に愛に陥ってしまう。


感想

上記に書いたように、暗く、破滅的な展開は予想出来ていたのですが、私はこの脚本家の「ごめ愛」「サンドゥ」が、どちらも大好きだったので、Rainも好きだし、結構楽しみに見ました。それに共演がシン・ミナちゃん。彼女は私の好きなシン君こと、チュ・ジフンの新作「魔王」で彼と共演しているので、そんな親しみもあったし。(笑)

で、実際どうだったかっていうと、最初は登場人物を把握出来ないのに、時間軸が現代になったり過去になったりして、ものすごく分かりづらかったです。
が、しかし。
3話あたりから全体像をつかめてくると、もう面白くなってきちゃいまして。
最後まで暗くて重いドラマだったけど、見応えのある、心に残るドラマでした。
やはり、私はこの脚本家のドラマが、かなり好きらしいですね。(笑)
暗くても苦手なドラマもあるんですけどね。何かツボを刺激するらしいです。
Rainはボクサーの役なので、身体を絞っていて、もともとフルハウスでも彼のスタイルにはホレボレしていたけど、ますます素敵になっていたRain。

そして、意外に良かったのが脇役のダジョン役のキム・サラン。見事!!
彼女がどこまでも、いっそドック本人よりも彼のことを理解しているところが、とても良かった。サバサバしたキャラクターも魅力でした。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_23141440.jpg

出演:キム・ソナ、ヒョンビン、チョン・リョウォン、ダニエル・へニー

2005年夏、韓国MBCで放送され、最高視聴率50.5%を記録。
ヒロインのサムスンは、30歳を目前で恋人に振られ、仕事もなくした太めのパティシエ。そんな彼女がある日、傲慢だけどカッコいい年下の御曹司ジノンと出会い、身分も年齢も性格の違いも超越した不思議な恋の歯車が回り出す…。
そんなロマンチック・ストーリーと、ドジで愛らしいヒロイン像、赤裸々なセリフが、韓国の同世代の女性たちを中心に社会現象“サムスン・シンドローム”を巻き起こした。サムスンと一緒に笑って泣けば、心からハッピーになれる!


感想

今まで海外ドラマといえばアメリカものしか見なかった、例えばSEX AND THE CITYが好きな比較的若い視聴者(といっても冬ソナファンに比べれば、の話だけれど)が、同じWOWOWで放送されたから見てみようかと思って見たらハマッた、という話を、けっこうあちこちで聞いた。実際、私の周りでも2人ほどいるんです、そういう人が。
確かに、それまでのヒットした韓ドラのイメージを覆していたと思うし、とっても面白かった!ただ、私は2回見たんだけど、1回目より2回目のほうが面白かったな〜〜
好みの問題だと思うけど、男のほうが年下設定って、あんまりそそらないんですよ。
でも、そんな好みを横に置いてしまうくらい、やっぱりサムシク(ヒョンビン)は魅力的なキャラだった!特にやっぱり済州島での、サムシクがサムスンに過去を語るくだりは、胸キュンでした。(笑)“ツンデレ”好きにはたまらない。冷たかったサムシクが、どんどんサムスンに惹かれていく姿が、とても可愛いラブコメです♪


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]