カテゴリ:ま行( 17 )

f0147413_22545631.jpg


出演:キム・ソンリョン、キム・ボム、イム・スロン

2016年、SBS、全20話。
シングルマザー刑事の活躍を描くヒューマンドラマが 大好評につきシーズン2決定! キム・ソンリョン主演×キム・ボムが狂気に満ちたサイコパス役を怪演。

<感想>

韓ドラでは珍しいパート2ですが、アメリカドラマとは違い、続きというよりは、出演者を変えて作った似たような設定のドラマとう感じで、ちょっと「宮」を思い出すような……(笑)上司だった人は登場するので、そこだけがシリーズっぽいですかね。
とはいえ1は面白く見たので、今回はどうかなと思いましたが、最初と最後は面白いんですが、途中がどうにもダレました。20話いらないから、途中省いて欲しかった。
キム・ボムくんの悪役、なかなか良かったですよ。半端な悪役じゃなく、本当に悪いヤツで憎たらしかった。(笑)けどもラストのほうでは、存在感あるし、部下との繋がりの深さを魅せてくれて、あのエピソード好きだったな。同じく悪人の部下だったけど、ボムくんには忠実で誠実で最期も彼を逃がすための選択で、あそこは良かった!
何だかんだ、やはりカッコよかったんですよ。(笑)憎たらしいけども。そう思わせただけでも、面白かったのかなと思います。

星評価 ★★★

[PR]
f0147413_23384419.jpg


出演:キム・ウビン、スジ、イム・ジュファン

2016年、KBS、全20話。
「ごめん、愛してる」のイ・ギョンヒ脚本。
わがままなトップスターとプロデューサーの初恋を巡る切ないラブストーリー。「相続者たち」などのキム・ウビンと「ドリームハイ」のスジという次世代トップスターが競演。
過酷な運命に見舞われるスターと、父の事故死から運命の歯車を狂わせていくヒロインとの、まさにタイトルである切ない恋愛を軸に、過去の間違いを取り戻すべく、隠されていた事件の真実を暴いていくスリリングな展開が交差してすすめられていくストーリー、そしてイ・ギョンヒ作家の真骨頂である主人公達を見舞う不幸の連続は、彼女のドラマ好きには必見。

<感想>

なんじゃ、このタイトル?っていうのが最初の感想だったんですが(笑)好きなスジちゃんがヒロインだったので、それだけで楽しみでした。
ところがあとであのサンドゥのイ・ギョンヒ作品だと知って、期待度はかなり上がりましたよ。そして、なかなか面白かったです。今回、まだ新しいドラマのせいか、ネットにもあまりドラマについての詳しい情報が載っていなくて、ドラマ紹介を珍しく自分で書いたのですが(笑)ドラマの構成はさすがによく出来ていて、入りやすかったのもそれがあるかなと思います。
ただの切ないラブストーリーにせず、過去の事件を掘り起こしていく過程とか、次が気になるように作られていて、涙に明け暮れるだけの話ではなかったのが、私が面白いと感じた理由だと思います。
ただその分、過去の私がハマったイ・ギョンヒ作品から受ける、あの胸きゅんで破滅的で濃密な時間の重さのようなものが、このドラマからはあまり感じられなかった気がします。そこはでも好き好きで、重すぎず面白く見れた作品だったことは確かなので、良い悪いではない部分かなと思います。あくまで私の感想で、面白かったけど、少し彼女のドラマとしたは物足りなかったかなという感じ。ただし、設定が設定なので、最終回はボロボロ泣きました。(笑)あれは泣かないと嘘でしょ、って。スジちゃんとのシーンではなく、お母さんとのシーンでね、泣きましたわ。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆

[PR]
f0147413_00075758.jpg


出演:イム・シワン、カン・ソラ、カン・ハヌル、ピョン・ヨハン、イ・ソンミン

2014年、ケーブルTV、全20話(BSJAPANでは再編成した34話)。
2014年の韓国で、「ミセンシンドローム」なる言葉まで生まれるほどの社会現象を起こした話題作。視聴率も回を追うごとに上昇し、最終話でケーブルテレビでは異例の10.3%を記録した(ケーブルテレビ歴代視聴率第2位)。 原作は韓国のサラリーマンのバイブルと称されたWEBコミック。主演は、アーティストグループZE:Aのメンバーとして音楽活動をしながらも、ドラマ 「太陽を抱く月」など、俳優活動でも注目されるイム・シワン。第51回百想芸術大賞では新人演技賞を見事に受賞。ドラマでは彼の成長物語だけでなく、同じく百想芸術大賞で最優秀演技賞を受賞したイ・ソンミン演じる不器用だが仕事にひたむきな上司のオ・サンシクや、カン・ソラ演じる優秀だが男社会の中でその才能がなかなか生かせない紅一点の同期アン・ヨンイのリアルなエピソード等、新人、上司、女性など、すべての世代に広く共感された。

<感想>

今年日本のTVでリメイクされたことと、「六龍が飛ぶ」のピョン・ヨハンさんがブレイクしたドラマということで、今更ながら一気に見ました!
韓国ドラマにしては本当に珍しく、恋愛も復習もない、商社の内側を新入社員の目線から、その成長を描いた青春人間ドラマという感じです!きっと男性にも面白く見れるんじゃないかな~と思いました。
しかし大きな会社に務めたことがない私にとって、商社というのは本当にこんなに差別、あらゆるハラスメントが横行する場所なのでしょうか?と考えてしまうドラマでもありましたね。
イム・シワンくん、ここまでじっくり演技を見たのは初めてかもしれませんが、彼の演じる主人公は、勝負師らしく、いろんな事を心に秘めて耐えたり勝負に出たりと、抑えた演技がとても光っていたと思いました。ピョン・ヨハンさんは、最初、六龍があまりに良かったので、なんでこの役でブレイクしたのか本当に謎でしたが(笑)ラストに向けて彼はとても友達思いの良い人だと分かりました。個性的な役でしたね(笑)
しかしこのドラマはイ・ソンミンおじさんがいなければ成立しないくらい、影の主役でした。彼は良い役目するし悪い役もするけれど、悪い時でも彼なりの筋が通っていたりするイメージで、いつも印象に残る役を演じる方ですね。本当にオ次長、良かったです。日本のリメイクドラマは見ていませんが、この未生はなかなかお勧めです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆

[PR]
f0147413_22584731.jpg


出演:キム・ボム、パク・ソンウン、ユン・ソイ、イ・ウォンジョン

2015年、tvN、全16話。
『火の女神ジョンイ』のキム・ボム主演による刑事エンタテインメント。警察の非公開捜査チーム・捜査5課に配属されたチャ・ゴヌは、愛と復讐のために身分を隠して敵対組織に潜入する。共演はパク・ソンウンほか。

〈感想〉
珍しくほぼ間をそんなに開けず一気に見上げました。謎解きの面もあるので、やはり一気は見やすいです。1~2週間とか間が開くと、けっこう他に色々見てると忘れちゃうんで、そうなると面白さも半減してしまうから。そういう面でも面白かったです。
登場する俳優さんたちは、キム・ボムくん以外はそんなに華がない方達。(笑)なのでワクワク楽しむというよりか、ドキドキハラハラと謎解きと復習、対テロ戦みたいなストーリーを楽しむドラマかな~と個人的には思います。(笑)国家情報院のような国家レベルの潜入捜査ではなく、警察内部で極秘捜査を任されている人達のお話でして、実在してはいないのかな~と思うんですが、やってる事は「24」のCTUとそんなに変わらない気もします。キム・ボムくんは、本格アクションを見せてくれて、ただクールな役柄なので面白みにかけるキャラですね。(笑)常に苦しんでるみたいな。(笑)登場人物自体は、全員そんなに魅力的とは思わなかったです。でも話は面白かったです。そんなところかな。

星評価 ★★★

[PR]
f0147413_23422349.jpg出演: キム・ヒエ、キム・ミンジョン、ソン・ホジュン、イ・ダヒ、イ・ギグァン

2015年、SBS、全18話。
『2015SBS演技大賞』特別演技賞(イ・ダヒ)、ニュースター賞(ソン・ホジュン)受賞!
母は強し、アジュンマ(おばさん)は最強! 男性部下を従えて凶悪事件に立ち向かうスーパー女性刑事、チェ・ヨンジン。強行犯係のチーム長という役職をもつワーキングマザーの活躍と奮闘、そして悲哀を描いた本格サスペンス。本作で淑女のイメージをかなぐり捨てたのは『密会』『妻の資格』の名女優キム・ヒエ。アクションあり、乱闘あり、罵倒あり、そして銃を構える姿勢もサマになる体当たりの熱演を繰り広げる。また、ヨンジンをサポートする上司役を『秘密の扉』のキム・ミンジョンが務めるほか、ヨンジンを良き上司として慕うチームメンバー役に人気急上昇中のソン・ホジュン、イ・ダヒ、そしてBEASTのイ・ギグァンらフレッシュな顔ぶれが集結。どの刑事ドラマにも劣らない生き生きとした強行犯係チームが誕生した。

<感想>

正直、主演のキム・ヒエさんも年齢高いし、そんない魅力的な配役でもないので、あまり期待度が高くない状態で観たのが良かったのかもしれません。わりと面白いドラマでした。
サスペンスや推理で謎解きとかの期待が高いと、そこまで凝った作りではないので肩すかしかもしれませんが、期待してなかった地味目の出演者たちのキャラクターがわりと好感が持てる人たちに描かれていたため、仕事仲間の絆とか、色恋とか、兄弟愛とか、色んな人間関係のほうが面白く観れたドラマだったように思います。
悪人は出てきますが、総括して、もっと酷い悪人は他のドラマでも観れるし(笑)事件解決の過程も、他のドラマのほうがもっと凝ってるという部分がたくさんあります。けれどわりとスイスイと観れるのは、やっぱり登場人物の関係性の良さというのが大きいのではないでしょうか。そういう意味で面白かったと思います。
すごく秀でたドラマではないし、また観たいと思うほどカリスマ性のあるものでもないけど、観て、つまらなかったな~というドラマでもなかったというのが感想でしょうか。私はわりと良かったドラマでした。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆


[PR]
f0147413_23114496.jpg出演:: ユ・ヨンソク、カン・ソラ、イ・ソンジェ、ジニョン(B1A4)、ソ・イアン

2015年、MBC、全16話。
『美男〈イケメン〉ですね』などで人気のホン姉妹が脚本を手がけた最新作。『最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~』でもタッグを組んだパク・ホンギュンが演出を務め、済州島(ルビ:チェジュド)のレストランを舞台に繰り広げられる、さわやかな恋愛模様を描く。主演は『応答せよ1994』でブレイクしたユ・ヨンソクと『ドクター異邦人』などでおなじみのカン・ソラ。若手実力派ふたりの初共演が実現した。その一方、ゴヌの異母兄ジョングン(イ・ソンジェ)と海女のヘシル(キム・ヒジョン)という中年カップルの愛の行方も見どころのひとつ。そして、B1A4のジニョンがレストラン従業員のチョン・プンサン役を演じるほか、『夜警日誌』の悪役から一転、キム・ソンオが若き村長のファン・ウク役を好演。個性豊かな共演陣も魅力的だ。
タイトルの「メンドロントット」とは済州島の方言で「気持ちよく、あたたかい」という意味。済州島の雄大な自然の美しい景観にも癒される、さわやかなラブストーリーだ。韓国で好評放送中の最新作を日本初放送。

<感想>

メインキャラのユ・ヨンソクさんを全く知らない。(笑)そしてタイトルが覚えられない。(笑)
ヒロインはカン・ソラさんだし、ミニシリーズだし、録画したのを借りたから見るか、という程度でした。でもちょうど他に並行して観ていたのが、どれもこれも何だかドロドロしたものだったので(笑)ちょっとまったりと一服の清涼剤のような感じとはなりました。軽めのラブコメな感じです。
で、観終わったので感想書くために調べたら、なんとホン姉妹の新作とは・・・。ふぅ~ん、やっぱり今回もどれほど心に残るかっていうと、どうっていうこともなく、脇のイ・ソンジェさんやキム・ソンオさんが良かったな~というのはあったけど、ユ・ヨンソクさんのツンデレも若干空振りっぽく感じる部分もあり、後半も何だか同じような展開が続き、特別出演っぽく私の好きなチェ・ジェソンさんが出てきたのはボーナス的に嬉しかったですけども、まあ・・・・私的には見ても見なくても、どっちでも良かったかなっていう感じでした・・・。
ああ、もう書くことがない。(笑)でもつまらなかったというほどでもなかったんですけどね。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆(2.5くらい?)


[PR]
f0147413_23270750.jpg出演:イ・ヨニ、イ・ソンギュン、イ・ギウ、イ・ミスク

2014年、MBC、全27話。
誰もが虜になった大ヒットラブコメ「パスタ~恋が出来るまで~」。主演のイ・ソンギュン、作品の魅力を生み出した演出家、脚本家が再びトリオを組んだ。「マイ・プリンセス」「キツネちゃん、何しているの?」など韓流ヒットメイカーである演出家クォン・ソクチャンが、「パスタ~恋が出来るまで~」の撮影時から温めていたという本作。機が熟すのを待ち、最高のキャストとスタッフが集結。「パスタ~恋が出来るまで~」のファンはもちろん、誰もが共感間違いなしのラブコメがまた誕生した。
韓国を未曾有の経済危機が襲っていた1997年。この混乱の時代を背景に、「高校時代のマドンナをミス・コリアに育てること」「自分がミス・コリアになること」で人生の一発逆を狙う男女の前向きな姿を描いたこの作品。愛はもちろん、笑いや切なさもも交えたその生き方が温かな感動を巻き起こし、多く視聴者の共感を獲得した。

<感想>

な~んと「パスタ」のスタッフが作ったのですね。BSで放送したものを毎日見ていたのですが、何の知識もなく、ただイ・ソンギュンさんが久しぶりにヒロインの相手役で観れるので見ることにしたドラマでした。
見始めてから時代背景がちょっと前の設定で、何となくそのせいかトーンが暗いんです。それにものすごく私を引きこむものも特にないし、序盤何度かやめようかなと思ったんですが、どういうわけか続けて見て、そうしているうちに途中から面白く感じてきて、特に主演たちよりも脇のソン・ソンミさんとイ・ソンミンさんのちょいと高齢カップルの行方に惹かれてしまい、どういうわけかイ・ソンミンさんがカッコよく見えてくるという驚き。(笑)
つくづくおっさん好きなのか?いやいやそんなこともないんですけどね。ほら、最近もイ・ジョンソクくんやキム・スヒョンくん、そしてイ・ミンホくんらを好きになってるんですから。(笑)
このドラマはイ・ソンギュンさんが始めた化粧品会社の存続をかけて、学生時代に付き合った学校のアイドル的存在のイ・ヨニさんをミス・コリアにして、宣伝効果を狙って会社を立て直そうとする人たちがメインの話なのですが、意外にそこに絡んだ周りの人たちの人間模様がちゃんと描かれていて、単純なサクセスストーリーでもなく、恋愛ドラマでもなく、ハートウォーミングでもなく、一言で表せないジャンルだな~と思いました。
ドラマに始めて韓国でBBクリームを作り出すシーンとかがあって、ひょっとして実話を絡めているのかな?とか思ったんですが、そういう事実は分かっていません。(笑)最後のほうはちょっとグズグズな感じもないこともないですが、イ・ソンギュンさんの起こした会社もちゃんと軌道にのるまで描かれているところに、このドラマのただの恋愛ドラマじゃないぞ的な、そんなこだわりを感じました。あんまりテンポがいいとは言えないし、日本で言うとバブルの前のパッとしない時代って感じで、あえて洗練された感じから離れて作られているからトーンも暗いのですが、意外に面白かったドラマでした。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆


[PR]
f0147413_237196.jpg出演:チェ・ジウ、ユン・サンヒョン、オム・ギジュン

2011年、MBC、全20話。
2008年にTBSで放送した人気ドラマ「佐々木夫妻の仁義なき戦い」の韓国版リメイク。
見所はなんといっても豪華なキャスト!
「冬のソナタ」放送以来、ドラマ、映画、CM出演と韓流トップスターとして走り続けるチェ・ジウ3年ぶりのドラマ出演。共演は「僕の妻はスーパーウーマン」「お嬢さまをお願い!」で一躍ブレイクし、「シークレット・ガーデン」が韓国で37.9%の視聴率をあげるなど、目下注目度No.1俳優のユン・サンヒョン。トップ女優と最も旬な俳優という豪華キャスティングがオンエア前から大きな話題となった。
日本の韓流ブームに火をつけた「冬のソナタ」「天国の階段」で涙を誘い、「ジウ姫」とまで言われた彼女が、本作では、仕事はできるが性格はズボラな大雑把女に大変身!ハチャメチャなヒロインとなって笑いを誘う。新・ロマコメ・クイーンとして新境地を切り開いたチェ・ジウの、可愛らしくもリアルな大人の女性の魅力が全開!
笑って、泣いて、優しい気持ちになれる大人のロマンティック・ラブコメディ!


感想

元のドラマはまったく知らないんですが、チェ・ジウもユン・サンヒョンもわりと好きなので、その二人のラブコメということで、けっこう楽しみに見始めました。見始めは、すごく新鮮。途中の感想記事にも、韓ドラっぽくなく、貧乏、金持ち、限度を超えた意地悪なライバル、親の因縁、記憶喪失、不治の病といった要素はなく、ひたすら二人の人間性から結婚生活がうまくいかない様子を描いていて、さすが日本のドラマのリメイクだな~と、まさに新鮮でした。韓ドラって、こういうシンプルなラブコメって、あまりないじゃないですか。本人たちの思いが普通にすれ違うためにうまくいかないカップルの話。韓国ではあまり話題にならなかったと聞いていたので、なおさら納得ですね。(笑)こういう話は、視聴者が二人に思い入れがないと、きっと続きを観たいという気持ちになれないんだと思います。でもだからこそ、私はそこがたまにはこういうパターンもいいな~って思って観ていました。ただ、途中で私の勢いがなくなったのは、特にユン・サンヒョンのキャラクターが好きになれなかったからなんだと思います。彼自身は好きなほうなんですが、この役柄はダメだ~;;チェ・ジウの役はまあ理解できるんだけど、相手のユン・サンヒョン演じる役柄がダメで、乗りきれない感じになったんですよね。
ただ、終盤なんですが、オム・ギジュンさんがチェ・ジウの元彼という役柄で登場して、きっと他の誰かが演じると平凡な元彼になったんでしょうけど、やはり彼が演じると一味違う元彼という感じで、ドラマが締まった感じがしました。なのでラストまで行けましたね。全体的には、話は悪くはないけどキャラがね~、っていう感想となっちゃいました。(笑)どんな役でもユン・サンヒョンさんが好き、という方には向いてるかも。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
f0147413_2381970.jpg出演:チャン・ヒョク、イ・ミンジョン、キム・ヒエ、ノ・ミヌ、チョン・ソグォン

2011年、SBS、全21話(BS JAPAN 全27話)。
脚本を「太陽をのみ込め」「オールイン」「朱蒙」のチェ・ワンギュ、監督は 「タチャ」のカン・シニョ、そして 「ジャイアント」のイ・チャンミンが担当。
「ありがとうございます」では医師役、「プランダン(不汗党)」では詐欺師役。その演技には定評のあるチャン・ヒョクが次に挑戦したのが、優秀な弁護士役。元ファンドマネージャーの弁護士が、クライアントのために戦い、裏切られ、最後に復讐をしてゆくというストーリーは途切れることのない緊張感をともない観る者を引きこんでゆきます。また女性キャストも充実。韓国で数々のCMに出るなど、女性にとって憧れの存在のキム・ヒエ。またイ・ミンジョンは俳優が共演したい俳優ナンバーワンに選ばれた人気急上昇中の女優である。


感想

面白いらしい、ということは聞いていて、ちょうどBSで始まったので、とりあえず見てみて、ダメそうだったら挫折すればいいや、くらいの感じで見始めました。観る前に、M&A関連の内容らしいと知って、ちょっと敷居が高いかな~という気持ちもないではなかったのですが、以前NHK制作ドラマ「ハゲタカ」にハマッたことがあるので、詳しいことは分からないけど、専門用語には多少聞きおぼえがあったせいか、最初からどんどん面白く感じました。平凡な人生を歩もうとしていたチャン・ヒョクが、ふとしたことから人生が全く変わってしまうわけですが、最初の平凡な彼というほうが違和感がある、というくらい、彼は個性的な、いや、凶器を含んだ役と限定してもいいけど、そういう役が多いせいか、今回も人生を狂わされてからのほうが演技が光ってましたね~。
途中の感想はカテゴリ「マイダス」で語っています。見応えのある、面白いドラマでした~。ラブラインは薄めなんですが、そっちのほうが良かったです。メインストーリーに集中できたような気がします。
チャン・ヒョクの人生を狂わせるライバル、キム・ヒエさんの役柄もかなりすごかったです。悪女らしくない悪女でしたが、チャン・ヒョクと相対する怖い女性を見事に演じていたな~と思いました。
そしてわき役たちが、なにげに可愛かったりして、愛すべき人たちが後半どんどん増えてゆきました。それについては、上記にも書いた途中の感想(カテゴリ「マイダス」)で書いてあります。ラブリーでした。(笑)
株操作やM&Aという題材なので、好き嫌いあるかもしれませんが、わたしはマネーゲームを堪能しました。面白かったです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2372615.jpg出演:チャ・インピョ, ハン・ゴウン, キム・ソンミン

2010年、KBS、全16話。
2009年、『千秋太后』以後休止していた大河ドラマが志向変えて復活し、現在は慶州で最高級の伝統酒「校洞法酒」を製造している慶州崔家の歴史を題材に、ドラマ「英雄時代」の主演、チャ・インピョが崔氏12代300年に渡る富の土台になったチェ・ククソンを演じる。
独特な経営哲学と倫理観を持ち、約300年にわたり富を維持し、財産を社会に還元した韓国の代表的な名門慶州チェ氏一家の姿を描く、ヒューマン時代劇。


感想

BS11で放送があったCMカット版を観ました。久しぶりのKBSの史劇だと思ったら全16話だと知って、当時気が抜けたことを思い出します。とはいっても、実際その直前のKBS大河「千秋太后」は見事に途中挫折したので、偉そうなことは何も言えないんですけども。(笑)そしてこの「名家」の放送が分かった時も、最初は観るかどうかけっこう考えたんですよね~。あんまり・・・・感想を目にしたこともないし、勧められたわけでもないし。(笑)でも短いことは分かっていたので、とりあえず見てみようと思って手を出しました。
最初はチャ・インピョさんとハン・ゴウンさんしか出演を知らなかったので、あとでキム・ソンミンさんが出ると知って、とうとう彼も解禁になったのか?と思い、彼のお陰で放送が日本で途中打ち切りになった名作「家門の栄光」の放送再開も遠くはないのではと思って、それが嬉しかったりなんかして。(笑)
でも見始めたら、最初はなかなか面白かったんです。話の作りも、毎回ラストが続きが気になるように作ってあったし・・・。でも途中でちょっと飽きが来たというか(笑)あまりに真面目なんですよ~。道徳のドラマを見ているようで・・・。イイことを言ってるな~とは思ったりするんだけど、少し面白味に欠けるかなと。だけど、また終盤になってから面白くなってきて、まあ全16話、それなりに楽しめました。チャ・インピョさん・・・正直、あらゆる失敗、挫折をして成長していくんですが、色んな経験を経て大人になるまでは、ちょっとあまりの坊っちゃんぶりにイラッときていました。(笑)でも大人になってからは素敵でしたよ。ま、私は「階伯」の彼のほうが断然好きですが。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]