カテゴリ:か行( 58 )

f0147413_0414917.jpg出演:キム・レウォン、チョン・リョウォン

2006年、MBC。全16話。
韓国ドラマ『君はどの星から来たの』は、ちょっと変わったタイトルが注目を集め、2004年に大ヒットした「フルハウス」を手がけたピョ・ミンス監督の作品ということもあり、放送前から話題になっていた作品。
主人公のスンヒを演じるキム・レウォンは『屋根部屋のネコ』や『ラブストーリー・イン・ハーバード』で日本でもおなじみの俳優だが、甘いマスクの上に、以前から評判だった演技力により一層磨きがかかっている。
パートナー役には『私の名前はキム・サムスン』で好演したチョン・リョウォンが抜擢された。
脇を固める俳優陣も演技派を集め、加えて、緊張感のあるストーリー展開で、裏番組に「春のワルツ」など話題作の多かった同時間帯でトップとなる高視聴率をマークしたドラマ。


感想
キム・レウォンは「屋根部屋~」「マイラブ・パッチ」で好きになり、「雪だるま」「ラブストーリー・イン・ハーバード」「愛してると云って」など、けっこう色々と出演作を見ているのですが、実のところ今回キム・レウォン出演作ドラマを見るのは、けっこう久しぶりでした。
楽しみにしていた「ハーバード」が、私にはドラマとして今イチで、期待してなかった「愛してると云って」が意外に面白かったりと、少し当たり外れを感じていたところでもあって、それにあまりにカッコよくて(笑)でものめり込めないものがある不思議な存在が、私にとってのキム・レウォンなのでした。だから、今回も当たりか外れか・・・と思いつつみ始めたこのドラマ。
結果的に、けっこう面白かったです。正統派の韓国ドラマです。
最近の傾向なのか、泣かせる部分とコミカルな部分が同居していて、ただそのバランスが絶妙かというと、まあ、そのへんはそうでもなかったような気はするんですけども。(笑)
良かったのは、相手役のチョン・リョウォン。キム・サムスンでの、あの病弱な彼女は、細い身体にあまりにハマッていたので、そういうイメージが頭の中にあったものだから、このポクシルという、田舎臭い名前の、でも純粋で明るい女の子の役は、チョン・リョゥオンの縁起の幅を広げたといっても良いのかもしれません。めっちゃめちゃ可愛かったです、この彼女は。
キム・サムスンで彼女を嫌いになった方、ぜひ、ためしに見てみてください。印象変わります。
途中、2人は八方塞がり状態でどうしよう?というくらい切ないシーンもあるのですが、最終的に心温まるラストとなっています。これも正統派韓ドラがお好きな方にはお勧めです。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2243967.jpg出演:イ・ソジン、キム・ジョンウン、チョン・チャン、キム・ギュリ

04年「パリの恋人」05年「プラハの恋人」そして06年、恋人シリーズのシン・ウチョル監督とキム・ウンスク作家が、シリーズ3作目、そしておそらく最後に送りだしたドラマ「恋人」。
ドラマの原作小説「振り返って去れ(原題)」は、98年「約束」というタイトルで映画化されたことがあり、そのときの主役を演じたのは、なんと恋人シリーズで主人公を務めたことのあるパク・シニャンとチョン・ドヨン。映画でパク・シニャンが演じたヤクザ役を「チェオクの剣」「火の鳥」のイ・ソジンが、またチョン・ドヨンが演じた女医役には「パリの恋人」のキム・ジョンウンがこのシリーズで再びキャスティングされて話題を呼んだ。
また、イ・ソジンとキム・ジョンウンは、ドラマの共演が切っ掛けで実際にも恋人同士になり、ドラマの放送終了後、公式にカップル宣言をした。
視聴率は、当初11%とシリーズでは振るわなかったが、最終回で25%ををマークし、有終の美を飾った。全20話。


感想

恋人シリーズは好きで、明るかった「パリの恋人」、切なかった「プラハの恋人」ともに面白かったので、当然これにも期待をしつつ見始めました。
キム・ジョンウンはパリで好感を持っていたけど、イ・ソジンは、チェオクでのファンボ・ユン役は素敵だったけど、火の鳥が今ひとつな印象だったし、もともとそんなに好きな顔ではなかったんですが、観始めると、ヤクザ役の彼は言葉少ないけれど、しぶくてカッコいい。それだけでなく、短気だったり、融通が利かないところが可愛く描かれていて、なかなか好印象でした。

しかし・・・最終的に全20話だけど、最初の4話は、私敵にはテンポが悪く、削ってもいいんじゃない?そしたら16話でスッキリするのでは?というダレを感じました。
ようやく5話くらいから動き出す主人公2人。
ところが、観ていくにつれ、脇役のセヨン役チョン・チャンや、ユジン役のキム・ギュリのほうが、よほど自分に正直だし心の広さを見せるし、周りも見えてるしで、とにかく2人が自己中に見えて仕方なかった;;
これは実は「プラハの恋人」でも感じたことだったりするの。あの時は特にチョン・ドヨンの態度が思わせぶりだし、自分を好きな脇役に対して、辛いときだけ頼るみたいなところが目に付いて、そこがあのドラマの苦手なところだったのに、まさかこっちでもそれが継承されているとは・・・これはキム・ウンスク作家の男女関係を描く時の好みなのかな、って思ってしまいました。おかげで、パリ恋で好印象だったキム・ジョンウンに対しても、あまり良い印象が持てなくなってしまった;;
イ・ソジンも、しかり。最初はカッコよかったのに、アンタがもっとハッキリすれば、こんなことにはならなかったのにっ!って、怒りすら覚えました。(笑)
ただ、そうなったのは、彼が孤児として育ったせいで(孤児院を脱走したという過去からして、孤児院でも代わりに愛情を注いでくれる人はいなかった設定らしい)愛し方、愛され方を知らないから、そして愛してることを表現できないから、という背景があるのですよね。それは、分かってます。分かっていても、やっぱりユジンに対してしたことは、酷いよ…;;

そんなこんなで、最後にはヤクザ間の闘争もあるので、大事な脇役の死などもあり、後味も悪い結果となってしまいました。(ハッピーエンドだけどさ)ということを踏まえての満足度です。


満足度(☆6つが満点) ☆☆
[PR]
f0147413_017396.jpg出演:コン・ヒョジン、コン・ユ、チェ・ヨジン、チュ・ヒョンギ、ヒョニョン

06年2月 人気ドラマ1位に輝いた コン・ヒョジン&コン・ユ主演のミニシリーズ。
このところ日本でもぐんぐん人気アップ中のコン・ユがブレイクしたドラマ。
コン・ヒョジンは「サンドゥ、学校へ行こう」に続く先生役だけど、サンドゥと違うのは、こっちは新米で取り柄のない臨時教師というところ。
このドラマは、ラブコメであり、学園ものであり、新米先生の成長物語でもある感じ?
というのは、各エピソードの中に、毎回違う生徒に問題が起きて、それを生徒と一緒に新米先生が一生懸命解決していく、という内容が含まれているためだ。
古くは「金八」、最近だと「ごくせん」っぽいけど、先生が生徒を成長させるのではなく、生徒が先生を成長させていくという、逆パターン。
同じなのは、毎回生徒達に感動させられ、泣かせられるというところかな。
先生と生徒という関係は禁断といわれるけれど、それを暗くなく、明るく表現して、その代わり、禁断ゆえの難題が2人を最後まで悩ませて、視聴者をハラハラさせます。


感想

周りの韓ドラファンが、軒並み面白かったと言って、コン・ユ君を好きになっていくので、前から気になる作品でした。(笑)毎度のことながら、写真を見る限りでは、ユ君は特別私の好きなタイプではなく、でも、相手役のコン・ヒョジンは「サンドゥ〜」「勝手にしやがれ」などで私にはお馴染み女優さん(しかも、結構好き)だったので、期待感を持って見始めました。
で、途中までは、今回のコン・ヒョジンは、今まで私が見た彼女の役がどれも勝ち気で強気で、どっちかというとデキる女という感じだったのだけど、それとは全然違って、憧れの先生と一緒に働きたい一心で必死に苦手な勉強をして教師になったという、動機も不純なら、取り柄もない新米教師だったので、ちょっとねぇ…こんなんで先生と言えるのかーー!と、かなり役どころに不満を持ったりして。(笑)
しかも、お目当てのユ君は、先生に一途なんだけど、やり方とか行動、言動全てが本当に高校生で、子供なのよ〜〜〜。好きな女には、少しは大人な面を見せてくれよ、とお願いしたいくらい子供過ぎて、可愛いんだけど、夢中にはなれなかった。

しかし、先生の幸せを思って、ようやく自分を抑えることを知った辺りから、気持ちを抑えることによって、可哀想に思えたり、切なく思えたり出来るようになり、困った子だねぇ〜という可愛さからくる呆れ具合から、健気だよっ、頑張れよっ、という応援の気持ちへと変化。
そして先生の気持ちが変化した時から、彼は更に素敵に見えてきて、言動は相変わらず可愛いのだけど、ようやく応援モードから、ラブストーリーを見てる気分にさせてくれました。(笑)良かった、良かった。(笑)最後まで息子の恋を応援してる気分だったら、どうしようかと思ったよ〜。(笑)

コン・ユ君は、とても可愛い。とても実年齢28才とは思えません。(^^;
そしてスタイルが良い。笑顔が可愛い。しかし、そのせいと、役のせいと、相手がコン・ヒョジンというせいで、私にはRainとキャラがカブるところが惜しいっ!!
でも、とても可愛いことに変わりはないので、今後も彼のドラマ、見てみたいな♪

ドラマ評価は…感動はしたんだけど、学園モノの部分は、私はいらなかったな…。
それはそれで、クラスのみんなを覚えたし、面白かったし泣けたんだけど、好みとしては、ラブストーリーなら、それに集中したかった感じです。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
f0147413_0301963.jpg出演:キム・ミンジョン、ソ・イヒョン、 シン・ソンロク、オ・マンソク、ユン・ダフン

各ケーブルテレビが本格的にドラマ制作に乗り出し始めた06年。男性版「セックス・アンド・ザ・シティ」として2〜30代の男女視聴者に熱い支持を受けたドラマ。
地上波では放送規制のため表現しきれなかった現実感やユーモアを、全編通じてちりばめた完成度の高いドラマ。
刺激的なお色気たっぷりシーンに度肝を抜かれるが、実はドラマの根底は韓ドラの屋台骨“純愛”だったりする。登場人物達の恋愛模様に、切なくて胸がキュン!!
ドラマ中で使われる曲も、とってもいい曲が多くて、センスのいいこのドラマにピッタリ。韓国では、初めてハリウッドの見本市に出展されることでも話題に。


感想

前評判は、地上波で出来ない刺激的なシーン満載ということでしたが、見るまでは、まさかここまでやるとは思ってなくて、ビックリしました。
ここまで、って、どこまでよ?とお思いでしょうが(笑)胸が露わになり、sexシーンも映画ばりに登場。笑える男性キャストの半ケツ姿も・・・(笑)
とはいえ、主要登場人物の中で唯一の妻帯者、オ・マンソクのsexシーンはけっこう激しい?って思ったけど(笑)その他は、胸が露わになったり、色々するのは主要キャストではなく、脇役でAV女優役のヒトだったり、ゆきずりの恋の相手だったり。
主要キャスト達の恋愛は、どれもが、その刺激的なお色気とは反比例するかのように、今までの韓ドラ同様、とても純粋で一途。想いが通じなくて切ないところも同じです。
最初こそ、そのお色気たっぷりぶりに慣れなくて少し引いた所もあったけど、見ていくうちに、彼らのキャラクターが非常に立っているため、まるで彼ら本人がこういう人たちのような錯覚を覚えるほどハマッていましたし、演技も上手。
一番惹かれたのは、やはり地上波ドラマでは描かれたことが殆どない、ゲイ役のソクジン(シン・ソンロク)の恋愛模様。過去の恋人(♂)との恋に破れ、自分がゲイだと知らずに一途に想いを寄せてくれるジョンウン(ソ・イヒョン)が愛おしくなり、そのジョンウンのことを好きなのが、自分の親友で、どこまでも優しいイイヤツのチョルス(キム・ミンジョン)。彼女のことを心から大切に思いながら、異性としての彼女を愛せるかどうかに悩む姿は、このドラマが初めての(といっても、ミュージカルスターとして舞台で演技をしている)シン・ソンロクが魅せる演技で惹きつけられた!
彼はまだ25才という若さだけど、落ち着いて見えるし、あまりにハマッていて、ゲイぶりが見事。(笑)ホンモノみたいに見えるよ〜(笑)
あと、チョルス役のキム・ミンジョン、期待してなかったのに、すごく良かった!
ラストは、だいたい予想通りながらも、切なくて切なくて、後をひくドラマです♪


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
f0147413_23424929.jpg出演:コ・ヒョンジョン、チョン・ジョンミョン

見所は大ヒットドラマ「私の名前はキム・サムスン」の脚本、および監督が手がけたドラマで、路線も同じ少し大人の女性と年下男とのラブコメっていうところ。
リアルな女性心理が共感を呼ぶわけですよ。(笑)そして年下男チョルスを演じるチョン・ジョンミョンが、めちゃくちゃ童顔で、役柄にピッタリ。可愛いです。
韓国でも高視聴率で、彼の一途な目が「捨てられた子犬みたい」と人気に。(笑)
キム・サムスンでもあった、心の中の声のモノローグが、忘れていた自分の心の奥を上手い具合に刺激して、思わず引き込まれます。
ただの切なく笑える、めでたしめでたしのラブコメとは違う異色作であり、秀作。


感想

主演のコ・ヒョンジョンは、それまで清純派だったらしいですが、私は全然知らない女優さんだったので、あまり関心がなかったし、チョン・ジョンミョンも、童顔過ぎて私の好みではない!とまで思って、楽しみ〜!って感じではなく見始めました。(笑)
ところが、まずコ・ヒョンジョン演じるビョンヒの役がすごく良くて、彼女が容姿端麗ではない、普通の女性をリアルに演じているところに惹きつけられました。
そして、ビョンヒの相手、9才年下役のチョン・ジョンミョン演じるチョルス。
好きな顔じゃなかったのに、全然タイプじゃなかったのに、いつの間にか惹かれていたのです〜。可愛いんだもの〜〜。ビョンヒへの態度と目(視線)が、たまらんですね。
いきなり、とある訳で一夜を過ごした2人(このへんはドラマらしい設定ですね)で、それまでは姉と弟のような関係だったのに、2人に、というか、チョルスに変化が出てくるのだけど、それが一夜を過ごしたための衝動だ、と最初は思っていたけれど、後になってから、実はそうではなかったと分かった時に、一気にチョルスに堕ちてしまった私なのでした。(笑)そう、彼の愛は視聴者が思うより、ずっと深かったのよ〜〜vv
それと、脇役のドラマも良かった。ビョンヒの妹の恋愛も、同時進行なのだけど、これがまた、姉の恋愛並みにいばら道。(笑)最初はあんまり興味ない2人だったのに、いつの間にかこの2人を応援している自分がいました。素敵な2人だったよ!

あり得ない度数ではサムスンもコレも似たような設定だけど、私はサムスンより共感を持ったドラマでした。面白さは、どちらも面白かったですけどね。
脚本キム・ドゥ、素敵なドラマを書く人だな〜〜と、改めて思いました。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆(実際は5.5)
[PR]
f0147413_0161639.jpg出演:ハン・チェヨン、ジェヒ、オム・テウン

韓国ではもっとも人気のある古典作品として定着している「春香伝」を、現代を舞台にラブコメディとしてドラマ化。
主人公2人、チュニャンとモンリョンが高校生として出会い、大学生、そして社会人となるまで、紆余曲折色々ありながらも、子供だったのが大人へと成長すると同時に、焦れったいほどすれ違っていた恋を実らせる物語。
いわゆる“逆ツンデレ”で、どちらかというと女性(チュニャン)強しっ!(笑)
そしてチュニャン、スタイルが凄いです。特に、胸が・・・(笑)
そして初め高校生だったモンリョンは、ただのガキという感じなのだけど、愛を貫き大人になっていくにつれ、カッコ良く男らしくなっていく変化も見物です♪

感想

周りで「面白い!」という声が多く、雑誌でも高評価を得ていたドラマだったので、いつか見たいと思っていました。ラブコメとして、面白いドラマでした。
しかし、期待が大きすぎたのか、ここのところラブコメを見過ぎたからなのか、心を揺さぶるほどの印象は残らなかったドラマです。そんな風に感じた自分が残念;
もともと、正しいことは正しいと言ってしまわなければ気が済まず、例えそれが周りを巻き込んで振り回すことになって、結果自分が傷ついても辛くないフリをし、意地を張って平気だと言い張るという主人公チュニャンの性格設定が、まず苦手な私。
主人公に感情移入出来なかったのが、一番大きな私の敗因ですね;
相手役モンリョンは、最初は呆れるほど優柔不断で子供なので、ここでもまた魅力的とはとても言い難いキャラなのだけど、彼は大人になって驚くほど変わってゆき、格好良くなってゆくので、途中からは大好きなキャラになりました♪

見終わってすぐ、期待よりは今ひとつだった、という感想を残した私ですが、実はそのあと同じスタッフによって作られた「マイガール」というドラマを観て、何故かチュニャンというキャラクターを見直した部分がありました。
なので、後になってから評価を少し上げたドラマでもあります。

全体的に、面白かった!という人のほうが周りには多いので、ラブコメ好きにはお勧め出来ると思います。脇キャラも個性的でグッドですよ♪(モンリョンパパ、好き♪)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆(実際は3.5)
[PR]
f0147413_0265278.jpg出演:チョン・ジフン(Rain)、シン・ミナ、キム・サラン、イ・ギウ

韓国で大ブレイクした「ごめん、愛してる」の脚本家イ・ギョンヒが書いたドラマ。
ただ、そのわりにRainのドラマリストに載っていなかったりと視聴率は今ひとつだったらしい。全体的に悲劇的で破滅的ですらあると思える展開が、最近の韓国の視聴者にはウケが悪かったのでは?という説もあるが(ラブコメがヒットする時代なので)視聴率はそれほどとれなかったけど、Rainの演技は高評価をもらったドラマだそうです。
なので、明るいドラマが好きという人には、まったくお勧め出来ませんが、同じ脚本の「ごめん、愛してる」「サンドゥ、学校へ行こう」にハマッた人にはお勧めしたい。

あらすじは・・・
幼い頃に孤児院で育ち、ケンカ三昧の問題児ボック(ピ)は火事を起こし、兄のミングが弟を庇って少年院へ送られる。
そして10年後、ボックは兄と再会するのだが、兄は突然屋上から飛び降りて自殺してしまう。原因は兄の元恋人で人気女優のウンソク(シン・ミナ)であるとわかり、自分の兄を裏切ってトップスターになった女に復讐をするために彼女に意図的に近付くが反対に愛に陥ってしまう。


感想

上記に書いたように、暗く、破滅的な展開は予想出来ていたのですが、私はこの脚本家の「ごめ愛」「サンドゥ」が、どちらも大好きだったので、Rainも好きだし、結構楽しみに見ました。それに共演がシン・ミナちゃん。彼女は私の好きなシン君こと、チュ・ジフンの新作「魔王」で彼と共演しているので、そんな親しみもあったし。(笑)

で、実際どうだったかっていうと、最初は登場人物を把握出来ないのに、時間軸が現代になったり過去になったりして、ものすごく分かりづらかったです。
が、しかし。
3話あたりから全体像をつかめてくると、もう面白くなってきちゃいまして。
最後まで暗くて重いドラマだったけど、見応えのある、心に残るドラマでした。
やはり、私はこの脚本家のドラマが、かなり好きらしいですね。(笑)
暗くても苦手なドラマもあるんですけどね。何かツボを刺激するらしいです。
Rainはボクサーの役なので、身体を絞っていて、もともとフルハウスでも彼のスタイルにはホレボレしていたけど、ますます素敵になっていたRain。

そして、意外に良かったのが脇役のダジョン役のキム・サラン。見事!!
彼女がどこまでも、いっそドック本人よりも彼のことを理解しているところが、とても良かった。サバサバしたキャラクターも魅力でした。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_055713.jpg

出演:チュ・ジフン、ユン・ウネ、ジョンフン、ソン・ジヒョ

「もしもまだ、韓国に王室が続いていたら…?」という設定で大ヒットし、ミリオンセラーになった韓国のコミックが原作のドラマ。
作品の世界観と完成度の高い衣装と、60億ウォンを超えるセットデザインが「色彩溢れる」見事なドラマに結実した。

最高視聴率28.8%を記録してラストを迎えた同作品は、アジア10カ国で放送され、DVDが発売された今なお、日本のローカル局できそって放送権を争奪するほど人気に。

感想

最初は高校生(設定)が主役?(凹)と思って見始めたドラマでしたが、見ていくにつれ、どんどんハマッてゆき、いつの間にか大好きなドラマになっていました。
寝ても覚めてもシン君(皇太子・チュ・ジフン)が頭の中を闊歩。(笑)
こういう人を「宮廃人」と呼ぶそうな・・・
最初の4話くらいは、韓国の皇室の結婚行事を再現しているのが見どころですが、ドラマの内容としては5話以降からがグッと面白さが増してきます。
4話まででハマれなくても、そこで挫折するなかれ。(笑)ラストまで見てみてね♪
いかにも少女マンガな展開は、少女マンガ世代の奥様たちにも人気のようです。(笑)
宮廷での陰謀あり、四角関係あり、祖父同士の決めごとで結婚するはめになった皇太子シンと一般市民だった皇太子妃チェギョンが、最初は反目したりぎこちなく接しながらも、だんだんお互いに惹かれていく過程が、不器用に表現されていくのが若さゆえの眩しさで、とても可愛くて胸キュンドラマなのです♪


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆
[PR]