カテゴリ:視聴中、気になるドラマなど( 205 )

例えば、私の第2期韓ドラブームの切っ掛けとなったのは、ドラマ「宮」なのですが(このブログの感想は、その第2期以降に見たドラマのみとなっています…)その「宮」ではちゃんと主演であるシン君に夢中になったし、「フルハウス」「サンドゥ、学校へ行こう」「このろくでなしの愛」の併せワザ1本もイ・ヨンジェだったりサンドゥだったりボック(だっけ?)だったりが好きになったし、「キム・サムスン」でもサムシクを好きになったのです。はい、当然といえば当然ですが。

ところが、ドラマによっては主演ではなく、2番手、つまりライバル役のような人のほうに惹かれて夢中になることも、意外とある私。

例えば、「宮」では絶対シン君派で、ユルには一滴の同情心も持てなかったのが、「宮S」のほうでは、なんとイ・フよりジュンのほうに、ちょっと同情しちゃったし、思い入れもあったなぁ~
見終わった後まで引きずるほどではなかったけれど、そういうこともあるんです~。

というわけで、過去見たドラマの中で、『私が堕ちた2番手くんベスト3』。
ただし、順不同・・・順位が付けられなかった・・・;;

■ 「オーバー・ザ・レインボー」のREX

まだ芸能界に染まりきっていない頃、自分付きのマネージャーが誘拐の手引きをし、事務所にお金を恐喝。その時あやうく死にそうになったことから、以来人を信じられなくなってしまい、心に傷を負うという過去を持つ。歌と踊りに自信があり、プライドの高い我がままアイドル歌手のレッテルが貼られているが、実は本当に好きなジャンルの歌を事務所に歌わせて貰えず、アイドルという枠の中で唯一反抗心を見せたいがゆえの足掻きでもある。

f0147413_22123034.jpg



■ 「太王四神記」のヨン・ホゲ

高句麗の王族の息子であり、チュシンの星が輝く運命の日に生まれたホゲ。本当のチュシンの王となるべく生まれたタムドクと同じ日であったがゆえに、幼い頃から帝王学を叩き込まれ、やがて権力抗争に巻き込まれる。国を司る能力よりも、勇敢な武将としての才能を持ったホゲは、もし違う日に生まれていたら、チュシンの王となるタムドクを支える、最高の右腕であり、タムドクの親友にも成りえたはずだった。運命の悪戯に振り回され、また、タムドクと同じ女性を愛してしまうがゆえに、幼き頃の親友タムドクと敵対することになる、悲運のライバル。

f0147413_22251144.jpg



■ 「快刀ホン・ギルドン」のイ・チャンフィ

前王の嫡子でありながら、王の残した「2番目の子に王位を譲る」と刻まれた剣による遺言がもとで、幼い頃に庶子である長兄側の取り巻きにより母親ともども暗殺の対象になるが、表向きは死んだと思わせて、実は死んだ母の望みを叶えるべく、密かに側近達とクーデターを目論む。初めは母親を殺された恨みもあり、王になることそのものが目的だったが、ギルドンと出会い、自分は本当にやるべきことは何か?本当は、王になって何を成すべきかが大事であるということを考えるようになる。また、事を成し遂げるには妨げになる者の犠牲も平気だったチャンフィが、イノクという女性と出会い、愛するようになるにつれ、人間としても王にふさわしくありたいと思うよう、成長してゆく。だが、イノクが愛するのはギルドンただ一人と知り、彼女の気持ちを大切にしてあげたいと思うがゆえに、苦しむ。

f0147413_22432897.jpg

[PR]
f0147413_22431337.jpg


ちょっと前までSBSで放送していた、イ・ジュンギ主演のフュージョン時代劇「一枝梅(イルジメ)」を見ている最中です。

8話まで進みましたが、実のところ、8話まできて、ようやく人間関係が頭の中で整理されつつあるという状態で、これまで時代劇のお約束の一つである、子供時代から話は始まるんですが、その子供時代に運命の糸がこんがらがり捲くりまして(笑)ただでさえ顔を覚えきれてないのに、大人になって・・・えっと、この人は本当は誰の子・・・?今はこの人と一緒にいるけど、血はこっちと繋がっていて・・・とか、マジで分かりづらい!!(><);;

なので正直、画面も夜のシーンが多いせいか、なんとなく暗めだし、今ひとつ乗れないなぁ、と思いながら見ていたんですが、ここへきて、ようやく頭の中が少し整理されて、面白く感じられるようになってきました!良かった~~(^_^;);;

見る前は、チングたちに、私はきっとジュンギじゃないほうの人にハマるよ、と言われていまして(笑)ナゼかというと、過去「オーバー・ザ・レインボー」でREX、「快刀ホン・ギルドン」で若君などなど、心の傷を持った二番手にヤラれてきたからなんですけども(「犬とオオカミの時間」に到ってはマオだったし/笑)今のところ、どちらにもヤラれてはいませ~ん。(笑)

ただ、本当にようやく面白さを感じてきたばかりなので、ひょっとしてこれから、チングの思惑通り、シフに堕ちたりするかもしれないけども、さて、どうなるでしょう~。(笑)

このドラマ、よくホン・ギルドンと比べられるようですが、こっちのほうがヒットしたんじゃないかな?でもイ・ジュンギ自体、特に韓国ではビッグネームだからというのも大きい気がする…。

8話までで言えば、キャラクターのそれぞれの描かれ方が、私はホンギルのほうが好きだな。
イルジメは、エグい。強烈。悪いやつは凄く悪く、可愛そうなのは徹底的に可愛そうに、情け容赦なく描かれてるので、これに比べるとホンギルは、ホンギルの感想でも書いたけど、マンガのようなキャラクターとストーリー展開だから、ある意味、御伽噺っぽくもあるという・・・

だからそのへんは好き好きで、私は御伽噺と分かっていてホンギルの世界観、作りモノ的な緩さ、甘さが好きだったんだけども、だからそういうのが嘘っぽいと感じる人もいるだろうし、慟哭と表現してもいいような、どん底の悲しみとかは、イルジメのほうが断然うまく表現されていると思うんで、イルジメのほうが好きという人がたくさんいても、不思議ではぜんぜんないですね~
そして、そういう慟哭の悲しみってのは、ジュンギだから演出できたのかな、という気もします。(特別、ジュンギのファンではないですが・・・笑)

なんにせよ、まだドラマは半分。後半、楽しみに見たいと思います。

ちなみに・・・殺し屋から華麗なる転身をした生臭坊主・・・好きです・・・(笑)
この人。(笑) →f0147413_2328453.jpg
[PR]
f0147413_0104823.jpg


「白い巨塔」「コーヒープリンス1号店」のイ・ソンギュンの新作で、主演女優が「あんぱん」のチェ・ガンヒ、そして、彼女を好きになる年下男性の役で「オーバー・ザ・レインボー」のチ・ヒョヌというメンバーの「マイスウィートソウル」。

内容はMnetページにて、どうぞ~
「マイスウィートソウル」

なんたって、イ・ソンギュンです。(笑)
コプリでも大人のカップルを演じていたのが凄くステキだったし、白い巨塔では、日本版とはまた違った、めっちゃ優しい役で惚れ惚れ~~

ちょっと前には、エアコンのCFで、「君はどの星から来たの」のチョン・リョウォンと共演してるんだけど、それがすご~~くお似合いで、CFでも惚れ惚れしてしまった私。(笑)
この2人、雰囲気が似ているというか、オーラが似ている感じがして、いつかラブストーリーで共演してくれないかなぁ~と、ひそかに野望を抱いているのですが。(笑)




そのCFのせいか、広告主が選ぶベストモデルという賞?に、イ・ソンギュンと、「ヌグセヨ?」でユン・ゲサンくんと共演したアラちゃんが選ばれてました。可愛いツーショだけど、ひょっとして年齢が一回りくらい違うのかもしれない。(笑)

【動画サイトGYAOより】
[PR]
ただいま「ラスト・スキャンダル(私の人生最後のスキャンダル)」を観ていまして、佳境です。明日、もしくは2~3日中には観終わります。

これ、少し前に亡くなったチェ・ジンシル主演なんですよね・・・
そのへんは、観ていてちょっと複雑というか、もうこの人、この世にいないんだな~って思うと、すごく不思議な気分になっちゃう。だって最近のドラマだし・・・;;

しかし、面白いです。最初のほうは、「フルハウス」のアジュンマ編という感じもあって、ちょっと笑いながらみたりもしていたけど、佳境の今、切な~いシリアスな展開で胸キュン。

ところで、劇中、流れるバラードがあって、その曲のサビを聴くたびに、絶対どっかで聴いたことがある!!と思うのだけど、どこで聴いたのかがさっぱり分からず。

曲はOSTに入っているから、すぐ「I Have My Love」という曲だと分かったのだけど・・・

でも、それでもしつこく調べてみたら、どうやら「宮S」でBGMとして使われたことがあるらしい。
しかし「宮S]のOSTには入ってないし、「宮S」はBSで見て、もう消してしまったから、今更確かめることも出来ない。(レンタルで調べるほどの執着はないし/笑)

聴けば聴くほど、聴いたことがある!と思ってしまって、気持ち悪いのなんのって。(笑)
でも、きっと「宮S」だったんだろうな~。ま、そういうことにしておこう!(笑)


[PR]
韓国では放送が終わったばかりだそうですけど、早くも日本ではスカパーのどっかのチャンネル(入ってないから定かじゃないけど、多分Mnet?)で放送が決まったらしい「ベートーベン・ウィルス」。

一番の見たい要因は、もちろん挿入歌としてOST参加している、Fly to the Skyのふぁにたんが、「胸が痛くても」以来久しぶりのソロを歌っているからでございます~。

画像が悪いけど、これ、歌ってるところです。ス・テ・キィ~~~~vv




もう一つの要因は、出演者に「快刀ホン・ギルドン」でハマッてしまったチャン・グンソクくんが出ているからでごじゃります~~。「ファン・ジニ」のときは、ただの子供にしか思えなかったのに、ギルドンのチャンフィ若君ときたら、大人の色気が・・・(笑)
丸刈りにして、どうかな?と思ったけど、この写真を見よ!!なんて美しいの!?(笑)
早く見たいです~。視聴率もなかなか良かったらしいしね♪

f0147413_0174233.jpg


f0147413_0182478.jpg

[PR]