カテゴリ:奇皇后( 1 )

NHKBSプレミアムで放送中の、ハ・ジウォン、チ・チャンウク、チュ・ジンモの史劇です。

最初、何も知識なく観ていて、高麗とかの話っていうアバウトな事しか知らなかったので、見始めた時点では、高麗の時代はあまり詳しくないし(どういうわけか、高麗の史劇は見逃している)ハ・ジウォンは「チェオクの剣」は好きだったけど、その後そんなに・・・・だし、チュ・ジンモは顔の濃さが私の好みから激しく逸脱してるハンサムさんだし(一応フォロー入れとく)チ・チャンウクは最近観たドラマで悪い奴だったので(蒼のピアニストだい!笑)キャストもあんまり乗れないというのもあったので、下調べもしなかったんですよね~。

でもNHKBSの史劇は、なんか日本の大河みたいに、とりあえずは観る、みたいな習慣づいているんです。(笑)

そんな何となく見始めたドラマなので、最初の数話はあまり一生懸命観てなかった(片手間で観ていた)こともあって、それほど面白いという感じがなかったんだけど、ここへきて第4話でめっちゃハマったキャラが出来ました。

それは・・・・ペガン将軍ーーーっ!!(笑)

f0147413_23505550.jpgこの人、この人。
え?ただのムサいオッサンじゃないかって?
ふふふ・・・その通り。(笑)
でもほら~、私、史劇だとオッサンに弱いじゃないですか~~(笑)
この人、「ソドンヨ」ではプヨソンを演じて、その時も私を虜にしたんですよ~う。(笑)
今回、この人の何が良かったかって、もちろん演じたキム・ヨンホさんをもともと私が好きだったというのもあるのですが、役柄がね!!すごいツボだったんですよ!!悪役かと思いきや、実はすごい義理堅く忠実な人だったんだもの~。

元のクーデターを目論むヨンチョルの命令で、元の皇太子(チ・チャンウク)を殺しに行くんだけど、ペガンはもともとヨンチョル側じゃない人の部下で、ちょっと体制が危なくなって寝返っていたのよね。(笑)
でも、いざ皇太子を追い詰めた時、まずは命令通りにすぐに殺さず、皇太子に自害を求め、誇りを見せてくれ、と言い、それまで弱気だった皇太子がペガンに対して「私が誰に見える?祖父の祖父の祖父は、あのチンギス=ハンであるぞ。元の正当な後継ぎは私だ。分かっているだろう」と問い詰め、モンゴル民族出身のペガンはその言動に屈服して、殺そうとしていた皇太子に膝を折り、礼をして、必ずこの場を逃げて、いつか私の目の前に王として戻ってきてください、と言うんですよ~う。超カッコ良かった、そのシーン~~!しびれた。(笑)

あと、何気にバカ丸出しだと思っていたチ・チャンウクの皇太子も、けっこう可愛くなってきて、ハ・ジウォン演じるスンニャンとのやり取りが可愛らしく、それに何気に嫉妬してるチュ・ジンモ演じる高麗の王も可愛らしい。といっても、この時点でまだ二人ともスンニャンを男だと思ってるんですけどね。(笑)チュ・ジンモなんて、自分が男のスンニャンを好きなんじゃないかと言われて、めちゃくちゃ動揺していて可愛かった。(笑)

ま、ともかく、タラ~ッと見始めた「奇皇后」ですが、一気に面白くなってきました~♪
[PR]