あんぱん

f0147413_22252261.jpg出演:チェ・ガンヒ、パク・クァンヒョン、チョン・チャン

2004年、MBC、全26話。
日曜日の朝9時から放送していたドラマで、このドラマを応援する人(ネティズン)を表す『あんぱんの鉄人』という言葉も生まれたほど人気のあったドラマ。
監督は、後に「ごめん、愛してる」「サンドゥ、学校へ行こう」の脚本家イ・ギョンヒ作家と手を組み、除隊後初のドラマ出演のチャン・ヒョク主演「ありがとうございます」を手がけたイ・ジェドン。ほのぼのラブストーリーです。


感想

先に友人たちが見て、なかなか評判が良かったので、私はぜんぜん知らないドラマでしたが、見てみることにしました。後に、私の大好きなドラマ「ありがとうございます」の監督さんが作ったドラマだと知り、なるほど納得。どうしようもない悪役が登場せず、韓国ドラマの特徴である、病気、交通事故、記憶喪失、血縁の禁断愛、いわゆる悪縁、金持ちと貧乏、といった要素が登場せず、また最近増えてきている不倫も登場せず、ひたすら主人公2人の成長とともに惹かれあって、愛をはぐくんでいくという、一見、どうということのない展開のドラマです。
でも、とてもほのぼのとしていて、チェ・ガンヒ演じるガランの、恋愛に対する不器用さとかがとてもリアルだったり、それを見守る“あんぱん”こと、幼馴染のナムジュンが、中盤からガランを愛するようになってから、とことんラブラブ光線出しっぱなしなのが、あんまり可愛くて、見ていて笑っちゃうほどでした。
毎回最後に、子供のころのエピソードが、それぞれの子役によって演じられるという、少し代わった手法も、子供って本当にこういうくだらないことで喜怒哀楽、いろいろあるんだよな~と、忘れていたものも思い出させてくれたりと、子役のミニエピソードも可愛かったです。
ちなみにガランの子役は、太王四神記、ファン・ジニでイ・ジア、ハ・ジウォンの子役時代を演じた子で、ガランが初恋のオッパーと慕っていた人の子役が、やはり太王四神記でヨンさまの子供時代を演じた子でした。(笑)このオッパーの子役の子、どちらかというと初恋オッパーよりも、ナムジュンに顔が似てるのです。本当はナムジュンの子役を演じる予定だったけれど、背が伸びすぎてしまって、年齢に合わないということで、オッパーの子役に変更になったとか。
たしかに、すでにかなり背が高かった・・・(^_^;)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
by himeka_kisaragi | 2008-10-29 22:57 | あ行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/9523710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by チアズ at 2008-10-30 15:57 x
あんぱん・・・ある方のブログで、フルハウスと並んで評価が10点満点になっていたので、気になって見た作品です♪
私も、この作品は、すんなりと見れました。
ナムジュンが、ジソプ系?かな・・・と思ってしまったのは、私だけかな。
Commented by himeka_kisaragi at 2008-10-31 00:05
チアズさん
わ~、フルハウスと並んで満点評価ですか!
それは、ぜひチェックしたいと思いますよね~~

私もナムジュンは、ジソをちょっとふっくらさせた感じ、と思ってました。(笑)
というか、やはり見た人は、皆さんそう感じるみたいですね♪