太王四神記

f0147413_0313584.jpg出演:ペ・ヨンジュン、ムン・ソリ、イ・ジア、ユン・テヨン

2007年、MBC、全24話。
まずは完全事前製作ドラマ・・・となる予定で話題を集めたが、結局放送自体も半年も遅れ、撮影も普通のドラマのようにギリギリまでかかってしまったらしい。
だが、韓国ドラマ界の巨匠キム・ジョンハク監督とペ・ヨンジュンのコラボレーション、総制作費50億円を越える大プロジェクト、済州島に建設された巨大セット…と放送前から話題を呼んだ。結果、視聴率も30%を突破し、イ・ジアら若手俳優の人気も高まっている。
また、音楽は、日本を代表する作曲家 久石譲。スタジオ・ジブリ作品などを手がける久石が、「太王四神記」の全ての曲を作曲した。そして日本放送版のエンディングテーマ「千年恋歌」は、アジアを席巻する韓国のコーラスグループ「東方神起」が歌う。
神話のに語られるチュシン国の王の星のもと生まれたタムドク(ペ・ヨンジュン)が、数々の困難を乗り越え、天から与えられた四神の神器とその守り主をさがし当て、真の王へと成長する物語。優しさと強さを兼ね備えたタムドクを演じるペ・ヨンジュンの演技が見どころ。


感想

最初はBShiで始まったノーカット字幕版を週に一回、おとなしく見ていたのですが、だんだん我慢が出来なくなり、とうとう12話からDVDで一気に見てしまいました。(笑)
初めの部分は、まさしく作られた神話の世界で、まるでミニチュア・ロード・オブ・ザ・リング。
CGも効果的に使っていて、このドラマの大事な部分を派手~にご紹介。この、神話部分の流れは、実のところ見ながらかなり突っ込みどころ満載だな~~って思ってはいました。
ただ、スタッフの、このドラマへの意欲は感じられて、作りこんでいる苦労を想像すると、突っ込んじゃいけないんだろうな、と、思いなおしました。(笑)皆さんも、流したほうがいいです。(笑)
神話なんて、だいたい現実離れしてるもんだし、そういうもんだ、と思ったほうが楽しめる。
そして、それから3000年後の三国時代、歴史モノのお約束の子役時代から始まって、この子役代に、物語の基礎は頭に入れておきましょう。私は3話まで見たら、もう一度1話に戻って、最初から見直して4話に進みました。そしたら、かなり分かりやすかったですから。
このドラマ、最初のほうでは、話が複雑すぎるという理由もあって、子役時代、今ひとつ視聴率が伸びなかったと聞いています。(ヨン様出てきたらあがったらしいですが)

で、感想なんですが、面白かったです。ヨン様は最初皇太子なんだけど、王様になってからのほうが威厳があってよかったです。実際、演技も後半になるにつけ、評価が上昇していったと聞いています。まさしく熱演という感じがしたので、MBC大賞獲ったのも頷けました。
だけど、私が週一回でよいと思っていたのを、待ちきれなくなったのはヨン様のせいではなく、敵役のホゲ役ユン・テヨンが良かったからです。(笑)だからこの紹介画像もホゲさま。(笑)
タムドクと同じ、チュシンの星が輝く日に生まれた、王家の血をひくヨン家のホゲ。それが彼の悲劇の始まり・・・という風に、私はとらえました。(苦笑)
確かに彼は、回が進むにつれ、武将としての才能はあるけれど、王としての器ではないというのが明らかになってゆく人。けれど、運命の日に生まれたがために、母に伝説のチュシンの王の再来として幼い頃から教育され、周囲もそういう目で見守るなかで育ったせいで、自分でそれ以外の道を見出すことが出来なかったのよ~。
でも、彼はその道を進みながらも、自分の器に気づいている。だけどタムドクへの敵対心から、進むことをもう止めることが出来なくなっていくのね。
終盤になるにつけ、どんどんホゲが壊れてゆくのを見ていくのは、可愛そうで仕方がなかった。
彼は、違う日に生まれていたら、きっとタムドクの良き親友、そして良き家臣、右腕として共に最高の関係を築けていただろうに、と思わされる。子役時代、とても素直でタムドクのことも大好きな子だった、という設定だったから、なおさらです。
ま、ようするに、入れ込むキャラがいると、ドラマは面白く見れるという典型でした。(笑)

ところで、ネタバレはしませんが、ラスト、結末がちょっとボカしてあるような気がしてなりません。パート2の噂もあり、そのせいなのかしら?う~ん、あのラスト、気になる・・・(^_^;)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆
[PR]
by himeka_kisaragi | 2008-03-02 01:09 | た行 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/7580900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちゃび at 2008-03-02 10:47 x
ホゲ ホゲ ホゲ ホゲ~~~~
私情ブッ込みまくりで太王様はホゲのドラマ~~(笑)

2番手の男にこんなにハマるなんて、前代未聞だわ~
ボコボコに言われてしかるべき立場なのに何故なんだろう??
どーしてもヨン様が姑息な手段を使って王になったように見えて…
まぁ~運命だからしょーがないのか??ホゲの方が人間味タップリに
描かれていて(4様は神だからね)入れ込めたのかなぁ~
Commented by himeka_kisaragi at 2008-03-02 16:06
ちゃび
ホゲ(ユン・テヨン)という人を発掘できた、良いドラマでした。(爆)
アタシ、最近2番手多いなぁ~。レックスしかり・・・(笑)
そう、4様は神だからね。チュシンの王に向かって進みながら、悩む次元も王様ちっく。ホゲの悩みは、かなり庶民的で身近な感じだったかも。(笑)
でも、4様は4様で、特に神器が1つ、1つと目覚めてから、自覚が出てきてかっこよくなっていったと思う♪
共鳴はホゲのほうにしちゃったけど、やっぱりかっこよかった、4様♪
Commented by futonlove at 2009-02-12 00:41
こんばんは~。やっと見終えましたよ~。
事前にアドバイス通りに「韓流ファン vol.4」をちゃんと購入していたので、観た後スッキリでした~。
かなりツボなドラマでした。
Commented by himeka_kisaragi at 2009-02-12 01:01
お疲れさまでした~♪
あの雑誌がなかったら、かなり欲求不満な感じになったと思いませんか?私はそうだったので、本当の結末を知ることが出来て、すごく良かったんです~
そうじゃないと、ホゲがあそこまで生きた甲斐がない!とまで思いました。(笑)

まあ…最後に数年間キハと暮らせて幸せだったのでしょうけれど…(ノд<。)゜。