スマイル・アゲイン

f0147413_2336772.jpg出演:イ・ドンゴン、キム・ヒソン、イ・ジヌク、ユン・セア

『悲しき恋歌』『窈窕淑女』など、韓国を代表する美人女優キム・ヒソンと『ガラスの華』『パリの恋人』『ランラン18才』などで絶大な人気を誇るイ・ドンゴン。豪華キャスティングが魅せる、甘く切ないラブ・ロマンス。2006年、SBS、全20話。
人気俳優の共演ということで話題を集めたが、蓋を開けてみると、視聴率があまり伸びなかった。交通事故も記憶喪失も不治の病も異母兄弟姉妹の疑いも、韓ドラシリアス系ドラマに出てくる要素は何もないけれど、人間関係が絡みあった、どちらかというと暗い展開、そして唯一の定番である意地悪なライバルの邪魔で主演2人が上手くゆかないあたりは韓ドラらしいかも。キム・ヒソンの美しさと、背の高い2人(イ・ドンゴン)とのツーショットは、実に絵になります。また、ライバルのイ・ジヌクも、爽やか(途中少し意地悪になるけど)で可愛さもある好青年で好感が持てます。
ただ、展開が凡庸なのに全20話は、長すぎる気が。全16話で充分。


感想

キム・ヒソンは、四季シリーズの前にユン・ソクホ監督が作った「プロポーズ」というドラマ以来、好きな女優さんで、イ・ドンゴンは日韓共同ドラマ「フレンズ」以来、なにかと見る機会のある俳優さんということで、楽しみに見始めました。
タイトルとは違って、ド・シリアスなこのドラマ。それはそれでいいのだけど、どうも展開がかったるい。キャラ設定(人間関係)は面白いし、それらを上手く展開してゆけば、けっこう面白いドラマになるだろうな、と思えるのに、このつまらなさは一体?
テンポも悪いし、ドラマの暗さも、私の好きな「サンドゥ〜」や「ごめ愛」「このろくでなしの愛」などとは違って、次の回、次の回へと引き込まれるものがない。
きっと、脚本が悪いんだろうなぁ〜。せっかくの有名俳優2人を主演にしたのに、それを生かしきれてない感じがして、実にもったいないドラマ。
ラストまで見ても、引き込まれることは、殆どなかった。
お金を出してDVDで見てたら、大外れ!という所だけど、これはBSで週に一回見ていただけなので、まあ、それは許す。(笑)
しかし私、過去にイ・ドンゴン主演で面白かったドラマって「ランラン18才」くらいしかないな〜。脇役だと「サンドゥ〜」と「パリの恋人」と「フレンズ」が面白かったけど〜。ちなみに「スマイル・アゲイン」のイ・ドンゴンは、アウトローな役でした。
悪役のような主役で、それはまあ似合ってるんだけどね・・・。


満足度(☆6つが満点) ☆
[PR]
by himeka_kisaragi | 2007-08-24 23:58 | さ行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/6197846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。