THE K2~君だけを守りたい~ 1~4話

f0147413_22353422.jpg

タイトルは1~4話ですけど、実はまだ3話を終わったところ。面白いらしいと聞いていて、楽しみだったんですが、ユナがあまり得意じゃないので大丈夫かな~と不安がありました。(笑)しかし3話の途中です。それまで憎たらしい女だったソン・ユナが、あれはまさに映画「スピード」の心理ってやつですね。(笑)一緒に命の危険を味わうと惚れてしまうというww 危機一髪、死の淵にいた自分を、自分も大けがを負っていて血だらけの男が自分を助けて守ってくれた、そうあの車が爆発する寸前に抱きかかえられたあの時に、ソン・ユナ目線でドラマを見てしまいました。はい、彼女は間違いなく恋に落ちた、、、自分の弱点を握られているはずの、でも生きていてもらわないと不名誉な映像が世に出回るという面倒な存在の彼に。そのシーンで、私の目線が年下男に惚れたソン・ユナに重なってしまった!(笑)

ソン・ユナさん、それを表情だけで表現するあたり、うまいですね~。まあ、その時に重なっただけで、この二人がどうにかなるわけじゃないだろうし、私もずっとチ・チャンウクに惚れ続けたわけではなく(笑)その一瞬だったんですけども。でもその一瞬だけでも、今後の見る原動力になりましたよ。たとえユナと結ばれても。(笑)

下地には浮気ばかりしていて、愛のない結婚をした財閥の女の悲しさがあるのは丸わかりです。お金に興味がないのに自分を命がけで助けてくれた男、しかも年下イケメン。殺されそうになったけど、彼のとった手段は暴力でもなく、ある意味スマート。その時すでに気に入っていたんだろうな。そして「スピード」を一緒に体感してしまったのだから、これはもう決まりです。

秘書に「彼を絶対に死なせてはだめよ」と命じて「かしこまりました」と了承する秘書。彼女が、それは秘書が想像している意味とは違うって心の声をモノローグで流したあたり、すぐに自分の気持ちに気づいたのね。まあ、こっちが主演の二人なら純愛にでも作れそうだけど(笑)相手役は当然ユナですから、おのずのこの後彼はユナと愛し合うようになるだろうし、ソン・ユナさんは嫉妬に狂ったり、色々大変なんだろうな~と想像。(笑)最初にソン・ユナさんに入れ込んじゃっただけに、ますますこの後私はユナとの仲を応援できるのか不安ざます。(笑)ソン・ユナさんが私をすごくげんなりさせてくれる行為をすれば大丈夫かもしれない。(笑)



[PR]
by himeka_kisaragi | 2017-06-28 22:56 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/27932260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。