二度目の二十歳

f0147413_22333649.jpg出演:チェ・ジウ、イ・サンユン、チェ・ウォニョン

2015年、tvN(ケーブル)、全16話。
チェ・ジウがケーブルドラマに初出演。初のケーブルドラマを選んだ理由として、魅力的なキャラクター、演出家への信頼、と答えた。チェ・ジウ特有の明るく活気に満ちた演技と、実際の二十歳に劣らない美貌、キャンパスルックにも注目。30~40代女性の現実と夢、憧れをリアル、かつコミカルに描いている。
「怪しい家政婦」「秘密の扉」などを手掛けたキム・ヒョンシクが監督を、「華麗なる遺産」「いとしのソヨン」などを手掛けたソ・ヒョンギョンが脚本を務めた作品で、40歳にして大学の新入生となったハ・ノラ【役:チェ・ジウ】とその周りの個性豊かな人物たちとの出会いや出来事を通して展開されていくキャンパスライフを描いたストーリーです。

<感想>

例に寄って全く知らずに我が家に回ってきて見たドラマでした。(笑)最近またチェ・ジウをわりと見かけるようになりましたね。今回の役はなんと大学生の息子の母の役。それなのに、やっぱり初々しさというか、純粋さというか、そういう役作りがうまい人ですね、チェ・ジウは。キャラクターも、自分が高校生の時に知り合った年上男性と突然結婚して子供を産んだものの、そのままドイツで言葉もままならない中で暮らした女性という設定で、旦那と子供だけが世の中のすべてだったのが、ある日旦那から離婚を突き付けられて、改めて自分の生きる道を探していくストーリーなので、世間ずれしてなかったり、それゆえの世間知らずで純粋なキャラという設定が、本来は若干無理があるところを、チェ・ジウがうまく視聴者を引きこめるキャラ作りをしていたんじゃないかと思いました。イ・サンユンさんも、彼の特徴である、優しい男ではない、怒りキャラとでもいうのか(笑)お得意の男性でしたよ。でも背の高い二人が、金持ちでも貧乏でもない、普通の男女の役で、洋服とかも普通のものなので、二人が一緒にいると、どこぞの年齢層の高めの夫婦モデルが出てるファッション誌みたいな感じに見えました。
物語も、おそらく共感を得たと思われるのですが、韓ドラにしては普通の中年の男女の恋愛と、ヒロインの成長物語なので、普通は間延びしそうなところを、案外サクサクと見れて面白かったです。トーンも明るめなので、肩ひじ張らずに、気軽に観れる楽しめの、でも女性の共感度の高いドラマでした。特に手法として、20年ぶりに出会った友達(イ・サンユン)が、なぜ自分に対して冷たい態度なのかが少しずつ過去が見えてきて、それはチェ・ジウ演じるハ・ノラが自分自身を忘れていた20年間を取り戻していく歩みと一緒に分かって行く流れになっているのが、とても良かったと思います。中年女性に限らず(笑)全ての女性にお勧めのドラマです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
by himeka_kisaragi | 2016-03-30 23:12 | な行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/25092451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。