君を愛した時間~ワタシとカレの恋愛白書~

f0147413_23463547.jpg出演: ハ・ジウォン、イ・ジヌク、ユン・ギュンサン、チュ・スヒョン、エル(INFINITE)

2015年、SBS、全16話。
ヒロインはハ・ジウォン。現代ドラマは『キング~Two Hearts』以来3年ぶりとなるが、仕事に恋に奮闘する34歳のキャリアウーマン、オ・ハナ役を好演している。等身大のヒロイン像に共感すること間違いなしだ。相手役を務めるイ・ジヌク(『三銃士』)は、ハナと17年にわたって友情を育んできたチェ・ウォン役。恋に傷ついたときも、いつもそばにいてくれる――そんなふたりの関係に次第に変化が訪れる。もどかしくもリアルな恋模様が繊細なタッチで描かれていく。ハナの元恋人でピアニストのチャ・ソフ役にはユン・ギュンサンが扮する。近衛隊のトクマン役を演じた『シンイ―信義―』でデビューし、主人公(イ・ジョンソク)の兄に扮した『ピノキオ』で注目を集めた新鋭だ。ユン・サンヒョン(『君の声が聞こえる』)、オン・ジュワン(『パンチ~余命6ヶ月の奇跡』)らはハナの恋人候補として妄想シーンに現われる。『シークレット・ガーデン』のパロディ場面が出てきたり、『ピノキオ』を彷彿させる小道具が出てきたりと、遊びゴコロも満載だ。

<感想>
ずっと奇皇后をNHKで見ていたので、現代ものが久しぶりの印象で若干違和感すらあったハ・ジウォン。(笑)
でも観慣れてきたら、大丈夫になりました。イ・ジヌクは「ナイン」があったから、わりと見たばっかりでした。
実際は知らないんですけど、若干ハ・ジウォンのほうが若く見えるので、同級生…というあたりが、キツイ感じもしました。ライバル役のユン・ギュンサンも若そうに見えるし。ていうか、「ピノキオ」であまりに印象的過ぎて、おお~~お兄ちゃん、って感じでしたけど。(笑)
話はですねぇ・・・。一応、隠れた過去というのがあって、現代と並行して過去も少しずつ見せていって、隠れた過去が分かる、という手法でしたから、イ・ジヌクは明らかにハ・ジウォンが好きに見えるのに、何であそこまで頑なに好きという気持ちを抑えるのか意味不明だったので、その原因が過去にあったことが分かった時はスッキリしたんですが、全体的に大きなストーリー展開があるわけでもなく、行ったり来たりの恋愛模様が展開されるだけで、その秘密が何だろうって最初は気になったんだけど、途中からあまりに平坦な話でどうでもよくなってきちゃいまして、最後まで観たんですが、ラスト2話は必要だったのかどうかも謎です。(笑)
何かこう~、色々狙ったのかもしれないけれど、私には残念ながら狙いは伝わってこなかったし、心が動くこともあまりなかったです。これ、面白かったのかなぁ・・・?

満足度(☆6つが満点) ☆☆


[PR]
by himeka_kisaragi | 2015-12-09 23:37 | か行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/24753053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えみ at 2015-12-10 06:29 x
私は最後の数話が良かったと思ってるんです。最初の出だしが不必要に謎だらけだったから話が見えづらく、男にフラフラしてて自分が無いのに仕事は自分をしっかり持って成功してるっていう点に幾分矛盾を感じてました。6話で脚本が変わったというコメントをウェブで読みましたが、実は最初はハナの方がウォンを好きだったと理解してから話に少し納得しました。それにハジウォンさんはイジヌクさんより3歳位年上のはずですよ。
Commented by himeka_kisaragi at 2015-12-12 00:54
> えみさん、こんばんわ。
えぇ~~~途中で脚本が変わったんですか!なるほど・・・。
どうりで、なんだか最後の2話なんて、あってもなくてもいいような展開だったな~と思ったんですよ。そんな事情があれば、ちゃんとした流れにならなくても分かる気がします。

ハ・ジウォンさんが年上ですか。う~ん、イ・ジヌクさん、前よりいきなり老けてませんか?
「サムディ」のころとかが懐かしい・・・。