ピノキオ 15~16話

f0147413_23060224.jpg

15話「ドン・キホーテ」、16話「裸の王様」。
どう考えてもタイトルはハミョンたちが追い詰める展開になるとは思えないタイトル。大きな力に踊らされて、追いつめたと思っていたら、実は一転、追いつめられたりするのかしら、と思ってしまって、タイトル見ただけで、色々と妄想膨らませてドキドキハラハラ…。本当に面白いドラマです。母も夢中。(笑)
では、続きは「more」をクリック・・・。








多分、このドラマはジョンソクくんじゃなくても面白いと思って観れると思う!思うけど、やっぱり彼だからなおのこと、観るのにハリがある、というのは否めない。(笑)顔も綺麗だけど、スタイルが観惚れるわ~。

ま、それは置いておいて。
実はボムジョ母がソン記者に渡した映像を元にチャンス刑事をスケープゴートにする報道をしたソン記者。その映像が、ひょっとして加工されているかもしれないと、ボムジョとイナ、ハミョンとユレはそれぞれ気づき、途中カットされているであろう部分をさぐるために元画像を探すことに。その部分にチャンスを助ける鍵があると踏んで。
ところが探し回るそのへんを移してある路上の防犯カメラはすべて、それを予測して先に動いていたボムジョ母の手の者によって削除、処分にあっていたことで、ハミョンは逆にこれが相当の権力者によって証拠隠滅されていることに気付いた、ということをソン記者に話し、その黒幕を暴くことを宣言。ソン記者に動揺が走ります。

という最中にラブラインも進行。(笑)チャンスのことも今回の事も母であるソン記者が関わっていることに心を炒めるイナは、睡眠も食事もそこそこに、カットされていた映像の中に映っていた車を探し回り、脚を傷めているのも隠しながら必死。ボムジョはそれを見ていられずに、ハミョンに怒りをぶつけながらも、悔しいけれど自分ではイナを止めることはできない、お前が止めてくれ、と話す。ハミョンはイナの元へゆき、母のことで責任を感じている姿を見て、たとえ敵の娘であってもイナを好きな気持ちは変えられない事に改めて気付かされるのです。仲直り♪

ラブラインは可愛らしいので、ドキドキハラハラ本編の中の清涼剤のようにも感じて一息つけるのですが、もうあまりに本編が先が気になって、ラブラインは二の次でいいかも、と思い始めています。(笑)

ソン記者から、ハミョンたちが映像の加工に気づいて調べている事を聞いたボムジョ母。次の一手は冬季五輪を利用すること。報道が冬季五輪に向けて熱気を帯びてきて、過ぎ去った事件の報道をしないでいれば、たとえ工場であった事件(本当は危険物ごみ処理の不法投棄のせいで有毒ガスが発生し火災に発展。そのごみ処理の会社に関係しているのがとある議員であり、その議員との癒着があるのがボムジョ母という図式)の火災原因などが工場長が捕まることによって暴かれたとしても、もう世間の関心は薄くなり、議員やボムジョ母のところまでいかないという計算があったのですね。実はこれは13年前も同じだった。ハミョンたちの父に濡れ衣をきせられて、母とハミョンが自殺をする結末も、すぐに違うセンセーショナルなニュースをボムジョ母の指図によってソン記者の局が流すことで、視聴者の関心が薄くなっていったことをハミョンは思い出すのですね。

偶然にもイナたちの局とハミョンたちの局の飲み会がまた同じ店で行われた時に、両局がこれからは五輪に力を入れていくという流れの中、ハミョンが「観たいニュース」と「見なければならないニュース」の話をして、ハミョンの局の報道局長は、五輪報道に流れていた気持ちを変えて、これからも五輪に関係なく、工場火災事件を報道していくことにするのです。このハミョンが諭す時の例えが上手いのね~。先輩に、良いニュースと悪いニュースがあるけど、どっちが先に聞きたいですか?と尋ねて、良いニュースから話、悪いニュースはと後で聞かれて、実は事務のほうから先輩は大腸がんなので治療を受けるようにと事づてられた、と話して先輩が何でそんな大事な事を先に言わないんだ!と怒ると、先輩の聞きたいニュースと聞かなければならないニュースの優先順位を知りたかったから、と。つまりは五輪は観たい、聞きたいニュースで、火災事件の解明は聞かなければならないニュースなのだという事を、みんなが納得するのよね。ハミョン、頭いい~~(笑)

そんな中、ひそかにボムジョは13年前の事件の時も、ソン記者が自分の家に来ていた事から、その事件の時も母が関係していたのではないか、両方とも黒幕は母なのではないかという疑問がわき、正面突破、母に直接尋ねると、ハッキリと否定しない母の態度に確信してしまう。そして昔ソン記者が忘れていって、自分がずっとイナからのメールを内緒で受け取っていた携帯のことに気づき、メールがイナからのものしか残っていない事に不自然さを感じて、削除されているであろう部分の復元に手を付け、その復元部分から、とうとう13年前の母とソン記者との会話に、当時も母が指図をしてソン記者を動かし、それが議員と自分を守るためだということに気づく…。

続くんですよ~~。ボムジョは本当のことを知ったらどんなにショックだろう、と、一番可哀想かもしれないと思ったけれど、案外彼は立ち直りが速くて(笑)ハミョンの立場にたってくれたりとか、本当にいい奴です。最初はイナに会うためだけになった記者ですが、彼もこれを乗り越えて、ハミョンたちとともに本物の記者になっていっている気がします。そんな展開は気持ちがいいですね。身内の罪を隠さずに、苦しみながらも記者として正道を歩もうとしている若者たち。もうすぐ終わりかな~。ちょっと寂しい。でも先が気になる。本当、面白い。



[PR]
by himeka_kisaragi | 2015-06-16 00:03 | ピノキオ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/24140571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。