ピノキオ 11~12話

f0147413_22343379.jpg
いや~~~とうとう・・・。
泣きそうになっちゃいましたよ。あんまし切なくて。
さっそくGo!「more」をクリック。









ジェミョンにとうとう打ち明けることになったダルポ。
驚きとともに、死んだと思っていた弟が生きていることを喜んでくれるジェミョン。でもダルポは複雑。
ダルポは、もともと兄を捜さなかったのは、母が心中しようとした日に家に帰ってこなかった理由を知らなかったからなのよね。捨てられたと思っていたから、兄へ怒りというか、そういうものも若干抱いていたのね。

そっか、その理由を知ってるのは、報道の先輩から聞いたイナのほうだったわ~
でもジェミョンに何故殺人の罪を犯したのか、という禁断の質問をして、帰れなかった理由を知ったダルポは後悔の念にさいなまれてしまう。あの日兄が帰ってきてさえくれていれば、母は死なずに済んだ、でも帰れない理由があった、それはイナの母ソン記者のせいで、逆に自分が兄を早く探していれば兄を殺人者にしなくて済んだはずだったと知ってしまった。もう、ここで泣きそうだった~~。切ない切ない。生きているたった一人の肉親を殺人者にしてしまったと責任を感じてしまうダルポ・・・。

なぜ今までダルポは兄を捜さなかったのかといえば、怒っていたこともあるけれど、あの引きとってくれた家が温かくて、イナのことも好きでイナの傍にいたくて、そんな理由。

ダルポは決意します。真実を知ってしまったら、もう前に進むしかない。兄に自首をすすめ、復讐を記者として自分がかわりに行うことを。そうしてダルポの初リポーターとしての仕事は、兄の殺人を報道することになってしまった。そして、最後に自分の名前がキ・ハミョンであることを名乗って、自分を置いてくれた家を出る決意をしちゃうんですね。温かい家の人たちとの別れも切なかったな。自分が兄を自首させて刑務所に送ったのに、自分だけが幸せに暮らすわけにはいかないと覚悟をきめちゃう。

イナも全ての事情を知っていて、母のやった事を軽蔑しているだけに、ダルポの行動を受け入れるんだな~
イナはいい子だな~。賢いな~。

そしてこれからまたダルポがソン記者を追い込むために、ソン記者の誤報で人生を狂わされた同じような人がいるのではないか、ということを取材するのだけど、見つかって証拠も入手して・・・ちょっと不安。

ここまでの展開としては、ソン記者の確認を怠った行為がとある会社の元社長の人生を狂わせたのが明らかという感じなのだけど、なんとなく引っ掛かる。ダルポはソン記者を追い詰めることに夢中。それだけに、何か大事なことを見落として、逆に自分が誤報を招くのではないかと・・・・そんな不安が~~~。

そして、いよいよボムジョの母がしゃしゃり出てくるらしい。ボムジョはイナを諦める様子だし、記者も続けないかもしれない状況の中、報道局の株主だということが分かっただけに、なにか匂う・・・。この女優さんが、ただのマザコン役のわけがないと思うのよねぇ~。

ドキドキの中、続くなのでした。面白いなぁ~~。


[PR]
by himeka_kisaragi | 2015-05-30 23:00 | ピノキオ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/24079807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。