ワン家の家族たち

f0147413_23431834.jpg出演:オ・マンソク、イ・テラン、オ・ヒョンギョン、チョ・ソンハ、イ・ユンジ、ハン・ジュワン

2013年、KBS、全50話。
韓国中の話題を席巻した、見ごたえ十分のハートウォーミングストーリー。家族愛を柱に、妻の実家で暮らす夫の肩身の狭さ、不倫、詐欺、拉致、出生の秘密など、さまざまな要素が盛り込まれたストーリーは、多くの視聴者の共感を呼んだ。2013年の放送開始から、回を重ねるごとに視聴率は上昇し、最高視聴率は驚異の48.3%(ニールセンコリア調べ)を記録。週末ドラマ1位の地位を独占した。さらに、大ヒットドラマ「怪しい三兄弟」の演出家チン・ヒョンウクと脚本家ムン・ヨンナムの名コンビが、再びタッグを組んだことでも話題に。衝突しながらも互いを思いやる家族の愛と絆を描いた本作は、“誰もが笑い、涙した国民的ドラマ”と高い評価を得ている。


<感想>

最高視聴率48.3%の番組ということで、わりとホームドラマワンパターンが好きなほうなので、BSで放送が分かった時には楽しみにしていました。しかし、始まってみると、わりとワン家の娘たちがまず、あまり馴染みが少ないうえに、ちょっと年齢層が高い。脇はお馴染みの俳優さんたちなので見やすいのですが、ちょっと最初はどうかな、って思いました。長女と母親があまりに酷いし、次女の旦那と家族が、これまたあまりに酷い。(笑)それに若干辟易して、一度は序盤の二週間ぶんくらいを溜めてしまって、それをザックリ削除したことがありました。でも長いドラマというのは、続けて見てると、そのへん削除してもちゃんと話が分かるようになるんんですよ。(笑)また途中から見続けて、次第に面白くなってゆきました。
43%ぷん面白かったかというと、どうなんだろう~って感じですけど、酷い人間が次から次へと変化していって、改心すると、今度は違う人が酷い人に、みたいな。ずっと「この人酷い~」と思い続けながら見る番組でしたね。(笑)それでもまあ、イライラしながら毎日観るホームドラマもそれなりに好き、という人には、良いのではないでしょうか。私も若干そういう気持ちが分かるほうなので。(笑)下手に、若い男女のラブラインがメインで、ずっとイライラさせられて、そこに両方の家族が大反対してストレスたまるより、こういう家族の問題みたいなもののほうが、まだホームドラマのだいご味かなって感じです。私見ですけど。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆(2.5くらい?)
[PR]
by himeka_kisaragi | 2014-12-25 23:55 | わ行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/23476875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。