サメ ~愛の黙示録~

f0147413_22404761.jpg出演:キム・ナムギル、ソン・イェジン

2013年、KBS、全20話。
「復活」「魔王」を生んだ監督、脚本の最強コンビが放つ、〈三部作〉のフィナーレ!“復讐”から、いま、“究極の愛”へ。
最もゴージャスなビジュアル!「赤と黒」キム・ナムギル×『私の頭の中の消しゴム』ソン・イェジン初共演。
韓国では、「サメ」が検索ワード1位に!週末ダイジェスト放送、沖縄ロケなど多彩な話題とともに“サメ”シンドロームが巻き起こる。2014年No.1の衝撃と感動!壮大なスケールで描く、究極の“愛の黙示録”!
すれ違う初恋―。最後に辿り着くのは、愛か救済か。韓国ドラマ史上最も心に刺さる、愛と復讐のサスペンス・ラブストーリー。


<感想>

あぁ・・・、これこそ、これこそTVのCMカット版、そして週に一回(週末の土日で1話ずつ放送)で観るべきではなかったと、途中でものすごく後悔したドラマでした。もっと早めにそこに気づいていれば(せめて3話とか4話とか)DVDで続きを観るかしたものを、気づいた時にはかなり佳境に入っていて、もう今更な感じで、結局最後までこの変則の放送枠で観ることに。
「復活」「魔王」のスタッフが作ったドラマだということにも、相当いってから気づいたんですよ。
最初から分かっていたら、きっとDVD視聴にしたと思います。なにせあのシリーズ複雑だから・・・。
そして、本当に複雑でした。すごく面白かったんだけど、毎週、毎週、ものすごく謎で、しかも登場人物の名前がめちゃめちゃ多い。これは私をすごく悩ませましたね。殺人事件の被害者の名前とかしょっちゅう出てくるんだけど、最初から死んでる人と、途中で死んだ人と、ものすごく多いんです~(笑)
なので、ホームページの人物相関図とかも殆ど役に立たず状態。なぜかって、相関図はネタばれに繋がるからか、最初ドラマが始まったころの人間関係しか書いていないからなんです~~。途中から関係がどんどん変化していくし、新しい人物名も増えていくし、昔死んだ人が関わっていた、とかいってそれも増えていくし。
ドラマ内で「誰だれの事件は・・・」とか言われても、それ誰やねーん!って感じでイライラしました。(笑)
多分、DVDでノーカットで一気に観ていけば、それなりに人間関係も覚えていられるでしょうけど、間に一週間入るだけで、もう前の週に死んだ人の名前とかなんて覚えてないですってば。(笑)
それでも、大まかには分かったのは、我ながら凄いかも。(苦笑)そして、面白かったんです。(笑)
面白かっただけに、ちゃんと分からなかったのが、すごい後悔です。(でも観返すほどのパワーがない)
なので、これからTVで再放送とかあっても、まだ観てない人はDVD視聴をお勧めしたいです。(笑)
物語は、そりゃもうさすが「復活」と「魔王」のスタッフだ、っていう、ものすごく作り込まれたストーリーなので。
と言うわけで、星評価はそのへんの私の事情が絡んで、そこそこということになりそうです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
by himeka_kisaragi | 2014-08-19 23:00 | さ行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/22766748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。