私の心が聞こえる?

f0147413_23331818.jpg出演:キム・ジェウォン、ファン・ジョンウム、ナムグン・ミン、チョン・ボソク、イ・ギュハン、コ・ジュニ

2011年、MBC、全30話。
物語は、聴覚障害を持つ青年ドンジュと知的障害者の継父と暮らす女性ウリを主人公に、2人が愛によって心の傷や家族との確執など様々な障壁を乗り越え、周囲の人々の心をも変えていく姿を丁寧に描き出していく。
“障害”という難しい素材を扱いながらも、押しつけがましさや特異性を感じさせることなく、ピュアなロマンスに昇華させている点でも心地よい。これには、『ラスト・スキャンダル』のムン・ヒジョンによる秀逸な脚本と、『ファンタスティック・カップル』で知られるキム・サンホ監督の丁寧な演出という最強の布陣の力も大きい。特に、ムン作家が物語に散りばめた「心の声」たちは、心に刻んでおきたくなるような名セリフが満載である。
“元祖キラースマイル”として日本でも根強い人気を持つキム・ジェウォンの約5年ぶりとなる除隊復帰作としても話題を呼んだ本作。「心温まるヒューマンドラマがやりたかった」と語るジェウォンが選んだのは、聴覚障害者という難役。重いテーマのためか、これまでに障害者を主人公にした韓国ドラマは皆無に等しかったが、ジェウォンのもつ爽やかな明るさ、優しい雰囲気がキャラクターを輝かせ、“障害もの”という偏見なく物語にスッと入りこませてくれる。
そんな彼とピュアな愛の物語を演じるヒロインには、『ジャイアント』や『明日に向かってハイキック!』の好演で注目された新鋭女優、ファン・ジョンウム。初のヒロイン役に抜擢されたジョンウムは、亡き母が聴覚障害者、継父が知的障害者という特殊な境遇で育ちながらも明るく生きる女性を生き生きと演じ、物語全体の太陽のような存在となっている。さらに、陰の主人公にしてヒロインの義兄に扮した演技派ナムグン・ミンの好演も光る。知的障害を持つ父を疎み、家族を捨てた過去を隠して生きる青年の苦悩と寂しさを、抑えめの繊細な演技で表現し、多くの視聴者の涙を誘った。特に、彼の出生の秘密が明らかになる物語後半の、激しい怒りと深い悲しみを湛えた眼差しの演技には、心揺さぶられること必至だ。
そして圧巻は、知的障害者の父親ヨンギュを演じたチョン・ボソクの名演だ。主人公の敵役で強烈な印象を残した『ジャイアント』とは一転、子供のようにピュアでありながら、一心に家族を思う温かな父親の姿を見事に演じ、物語の“良心”としてドラマ全体を底辺で支えている。



<感想>

とにかく、観てください。この一言で全てを語りたいくらい、本当に素晴らしくて感動的なドラマでした。
ここまでハマッたのは、けっこう久しぶりのような気がしますよ。(笑)
ただ、私のようにすごくハマった人は、絶対にナムグン・ミンさん演じるマルに感情移入して観ていた人だと思います。そうではない人にとっては、面白いドラマでしたね、という冷静な感想になっているかも。でも逆に、マルに思い入れが出来ると、このドラマは最高に素晴らしく感じられると確信出来ます。
途中で何度か語った感想(ネタばれあり)は、カテゴリ「私の心が聞こえる」でご覧ください。最終回近くの感想なんか、もう超盛り上がって書いてます。(笑)
このドラマ、「あなた、笑って」の脚本家さんなんですね。でも演出も同じくらい素晴らしかったと思うんです。それはもう、ひとえにラストシーンなんですけどね。あれをラストに持ってきたとこに、このドラマの凄さがある、なんて思ってしまうくらい。ラストシーンで泣けたのは「大王世宗」を観て以来のような気がします。
ドラマの題材というかモチーフなんかは、けっこう韓ドラらしい、親子関係の因縁だったり、金持ちと貧乏だったり、そこに障害者が入ってきたりと、なかなかへヴィなのですが、演じ方がすごく爽やかなので、ドロドロになりがちなドラマが、観終わってもまったくそういう印象にならないんですね。そのへんも凄いと思います。
伏線に対しての答えが必ずあるし、出演者のわき役の人たちまでもが、ものすごく魅力的に描かれていて、そのへんも大好きな要素でした。特にチョン・ボソクさん演じるポンギュは素晴らしいの一言でしょう。
そして・・・・マル・・・・。このドラマはマルの物語だったんじゃ、と思える裏主役だと思います。
もちろん耳が聞こえない難しい役のキム・ジェウォンさん、そしてそういう人たちを明るく温かく見守る、ファン・ジョンウムさん演じるウリ。ハルモニ役は大ベテランのお馴染みユン・ヨジョンさん。全部が素晴らしかった。

タイトルの「私の心が聞こえる」というのは、必ずしもここに登場する耳が不自由な人の心の声が聞こえる、というだけじゃないんですね。苦しくて辛くて、それでも生きていかなければならない、本当の気持ちを伝えられない人たちの、その心の声を、視聴者である私たちは聴くことが出来るし、チョン・ボソクさん演じる知的障害者の父ポンギュは、それをもっとも上手に聞こえる、聴きとることができる役でした。素晴らしい。
まだ観ていない方で興味のある方には、ぜひぜひ観ていただきたい秀作ドラマです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆
[PR]
by himeka_kisaragi | 2014-08-18 23:58 | わ行 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/22760893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちゃび at 2014-08-21 22:05 x
確か大事に保管してあったはず…^^;
キラースマイルってのが違和感あって手が出ず…(笑)
ひめしゃんが推すなら間違いないっしょ!
なんせ☆6っつだもんね!チャレンジします
Commented by himeka_kisaragi at 2014-08-21 23:47
ちゃび〜!
実は個人的にちゃびにメールしてでも、観てもらいたいと、ちょうど思っていたところだったのよ〜(笑)
タイミングいいわ。以心伝心?(笑)

キラースマイルは、確かにいらぬ情報だけど(笑)演技はなかなか良かった。スタイルもいいしね〜。
でも、私のドハマリはナムグン・ミン氏でございやした!

関係ないけど、今、テギョンのドラマを見ているよ。(笑)
相変わらず容姿がべらぼうにタイプだ。(笑)
Commented by せろり at 2014-08-29 00:04 x
初めまして☆
楽しくブログ読ませてもらっていますm(__)m
『私の心が聞こえる』本当に素晴らしいドラマですよね!私はBSで放送されている頃に観ました。
家族や友人に進めたのですが重いだ暗いだ言って誰も観てくれず、分かち合えずにおりました。
だから嬉しくて!
感想全て同感です!!!!ラストは決まっていたのでしょうね。配役や脚本…全て嵌まった本当に素晴らしいドラマでしたね。

再度余韻に浸らせてもらいました。ありがとうございました(//∇//)
Commented by himeka_kisaragi at 2014-09-01 23:22
せろりさん、お返事遅くなってすみません!
初めまして~、そして、ようこそです♪

私も見終わってから、ものすごい勢いであちこちで勧めているんですが、やはり人には好みがあるようで、まだ一人しか観てくれていないのですが、私ほどはハマッてないみたいです。(笑)
聞いてみたら、私が「マルがいい」って言っても反応が悪かったので(笑)マルの良さとかにハマれずにいるんでしょう。マルにハマれないと、このドラマの面白さって半減する気がするので、もったいないな~って思ってしまうんですよねぇ~・・・。

本当に、家族愛を描いた素晴らしいドラマでしたね♪
コメント、ありがとうございますvv
Commented by kirari at 2014-12-23 10:34 x
ひめかさん こんにちは

集中力が続かない私には30話はちょっぴり長くて後半ドンジュとウリのラブラブなシーンは飛ばして見てしまいました(^^) ドンジュとマルの関係の方が恋愛より濃くてスリリングだったので
マルは可哀想だけど、家族を捨て自分の思い通りに生きても幸せになれなくて、簡単に人のせいにしたり、やっぱり実母シネと似てるのねと途中で思っちゃったんですけど、最後、ヨンギュが血がつながってないとわかって妙に納得してしまいました。ヨンギュとシネが姉弟とは思えなかったから(^^)
持ってる知恵の全てを使って一心にまわりの人を幸せにしようとするヨンギュには感動してしまって。
復讐のためとはいえ16年も子供を大切に育てるのもやっぱり愛情がなければできないですよね。マルとヒョンスクは初対面からお互い通じるものがあったような気がするし。
「あなた笑って」のハンセと秘書がちょっと絡んでてよかったです(^^)
本当に 最後の2話は涙涙でそれまでの葛藤やもやもやを一気に晴らすラストでした。
あの綺麗な植物園でずっと暮らせるなんてウリちゃん羨ましいです。
Commented by himeka_kisaragi at 2014-12-25 23:36
>kirariさん、こんばんわ。(*^_^*)
私もドンジュとウリのシーンは、飛ばすことはしないまでも、けっこう感情動かず、楽に観れるシーンでした~。
もうひたすらウリ、ヨンギュ、シネ、ハルモニ、そしてマルのあの家族の物語が素晴らしすぎて、そして、そうそう、あんなに憎み合っていたかのようなマルとヒョンスクとの間の絆も、すごくビンビン感じられて、あのドラマは完全にラブラインは横に置いてあって、家族愛のドラマでしたよね。ハルモニの木の下でマルとシネが隣り合って笑ってるのも、すごく感動でした。前後しますが、マルが電話で「助けて、父さん」てヨンギュに言うのも涙。マルはヨンギュが大好きなんだもの。ううう、思いだすだけでジワ~ッときます。(笑)