蒼のピアニスト

f0147413_2362914.jpg出演:チュ・ジフン、チ・チャンウク、チェ・シラ、チョン・ノミン

2012年、SBS、全25話(TBS放送縮小版)
「宮(クン)~Love in Palace」「魔王」などで多くの女性ファンを虜にしたカリスマ俳優チュ・ジフン。貴公子のような洗練された美しさに加え、他の誰をも寄せ付けないクールで危険な香り、何を秘めているのかわからない、どこまでも謎めいた存在感。韓国や日本のみならず広くアジア圏を席巻するほどのシンドロームを巻き起こしてきた役者チュ・ジフン。その彼が、5 年の沈黙を破って、ついにドラマの世界に帰ってきた!約2年間の兵役を経て挑む新たな伝説、それが「蒼のピアニスト」。
大手楽器メーカーの華麗なオーナー一族を巡る、夢と野望、そして愛と憎しみが招く波瀾万丈の運命。この作品で彼は、数奇な宿命を背負った孤高の天才ピアニストの “光と影”を見事に演じ切っている。運命に翻弄され、善から悪へと生き方を一変させる若き天才ピアニスト!完璧なビジュアルとどこか影のある屈折した魅力、他の誰もが到達できない危険で華麗なカリスマ。まさにチュ・ジフンの真価が発揮された本作で、再び一大旋風を巻き起こす。(本当は全30話)


<感想>

う~~ん、そもそもなんで全30話が25話に縮められたのでしょうか。そこが謎。ただ、もう途中から話に付いていけなくて、25話でも長く感じたので、良かったといえば良かったのですが。(苦笑)
これはノーカットで一気に観れば、また違った感想になるのかもしれません。復讐を題材にしているので、やはりこういうのは勢いみたいなのが必要な感じです。それがBS-TBSでは週に一回というのんびりペースで放送されたので、一週間後には前の放送がどんなとこで続きになったのかも忘れているし、カットが激しいから、途中で話の繋がりが分からないようなとこもあったり。(そんなとこは多くはないですけど、さすがに)
久しぶりのジフンくん、主演なのでず~っと観れる、という利点はありますが(笑)話の作りがなんだか途中からご都合主義的な感じがして、やはり「魔王」とかに比べると、かなり差があるな~~って感じがしました。
ネットでのブロガーさんの感想では、すごいハマッたとか、そういう感想もいくつか目にしたので、はまらなかった私のほうが、ひょっとして少数派なのかもしれないけれど、私は登場人物が全部あまりに自分勝手な人ばっかりで、ちょっとウンザリ気味で見ていたというのが正直なところ。一気に観ると、違うのかなぁ・・・。
私は映画「キッチン」や「アンティーク」のジフンくんのほうが、はるかに好きですね。

満足度(☆6つが満点) ☆☆
[PR]
by himeka_kisaragi | 2014-06-30 23:22 | あ行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/22441548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。