サイン

f0147413_22292128.jpg出演:パク・シニャン、キム・アジュン、チョン・グァンリョル、オム・ジウォン、チョン・ギョウン、超新星

2011年、SBS、全20話。
アメリカドラマ『CSI』はメディカル捜査ドラマという新分野を開き、世界各国でヒットして、シリーズ化され医学捜査ドラマブームを呼んだ。韓国でもコリア版CSIと呼ばれた『別巡検』や、難病を題材にした『神のクイズ』が好評だった。
SBSの新作『サイン』は犯罪に隠された死因を解明する法医学者の活躍を主軸に置いている。未解決事件の被害者の死体に残る痕跡から死因を追跡するという点で、『CSI』と似ている。チャン・ハンジュンPDはこの点について、「ジャンルが違う。死を巡る陰謀と巨大権力に立ち向かう者たちの話だ。国立科学捜査研究院の構成員と法医学者たちが、社会に蔓延する利己主義や欲望を具現化してくれるはずだ」と強調した。
初回放送では16.1%、最高視聴率は25.5%を記録し、他社の看板ドラマを圧倒した。ドラマは、超新星が演じる人気アイドルグループ‘VOICE’のリーダー、ソ・ユンヒョン(ゴニル)が死んだ事件から始まる。このアイドルの解剖を巡って、ユン・ジフンとイ・ミョンハンの葛藤が始まる。
ドラマ関係者は、「単に劇的な真相解明だけでなく、実際の犯罪捜査の細部に迫れる知的満足感がある。若い法医官が握る‘真実のメス’が回を重ねるごとに光を発するだろう」と自信をのぞかせた。


感想

■若干、ドラマのラストに関してネタばれ的な雰囲気の説明があります。ネタばれはしてないけど、想像が出来るかもしれないです。そして予想として、コメントに、既に読んだ方のものは、ネタばれが含まれる可能性がありますので、それが嫌な方は読まないほうが無難かもしれません。お知らせまで。

パク・シニャンさんにチョン・グァンリョルさん。しかも対立関係で共演ときたら、そそられないわけがないです。
その高い期待を持って見始めたのに、初回からまったく裏切らないストーリー展開で、そのままゴールという感じでした。ラストは番組サイトの視聴者の声で、「驚いた」という言葉があちこちで書いてあったので、何かが起きるのは分かっていたけど、まさかそう来たか~という感じで、パク・シニャンさん演じるユン・ジフンのキャラクターを生かした結末になったとも言えるかなと思いました。でも終盤から、最後にはチョン・グァンリョルさんが反旗を翻すであろうことは想像出来たので、その点では驚きはなかったかな。
途中までの私のつぶやきなどはカテゴリ「サイン」で色々語っています。パク・シニャンさんとチョン・グァンリョルさんの関係の他にも、パク・シニャンさんとキム・アジュンさんの微妙な関係や、オム・ジウォンさんとチョン・ギョウンさんの可愛らしい関係でも楽しませてもらいました。けれど、全体的に終盤に行くにつれて、事件の展開が出演者の過去とリンクしてきて、とても切ないものになって、事件にのめり込んで見るんだけども、辛い、みたいなシンドさがあったので、私は・・・・「銭の戦争」に続いて、彼らしいけど、違うラストが良かった派。(笑)普通になっちゃうかもしれないけど、予定調和が良い時もある・・・みたいな。史劇みたいな、現実と離れたドラマならいいけど、現実が舞台のドラマだけに・・・。いや、でも、このラスト、面白かったんですよ。そこも「銭の戦争」と一緒なんですけどね。面白かったけど・・・・・・っていうね。(笑)これは好き嫌いとかじゃなくて、見た人なら私の言いたい感じが分かってもらえると思います。(笑)シンドさを救って欲しかったな。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
by himeka_kisaragi | 2012-05-06 23:18 | さ行 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/17510498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by moonlight-yuca at 2012-05-06 23:33
ひめかさん、あんにょ~ん!

えっと、ネタバレなしのコメントは書きにくいのですが、もしこのコメントやばいと思われたら、非公開のままのコメントでお願いします~

この終わり方、釈然としなかったのよね。
ラストは知っていたのですが、まさか、ユン先生の選択の結果、ああいう風になるなんて想像しなかったので、驚愕。
19話までユン先生が言っていた、「生きているというのは幸せなことだ」という彼の生き方からして、ああいう選択をするとは思わなかったので。
なんだか、真実が人の命よりも大切なのか?
と思っちゃいました。釈然としませんよね。

Commented by たま at 2012-05-07 00:02 x
ひめかさん、こんばんは!サイン 私も見終わりました。最後に関しては、私もひめかさんの感想に同じくです。面白かったけど、パク シニャンさんらしいけれど…でした。
アジュンさんとのもう少しラブラブが見たかったです(笑)
Commented by haeun at 2012-05-07 02:35
ひめかさん、こんばんわー、ってすごい深夜。☆5つありがとうございます!


しんどさに対する救いが欲しかった、というのは確かにそうですね。
ジフンのラストには僕も絶対納得出来なかったから。

だけど、終盤の切ない感じが韓国ドラマ特有の脚本、演出だなぁ、と感じれて僕はそこも好きだったりします。ちょっとホラーな感じのどこも楽しめましたし。

出てきた俳優さん、脇役も含めて、どの方もすごくいいなと感じる作品でした。
Commented by こあら at 2012-05-07 15:51 x
ひめかさん、はじめまして。こあらと申します。
「サイン」をみてすっかりチョン・ギョウンさん贔屓で「ドクターチャンプ」の感想を探していてお邪魔しました。(私が楽しませていただいているブログの皆様のリンクで、以前からお邪魔させていただいておりました。)

「サイン」おもしろかったけど違うラスト、に1票です!
Commented by himeka_kisaragi at 2012-05-07 22:14
yucaさん、こんばんわvv
yucaさんはドラマのキャラの整合性みたいなものが、あのラストと合わないのではないか、というあたりに納得がいかない、という感じなのかな~。思うに、まあジフンは元院長があんな風に去り、公の場でグレーな証言をしたために、その後加害者と被害者の二人が死んだことで、ものすごく自分を責めていますよね。そこですでに、自分の今までの考えを自分で覆してしまったので、強大な権力に勝つ最後の方法を選んで、自分に許しを与えたかったのかもしれませんよね。でも・・・・どんなに綺麗な映像でラストシーンを飾っても、現実ではないシーンがむなしかったし、ダギョンが気の毒で・・・・。真実は命より重いのか?って、確かに突っ込みたくなりますよねぇ・・・・。
いやもうほんとに、「銭の戦争」に続いてこんなラストで、これってシニャンさんの希望なのかな?とか思わず思っちゃいましたよ~
Commented by himeka_kisaragi at 2012-05-07 22:18
たまさん、こんばんわvv
そうなんですよね、パク・シニャンらしい!っていうラストでもあり、でもずっとラスト数話辛かったので、違うラストが良かったですよね、もう本当に単純に、そう思います。後味というかね。(^_^;)

あのラストだと、最後の直前の、ほんのわずかなラブラブなシーン(手つなぎ)でさえ、哀しい思い出になっちゃいましたものね;;そんな決心をしたから、あんな風にダギョンに接したのかな、って。
Commented by himeka_kisaragi at 2012-05-07 22:28
はうんさん、こんばんわvv
はい、星5つですよ~。すごく面白かったですよ。最初から最後まで、すごい集中力で見たっていう満足感がありました。(笑)
終盤の切ない展開は、確かにメイン登場人物の過去と絡むあたりが、韓ドラらしいという感じしますね~。ホラーな感じは怖かったです。(笑)でも、このドラマって、そういう要素が男性にもウケそうですよね。はうんさんは恋愛系でも色々と見る方だけど、普段あまり韓ドラを観ない男性視聴者でも、きっとこのドラマなら違和感なく見るんじゃないかな~っていう感じがしますもん♪

しかし、本当に深夜コメントでしたね。私の熟睡タイムです。(笑)
Commented by himeka_kisaragi at 2012-05-07 22:41
こあらさん、はじめまして&いらっしゃいませ~♪
私も、他の方のブログのコメントでこあらさんのお名前を拝見していたので、はじめましてな感じがまったくしないです。(笑)コメントありがとうございますvv

「サイン」でチョン・ギョウンさんを好きになったんですね~~vv
本当、この役、すごく魅力的でしたよねvv
今日放送の「ドクター・チャンプ」第2話はまだ見てないんですが(明日の放送後、2話分をまとめて見る予定です)初回を観た限りでは、「サイン」の役に近い感じが匂う(笑)気がしました~vv

「サイン」のラスト、違う方向でやって欲しかったですね~;;
なんか、やるせない感じがしちゃうんですよね~~;;せっかく大物を逮捕出来たのに、後に残ったものは虚しさ、っていう・・・。そういう狙いがあるのかもしれないけど、「意外性」と「作り手の自己満足」のギリギリラインのような気がします。だからこのラストで、さすがパク・シニャンのドラマは一味違うな、と思う人もいるだろうし、私たちのような感想を持つ人もいる、という・・・。
Commented by 駿河の海老太郎 at 2012-05-27 09:26 x
おっは~、himekaさん!

>パク・シニャンさんにチョン・グァンリョルさん。しかも対立関係>で共演ときたら、そそられないわけがないです。
そうなんですか?
チョン・グァンリョルさんといえば、「張禧嬪」(BS朝日)の粛宗や
「王と私」(BS日テレ)の尚膳の養子の内侍府長の役を見ていたので、時代劇の印象が強かったんですけどね。

こちら、テレビ愛知(テレビ東京系)で放送があったので、録画したのを見ています。「科捜研の女」(テレ朝系)のイメージですかね?                                (続く)
Commented by 駿河の海老太郎 at 2012-05-27 09:43 x
アンチモンなんていう元素は初めて知りました。青酸カリでの毒殺死なんて、時代劇を彷彿させてしまいましたけど。6人の仲間たちが次々と亡くなっていくなんて怖いですね。

尾道久保高校でしたか。
http://kencyanayo.exblog.jp/14346330/
↑とあるBloggerの方の映像拝借ですが、尾道市立久保小学校
だそうです。ということは、この久保小学校で撮影したんでしょうね。

市民委員会なんてあるんですね。市民感情を考慮し、起訴の是非を問う委員会です。こんなのがあるんだ、という感じです。

果たして大企業のオーナーであるチョン・チャヨン会長の息子は起訴されるんでしょうか?見ものですね。
Commented by himeka_kisaragi at 2012-05-27 22:39
駿河の海老太郎さん、こんばんわ。
そうですね~、どちらも演技派で有名ですから、ガチンコという感じがしました。チョン・グァンリョルさん、現代ものでもけっこう色々出ていますね。最近も人気ドラマ「製パン王キム・タック」に出ていましたし。そしてどの役でも存在感が凄いです。
ブログの方の画像、観てきました。尾道の小学校なんですね~
でもあまりに夢中でストーリーを追って観ていたせいか、細かいところがあまり記憶になくて、このブログの方が、こういうシーンと説明していらっしゃったけど、今ひとつ思い出せませんでした。
チョン会長がどうなるか、これはその後の展開にけっこう関わるシーンでした。その後もラストまで怒涛の展開です。お楽しみに。