風吹く良き日

f0147413_22534867.jpg出演:キム・ソウン、チン・イハン、イ・ヒョンジン、ソ・ヒョリム、キム・ミスク、カン・ジソプ

2010年、KBS、全173話。(1話30分)
デザイナーを夢見る18歳と、イクメン独身男が恋に落ちた!?
韓国版「花より男子」のキム・ソウン主演!頑張る女性のためのラブコメ!!
デザイナーになるという夢を抱いて地方からソウルにやって来たオボク(キム・ソウン)。実力は認められるが、年齢の若さ、高校中退という経歴のため面接に落ちてしまう。そのうえ、父親がアパートの保証金を持ち逃げしてしまい、途方に暮れる。落胆して、漢江(ハンガン)の橋を渡ったオボクはたくさんの取材陣に囲まれ、自殺騒動を起こしているミングク(イ・ヒョンジン)を見てあることを思いつく…。


感想

やっと終わってくれた・・・(嬉涙…笑)
そもそもドラマを見る前にも、あまりドラマチェックをせずに観る私ですが、最近わりとホームドラマ系の長いのをBSで見る機会が多いので、どんなのが評判いいのかな~と、少し検索したことがありまして、そしたら花男のキム・ソウンちゃんがヒロインのドラマで、イ・ヒョンジンくんが出ると知って、楽しみにしていたドラマだったんです。
ところが、まず最初の誤算(笑)は、ソウンちゃんの相手役が、勝手にイ・ヒョンジンくんだと思いこんでいた(だって年齢的にそうだと思ってもおかしくはないでしょう?)のに、なんとけっこう年の離れたチン・イハンさんだと知って、まず驚愕。(笑)彼は他でわき役として観たことがあったけど、あまり得意なタイプではなかったんですよね~。でもドラマのヒロインの相手役なんだから、きっといい役だろうから、このドラマで克服できるかもしれないと思ったのです。で、実際、毎日観ていたせいか、観慣れました。好きとまではゆきませんが、普通に観れるようになってよかったです。(笑)
でも、このドラマの内容が、とにかく超~イライラドラマ。(笑)イルイルドラマによくあるタイプですよね。脚本は、以前観て、同じくイライラした「憎くても可愛くても」の方なので、それも納得です。(笑)
最初はとても爽やかなタイトルのドラマだったので、まったりと笑える系を想像していたんですが、まったく違っていましたね。(笑)中盤以降、あまりのイライラに、本当に早く終わってほしいと願いました。(笑)
このテのドラマは、こういうイライラと上手に付き合える方には向いていると思うのですが、私は好きなタイプの話ではなかったですね~。(苦笑)でも、とにかく最後の最後までイライラの素がなくならないので、まるく収まるまで観ないと気が済まない、ここでやめたらイライラのまま、観てきた時間を損する、くらいの気分だったので(笑)絶対完走しようと思っていました。(笑)毎日放送されるのも、サクサク進んで助かりました。
ヒロインと、彼女を取り巻く周りすべての人たちが大変な目に合い続けるこういうドラマも、楽しめる人は楽しめると思うので、そういうのがお好きな方には、ラストまで楽しめると思います。
あと、イ・ヒョンジンくんは可愛かったです。イライラの要因の一人ではありましたが、かっこいいというよりは、可愛い青年という感じでしたよ♪

満足度(☆6つが満点) ☆☆
[PR]
by himeka_kisaragi | 2011-11-17 23:26 | か行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/16838065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mami-mmm at 2011-11-20 19:17
ひめかさんあんにょん♪
なるほど~~憎くてもかわいくてもと同じ脚本家さんだったんだ・・・妙に納得ww
憎くてもを今思い出してみるとそっくりだわ~~最終回のあの幸せなのにスッキリ感がないとこもくりそつ(爆)
ひめかさんはあたしと逆でキャストに魅力感じて見出したんですね~なのに結局結果は同じ感想というww

これからはちょっと評判とか脚本家調べてから見ないとだめですねぇ・・・しみじみ。

Commented by himeka_kisaragi at 2011-11-20 23:08
まみさ~~ん、疲れましたね~~(笑)
そう、私はけっこうキャストで期待して見始めたんです~
でもカップルが違って、まずそこで誤算。(笑)
イ・ヒョンジンくんのカップルも期待したんですけどね~~
期待はずれな展開になっていって、ラスト、せめて個展は死んだ後に・・・という設定かと思いきや・・・・そこまでもが半端でした。
別に死んでほしかったわけじゃないけど(笑)あそこまでそのネタで引っ張るなら、死んで絵の価値が出て個展を、みたいな、ちょっと有りがちだけど、そのほうが説得力が少しはあるのに…なんてことまで、こっちが考えちゃいましたよ。(笑)