シークレット・ガーデン

f0147413_23421225.jpg出演:ヒョンビン、ハ・ジウォン、ユン・サンヒョン、イ・フィリップ、イ・ジョンソク

2010年、SBS、全20話。
『シークレット・ガーデン』は、主人公の男女の魂が入れ替わるロマンティックファンタジードラマ。『パリの恋人』、『プラハの恋人』、『恋人』、『オンエアー』、『シティーホール』をヒットさせた演出家のシン・ウチョルと脚本家のキム・ウンスクのコンビの最新作。
最高視聴率37.9%!!禁断の魔法は恋の始まり!ヒョンビン&ハ・ジウォン主演のファンタジーラブコメディ。



感想

いくら何も事前に調べなくても、評判の良かったドラマだったことくらいは知っていました。(笑)
しかも私の好きな「オンエアー」や「シティホール」のスタッフが作った最新作だったので、期待度もそれなりにありますよね~。そして、それでもこのドラマ、面白かったです。
視聴の途中の感想などはカテゴリ「シークレット・ガーデン」で書いているので、そちらを読んでくださいまし。大したことは書いてないけども。(笑)
展開も、こちらの予想を何度か裏切る意外性もあったり、ユン・サンヒョンは、こんな役が本当にピッタリだな~~と思ったり。(笑)ヒョンビンも絶妙ですよね。知ってる方が多いと思うので書いてしまうけど、男女の魂が入れ替わる話なんだけど、女性を演じている時のヒョンビンの演技の上手さは有名ですが、全体的にこういうクールなキャラクターってヒョンビンの十八番という感じがします。
ただ・・・私の中で「オンエアー」や「シティホール」を越えたかというと、越えませんでした。
これって多分、私の好みの問題もあると思うんです。ファンタジー要素が仇になったかな~と。
もちろんその要素がこのドラマの特徴であるし、他のドラマとの差別化される部分だと思うんですが、私はたぶん、普通の現実の中で、夢みたいな年齢の高い同士の純愛が描かれるパターンが好きなんだと思います。(笑)
ちなみにまだ聴いてませんが、手元にOSTもあるんですが、このドラマ、ユン・サンヒョンさんは韓流スターで歌手なので当然OSTにも彼の曲が入ってるけど、目玉はたぶんヒョンビンのバラードだと思います。彼って歌も上手だったんですね~。しかも嫌みのない上手さというか。素人っぽさが残る上手さなんですよ。タイトル曲を歌ってるんだけど、ヒョンビンバージョンもいいですよ~。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
by himeka_kisaragi | 2011-06-23 00:01 | さ行 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/16169674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マー at 2011-06-25 01:38 x
ヒョンビンの女の子演技本当に上手ですよね
魂が乗り移ったかと思いましたよ(笑)ハジウォンはそれに比べてあまりでしたね!
そしてひめかさんのおっしゃる通り、ヒョンビン歌上手いじゃないって私も思いましたロッテのコマーシャルで歌っている(?)出演しているのですが歌っているとしたらずいぶん高い声なのですがこのドラマの歌声とは違っていました

ユンサンヒョンさんは独特の台詞回しのある方ですよね
彼は「内助の女王」もこのドラマも美味しい役どころでしたね
ヒョンビンは主役なんだけれど可笑しさが先に立ってしまう役どころでしたね

内容についてはイマイチよく分からない部分もあって見終えたのですそれはファンタジーなんだということで片付けてしまうものでいいのかなぁ~ってちょこっと思っています(私の理解力がないのでしょうね)
Commented by himeka_kisaragi at 2011-06-26 01:13
マーさん、こんばんわ。
ヒョンビンが彼女を演じてると、顔まで似てみえてしまうというか、うまかったですね~。わらいました~vv
歌もうまいですね!何ていうか、歌手のような美味さとは少し違うんだけど、すごく素直な歌い方なので、聞いていて心地よい感じがしましたvv

ユン・サンヒョンさん、私はけっこう彼のドラマを観ているのですが、どれもなかなか良いですけど、こういう笑える、少し抜けてるような役ってピッタリだな~って思いましたvv

内容、納得できないところがありました?
私はなんかこう~、ふわ~っと流して受け入れた感じのドラマでした。(笑)
Commented by haeun at 2011-12-09 16:05
こんちは、ひめかさん。なんだかお久しぶりです。
シークレット・ガーデン見終わって、のぞいてみたんですけど、ヒョンビンに対する評価以外は、同じような感じの感想でした。

面白かったけど、ドはまりはしない。シティーホールとかのが好きだな、と。
でも、このドラマでユン・サンヒョンさんは多分大丈夫になりました。すごく良かったので、とぼけたところと、真面目なところと、まぁ役柄のせいなんでしょうけど、これまでは食わず嫌いというか、印象で敬遠してました。

ヒットした作品と聞いてたのですが、何か足りないなぁと思えてしまいました。多分、悪役というか、仇役らしい人が見当たらず、ほぼジュウォンとライムはずーっと好き好きだったことかな、そこを楽しむんでしょうが、僕にはムリでした(笑)
Commented by himeka_kisaragi at 2011-12-09 23:35
はうんさん、こんばんわvv
今、ブログお引っ越し頑張っていますね~。大変そう~。

そう、私もシティホールのほうが面白かったです~♪
というか「オンエアー」「シティホール」は、わりと近い路線かなって感じがするのですが、このドラマはやはりファンタジックに描かれていたり、現実離れした設定なので、同じ路線では語れない異色な感じがします。

私もサンヒョンさん、最初はあまり・・・だったんですが、ひとつ良いドラマを見ると、味が出てくるというか(笑)今では次に何に出るのかな、というのが気になりますvv

私も何か充実感みたいなものがなくて、私の場合は悪役というよりか、主人公たちの内面の描きかたが物足りなかったかな~。
というか、悩みも苦しみも、すべてファンタジーな出来事が絡んでいると、どうも現実味がなくて(ファンタジーだから当たり前か)心を揺すぶられることが少なかったかな~という・・・そんな印象です。
Commented by haeun at 2011-12-12 17:39
そうですね、内面の描写、特にジュウォンがライムを好きになるところがなんだか引っ掛かりました。僕の場合、検事プリンセスの時もそこにひっかかったかも。
テイストは違いますけど、去年見た、僕の彼女は九尾狐は、ファンタジーっぽい感じだったんですけど、大丈夫だったんですよね。
なんか見た後の爽快感が薄らいでしまう作品でした。
Commented by himeka_kisaragi at 2011-12-13 00:01
はうんさん、うん、クミホはファンタジーだけど、ちょっとテイスト違いますよね。でも、クミホも私にはファンタジーはどちらかというと邪魔な要素でした。(笑)いや、どちらもファンタジー要素を抜いたら成立しないドラマですけども。(笑)

検事プリンセスも引っ掛かりました?
そっか~、私は検事プリンセスはかなり面白く見れたんですけどもね♪(*^_^*)
ジュウォンがライムを好きになるって、あれは一目ぼれっぽいですよね。理屈抜きの。私はそんな印象でした。一目ぼれって、好きと思えるまでの葛藤があまりなくて、そういう意味で説得力が薄いかも・・・。