アイリス

f0147413_23252761.jpg出演:イ・ビョンホン、キム・テヒ、チョン・ジュノ、キム・ソヨン、キム・スンウ、T.O.P

2009年、KBS、全20話。
本作『IRIS』は、総製作費が15億円という巨大なスケールで制作され、その出来栄えからも「韓国でも10年に一度の大作」として呼び声が高い作品です。この大作の主人公を演じるのは、イ・ビョンホン。昨年日本でも公開された映画『グッド バッド ウィアード』『I come...』『G.I.ジョー』で主演をつとめた彼が、6年ぶりに参加したドラマが、この『IRIS』です。
また共演陣も、韓国人気No.1女優のキム・テヒや、コミカルな演技からシリアスな役まで幅広い役をこなす実力派俳優のチョン・ジュノをはじめ、超一流の俳優陣が勢ぞろいしています。
監督は『このろくでなしの愛』で2006年の百想芸術大賞 新人演出賞、2006アジアTV最優秀作品賞を受賞した、キム・ギュテ監督。そして脚本は、韓国最高の脚本家、キム・ヒョンジュン。自分の名前を『IRIS』の主人公の名前にしている事からも、この作品に対する意気込みが伺えます。
そしてロケも豪華。日本、ハンガリーの海外ロケだけでなく、市や警察庁の協力のもと、ソウル市街地ど真ん中での異例なロケを敢行するなど、全てに置いて、超弩級の作品になっています。


感 想

やっぱりビョンホンssiだし、韓国で凄く視聴率が良かったし、話題でもあったので、期待度はかなり高かったですね~。まあTVの日本語吹き替えについては、もう語りたくもない、という有様で、初回しか見てないですけど、DVDはやはり面白かったです。

※途中、2回ほど「アイリス」についての記事をあげています。大したことは書いてないけど(笑)もし読みたいという奇特な方がおいでなら右のカテゴリー「アイリス」をクリックしてください。


ただし・・・ん~・・・難しい。(笑)内容がやっぱり難しいんですよ。私はアメリカドラマの「24」とか凄くハマッた人間なので、こういうタイプは慣れてるはずなんだけど、それでも字幕で他国の事情を踏まえつつ設定や展開を理解するのは難しかったです。

それと、これスピンオフやパート2が作られるんですよね?ということもあって、最後まで見ても、分からないことがたくさん残されちゃうんです~~。消化不良ですよ~~。
これくらいは書いてもいいと思うけど、このドラマは韓国と北朝鮮、そしてどこにも属さない組織「アイリス」の三つ巴の物語です。最後までアイリスとは何ぞや?という謎をかかえつつ観るドラマでもあります。(笑)

ところでこのドラマで気になった部分は、難しい設定だけじゃなく、どのシーンも長い。(笑)
ラブシーンも戦闘シーンも、拷問シーンも、とにかく長い。こんなに必要?もっと短く切って、素早く次の展開へ行ったほうがテンポが良くていいんじゃないの?と何度も思いましたよ。そこが映画っぽい意識で作られているせいなんでしょうかねぇ~。私は正直何度も早送りしました。(笑)

とかいいつつ、消化不良で終わったせいもあり、スピンオフやパート2のドラマも見たいです。(笑)
ちなみに監督さんが以前撮った「このろくでなしの愛」、好きでした。スケールは全然違うけど、画面のちょっと暗い雰囲気とか、言われてみると映像の共通点とかあるかもしれない…かな?(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
by himeka_kisaragi | 2010-06-22 23:58 | あ行 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kandorabox.exblog.jp/tb/14032641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マー at 2010-06-28 11:04 x
ひめかさんは早送りしましたか?

私は時代劇の戦闘シーンほとんど早送り派なのですが(笑)
このドラマに関しては尊敬の念と共にちゃんと見ていました

北朝鮮の人間が今までの映画とは違って表現されているな!というのがこのドラマを見ての感想です
人間の心を持っている人々として描いていると思いました

私は、2部が作られるとか知らなかったために
最後の部分は大いにショックでしたよ~(笑)
「なんだこれ?」ってね
Commented by himeka_kisaragi at 2010-06-29 00:04
マーさん、こんばんわ~~vv
母と一緒に観ていたので早送りは殆どしませんでした。(笑)でも、したい気持ちにはなりました。(笑)
戦闘シーンだけじゃなく、ラブシーンや、色んなシーンが長かったです・・・(笑)

そうですね、北朝鮮の人間が人間らしく描かれてましたね。そのへんは、やはり配慮があるんじゃないでしょうか。

ちなみに私もラストを見た時は、続きがあることを知らなかったので、頭の中は「???」でした。(笑)

とりあえず、パート2の前に、スピンオフドラマが決まったらしいですね。
Commented by 駿河の海老太郎 at 2010-12-06 21:37 x
こんばんは!

このドラマって秋田でロケがあったんですよね。
お陰で秋田が観光地として賑わったとか。

藤原 竜也君の吹き替えが下手だったんでしょ?
俺は、韓国人俳優・女優の声が聴きたいので、日本語吹き替えの場合は、あえて音声を韓国語放送に切り替えて、字幕を付けて観ますけどね。
Commented by himeka_kisaragi at 2010-12-07 00:05
駿河の海老太郎さん、こんばんわ~
そうそう、秋田ロケがありましたよ。しかも、けっこうな場面が秋田ロケでした。主演が日本で人気の高いイ・ビョンホンさんですから、最初から日本で売り出すドラマという位置づけで作ったドラマで、だから日本ロケを入れたんじゃないかな~と思います。

そうなんです~~、吹き替えが酷かったですね・・・
藤原くんだけじゃなく、他の人もけっこう酷かったです。NHKの吹き替えみたいに、いっそ顔を知らない声優さんとかが吹き替えてくれたほうが、まだ良かったのに、と思います。

やはり基本、本人の声のほうが、感情がそのまま伝わってくるので、字幕のほうが見てる側も感情移入しやすいのは確かだと思っています。ただアイリスみたいな難しい題材のものは、ネイティブの言葉で観ると、見やすいということはありますよね~。よそ見していても分かるし。(笑)